ICustomTypeDescriptor インターフェイス

定義

オブジェクトの動的なカスタム型情報を提供するインターフェイスを提供します。

public interface class ICustomTypeDescriptor
public interface ICustomTypeDescriptor
type ICustomTypeDescriptor = interface
Public Interface ICustomTypeDescriptor
派生

注釈

インターフェイスを ICustomTypeDescriptor 使用すると、オブジェクトは自身に関する型情報を提供できます。 通常、このインターフェイスは、オブジェクトに動的な型情報が必要な場合に使用されます。 これに対し TypeDescriptor 、このクラスは、メタデータから取得される静的な型情報を提供します。

たとえば、 ICustomTypeDescriptor COM オブジェクトの型情報を提供するために、.NET Frameworkで使用されます。 COM オブジェクトは、プロパティまたは属性をサポートしていません。 したがって、.NET Frameworkは COM オブジェクトのプロパティと属性を実装するために使用ICustomTypeDescriptorします。

動的なカスタム型情報を提供するために、クラスは、このインターフェイスの簡単な実装をCustomTypeDescriptor提供するクラスを実装ICustomTypeDescriptorまたは派生させることができます。

注意

インターフェイスを実装するオブジェクトへのデータ バインディングは、デザイン時に ICustomTypeDescriptor サポートされません。 また、ランタイム インスタンス ICustomTypeDescriptorにバインドする場合、基になる型のパブリック プロパティは無視されます。

メソッド

GetAttributes()

コンポーネントのこのインスタンスのカスタム属性のコレクションを返します。

GetClassName()

コンポーネントのこのインスタンスのクラス名を返します。

GetComponentName()

コンポーネントのこのインスタンスの名前を返します。

GetConverter()

コンポーネントのこのインスタンスの型コンバーターを返します。

GetDefaultEvent()

コンポーネントのこのインスタンスの既定のイベントを返します。

GetDefaultProperty()

コンポーネントのこのインスタンスの既定のプロパティを返します。

GetEditor(Type)

コンポーネントのこのインスタンスに対して指定されている型のエディターを返します。

GetEvents()

コンポーネントのこのインスタンスのイベントを返します。

GetEvents(Attribute[])

フィルターとして指定された属性配列を使用して、コンポーネントのこのインスタンスのイベントを返します。

GetProperties()

コンポーネントのこのインスタンスのプロパティを返します。

GetProperties(Attribute[])

属性配列をフィルターとして使用して、コンポーネントのこのインスタンスのプロパティを返します。

GetPropertyOwner(PropertyDescriptor)

指定したプロパティ記述子によって記述されたプロパティを含むオブジェクトを返します。

適用対象

こちらもご覧ください