Share via


.NET CLI の概要

この記事の対象: ✔️ .NET Core 2.1 SDK 以降のバージョン

.NET コマンド ライン インターフェイス (CLI) は、.NET アプリケーションを開発、ビルド、実行、発行するためのクロスプラットフォーム ツールチェーンです。

.NET CLI は、.NET SDK に含まれています。 .NET SDK をインストールする方法については、.NET のインストールに関する記事をご覧ください。

CLI コマンド

既定では、次のコマンドがインストールされます。

基本的なコマンド

プロジェクトの変更コマンド

高度なコマンド

ツール管理コマンド

ツールは、NuGet パッケージからインストールされ、コマンド プロンプトから呼び出されるコンソール アプリケーションです。 ツールは自分で作成することも、サードパーティによって作成されたツールをインストールすることもできます。 ツールは、グローバル ツール、ツールパス ツール、およびローカル ツールとも呼ばれます。 詳細については、.NET ツールの概要に関するページを参照してください。

コマンド構造

CLI コマンド構造は、ドライバー ("dotnet")コマンド、また場合によってはコマンドの引数オプションで構成されます。 my_app という名前のディレクトリから実行する場合、次のコマンドで示されているように、新しいコンソール アプリの作成やコマンド ラインからの実行など、ほとんどの CLI 操作でこのパターンが見られます。

dotnet new console
dotnet build --output ./build_output
dotnet ./build_output/my_app.dll

ドライバー

ドライバーは dotnet という名前で、2 つの役割 (フレームワークに依存するアプリの実行と、コマンドの実行) があります。

フレームワークに依存するアプリを実行するには、dotnet /path/to/my_app.dll など、ドライバーの後にアプリを指定します。 アプリの DLL が存在するフォルダーからコマンドを実行する場合は、dotnet my_app.dll を実行するだけです。 .NET ランタイムの特定のバージョンを使用する場合は、--fx-version <VERSION> オプションを使用してください (「--fx-version <VERSION>」リファレンスを参照)。

ドライバーにコマンドを指定すると、dotnet.exe は CLI コマンドの実行プロセスを開始します。 次に例を示します。

dotnet build

最初に、ドライバーは使用する SDK のバージョンを決定します。 global.json ファイルがない場合は、利用可能な SDK の最新バージョンを使用します。 コンピューターで最新のプレビューまたは安定したバージョンになります。 SDK バージョンが決定されたら、コマンドを実行します。

コマンド

コマンドは、アクションを実行します。 たとえば、dotnet build はコードをビルドします。 dotnet publish はコードを発行します。 コマンドは、dotnet {command} 規則を使用してコンソール アプリケーションとして実装されます。

引数

コマンド ラインで渡す引数は、呼び出されたコマンドへの引数です。 たとえば、dotnet publish my_app.csproj を実行した場合、my_app.csproj 引数は、発行するプロジェクトを示し、publish コマンドに渡されます。

オプション

コマンド ラインで渡すオプションは、呼び出されたコマンドへのオプションです。 たとえば、dotnet publish --output /build_output を実行した場合、--output オプションとその値は publish コマンドに渡されます。

関連項目