Enumerable.GroupJoin メソッド

定義

キーが等しいかどうかに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付け、その結果をグループ化します。

オーバーロード

GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,IEnumerable<TInner>, TResult>, IEqualityComparer<TKey>)

キーが等しいかどうかに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付け、その結果をグループ化します。 指定された IEqualityComparer<T> を使用してキーを比較します。

GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,IEnumerable<TInner>, TResult>)

キーが等しいかどうかに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付け、その結果をグループ化します。 キーの比較には既定の等値比較子が使用されます。

GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,IEnumerable<TInner>, TResult>, IEqualityComparer<TKey>)

キーが等しいかどうかに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付け、その結果をグループ化します。 指定された IEqualityComparer<T> を使用してキーを比較します。

public:
generic <typename TOuter, typename TInner, typename TKey, typename TResult>
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static System::Collections::Generic::IEnumerable<TResult> ^ GroupJoin(System::Collections::Generic::IEnumerable<TOuter> ^ outer, System::Collections::Generic::IEnumerable<TInner> ^ inner, Func<TOuter, TKey> ^ outerKeySelector, Func<TInner, TKey> ^ innerKeySelector, Func<TOuter, System::Collections::Generic::IEnumerable<TInner> ^, TResult> ^ resultSelector, System::Collections::Generic::IEqualityComparer<TKey> ^ comparer);
public static System.Collections.Generic.IEnumerable<TResult> GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult> (this System.Collections.Generic.IEnumerable<TOuter> outer, System.Collections.Generic.IEnumerable<TInner> inner, Func<TOuter,TKey> outerKeySelector, Func<TInner,TKey> innerKeySelector, Func<TOuter,System.Collections.Generic.IEnumerable<TInner>,TResult> resultSelector, System.Collections.Generic.IEqualityComparer<TKey> comparer);
public static System.Collections.Generic.IEnumerable<TResult> GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult> (this System.Collections.Generic.IEnumerable<TOuter> outer, System.Collections.Generic.IEnumerable<TInner> inner, Func<TOuter,TKey> outerKeySelector, Func<TInner,TKey> innerKeySelector, Func<TOuter,System.Collections.Generic.IEnumerable<TInner>,TResult> resultSelector, System.Collections.Generic.IEqualityComparer<TKey>? comparer);
static member GroupJoin : seq<'Outer> * seq<'Inner> * Func<'Outer, 'Key> * Func<'Inner, 'Key> * Func<'Outer, seq<'Inner>, 'Result> * System.Collections.Generic.IEqualityComparer<'Key> -> seq<'Result>
<Extension()>
Public Function GroupJoin(Of TOuter, TInner, TKey, TResult) (outer As IEnumerable(Of TOuter), inner As IEnumerable(Of TInner), outerKeySelector As Func(Of TOuter, TKey), innerKeySelector As Func(Of TInner, TKey), resultSelector As Func(Of TOuter, IEnumerable(Of TInner), TResult), comparer As IEqualityComparer(Of TKey)) As IEnumerable(Of TResult)

型パラメーター

TOuter

最初のシーケンスの要素の型。

TInner

2 番目のシーケンスの要素の型。

TKey

キー セレクター関数によって返されるキーの型。

TResult

結果の要素の型。

パラメーター

outer
IEnumerable<TOuter>

結合する最初のシーケンス。

inner
IEnumerable<TInner>

最初のシーケンスに結合するシーケンス。

outerKeySelector
Func<TOuter,TKey>

最初のシーケンスの各要素から結合キーを抽出する関数。

innerKeySelector
Func<TInner,TKey>

2 番目のシーケンスの各要素から結合キーを抽出する関数。

resultSelector
Func<TOuter,IEnumerable<TInner>,TResult>

最初のシーケンスの要素と、2 番目のシーケンスの一致する要素のコレクションから結果の要素を作成する関数。

comparer
IEqualityComparer<TKey>

キーをハッシュして比較する IEqualityComparer<T>

戻り値

IEnumerable<TResult>

2 つのシーケンスに対してグループ化結合を実行して取得する、TResult 型の要素が格納されている IEnumerable<T>

例外

outerinnerouterKeySelectorinnerKeySelector、または resultSelectornull です。

注釈

このメソッドは、遅延実行を使用して実装されます。 即時戻り値は、アクションの実行に必要なすべての情報を格納する オブジェクトです。 か、呼び出すことによって、オブジェクトが列挙されるまで、このメソッドによって表されるクエリは実行されません、GetEnumeratorメソッドを使用して直接またはforeachVisual C# またはFor EachVisual Basic で。

nullの場合comparer、キーのハッシュと比較には、Default既定の等値比較子 である が使用されます。

GroupJoin は階層的な結果を生成します。つまり、 の outer 要素は、 の一致する要素 innerのコレクションとペアになります。 GroupJoin を使用すると、 の各要素 outerに対する一致のセット全体に基づいて結果を作成できます。

注意

の特定のouter要素にinner関連付けられた要素がない場合、その要素の一致のシーケンスは空になりますが、結果には引き続き表示されます。

関数は resultSelector 、要素ごとに outer 1 回だけ呼び出され、要素と一致するすべての inner 要素のコレクションが outer 呼び出されます。 これは、 Join の 1 つの要素と から 1 つの要素 outer を含むペアで結果セレクター関数が呼び出されるメソッドとは inner異なります。

GroupJoin の要素 outerの順序を保持し、 の各要素に outer対して、 の inner一致する要素の順序を保持します。

GroupJoin には、従来のリレーショナル データベースの用語に直接相当するものはありません。 ただし、このメソッドでは内部結合と左外部結合のスーパーセットが実装されます。 これらの操作はどちらも、グループ化結合の観点から記述できます。 詳細については、「 結合操作」を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,IEnumerable<TInner>, TResult>)

キーが等しいかどうかに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付け、その結果をグループ化します。 キーの比較には既定の等値比較子が使用されます。

public:
generic <typename TOuter, typename TInner, typename TKey, typename TResult>
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static System::Collections::Generic::IEnumerable<TResult> ^ GroupJoin(System::Collections::Generic::IEnumerable<TOuter> ^ outer, System::Collections::Generic::IEnumerable<TInner> ^ inner, Func<TOuter, TKey> ^ outerKeySelector, Func<TInner, TKey> ^ innerKeySelector, Func<TOuter, System::Collections::Generic::IEnumerable<TInner> ^, TResult> ^ resultSelector);
public static System.Collections.Generic.IEnumerable<TResult> GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult> (this System.Collections.Generic.IEnumerable<TOuter> outer, System.Collections.Generic.IEnumerable<TInner> inner, Func<TOuter,TKey> outerKeySelector, Func<TInner,TKey> innerKeySelector, Func<TOuter,System.Collections.Generic.IEnumerable<TInner>,TResult> resultSelector);
static member GroupJoin : seq<'Outer> * seq<'Inner> * Func<'Outer, 'Key> * Func<'Inner, 'Key> * Func<'Outer, seq<'Inner>, 'Result> -> seq<'Result>
<Extension()>
Public Function GroupJoin(Of TOuter, TInner, TKey, TResult) (outer As IEnumerable(Of TOuter), inner As IEnumerable(Of TInner), outerKeySelector As Func(Of TOuter, TKey), innerKeySelector As Func(Of TInner, TKey), resultSelector As Func(Of TOuter, IEnumerable(Of TInner), TResult)) As IEnumerable(Of TResult)

型パラメーター

TOuter

最初のシーケンスの要素の型。

TInner

2 番目のシーケンスの要素の型。

TKey

キー セレクター関数によって返されるキーの型。

TResult

結果の要素の型。

パラメーター

outer
IEnumerable<TOuter>

結合する最初のシーケンス。

inner
IEnumerable<TInner>

最初のシーケンスに結合するシーケンス。

outerKeySelector
Func<TOuter,TKey>

最初のシーケンスの各要素から結合キーを抽出する関数。

innerKeySelector
Func<TInner,TKey>

2 番目のシーケンスの各要素から結合キーを抽出する関数。

resultSelector
Func<TOuter,IEnumerable<TInner>,TResult>

最初のシーケンスの要素と、2 番目のシーケンスの一致する要素のコレクションから結果の要素を作成する関数。

戻り値

IEnumerable<TResult>

2 つのシーケンスに対してグループ化結合を実行して取得する、TResult 型の要素が格納されている IEnumerable<T>

例外

outerinnerouterKeySelectorinnerKeySelector、または resultSelectornull です。

次のコード例では、 を使用 GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,IEnumerable<TInner>, TResult>) して、2 つのシーケンスでグループ化結合を実行する方法を示します。

class Person
{
    public string Name { get; set; }
}

class Pet
{
    public string Name { get; set; }
    public Person Owner { get; set; }
}

public static void GroupJoinEx1()
{
    Person magnus = new Person { Name = "Hedlund, Magnus" };
    Person terry = new Person { Name = "Adams, Terry" };
    Person charlotte = new Person { Name = "Weiss, Charlotte" };

    Pet barley = new Pet { Name = "Barley", Owner = terry };
    Pet boots = new Pet { Name = "Boots", Owner = terry };
    Pet whiskers = new Pet { Name = "Whiskers", Owner = charlotte };
    Pet daisy = new Pet { Name = "Daisy", Owner = magnus };

    List<Person> people = new List<Person> { magnus, terry, charlotte };
    List<Pet> pets = new List<Pet> { barley, boots, whiskers, daisy };

    // Create a list where each element is an anonymous
    // type that contains a person's name and
    // a collection of names of the pets they own.
    var query =
        people.GroupJoin(pets,
                         person => person,
                         pet => pet.Owner,
                         (person, petCollection) =>
                             new
                             {
                                 OwnerName = person.Name,
                                 Pets = petCollection.Select(pet => pet.Name)
                             });

    foreach (var obj in query)
    {
        // Output the owner's name.
        Console.WriteLine("{0}:", obj.OwnerName);
        // Output each of the owner's pet's names.
        foreach (string pet in obj.Pets)
        {
            Console.WriteLine("  {0}", pet);
        }
    }
}

/*
 This code produces the following output:

 Hedlund, Magnus:
   Daisy
 Adams, Terry:
   Barley
   Boots
 Weiss, Charlotte:
   Whiskers
*/
Structure Person
    Public Name As String
End Structure

Structure Pet
    Public Name As String
    Public Owner As Person
End Structure

Sub GroupJoinEx1()
    Dim magnus As New Person With {.Name = "Hedlund, Magnus"}
    Dim terry As New Person With {.Name = "Adams, Terry"}
    Dim charlotte As New Person With {.Name = "Weiss, Charlotte"}

    Dim barley As New Pet With {.Name = "Barley", .Owner = terry}
    Dim boots As New Pet With {.Name = "Boots", .Owner = terry}
    Dim whiskers As New Pet With {.Name = "Whiskers", .Owner = charlotte}
    Dim daisy As New Pet With {.Name = "Daisy", .Owner = magnus}

    Dim people As New List(Of Person)(New Person() {magnus, terry, charlotte})
    Dim pets As New List(Of Pet)(New Pet() {barley, boots, whiskers, daisy})

    ' Create a collection where each element is an anonymous type
    ' that contains a Person's name and a collection of names of 
    ' the pets that are owned by them.
    Dim query =
people.GroupJoin(pets,
           Function(person) person,
           Function(pet) pet.Owner,
           Function(person, petCollection) _
               New With {.OwnerName = person.Name,
                         .Pets = petCollection.Select(
                                            Function(pet) pet.Name)})

    Dim output As New System.Text.StringBuilder
    For Each obj In query
        ' Output the owner's name.
        output.AppendLine(obj.OwnerName & ":")
        ' Output each of the owner's pet's names.
        For Each pet As String In obj.Pets
            output.AppendLine("  " & pet)
        Next
    Next

    ' Display the output.
    Console.WriteLine(output.ToString)
End Sub

' This code produces the following output:
'
' Hedlund, Magnus
'   Daisy
' Adams, Terry
'   Barley
'   Boots
' Weiss, Charlotte
'   Whiskers

注釈

このメソッドは、遅延実行を使用して実装されます。 即時戻り値は、アクションの実行に必要なすべての情報を格納する オブジェクトです。 か、呼び出すことによって、オブジェクトが列挙されるまで、このメソッドによって表されるクエリは実行されません、GetEnumeratorメソッドを使用して直接またはforeachVisual C# またはFor EachVisual Basic で。

既定の等値比較子 は、 Defaultキーのハッシュと比較に使用されます。

GroupJoin は階層的な結果を生成します。つまり、 の outer 要素は、 の一致する要素 innerのコレクションとペアになります。 GroupJoin を使用すると、 の各要素 outerに対する一致のセット全体に基づいて結果を作成できます。

Note

の特定のouter要素にinner関連付けられた要素がない場合、その要素の一致のシーケンスは空になりますが、結果には引き続き表示されます。

関数は resultSelector 、要素ごとに outer 1 回だけ呼び出され、要素と一致するすべての inner 要素のコレクションが outer 呼び出されます。 これは、 の要素と Join から inner1 つの要素outerを含むペアで結果セレクター関数が呼び出される メソッドとは異なります。

GroupJoin の要素 outerの順序を保持し、 の各要素に outer対して、 の inner一致する要素の順序を保持します。

GroupJoin には、従来のリレーショナル データベースの用語に直接相当するものはありません。 ただし、このメソッドでは内部結合と左外部結合のスーパーセットが実装されます。 これらの操作はどちらも、グループ化結合の観点から記述できます。 詳細については、「 結合操作」を参照してください。

クエリ式の構文で、 join ... into (Visual C#) またはGroup Joinの呼び出しに変換します (Visual Basic) 句GroupJoinします。

こちらもご覧ください

適用対象