Share via


VMware VM および物理サーバーの Azure へのディザスター リカバリーのサポート マトリックス

注意

この記事では、間もなくサポート終了 (EOL) 状態になる Linux ディストリビューションである CentOS について説明します。 適宜、使用と計画を検討してください。 詳細については、「CentOS のサポート終了に関するガイダンス」を参照してください。

この記事では、Azure Site Recovery を使用して、VMware VM と物理サーバーの Azure へのディザスター リカバリーを行う場合にサポートされるコンポーネントと設定の概要について説明します。

Note

既存のレプリケートされた項目を、最新の VMware ディザスター リカバリー エクスペリエンスに移動できるようになりました。 詳細については、こちらを参照してください

  • VMware VM/物理サーバー ディザスター リカバリーのアーキテクチャの詳細についてご確認ください。
  • チュートリアルに従ってディザスター リカバリーをお試しください。

注意

Site Recovery では、ソース マシンのディザスター リカバリーがセットアップされているターゲット リージョンから顧客データを移動または保存することはありません。 お客様は、必要に応じて、別のリージョンから Recovery Services コンテナーを選択することもできます。 Recovery Services コンテナーにはメタデータが含まれますが、実際の顧客データは含まれません。

デプロイメント シナリオ

シナリオ 詳細
VMware VM のディザスター リカバリー オンプレミス VMware VM の Azure へのレプリケーション。 このシナリオは、Azure portal または PowerShell を使用してデプロイできます。
物理サーバーのディザスター リカバリー オンプレミスの Windows または Linux の物理サーバーから Azure へのレプリケーション。 このシナリオは、Azure Portal で展開できます。

オンプレミスの仮想化サーバー

[サーバー] 必要条件 詳細
vCenter Server バージョン 8.0 およびこのバージョン以降の更新プログラム、バージョン 7.0、6.7、または 6.5 ディザスター リカバリーのデプロイでは vCenter サーバーを使用することをお勧めします。
vSphere ホスト バージョン 8.0 およびこのバージョン以降の更新プログラム、バージョン 7.0、6.7、または 6.5 vSphere ホストと vCenter サーバーはプロセス サーバーと同じネットワーク内に存在することが推奨されます。 既定では、プロセス サーバーは構成サーバーで実行されます。 詳細については、こちらを参照してください

Azure Site Recovery レプリケーション アプライアンス

レプリケーション アプライアンスは、Site Recovery コンポーネントを実行するオンプレミス マシンです。これには、オンプレミス環境の検出やディザスター リカバリーのオーケストレーションを支援し、オンプレミスと Azure の間でブリッジとして機能するさまざまな Site Recovery サービスが含まれます。

  • VMware VM の場合は、VMware VM を作成する OVF テンプレートをダウンロードすることで、レプリケーション アプライアンスを作成できます。
  • 物理サーバーの場合は、PowerShell スクリプトを実行して、レプリケーション アプライアンスを手動で設定できます。
コンポーネント 必要条件
CPU コア数 8
RAM 16 GB
ディスクの数 2 個のディスク

ディスクには、OS ディスクとデータ ディスクが含まれます。
オペレーティング システム デスクトップ エクスペリエンス搭載 Windows Server 2019以降
オペレーティング システムのロケール 英語 (en-us)
Windows Server の役割 Active Directory Domain Services、インターネット インフォメーション サービス (IIS)、Hyper-V は有効にしないでください。
グループ ポリシー これらのグループ ポリシーを有効にしないでください。
- コマンド プロンプトへのアクセス禁止。
- レジストリ編集ツールへのアクセス禁止。
- ファイル添付の信頼ロジック。
- スクリプト実行の有効化。
- 詳細情報
IIS 以下を実行します。

- 既定の Web サイトが事前に存在しないようにする
- 匿名認証を有効にする
- FastCGI 設定を有効にする
- ポート 443 でリッスンしている既存の Web サイト/アプリがないようにする
NIC の種類 VMXNET3 (VMware VM としてデプロイされている場合)
完全修飾ドメイン名 (FQDN) 静的
Port コントロール チャネルのオーケストレーションに使用される 443
データ転送用の 9443
NAT サポートされています

Note

オペレーティング システムは、英語ロケールでインストールする必要があります。 インストール後のロケールの変換によって、潜在的な問題が発生する可能性があります。

レプリケートされるマシン

Site Recovery は、サポートされているマシンで実行されているすべてのワークロードのレプリケーションをサポートします。

コンポーネント 詳細
マシンの設定 Azure にレプリケートするマシンは、Azure の要件を満たしている必要があります。
マシンのワークロード Site Recovery は、サポートされているマシンで実行されているすべてのワークロードのレプリケーションをサポートします。 詳細については、こちらを参照してください
コンピューター名 コンピューターの表示名が Azure 予約済みリソース名に含まれていないことを確認します。

論理ボリューム名では、大文字と小文字は区別されません。 デバイス上の 2 つのボリュームに同じ名前が付いていないことを確認します。 たとえば、"voLUME1" と "volume1" という名前のボリュームは、Azure Site Recovery を使用して保護できません。
物理としての Azure Virtual Machines Marketplace イメージ ディスクを含む仮想マシンのフェールオーバーは、現在サポートされていません。

Note

同じ BIOS ID を持つ別のマシンはサポートされていません。

Windows の場合

Note

オンプレミスおよび Azure コンピューターのインストール フォルダーで 500 MB の空き領域が使用可能であることを確認します。

オペレーティング システム 詳細
Windows Server 2022 更新プログラム ロールアップ 59 (Mobility Service のバージョン 9.46) 以降でサポートされています。
Windows Server 2019 更新プログラム ロールアップ 34 (モビリティ サービスのバージョン 9.22) 以降でサポートされています。
Windows Server 2016 64 ビット Server Core、Server with Desktop Experience でサポートされています。
Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2012 サポートされています。
Windows Server 2008 R2 SP1 以降。 サポートされています。

モビリティ サービス エージェントのバージョン 9.30 以降では、Windows 2008 R2 SP1 以降を実行しているコンピューターにサービス スタック更新プログラム (SSU)SHA-2 更新プログラムをインストールする必要があります。 SHA-1 は 2019 年 9 月からはサポートされておらず、SHA-2 コード署名が有効になっていない場合、エージェント拡張機能は正常にインストールまたはアップグレードされません。 SHA-2 のアップグレードと要件についての詳細は、こちらでご確認ください。
Windows Server 2008 SP2 以降 (64 ビット/32 ビット) 移行についてのみサポートされています。 詳細については、こちらを参照してください

モビリティ サービス エージェントのバージョン 9.30 以降では、Windows 2008 SP2 コンピューター上にサービス スタック更新プログラム (SSU)SHA-2 更新プログラムをインストールする必要があります。 SHA-1 は 2019 年 9 月からはサポートされておらず、SHA-2 コード署名が有効になっていない場合、エージェント拡張機能は正常にインストールまたはアップグレードされません。 SHA-2 のアップグレードと要件についての詳細は、こちらでご確認ください。
Windows 10、Windows 8.1、Windows 8 64 ビット システムのみがサポートされています。 32 ビット システムはサポートされていません。
Windows 7 SP1 64 ビット 更新プログラム ロールアップ 36 (モビリティ サービスのバージョン 9.22) 以降でサポートされています。

Mobility Service エージェントの
以降では、Windows 7 SP1 マシンに
SHA-2 更新プログラムをインストールする必要があります。 SHA-1 は 2019 年 9 月からはサポートされておらず、SHA-2 コード署名が有効になっていない場合、エージェント拡張機能は正常にインストールまたはアップグレードされません。 SHA-2 のアップグレードと要件についての詳細は、こちらでご確認ください。

Linux の場合

Note

Mobility Service のバージョン 9.569.60 は、モダン化されたエクスペリエンスでのみ使用できます。
Mobility Service のバージョン 9.58 は、VMWare から Azure へのサイトの回復用にはリリースされていません。
Mobility Service のバージョン 9.59 は、従来のエクスペリエンスでのみ使用できます。

オペレーティング システム 詳細
Linux 64 ビット システムのみがサポートされています。 32 ビット システムはサポートされていません。

すべての Linux サーバーには Linux Integration Services (LIS) コンポーネントがインストールされている必要があります。 テスト フェールオーバー/フェールオーバー後に Azure でサーバーを起動するために必要です。 組み込みの LIS コンポーネントがない場合は、Azure で起動するマシンのレプリケーションを有効にする前に、確実にコンポーネントをインストールしてください。

Site Recovery では、Azure で Linux サーバーを実行するためにフェールオーバーが調整されます。 ただし Linux ベンダーによっては、サポート終了前のディストリビューション バージョンしかサポート対象に含まれない場合もあります。

Linux ディストリビューションでは、ディストリビューションのマイナー バージョン リリース/更新の一部である stock カーネルのみがサポートされます。

保護されているマシンの Linux ディストリビューションのメジャー バージョン間のアップグレードはサポートされていません。 アップグレードするには、いったんレプリケーションを無効にしてオペレーティング システムをアップグレードしてから、レプリケーションを再び有効にします。

Azure での Linux およびオープン ソース テクノロジのサポートについて詳しくは、こちらをご覧ください。

チェーン IO は Site Recovery ではサポートされていません。
Linux Red Hat Enterprise 5.2 から 5.11
6.1 から 6.10
7.0、7.1、7.2、7.3、7.4、7.5、7.6、7.77.87.9 ベータ版7.9
8.0、8.1、8.28.38.4 (4.18.0-305.30.1.el8_4.x86_64 以降)、8.5 (4.18.0-348.5.1.el8_5.x86_64 以降)、8.6、8.7、8.8、8.9、9.0、9.1、9.2、9.3
Red Hat Enterprise Linux 5.2 から 5.11 および 6.1 から 6.10 を実行しているサーバーの古いカーネルには、Linux Integration Services (LIS) コンポーネントが事前インストールされていないものがいくつかあります。 組み込みの LIS コンポーネントがない場合は、Azure で起動するマシンのレプリケーションを有効にする前に、確実にコンポーネントをインストールしてください。

:
- Linux Red Hat Enterprise バージョン 8.99.09.19.29.3 のサポートは、モダン化されたエクスペリエンスのみで提供されます。従来のエクスペリエンスにはありません。
- RHEL 9.x は、次のカーネル バージョンでサポートされています
Linux: CentOS 5.2 から 5.11
6.1 から 6.10

7.0、7.1、7.2、7.3、7.4、7.5、7.6、7.77.87.9
8.0、8.1、8.28.38.4 (4.18.0-305.30.1.el8_4.x86_64 以降)、8.5 (4.18.0-348.5.1.el8_5.x86_64 以降)、8.6、8.7

CentOS 5.2 から 5.11 および 6.1 から 6.10 を実行しているサーバーの古いカーネルには、Linux Integration Services (LIS) コンポーネントが事前インストールされていないものがいくつかあります。 組み込みの LIS コンポーネントがない場合は、Azure で起動するマシンのレプリケーションを有効にする前に、確実にコンポーネントをインストールしてください。
Ubuntu Ubuntu 14.04* LTS サーバー (サポートされるカーネルのバージョンを確認してください)
Ubuntu 16.04* LTS サーバー (サポートされているカーネル バージョンを確認してください)
Ubuntu 18.04* LTS サーバー (サポートされているカーネル バージョンを確認してください)
Ubuntu 20.04* LTS サーバー (サポートされているカーネル バージョンを確認してください)
Ubuntu 22.04* LTS サーバー (サポートされるカーネルのバージョンを確認してください)
: Ubuntu 22.04 のサポートは、最新のエクスペリエンスでのみ使用でき、従来のエクスペリエンスではまだ使用できません。
(*すべての 14.04.x、16.04.x、18.04.x、20.04.x バージョンのサポートが含まれます)
Debian Debian 7/Debian 8 (すべての 7. x、8. x バージョンのサポートが含まれます)。 構成サーバーに最新のモビリティ エージェント インストーラーをダウンロードしてください
Debian 9 (9.1 から 9.13 のサポートが含まれます。Debian 9.0 はサポートされません。)。 構成サーバーに最新のモビリティ エージェント インストーラーをダウンロードしてください
Debian 10/Debian 11/Debian 12 (サポートされるカーネルのバージョンを確認してください)
SUSE Linux SUSE Linux Enterprise Server 12 SP1、SP2、SP3、SP4、SP5(サポートされているカーネル バージョンの確認)
SUSE Linux Enterprise Server 15、15 SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 (サポートされているカーネル バージョンを確認)
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3。 構成サーバーに最新のモビリティ エージェント インストーラーをダウンロードしてください
SUSE Linux Enterprise Server 11 SP4
: レプリケートされたマシンの SUSE Linux Enterprise Server 11 SP3 から SP4 へのアップグレードはサポートされていません。 アップグレードするには、レプリケーションを無効にし、アップグレードの後に再び有効にします。
SUSE Linux Enterprise Server 15 SP5 のサポートは、最新のエクスペリエンスでのみ使用できます。
Oracle Linux 6.4、6.5、6.6、6.7、6.8、6.9、6.10、7.0、7.1、7.2、7.3、7.4、7.5、7.6、7.77.87.98.08.18.28.38.4、8.5、8.6、8.7、8.8、8.9、9.0、9.1、9.2、9.3

注:
- Oracle Linux 8.99.09.19.29.3 のサポートは、モダン化されたエクスペリエンスのみで提供されます。従来のエクスペリエンスにはありません。

Red Hat と互換可能なカーネルまたは Unbreakable Enterprise カーネル リリース 3、4、5 (UEK3、UEK4、UEK5) を実行している

8.1
すべての UEK カーネルと RedHat カーネル 3.10.0-1062.* 以前での実行は、9.35 でサポートされます。その他の RedHat カーネルは、9.36 でサポートされます。
Oracle Linux 9.x は、次のカーネル バージョンでサポートされています
Rocky Linux サポートされているバージョンを参照してください

Note

  • Windows の各バージョンについては、Azure Site Recovery では 長期サービス チャネル (LTSC) のビルドのみがサポートされます。 現時点では、半期チャネルのリリースはサポートされていません。
  • Linux バージョンでは、カスタマイズされた OS イメージが Azure Site Recovery でサポートされないことを確認してください。 ディストリビューションのマイナー バージョン リリース/更新の一部である stock カーネルのみがサポートされます。

Azure 仮想マシン用の Red Hat Enterprise Linux のサポートされるカーネル バージョン

リリース モビリティ サービス バージョン Red Hat カーネル バージョン
RHEL 9.0
RHEL 9.1
RHEL 9.2
RHEL 9.3
9.61 5.14.0-70.93.2.el9_0.x86_64
5.14.0-284.54.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.57.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.59.1.el9_2.x86_64
5.14.0-362.24.1.el9_3.x86_64
RHEL 9.0
RHEL 9.1
RHEL 9.2
RHEL 9.3
9.60 5.14.0-70.13.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.17.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.22.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.26.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.30.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.36.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.43.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.49.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.50.2.el9_0.x86_64
5.14.0-70.53.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.58.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.64.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.70.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.75.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.80.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.85.1.el9_0.x86_64
5.14.0-162.6.1.el9_1.x86_64
5.14.0-162.12.1.el9_1.x86_64
5.14.0-162.18.1.el9_1.x86_64
5.14.0-162.22.2.el9_1.x86_64
5.14.0-162.23.1.el9_1.x86_64
5.14.0-284.11.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.13.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.16.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.18.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.23.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.25.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.28.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.30.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.32.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.34.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.36.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.40.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.41.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.43.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.44.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.45.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.48.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.50.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.52.1.el9_2.x86_64
5.14.0-362.8.1.el9_3.x86_64
5.14.0-362.13.1.el9_3.x86_64
5.14.0-362.18.1.el9_3.x86_64

Ubuntu カーネルのバージョン

Note

Mobility Service のバージョン 9.569.60 は、モダン化されたエクスペリエンスでのみ使用できます。
Mobility Service のバージョン 9.58 は、VMWare から Azure へのサイトの回復用にはリリースされていません。
Mobility Service のバージョン 9.59 は、従来のエクスペリエンスでのみ使用できます。

サポートされているリリース モビリティ サービス バージョン カーネル バージョン
14.04 LTS 9.559.569.57、9.59、9.60、9.61 3.13.0-24-generic から 3.13.0-170-generic、
3.16.0-25-generic ~ 3.16.0-77-generic、
3.19.0-18-generic ~ 3.19.0-80-generic、
4.2.0-18-generic ~ 4.2.0-42-generic、
4.4.0-21-generic から 4.4.0-148-generic、
4.15.0-1023-azure から 4.15.0-1045-azure
16.04 LTS 9.559.569.57、9.59、9.60、9.61 4.4.0-21-generic to 4.4.0-210-generic,
4.8.0-34-generic ~ 4.8.0-58-generic、
4.10.0-14-generic ~ 4.10.0-42-generic、
4.11.0-13-generic, 4.11.0-14-generic,
4.13.0-16-generic から 4.13.0-45-generic、
4.15.0-13-generic から 4.15.0-142-generic
4.11.0-1009-azure から 4.11.0-1016-azure
4.13.0-1005-azure から 4.13.0-1018-azure
4.15.0-1012-azure から 4.15.0-1113-azure
4.15.0-101-generic から 4.15.0-107-generic
18.04 LTS 9.61 最新のエクスペリエンスに追加された Ubuntu 18.04 カーネルのサポート:
5.4.0-173-generic
4.15.0-1175-azure
4.15.0-223-generic
5.4.0-1126-azure
5.4.0-174-generic

クラシック エクスペリエンスに追加された Ubuntu 18.04 カーネルのサポート:
4.15.0-1168-azure
4.15.0-1169-azure
4.15.0-1170-azure
4.15.0-1171-azure
4.15.0-1172-azure
4.15.0-1173-azure
4.15.0-1174-azure
4.15.0-214-generic
4.15.0-216-generic
4.15.0-218-generic
4.15.0-219-generic
4.15.0-220-generic
4.15.0-221-generic
4.15.0-222-generic
5.4.0-1110-azure
5.4.0-1111-azure
5.4.0-1112-azure
5.4.0-1113-azure
5.4.0-1115-azure
5.4.0-1116-azure
5.4.0-1117-azure
5.4.0-1118-azure
5.4.0-1119-azure
5.4.0-1120-azure
5.4.0-1121-azure
5.4.0-1122-azure
5.4.0-1123-azure
5.4.0-1124-azure
5.4.0-152-generic
5.4.0-153-generic
5.4.0-155-generic
5.4.0-156-generic
5.4.0-159-generic
5.4.0-162-generic
5.4.0-163-generic
5.4.0-164-generic
5.4.0-165-generic
5.4.0-166-generic
5.4.0-167-generic
5.4.0-169-generic
5.4.0-170-generic
5.4.0-171-generic
5.4.0-172-generic
5.4.0-173-generic
18.04 LTS 9.60 4.15.0-1168-azure
4.15.0-1169-azure
4.15.0-1170-azure
4.15.0-1171-azure
4.15.0-1172-azure
4.15.0-1173-azure
4.15.0-214-generic
4.15.0-216-generic
4.15.0-218-generic
4.15.0-219-generic
4.15.0-220-generic
4.15.0-221-generic
5.4.0-1110-azure
5.4.0-1111-azure
5.4.0-1112-azure
5.4.0-1113-azure
5.4.0-1115-azure
5.4.0-1116-azure
5.4.0-1117-azure
5.4.0-1118-azure
5.4.0-1119-azure
5.4.0-1120-azure
5.4.0-1121-azure
5.4.0-1122-azure
5.4.0-1123-azure
5.4.0-152-generic
5.4.0-153-generic
5.4.0-155-generic
5.4.0-156-generic
5.4.0-159-generic
5.4.0-162-generic
5.4.0-163-generic
5.4.0-164-generic
5.4.0-165-generic
5.4.0-166-generic
5.4.0-167-generic
5.4.0-169-generic
5.4.0-170-generic
5.4.0-171-generic
4.15.0-1174-azure
4.15.0-222-generic
5.4.0-1124-azure
5.4.0-172-generic
18.04 LTS 9.59 このリリースでは、新しい Ubuntu 18.04 カーネルはサポートされていません。
18.04 LTS 9.57 このリリースでは、新しい Ubuntu 18.04 カーネルはサポートされていません
18.04 LTS 9.56 このリリースでは、新しい Ubuntu 18.04 カーネルはサポートされていません
18.04 LTS 9.55 4.15.0-1163-azure
4.15.0-1164-azure
4.15.0-1165-azure
4.15.0-1166-azure
4.15.0-1167-azure
4.15.0-210-generic
4.15.0-211-generic
4.15.0-212-generic
4.15.0-213-generic
5.4.0-1107-azure
5.4.0-1108-azure
5.4.0-1109-azure
5.4.0-147-generic
5.4.0-148-generic
5.4.0-149-generic
5.4.0-150-generic
20.04 LTS 9.61 最新のエクスペリエンスに追加された Ubuntu 20.04 カーネルのサポート:
5.15.0-100-generic
5.15.0-1058-azure
5.4.0-173-generic
5.4.0-1126-azure
5.4.0-174-generic
5.15.0-101-generic
5.15.0-1059-azure

クラシック エクスペリエンスに追加された Ubuntu 20.04 カーネルのサポート:
5.15.0-100-generic
5.15.0-1054-azure
5.15.0-1056-azure
5.15.0-1057-azure
5.15.0-1058-azure
5.15.0-92-generic
5.15.0-94-generic
5.15.0-97-generic
5.4.0-1122-azure
5.4.0-1123-azure
5.4.0-1124-azure
5.4.0-170-generic
5.4.0-171-generic
5.4.0-172-generic
5.4.0-173-generic
20.04 LTS 9.60 5.15.0-1054-azure
5.15.0-92-generic
5.15.0-94-generic
5.4.0-1122-azure
5.4.0-1123-azure
5.4.0-170-generic
5.4.0-171-generic
5.15.0-1056-azure
5.15.0-1057-azure
5.15.0-97-generic
5.4.0-1124-azure
5.4.0-172-generic
20.04 LTS 9.59 このリリースでは、新しい Ubuntu 20.04 カーネルはサポートされていません。
20.04 LTS 9.57 5.15.0-89-generic
5.15.0-91-generic
5.4.0-167-generic
5.4.0-169-generic
20.04 LTS 9.56 5.15.0-1049-azure
5.15.0-1050-azure
5.15.0-1051-azure
5.15.0-86-generic
5.15.0-87-generic
5.15.0-88-generic
5.4.0-1117-azure
5.4.0-1118-azure
5.4.0-1119-azure
5.4.0-164-generic
5.4.0-165-generic
5.4.0-166-generic
20.04 LTS 9.55 5.15.0-1037-azure
5.15.0-1038-azure
5.15.0-1039-azure
5.15.0-1040-azure
5.15.0-1041-azure
5.15.0-70-generic
5.15.0-71-generic
5.15.0-72-generic
5.15.0-73-generic
5.15.0-75-generic
5.15.0-76-generic
5.4.0-1107-azure
5.4.0-1108-azure
5.4.0-1109-azure
5.4.0-1110-azure
5.4.0-1111-azure
5.4.0-148-generic
5.4.0-149-generic
5.4.0-150-generic
5.4.0-152-generic
5.4.0-153-generic
22.04 LTS
: Ubuntu 22.04 のサポートは、最新のエクスペリエンスでのみ使用でき、従来のエクスペリエンスではまだ使用できません。
9.61 5.15.0-100-generic
5.15.0-1058-azure
6.5.0-1016-azure
6.5.0-25-generic
5.15.0-101-generic
5.15.0-1059-azure
6.5.0-1017-azure
6.5.0-26-generic
22.04 LTS
: Ubuntu 22.04 のサポートは、最新のエクスペリエンスでのみ使用でき、従来のエクスペリエンスではまだ使用できません。
9.60 5.19.0-1025-azure
5.19.0-1026-azure
5.19.0-1027-azure
6.2.0-1005-azure
6.2.0-1006-azure
6.2.0-1007-azure
6.2.0-1008-azure
6.2.0-1011-azure
6.2.0-1012-azure
6.2.0-1014-azure
6.2.0-1015-azure
6.2.0-1016-azure
6.2.0-1017-azure
6.2.0-1018-azure
6.5.0-1007-azure
6.5.0-1009-azure
6.5.0-1010-azure
5.19.0-41-generic
5.19.0-42-generic
5.19.0-43-generic
5.19.0-45-generic
5.19.0-46-generic
5.19.0-50-generic
6.2.0-25-generic
6.2.0-26-generic
6.2.0-31-generic
6.2.0-32-generic
6.2.0-33-generic
6.2.0-34-generic
6.2.0-35-generic
6.2.0-36-generic
6.2.0-37-generic
6.2.0-39-generic
6.5.0-14-generic
5.15.0-1054-azure
5.15.0-92-generic
5.15.0-94-generic
6.2.0-1019-azure
6.5.0-1011-azure
6.5.0-15-generic
6.5.0-17-generic
5.15.0-1056-azure
5.15.0-1057-azure
5.15.0-97-generic
6.5.0-1015-azure
6.5.0-18-generic
6.5.0-21-generic
22.04 LTS
: Ubuntu 22.04 のサポートは、最新のエクスペリエンスでのみ使用でき、従来のエクスペリエンスではまだ使用できません。
9.57 5.15.0-76-generic
5.15.0-89-generic
5.15.0-91-generic
22.04 LTS
: Ubuntu 22.04 のサポートは、最新のエクスペリエンスでのみ使用でき、従来のエクスペリエンスではまだ使用できません。
9.56 5.15.0-1049-azure
5.15.0-1050-azure
5.15.0-1051-azure
5.15.0-86-generic
5.15.0-87-generic
5.15.0-88-generic
22.04 LTS
: Ubuntu 22.04 のサポートは、最新のエクスペリエンスでのみ使用でき、従来のエクスペリエンスではまだ使用できません。
9.55 5.15.0-1037-azure
5.15.0-1038-azure
5.15.0-1039-azure
5.15.0-1040-azure
5.15.0-1041-azure
5.15.0-71-generic
5.15.0-72-generic
5.15.0-73-generic
5.15.0-75-generic
5.15.0-76-generic

Debian カーネルのバージョン

Note

Mobility Service のバージョン 9.569.60 は、モダン化されたエクスペリエンスでのみ使用できます。
Mobility Service のバージョン 9.58 は、VMWare から Azure へのサイトの回復用にはリリースされていません。
Mobility Service のバージョン 9.59 は、従来のエクスペリエンスでのみ使用できます。

サポートされているリリース モビリティ サービス バージョン カーネル バージョン
Debian 7 9.559.569.57、9.59、9.60、9.61 3.2.0-4-amd64 から 3.2.0-6-amd64、3.16.0-0.bpo.4-amd64
Debian 8 9.559.56
9.57、9.59、9.60、9.61
3.16.0-4-amd64 から 3.16.0-11-amd64、4.9.0-0.bpo.4-amd64 から 4.9.0-0.bpo.12-amd64
Debian 9.1 9.61 このリリースでは、新しい Debian 9.1 カーネルはサポートされていません。
Debian 9.1 9.60 このリリースでは、新しい Debian 9.1 カーネルはサポートされていません。
Debian 9.1 9.59 このリリースでは、新しい Debian 9.1 カーネルはサポートされていません。
Debian 9.1 9.57 このリリースでは、新しい Debian 9.1 カーネルはサポートされていません
Debian 9.1 9.56 このリリースでは、新しい Debian 9.1 カーネルはサポートされていません。
Debian 9.1 9.55 このリリースでは、新しい Debian 9.1 カーネルはサポートされていません
Debian 10 9.61 最新のエクスペリエンスに追加された新しい Debian 10 カーネルのサポートはありません。

クラシック エクスペリエンスに追加された Debian 10 カーネルのサポート: 4.19.0-26-amd64
4.19.0-26-cloud-amd64
5.10.0-0.deb10.27-amd64
5.10.0-0.deb10.27-cloud-amd64
5.10.0-0.deb10.28-amd64
5.10.0-0.deb10.28-cloud-amd64
Debian 10 9.60 4.19.0-26-amd64
4.19.0-26-cloud-amd64
5.10.0-0.deb10.27-amd64
5.10.0-0.deb10.27-cloud-amd64
5.10.0-0.deb10.28-amd64
5.10.0-0.deb10.28-cloud-amd64
Debian 10 9.59 このリリースでは、新しい Debian 10 カーネルはサポートされていません。
Debian 10 9.57 このリリースでは、新しい Debian 10 カーネルはサポートされていません
Debian 10 9.56 5.10.0-0.deb10.26-amd64
5.10.0-0.deb10.26-cloud-amd64
Debian 10 9.55 4.19.0-24-amd64
4.19.0-24-cloud-amd64
5.10.0-0.deb10.22-amd64
5.10.0-0.deb10.22-cloud-amd64
5.10.0-0.deb10.23-amd64
5.10.0-0.deb10.23-cloud-amd64
Debian 11 9.61 最新のエクスペリエンスに追加された Debian 11 カーネルのサポート:
6.1.0-0.deb11.13-amd64
6.1.0-0.deb11.13-cloud-amd64
6.1.0-0.deb11.17-amd64
6.1.0-0.deb11.17-cloud-amd64
6.1.0-0.deb11.18-amd64
6.1.0-0.deb11.18-cloud-amd64

クラシック エクスペリエンスに追加された Debian 11 カーネルのサポート:
5.10.0-27-amd64
5.10.0-27-cloud-amd64
5.10.0-28-amd64
5.10.0-28-cloud-amd64
6.1.0-0.deb11.13-amd64
6.1.0-0.deb11.13-cloud-amd64
6.1.0-0.deb11.17-amd64
6.1.0-0.deb11.17-cloud-amd64
6.1.0-0.deb11.18-amd64
6.1.0-0.deb11.18-cloud-amd64
Debian 11 9.60 5.10.0-27-amd64
5.10.0-27-cloud-amd64
5.10.0-28-amd64
5.10.0-28-cloud-amd64
Debian 11 9.59 このリリースでは、新しい Debian 11 カーネルはサポートされていません。
Debian 11 9.57 このリリースでは、新しい Debian 11 カーネルはサポートされていません。
Debian 11 9.56 5.10.0-26-amd64
5.10.0-26-cloud-amd64
Debian 11 9.55 5.10.0-22-amd64
5.10.0-22-cloud-amd64
5.10.0-23-amd64
5.10.0-23-cloud-amd64
Debian 12
: Debian 12 のサポートは、最新のエクスペリエンスでのみ使用でき、クラシック エクスペリエンスでは使用できません。
9.61 5.17.0-1-amd64
5.17.0-1-cloud-amd64
6.1.0-11-amd64
6.1.0-11-cloud-amd64
6.1.0-12-amd64
6.1.0-12-cloud-amd64
6.1.0-13-amd64
6.1.0-15-amd64
6.1.0-15-cloud-amd64
6.1.0-16-amd64
6.1.0-16-cloud-amd64
6.1.0-17-amd64
6.1.0-17-cloud-amd64
6.1.0-18-amd64
6.1.0-18-cloud-amd64
6.1.0-7-amd64
6.1.0-7-cloud-amd64
6.5.0-0.deb12.4-amd64
6.5.0-0.deb12.4-cloud-amd64

SUSE Linux Enterprise Server 12 のサポートされるカーネルのバージョン

Note

Mobility Service のバージョン 9.569.60 は、モダン化されたエクスペリエンスでのみ使用できます。
Mobility Service のバージョン 9.58 は、VMWare から Azure へのサイトの回復用にはリリースされていません。
Mobility Service のバージョン 9.59 は、従来のエクスペリエンスでのみ使用できます。

リリース モビリティ サービス バージョン カーネル バージョン
SUSE Linux Enterprise Server 12、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 9.61 既定では、すべての ストック SUSE 12 SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 カーネル がサポートされます。
SUSE 12 Azure カーネルのサポートが最新のエクスペリエンスに追加されました:
4.12.14-16.173-azure

クラシック エクスペリエンスに追加された SUSE 12 Azure カーネルのサポート:
4.12.14-16.163-azure:5
4.12.14-16.168-azure:5
SUSE Linux Enterprise Server 12、SP1、SP2、SP3、SP4 9.60 既定で、すべての SUSE 12、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 ストック カーネルがサポートされます。
4.12.14-16.163-azure:5
4.12.14-16.168-azure
SUSE Linux Enterprise Server 12、SP1、SP2、SP3、SP4 9.59 既定で、すべての SUSE 12、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 ストック カーネルがサポートされます。
このリリースでは、新しい SUSE 12 カーネルはサポートされていません。
SUSE Linux Enterprise Server 12、SP1、SP2、SP3、SP4 9.57 既定で、すべての SUSE 12、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 ストック カーネルがサポートされます。
このリリースでは、新しい SUSE 12 カーネルはサポートされていません。
SUSE Linux Enterprise Server 12、SP1、SP2、SP3、SP4 9.56 既定で、すべての SUSE 12、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 ストック カーネルがサポートされます。
このリリースでは、新しい SUSE 12 カーネルはサポートされていません。
SUSE Linux Enterprise Server 12、SP1、SP2、SP3、SP4 9.55 既定で、すべての SUSE 12、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 ストック カーネルがサポートされます。
4.12.14-16.130-azure:5
4.12.14-16.133-azure:5
4.12.14-16.136-azure:5

SUSE Linux Enterprise Server 15 のサポートされるカーネルのバージョン

Note

Mobility Service のバージョン 9.569.60 は、モダン化されたエクスペリエンスでのみ使用できます。
Mobility Service のバージョン 9.58 は、VMWare から Azure へのサイトの回復用にはリリースされていません。
Mobility Service のバージョン 9.59 は、従来のエクスペリエンスでのみ使用できます。

リリース モビリティ サービス バージョン カーネル バージョン
SUSE Linux Enterprise Server 15、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 9.61 既定では、すべての ストック SUSE 15 SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 カーネル がサポートされます。
SUSE 15 Azure カーネルのサポートが最新のエクスペリエンスに追加されました:
5.14.21-150500.33.37-azure

クラシック エクスペリエンスに追加された SUSE 15 Azure カーネルのサポート:
5.14.21-150500.33.29-azure:5
5.14.21-150500.33.34-azure:5
SUSE Linux Enterprise Server 15、SP1、SP2、SP3、SP4 9.60 既定で、すべての SUSE 12、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 ストック カーネルがサポートされます。
5.14.21-150500.33.29-azure
5.14.21-150500.33.34-azure
SUSE Linux Enterprise Server 15、SP1、SP2、SP3、SP4 9.59 既定で、すべての SUSE 12、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 ストック カーネルがサポートされます。
このリリースでは、新しい SUSE 15 カーネルはサポートされていません。
SUSE Linux Enterprise Server 15、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5
注: SUSE 15 SP5 は、最新のエクスペリエンスでのみサポートされています。
9.57 既定では、すべての SUSE 15、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 ストック カーネル がサポートされます。
このリリースでは、新しい SUSE 15 カーネルはサポートされていません。
SUSE Linux Enterprise Server 15、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5
注: SUSE 15 SP5 は、最新のエクスペリエンスでのみサポートされています。
9.56 既定では、すべての SUSE 15、SP1、SP2、SP3、SP4、SP5 ストック カーネル がサポートされます。
4.12.14-16.152-azure:5
5.14.21-150400.14.69-azure:4
5.14.21-150500.31-azure:5
5.14.21-150500.33.11-azure:5
5.14.21-150500.33.14-azure:5
5.14.21-150500.33.17-azure:5
5.14.21-150500.33.20-azure:5
5.14.21-150500.33.3-azure:5
5.14.21-150500.33.6-azure:5
SUSE Linux Enterprise Server 15、SP1、SP2、SP3、SP4 9.55 既定で、すべての SUSE 15、SP1、SP2、SP3、SP4 ストック カーネルがサポートされます。
5.14.21-150400.14.49-azure:4
5.14.21-150400.14.52-azure:4

Azure 仮想マシン上の Oracle Linux 用のサポートされる Red Hat Linux カーネル バージョン

リリース モビリティ サービス バージョン Red Hat カーネル バージョン
Oracle Linux 9.0
Oracle Linux 9.1
Oracle Linux 9.2
Oracle Linux 9.3
9.61 5.14.0-70.93.2.el9_0.x86_64
5.14.0-284.54.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.57.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.59.1.el9_2.x86_64
5.14.0-362.24.1.el9_3.x86_64
Oracle Linux 9.0
Oracle Linux 9.1
Oracle Linux 9.2
Oracle Linux 9.3
9.60 5.14.0-70.13.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.17.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.22.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.26.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.30.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.36.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.43.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.49.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.50.2.el9_0.x86_64
5.14.0-70.53.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.58.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.64.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.70.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.75.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.80.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.85.1.el9_0.x86_64
5.14.0-162.6.1.el9_1.x86_64
5.14.0-162.12.1.el9_1.x86_64
5.14.0-162.18.1.el9_1.x86_64
5.14.0-162.22.2.el9_1.x86_64
5.14.0-162.23.1.el9_1.x86_64
5.14.0-284.11.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.13.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.16.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.18.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.23.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.25.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.28.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.30.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.32.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.34.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.36.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.40.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.41.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.43.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.44.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.45.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.48.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.50.1.el9_2.x86_64
5.14.0-284.52.1.el9_2.x86_64
5.14.0-362.8.1.el9_3.x86_64
5.14.0-362.13.1.el9_3.x86_64
5.14.0-362.18.1.el9_3.x86_64

Rocky Linux Server でサポートされているカーネルのバージョン

重要

Rocky Linux のサポートは、最新のエクスペリエンスでのみ使用でき、従来のエクスペリエンスでは使用できません。

リリース モビリティ サービス バージョン Red Hat カーネル バージョン
Rocky Linux 9.0
Rocky Linux 9.1
9.61 5.14.0-70.93.2.el9_0.x86_64
Rocky Linux 9.0
Rocky Linux 9.1
9.60 5.14.0-70.13.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.17.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.22.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.26.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.30.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.36.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.43.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.49.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.50.2.el9_0.x86_64
5.14.0-70.53.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.58.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.64.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.70.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.75.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.80.1.el9_0.x86_64
5.14.0-70.85.1.el9_0.x86_64
5.14.0-162.6.1.el9_1.x86_64
5.14.0-162.12.1.el9_1.x86_64
5.14.0-162.18.1.el9_1.x86_64
5.14.0-162.22.2.el9_1.x86_64
5.14.0-162.23.1.el9_1.x86_64
リリース モビリティ サービス バージョン カーネル バージョン
Rocky Linux
9.57 Rocky Linux 8.8
Rocky Linux 8.9
Rocky Linux
9.56 Rocky Linux 8.7
Rocky Linux 9.0

Linux ファイル システム/ゲストのストレージ

コンポーネント サポートされています
ファイル システム ext3、ext4、XFS、BTRFS (このテーブルごとに条件が適用されます)
論理ボリューム管理 (LVM) のプロビジョニング シック プロビジョニング - はい

シン プロビジョニング - はい。更新プログラムロールアップ 61 以降でサポートされています。 モビリティ サービスの以前のバージョンではサポートされていません。
ボリューム マネージャー - LVM はサポートされています。
- LVM での/boot は 更新プログラム ロールアップ 31 (モビリティ サービスのバージョン 9.20) 以降でサポートされています。 モビリティ サービスの以前のバージョンではサポートされていません。
- 複数の OS ディスクはサポートされていません。
準仮想化ストレージ デバイス 準仮想化ドライバーによってエクスポートされたデバイスはサポートされません。
マルチ キュー ブロック IO デバイス サポートされていません。
HP CCISS ストレージ コントローラーを使用する物理サーバー サポートされていません。
デバイス/マウント ポイントの名前付け規則 デバイス名またはマウント ポイント名は、一意である必要があります。
2 つのデバイス/マウント ポイントに大文字と小文字を区別した名前を付けていないことを確認します。 たとえば、同じ VM のデバイスに device1Device1 という名前を付けることはサポートされていません。
ディレクトリ バージョン 9.20 (更新プログラム ロールアップ 31 でリリース) より前のモビリティ サービスのバージョンを実行している場合、次の制限事項が適用されます。

- / (ルート)、/boot、/usr、/usr/local、/var、/etc の各ディレクトリ (個別のパーティションまたはファイルシステムとして設定された場合) は、ソース サーバーの同じ OS ディスク上に存在する必要があります。
- /boot ディレクトリは、LVM ボリュームではなく、ディスク パーティション上に存在する必要があります。

バージョン 9.20 以降、これらの制限事項は適用されません。
ブート ディレクトリ - GPT パーティション形式のブート ディスクがサポートされています。 GPT ディスクは、データ ディスクとしてもサポートされています。

VM での複数のブート ディスクはサポートされていません。

- 複数のディスクにまたがる LVM ボリュームでの /boot はサポートされていません。
- ブート ディスクのないマシンをレプリケートすることはできません。
空き領域要件 /(ルート) パーティションに 2 GB

インストール フォルダーで 600 MB
XFSv5 メタデータ チェックサムなど、XFS ファイル システム上の XFSv5 機能はサポートされています (モビリティ サービスのバージョン 9.10 以降)。
xfs_info ユーティリティを使用して、パーティションの XFS スーパーブロックを確認します。 ftype が 1 に設定されている場合は、XFSv5 の機能が使用されます。
BTRFS \- BTRFS は更新プログラム ロールアップ 34 (モビリティ サービスのバージョン 9.22) 以降でサポートされています。 次の場合、BTRFS はサポートされません。

- 保護を有効にした後、BTRFS ファイル システムのサブボリュームが変更されている。
- BTRFS ファイル システムが複数のディスクに分散されている。
- BTRFS ファイル システムで RAID がサポートされている。

VM/ディスク管理

操作 詳細
レプリケートされた VM のディスク サイズの変更 ソース VM での、より大きなサイズへの変更はサポートされています。 ソース VM での、より小さなサイズへの変更はサポートされていません。 サイズ変更は、フェールオーバー前に VM のプロパティで直接実行する必要があります。 レプリケーションを無効にしたり、もう一度有効にしたりする必要はありません。

フェールオーバー後にソース VM を変更した場合、変更はキャプチャされません。

フェールオーバー後に Azure VM のディスク サイズを変更する場合は、フェールバックすると、Site Recovery で更新プログラム付きの新しい VM が作成されます。
レプリケートされた VM のディスクの追加 サポート対象。
VMware VM が保護された後に追加されたディスクでレプリケーションを手動で有効にすることができます。 詳細情報。
VM のレプリケート前にディスクを除外する VMware VM でサポートされています。

最新のエクスペリエンスを使用する場合、物理マシンではサポートされません。

注意

  • ディスク ID に対する変更はサポートされていません。 たとえば、ディスクのパーティション分割が GPT から MBR、またはその逆に変更された場合は、ディスク ID が変更されます。 このようなシナリオでは、レプリケーションが中断され、新しいセットアップが必要になります。
  • Linux マシンの場合、デバイス名の変更は、ディスク ID に影響を与えるため、サポートされていません。
  • 最新のものでは、ディスク サイズを変更して元のサイズから小さくすることはサポートされていません。

ネットワーク

コンポーネント サポートされています
ホスト ネットワークの NIC チーミング VMware VM と物理マシン レプリケーションでサポートされています。
ホスト ネットワークの VLAN はい。
ホスト ネットワークの IPv4 はい。
ホスト ネットワークの IPv6 いいえ。
ゲスト/サーバー ネットワークの NIC チーミング いいえ。
ゲスト/サーバー ネットワークの IPv4 はい。
ゲスト/サーバー ネットワークの IPv6 いいえ。
ゲスト/サーバー ネットワークの静的 IP (Windows) はい。
ゲスト/サーバー ネットワークの静的 IP (Linux) はい。

フェールバックで DHCP を使用するように VM が構成されます。
ゲスト/サーバー ネットワークのマルチ NIC はい。
Site Recovery サービスへの Private Link アクセス はい。 詳細については、こちらを参照してください

Azure VM ネットワーク (フェールオーバー後)

コンポーネント サポートされています
Azure ExpressRoute はい
ILB はい
ELB はい
Azure の Traffic Manager はい
マルチ NIC はい
予約済み IP アドレス はい
IPv4 はい
送信元 IP アドレスを保持する はい
Azure 仮想ネットワーク サービス エンドポイント
はい
Accelerated Networking いいえ

ストレージ

コンポーネント サポートされています
ダイナミック ディスク OS ディスクは、ベーシック ディスクである必要があります。

データ ディスクは、ダイナミック ディスクにすることができます
Docker ディスク構成 いいえ
ホスト NFS VMware = はい

物理サーバー = いいえ
ホスト SAN (iSCSI/FC) はい
ホスト vSAN VMware = はい

物理サーバー = 該当なし
ホスト マルチパス (MPIO) はい - テスト環境: Microsoft DSM、EMC PowerPath 5.7 SP4、EMC PowerPath DSM for CLARiiON
ホストの仮想ボリューム (VVols) VMware = はい

物理サーバー = 該当なし
ゲスト/サーバー VMDK はい
ゲスト/サーバー共有クラスター ディスク いいえ
ゲスト/サーバー暗号化ディスク いいえ
FIPS 暗号化 いいえ
ゲスト/サーバー NFS いいえ
ゲスト/サーバー iSCSI 移行の場合 - はい。ただし、レプリケーションを物理マシンとして設定する必要があります。
ディザスター リカバリーの場合 - いいえ、iSCSI は接続されたディスクとして VM にフェールバックされます
ゲスト/サーバー SMB 3.0 いいえ
ゲスト/サーバー RDM はい

物理サーバー = 該当なし
>1 GB を超えるゲスト/サーバー ディスク はい。ディスクは 1,024 MB 以上である必要があります。

マネージド ディスクにレプリケートする場合は最大 32,767 GB (9.41 バージョン以降)

ストレージ アカウントにレプリケートする場合は最大 4,095 GB
4K 論理および 4K 物理セクター サイズのゲスト/サーバー ディスク いいえ
4K 論理および 512 バイト物理セクター サイズのゲスト/サーバー ディスク いいえ
>4 TB を超えるストライピングされたディスクのゲスト/サーバー ボリューム はい
論理ボリューム管理 (LVM) シック プロビジョニング - はい

シン プロビジョニング - はい。更新プログラムロールアップ 61 以降でサポートされています。 モビリティ サービスの以前のバージョンではサポートされていません。
ゲスト/サーバー - 記憶域スペース いいえ
ゲスト/サーバー - NVMe インターフェイス はい (Windows マシンの場合)。 Linux マシンではサポートされていません。
ゲスト/サーバー ディスクのホット アド/削除 いいえ
ゲスト/サーバー - ディスクの除外 はい
ゲスト/サーバー マルチパス (MPIO) いいえ
ReFS Resilient File System は、モビリティ サービスのバージョン 9.23 以降でサポートされています。
ゲスト/サーバー EFI/UEFI ブート - すべての Azure Marketplace UEFI オペレーティング システムでサポートされています。
- UEFI ブートは、セキュア ブート設定が無効になっている限りサポートされます。 詳細情報。
- UEFI を搭載した Windows 2008 R2 SP1 および Windows 2008 SP2 サーバーはサポートされていません。
RAID ディスク ハードウェア RAID ディスクはサポートされていません。
ソフトウェア RAID ディスクはサポートされています。
ストレージ vMotion 移行についてはサポートされません。 ディザスター リカバリーについてはサポートされません。
BIOS サポート対象。

レプリケーション チャネル

レプリケーションの種類 サポートされています
オフロード データ転送 (ODX) いいえ
オフライン シード処理 いいえ
Azure Data Box いいえ

Azure Storage

コンポーネント サポートされています
ローカル冗長ストレージ はい
geo 冗長ストレージ はい
読み取りアクセス geo 冗長ストレージ はい
クール ストレージ いいえ
ホット ストレージ いいえ
ブロック blob いいえ
ホストでの暗号化 いいえ
保存時の暗号化 (SSE) はい
保存時の暗号化 (CMK) はい (PowerShell Az 3.3.0 モジュール以降を使用)
保存時の二重暗号化 はい (PowerShell Az 3.3.0 モジュール以降を使用)。 Windows および Linux でサポートされているリージョンの詳細について参照してください。
Premium Storage はい
転送オプションのセキュリティ保護 はい
インポート/エクスポート サービス いいえ
VNet 用 Azure Storage ファイアウォール はい。
ターゲット ストレージ/キャッシュ ストレージ アカウント (レプリケーション データの保存に使用) で構成されたもの。
汎用目的 V2 ストレージ アカウント (ホット層とクール層) はい (V1 に比べて V2 のトランザクション コストは非常に大きくなります)
論理的な削除 サポートされていません。
ディスク サブスクリプションの制限 保護ディスクはサブスクリプションあたり最大 3,000 まで。 ターゲット サブスクリプションに、3,000 を超える Azure Site Recovery 保護ディスク (データと OS の両方) がないことを確認します。

Azure コンピューティング

機能 サポートされています
可用性セット はい
近接配置グループ はい
可用性ゾーン いいえ
ハブ はい
マネージド ディスク はい

Azure VM の要件

Azure にレプリケートされたオンプレミス VM は、この表にまとめられている Azure VM の要件を満たしている必要があります。 Site Recovery がレプリケーションの前提条件を確認するとき、満たされていない要件がある場合には確認は失敗します。

コンポーネント 必要条件 詳細
ゲスト オペレーティング システム レプリケートするマシンのサポート対象のオペレーティング システムを確認します。 サポートされていない場合、確認は失敗します。
ゲスト オペレーティング システムのアーキテクチャ 64 ビット。 サポートされていない場合、確認は失敗します。
オペレーティング システムのディスク サイズ 第 1 世代のマシンでは最大 2,048 GB です。
第 2 世代のマシンでは最大 4,095 GB です。
サポートされていない場合、確認は失敗します。
オペレーティング システムのディスク数 1
ブート パーティションとシステム パーティションが異なるディスク上にある場合はサポートされません
サポートされていない場合、確認は失敗します。
データ ディスク数 64 以下。 論理ボリュームの数が多い場合、サポートされるディスクの数に影響が出る可能性があります。 このようなシナリオでは、次の数式を使用して、サポートされるデータ ディスクの最大数を計算します。

すべてのディスクが論理ボリュームを共有している場合:

D < 627790 / (450 + (論理ボリュームの数 * 317))

ディスクで共有されている論理ボリュームが変化する場合:

D < (627790 - (論理ボリュームが繰り返される回数 * 論理ボリュームの数 * 317)) / 450

D は保護できるデータ ディスクの最大数です。
データ ディスク サイズ マネージド ディスクにレプリケートする場合は最大 32 TB (9.41 バージョン以降)
ストレージ アカウントへのレプリケーション時に最大 4 TB
各プレミアム ストレージ アカウントは最大 35 TB のデータをホストできます
。最小ディスク サイズ要件 (少なくとも 1 GB)
サポートされていない場合、確認は失敗します。
RAM Site Recovery のドライバーは、RAM の 6% を消費します。
ネットワーク アダプター 複数のアダプターがサポートされます。
共有 VHD サポートされていません。 サポートされていない場合、確認は失敗します。
FC ディスク サポートされていません。 サポートされていない場合、確認は失敗します。
BitLocker サポートされていません。 マシンのレプリケーションを有効にする前に BitLocker を無効にする必要があります。また、マシンが Site Recovery を介してレプリケートされている間は無効のままにしておく必要があります。
VM 名 1 から 63 文字。

名前に使用できるのは、英文字、数字、およびハイフンのみです。

マシン名の最初と最後は、文字か数字とする必要があります。
Site Recovery でマシンのプロパティの値を更新します。

リソース グループの制限

1 つのリソース グループで保護できる仮想マシンの数については、サブスクリプションの制限とクォータに関する記事を参照してください。

チャーンの制限

以下の表は、Azure Site Recovery の制限を示したものです。

  • これらの制限は、Microsoft のテストに基づいて公開されていますが、アプリ I/O として想定されるすべての組み合わせを網羅したものではありません。
  • 実際の結果は、ご使用のアプリケーションで発生するさまざまな I/O によって異なることが考えられます。
  • 最良の結果を得るためには、Deployment Planner ツールを実行し、テスト フェールオーバーを使用して広範なアプリケーション テストを実行し、アプリの実際のパフォーマンスを把握することを強くお勧めします。
レプリケーション ターゲット レプリケーション元の平均ディスク I/O サイズ レプリケーション元ディスクの平均データ変更頻度 レプリケーション元ディスクの 1 日あたりのデータ変更頻度合計
Standard Storage 8 KB 2 MB/秒 (ディスクあたり) 168 GB
Premium P10 または P15 ディスク 8 KB 2 MB/秒 (ディスクあたり) 168 GB
Premium P10 または P15 ディスク 16 KB 4 MB/秒 (ディスクあたり) 336 GB
Premium P10 または P15 ディスク 32 KB 以上 8 MB/秒 (ディスクあたり) 672 GB
Premium P20、P30、P40、または P50 ディスク 8 KB 5 MB/s (ディスクあたり) 421 GB
Premium P20、P30、P40、または P50 ディスク 16 KB 以上 20 MB/秒 (ディスクあたり) 1,684 GB
ソース データ変更頻度 上限
VM 上の全ディスクにおけるデータ変更頻度のピーク 54 MB/秒
プロセス サーバーでサポートされる 1 日あたりのデータ変更頻度の上限 2 TB
  • 前述の数値は、I/O のオーバーラップを 30% とした場合の平均値です。
  • Site Recovery は、オーバーラップ比に基づくより高いスループットと、より大きな書き込みサイズ、そして実ワークロード I/O 動作を扱うことができます。
  • これらの数値には、標準的なバックログとして約 5 分が想定されています。 つまりデータはアップロード後 5 分以内に処理されて復旧ポイントが作成されます。

キャッシュ ストレージ アカウント

この表は、レプリケーション中に Site Recovery によって使用されるキャッシュ ストレージ アカウントのサポートをまとめたものです。

設定 サポート 詳細
汎用 V2 ストレージ アカウント サポートされています Site Recovery はトランザクション集約型であるため、汎用 v1 アカウントの方がコスト効率が高い可能性があります。
論理的な削除 サポートされていません 論理的な削除はサポートされていません。これをキャッシュ ストレージ アカウントで有効にすると、コストが増加するためです。 Azure Site Recovery では、ログ ファイルの作成と削除が頻繁に行われ、レプリケートによってコストが増加します。

ディスクの平均チャーンが増加するにつれて、ストレージ アカウントでサポートできるディスクの数が減少します。 以下の表は、プロビジョニングする必要があるストレージ アカウントの数を決定するためのガイドとして使用できます。

ストレージ アカウントの種類 チャーン = ディスクあたり 4 MBps チャーン = ディスクあたり 8 MBps
V1 ストレージ アカウント 600 個のディスク 300 個のディスク
V2 ストレージ アカウント 1500 個のディスク 750 個のディスク

上記の制限は VMWare と Hyper-V のシナリオにのみ適用されることに注意してください。

資格情報コンテナーのタスク

操作 サポートされています
リソース グループ間の資格情報コンテナーの移動 いいえ
サブスクリプション内およびサブスクリプション間でコンテナーの移動 いいえ
リソース グループ間でストレージ、ネットワーク、Azure VM を移動 いいえ
サブスクリプション内およびサブスクリプション間でストレージ、ネットワーク、Azure VM を移動 いいえ

最新のコンポーネントを入手する

名前 説明 詳細
構成サーバー オンプレミスにインストール済み。
オンプレミスの VMware サーバーまたは物理マシンと Azure の間の通信を調整します。
- 構成サーバーに関する- をご覧ください。
- 最新バージョンへのアップグレードに関する- をご覧ください。
- 構成サーバーの設定に関する- をご覧ください。
プロセス サーバー 構成サーバーに既定でインストールされます。
レプリケーション データを受信し、そのデータをキャッシュ、圧縮、暗号化によって最適化して、Azure に送信します。
デプロイの拡大に合わせて、増大するレプリケーション トラフィックの処理を実行するプロセス サーバーを追加できます。
- プロセス サーバーに関する- をご覧ください。
- 最新バージョンへのアップグレードに関する- をご覧ください。
- スケールアウト プロセス サーバーの設定に関する- をご覧ください。
モビリティ サービス レプリケートする VMware VM または物理サーバーにインストールされます。
オンプレミスの VMware サーバー/物理サーバーと Azure の間のレプリケーションを調整します。
- Mobility Service に関する- をご覧ください。
- 最新バージョンへのアップグレードに関する- をご覧ください。

次のステップ

VMware VM のディザスター リカバリーのために Azure を準備する方法を学びます