モデルの変換

Azure Remote Rendering を使用すると、複雑なモデルをレンダリングできます。 最高のパフォーマンスを実現するには、データを事前に処理して、最適な形式にする必要があります。 データの量によっては、この手順に時間がかかることがあります。 モデルの読み込み時にこの時間が費やされた場合、これは現実的ではありません。 また、複数のセッションでこのプロセスを繰り返すのは無駄です。 これらの理由により、ARR サービスには事前に実行できる専用の "変換サービス" が用意されています。 変換されたモデルは、Azure Storage アカウントから読み込むことができます。

サポートされているソース形式

変換サービスでは、次の形式がサポートされています。

三角形メッシュ

  • FBX (バージョン 2011 からバージョン 2020)
  • GLTF/GLB (バージョン 2.x)

素材のプロパティの変換については、「モデル形式の素材マッピング」に掲載されているように、形式ごとにわずかな違いがあります。

ポイント クラウド

  • XYZ: すべての行に単一のポイントが含まれているテキスト ファイル形式。position_x position_y position_z red green blue のように書式設定されます。

  • PLY: バイナリ PLY ファイルのみがサポートされています。 位置と色以外のプロパティは無視されます。 すべての PLY ファイルには人間が判読できるヘッダーがあり、これを使用して、次の要件が満たされているかどうかを確認できます。

    • ファイルは、binary_little_endian 1.0 の形式でエンコードされなければならない。
    • ファイルには、ポイント クラウドが含まれている (つまり、三角形なし)。
    • 位置には、3 つのコンポーネント (x、y、z) がすべて含まれている。
    • 色には、3 つのコンポーネント (赤、緑、青) がすべて含まれている。 あるいは、(diffuse_red、diffuse_green、diffuse_blue) または (ambient_red、ambient_green、ambient_blue) セマンティクスを使用して色コンポーネントを指定できます。

    その他のプロパティが存在する場合、インジェスト中は無視されます。

  • E57: E57 には、data3dimage2d の 2 種類のデータが含まれています。 変換サービスでは、ファイルの data3d の部分のみが読み込まれ、ファイルの image2d の部分は無視されます。

  • LASLAZ: 色データが存在しない場合、強度属性が色として使用されます。

変換プロセス

  1. 2 つの Azure Blob Storage コンテナーを用意します。1 つは入力用、もう 1 つは出力用です。
  2. モデルを入力コンテナー (必要に応じてサブパス以下) にアップロードします
  3. モデル変換 REST API を介して変換処理をトリガーします
  4. 変換の進行状況についてサービスをポーリングします
  5. 完了したら、次のようにモデルを読み込みます
    • リンクされたストレージ アカウントから (ストレージ アカウントをリンクするには、アカウントの作成に関するページの「ストレージ アカウントのリンク」の手順を参照してください)
    • または、Shared Access Signature (SAS) を提供します。

すべてのモデル データ (入力と出力) は、ユーザーが指定した Azure Blob Storage に格納されます。 Azure Remote Rendering を使用すると、資産管理を完全に制御できます。

価格

変換の料金の詳細については、「Remote Rendering の価格」ページを参照してください。

変換パラメーター

さまざまな変換オプションについては、この章を参照してください。

次のステップ