Azure コンピューティング ユニット (ACU)

適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ Windows VM ✔️ フレキシブル スケール セット ✔️ 均一スケール セット

Azure コンピューティング ユニット (ACU) の概念は、Azure SKU 間で計算 (CPU) パフォーマンスを比較する手段を提供します。 これは、パフォーマンス ニーズを満たす可能性が最も高い SKU を簡単に見つけるのに役立ちます。 現在、ACU は小さい (Standard_A1) VM を 100 として標準化されており、他のすべての SKU についてはその SKU が標準ベンチマークをそれよりどれくらい速く実行できるかが表されます。

\* ACU は、Intel® Turbo テクノロジを使用して CPU 周波数を上げ、パフォーマンスを向上させます。 パフォーマンス向上の量は、VM のサイズ、ワークロードのほか、同じホストで実行されている他のワークロードによって変動する場合があります。

** ACU は、AMD® Boost テクノロジを使用して CPU 周波数を上げ、パフォーマンスを向上させます。 パフォーマンス向上の量は、VM のサイズ、ワークロードのほか、同じホストで実行されている他のワークロードによって変動する場合があります。

*** ハイパースレッド化されており、入れ子になった仮想化を実行できます。

****AMD 同時実行マルチスレッド技術

重要

ACU はガイドラインに過ぎません。 ワークロードの結果は異なる場合があります。

SKU ファミリ ACU \ vCPU vCPU: コア
A1_v2 - A8_v2 100 1:1
A2m_v2 - A8m_v2 100 1:1
B 場合により異なる 1:1
D1 - D14 160 から 250 1:1
D1_v2 - D15_v2 210 - 250* 1:1
DS1 - DS14 160 から 250 1:1
DS1_v2 - DS15_v2 210 - 250* 1:1
D_v3 160 - 190* 2:1***
Ds_v3 160 - 190* 2:1***
Dav4 230 - 260** 2:1****
Dasv4 230 - 260** 2:1****
Dv4 195 - 210 2:1***
Dsv4 195 - 210 2:1***
Ddv4 195 -210* 2:1***
Ddsv4 195 から 210* 2:1***
E_v3 160 - 190* 2:1***
Es_v3 160 - 190* 2:1***
Eav4 230 - 260** 2:1****
Easv4 230 - 260** 2:1****
Ev4 195 - 210 2:1***
Esv4 195 - 210 2:1***
Edv4 195 から 210* 2:1***
Edsv4 195 から 210* 2:1***
F2s_v2 - F72s_v2 195 から 210* 2:1***
F1 - F16 210 - 250* 1:1
F1s - F16s 210 - 250* 1:1
FX4 - FX48 310 - 340* 2:1***
G1 - G5 180 ~ 240* 1:1
GS1 - GS5 180 ~ 240* 1:1
H 290 ~ 300* 1:1
HB 199 - 216** 1:1
HC 297 - 315* 1:1
L4s - L32s 180 ~ 240* 1:1
L8s_v2 - L80s_v2 150 - 175** 2:1****
M 160 から 180 2:1***
Mv2 240 - 280 2:1***
NVv4 230 - 260** 2:1****

各 SKU のプロセッサ モデル情報は、SKU ドキュメントで入手できます (上記のリンクを参照)。 最適なパフォーマンスを得るには、最新の更新プログラムと最速のドライバーを確保するために、最新の VM イメージ (OS と VM の世代) が必要になる場合があります。

VM シリーズの廃止

次の VM シリーズは、2024 年 8 月 31 日以前に廃止されます。

SKU ファミリ ACU \ vCPU vCPU: コア 提供終了日
H 290 ~ 300* 1:1 2022 年 8 月 31 日
HB 199 - 216** 1:1 2024 年 8 月 31 日
A0 50 1:1 2024 年 8 月 31 日
A1 - A4 100 1:1 2024 年 8 月 31 日
A5 - A7 100 1:1 2024 年 8 月 31 日
A8 - A11 225* 1:1 2024 年 8 月 31 日

次の GPU シリーズも廃止されます。

SKU ファミリ 提供終了日
NC 2023 年 8 月 31 日
NCv2 2023 年 8 月 31 日
ND 2023 年 8 月 31 日
NV 2023 年 8 月 31 日

パフォーマンスの一貫性

Microsoft では、Azure のお客様は可能な限り一貫性のあるパフォーマンスを求めており、同じ種類の VM から毎回同じパフォーマンスが得られることを望んでいると理解しています。

Azure VM の各サイズは、通常それらが最初にリリースされたハードウェア プラットフォーム上で最大のパフォーマンスで実行されます。 Azure では、VM が別のハードウェアで実行される場合でも、顧客にとって一貫性のあるパフォーマンスを維持するために、新しいハードウェアで実行するときに古い Azure VM を制御する場合があります。 次に例を示します。

  1. DEF シリーズの VM は、ハードウェアの更新前後でパフォーマンスの一貫性を保つために、新しいハードウェア上で実行するときにプロセッサ周波数が低いレベルに設定されることがあります。 (具体的な周波数設定は、VM シリーズが最初にリリースされたプロセッサと、現在のハードウェアの同等のパフォーマンスに基づいて異なります)。
  2. A シリーズの VM では、新しいハードウェアのタイム スライスに基づく古いモデルを使用して、ハードウェア バージョン間でパフォーマンスの一貫性を実現します。
  3. B シリーズの VM はバースト可能であり、(ドキュメントに記載されている) クレジット システムを使用して、期待されたパフォーマンスを達成します。

VM に対するこれらの異なるプロセッサ設定は、一貫したパフォーマンスを提供し、お客様が制御できない基になるハードウェア プラットフォームの変更の影響を最小限に抑えるための Azure の取り組みの重要な部分となります。

詳細情報

さまざまなサイズの詳細に関するリンクは次のとおりです。