DiagnosticSource クラス

定義

コードが、インストルメント化されたプロセスで使用されるために、リッチ データのペイロードの生産時間のログ記録に使用されるのをインストルメント化する抽象クラスです。

public ref class DiagnosticSource abstract
public abstract class DiagnosticSource
type DiagnosticSource = class
Public MustInherit Class DiagnosticSource
継承
DiagnosticSource
派生

注釈

詳細については、「 DiagnosticSource ユーザー ガイド」を参照してください。

コンストラクター

DiagnosticSource()

DiagnosticSource クラスのインスタンスを初期化します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsEnabled(String)

通知イベントが有効になったかどうかを確認します。

IsEnabled(String, Object, Object)

通知イベントが有効になったかどうかを確認します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnActivityExport(Activity, Object)

送信される HTTP 要求など、プロセスの外で発生するイベントまたは操作にアクティビティから状態を転送します。

OnActivityImport(Activity, Object)

プロセスの外で発生した、受信要求など、イベントまたは操作からアクティビティに状態を転送します。

StartActivity(Activity, Object)

Activity を開始し、開始イベントを書き込みます。

StopActivity(Activity, Object)

指定した Activity を停止し、グローバルな Current アクティビティを維持し、コンシューマーに Activity が停止されたことを通知します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
Write(String, Object)

複雑なペイロードのログを記録する汎用的な方法です。

適用対象