リモート デスクトップを使用して接続し、Windows が実行されている Azure 仮想マシンにサインオンする方法

適用対象: ✔️ Windows VM ✔️ フレキシブル スケール セット

Azure で Windows が動作している VM へのリモート デスクトップ接続を作成できます。

Mac から Windows VM に接続するには、Microsoft リモート デスクトップなど、Mac 用の RDP クライアントをインストールする必要があります。

前提条件

  • RDP 経由で Windows 仮想マシンに接続するには、リモート デスクトップ サービスがリッスンしているポート上のコンピューターへの TCP 接続が必要です (既定では 3389)。 RDP 用の適切なポートが開いていることは、トラブルシューティング ツールを使用するか、VM の設定を手動でチェックすることで確認できます。 TCP ポートが開いているかを確認するには (既定を想定):

    1. VM のページ上で、左側のメニューから [ネットワーク] を選択します。
    2. [ネットワーク] ページで、VM への接続に使用するコンピューターの IP アドレスを送信元とするポート 3389 の TCP を許可する規則があるかどうかを確認します。 規則が存在する場合は、次のセクションに進んでください。
    3. 規則が存在しない場合は、[受信ポートの規則を追加する] を選択して追加します。
    4. [サービス] ドロップダウンから [RDP] を選択します。
    5. 必要に応じて [優先度][ソース] を編集します。
    6. [名前] は「Port_3389」と入力します。
    7. 完了したら、[追加] を選択します。
    8. 受信ポート規則のテーブルに RDP 規則が追加されます。
  • VM にはパブリック IP アドレスが必要です。 VM にパブリック IP アドレスがあるかどうかを確認するには、左側のメニューから [概要] を選択し、[ネットワーク] セクションに注目します。 [パブリック IP アドレス] の横に IP アドレスが表示されている場合、VM にはパブリック IP が割り当てられています。 既存の VM にパブリック IP アドレスを追加する方法について詳しくは、「仮想マシンへのパブリック IP アドレスの関連付け」を参照してください。

  • VM が実行されていることを確認します。 [概要] タブの [基本] セクションで、VM の状態が [実行中] になっていることを確認します。 VM を起動するには、ページの上部にある [開始] を選択します。

仮想マシンへの接続

  1. Azure portal に移動して、VM に接続します。 [仮想マシン] を検索して選択します。

  2. 一覧から仮想マシンを選択します。

  3. 仮想マシン ページの最初のページで、[接続する] を選択します。

  4. [仮想マシンへの接続] ページで、RDP を選択してから、適切な IP アドレスポート番号を選択します。 ほとんどの場合、既定の IP アドレスとポートを使用する必要があります。 [RDP ファイルのダウンロード] を選択します。 VM に Just-In-Time ポリシーが設定されている場合は、RDP ファイルをダウンロードする前に、まず [Request access] (アクセス権の要求) ボタンをクリックしてアクセス権を要求する必要があります。 Just-In-Time ポリシーの詳細については、Just in Time ポリシーを使用した仮想マシン アクセスの管理に関するページを参照してください。

  5. ダウンロードした RDP ファイルを開き、プロンプトが表示されたら [接続] を選択します。 .rdp ファイルの発行元が不明であることを示す警告が表示されます。 これは予期されることです。 [リモート デスクトップ接続] ウィンドウで [接続] を選択して続行します。

    Screenshot of a warning about an unknown publisher.

  6. [Windows セキュリティ] ウィンドウで、 [その他][別のアカウントを使用する] の順に選択します。 仮想マシンのアカウントの資格情報を入力し、[OK] を選択します。

    ローカル アカウント: 通常は、仮想マシンの作成時に指定したローカル アカウントのユーザー名とパスワードです。 この場合、ドメインは仮想マシンの名前です。これを vmname\username の形式で入力します。

    ドメインに参加している VM の場合: VM がドメインに属している場合は、ユーザー名を Domain\Username の形式で入力します。 また、アカウントは管理者グループに属しているか、VM へのリモート アクセス特権が付与されている必要があります。

    ドメイン コントローラー: VM がドメイン コントローラーである場合は、そのドメインのドメイン管理者アカウントのユーザー名とパスワードを入力します。

  7. [はい] を選択して、目的の仮想マシンであることを確認し、ログオンを完了します。

    VM の ID の検証に関するメッセージを示すスクリーンショット。

    ヒント

    ポータルの [接続] ボタンが淡色表示され、Express Routeサイト間 VPN 接続で Azure に接続されていない場合は、VM を作成してパブリック IP アドレスを割り当ててから RDP を使用する必要があります。 詳細については、Azure のパブリック IP アドレスに関するページを参照してください。

PowerShell を使用して仮想マシンに接続する

PowerShell を使用しており、Azure PowerShell モジュールがインストールされている場合は、Get-AzRemoteDesktopFile コマンドレットを使用して接続することもできます。次に例を示します。

この例のコマンドを実行すると、RDP 接続が直ちに起動され、上記のようなプロンプトが表示されます。

Get-AzRemoteDesktopFile -ResourceGroupName "RgName" -Name "VmName" -Launch

今後の使用のために、RDP ファイルを保存することもできます。

Get-AzRemoteDesktopFile -ResourceGroupName "RgName" -Name "VmName" -LocalPath "C:\Path\to\folder"

次の手順

接続に問題がある場合は、リモート デスクトップ接続に関するトラブルシューティングのページを参照してください。