Share via


Customer Service 用オムニチャネルでボットを管理する

Customer Service 用オムニチャネルには、Dynamics 365 Customer Service Enterprise の機能を拡張する一連の機能が用意されていて、組織はデジタル メッセージング チャネルを通して顧客と即座につながり、やり取りできるようになります。 Customer Service 用オムニチャネルにアクセスする際は、追加のライセンスが必要です。 詳細については、Dynamics 365 Customer Service 価格の概要Dynamics 365 Customer Service 価格プラン ページを参照してください。

重要

Power Virtual Agents 機能は、生成 AI への多大な投資と Microsoft Copilot 全体の統合の強化により、現在 Microsoft Copilot Studio の一部となっています

ドキュメントやトレーニング コンテンツが更新される際、一部の記事やスクリーンショットで Power Virtual Agents に言及することがあります。

顧客サービス のオムニチャネルでは、ボットをシームレスに追加し、バックグラウンドで統合が行われながら数分以内に起動して実行できます。

ボット ページで Copilot Studio ボットを管理できます。

前提条件

Copilot Studio ボットは、Customer Service 用オムニチャネルが利用可能なテナントで利用可能である必要があります。

ボットの追加

このセクションで説明する手順を使用してボットを追加すると、Copilot Studio ボットが自動的に Azure に登録され、顧客サービス のオムニチャネルに接続されます。 次に、Copilot Studio でボットに処理させたいシナリオのトピックを構成します。

  1. Customer Service 管理センターで、顧客サポートボット を選択します。
  2. ボット ページで 追加 を選択し、ボットの追加 ページで、 新しいボットの作成 を選択し、 次へ を選択します。
  3. 基本ボットの作成 ページで、ボットの名前を入力し、ボットが使用する主要言語を選択して、作成 を選択します。 ボットが作成され、ボット ページに表示されます。
  4. ボットが Copilot Studio ですでに作成されている場合は、オプションで既存のボットを追加することもできます。 既存のボットに接続する オプションを使用すると、ボットを接続できます。 ボットは数分後に接続され、ボット ページに表示されます。

重要

統一キャンバスを試す (プレビュー) オプションを使用して Copilot Studio で作成したボットは、音声ワークストリームでは動作しません。

自分のボットを管理する

ボット ページでは、ボットの詳細を確認したり、次のアクションを実行したりできます:

  • ボットの接続を解除します。
  • ボット名を選択します。 Copilot Studio アプリは新しいタブで開き、トピックやボットのその他の設定を行うことができます。

次の手順

ボットを作業ストリームに追加する
ボット会話の終了

参照

Customer Service 管理センターの概要
音声用チャネル用の Copilot Studio ボットを構成する