Exchange Online で配布リスト グループを作成して管理する

重要

2022 年 12 月から、従来の Exchange 管理 センターは世界中のお客様向けに非推奨になります。 Microsoft では、新しい Exchange 管理 センターを使用することをお勧めします (まだ使用していない場合)。

ほとんどの機能は新しい EAC に移行されていますが、一部の機能は他の管理センターに移行され、残りの機能は間もなく新しい EAC に移行されます。 その他の機能で新しい EAC にまだ存在しない機能を検索するか 新しい EAC 間を移動するのに役立つグローバル検索を使用します。

重要

新しい Exchange 管理センターをご確認ください。 エクスペリエンスは、モダンで、インテリジェントで、アクセシビリティが高く、より一層改善されています。 ダッシュボードのカスタマイズやテナント間での移行の管理を行い、改善されたグループ機能などをご利用ください。 今すぐ試してみる!

Exchange 管理センター (EAC) または Exchange Online PowerShell を使用して、Exchange Online 組織内で配布リスト グループを作成、修正、削除します。

メッセージの配布には、以下の 2 種類のグループを使用できます。

  • メールが有効なユニバーサル配布グループ(配布リスト グループ とも呼ばれます)は、メッセージの配布にのみ使用できます。

  • メールが有効なユニバーサル セキュリティ グループ (セキュリティ グループとも呼ばれます) を使用して、メッセージを配布し、リソースへのアクセス許可を付与することができます。 詳細については、「メールが有効なセキュリティ グループの管理」を参照してください。

Active Directory と Exchange の用語の違いに注意することが重要です。 Active Directory では、配布リスト グループは、メールが有効かどうかにかかわらず、セキュリティ コンテキストを持たない任意のグループを指します。 一方、Exchange Online では、メールが有効になっているすべてのグループは、セキュリティ コンテキストがあるかどうかに関係なく、配布リスト グループと呼ばれます。

始める前に把握しておくべき情報

  • 予想所要時間 : 2 ~ 5 分。

  • Exchange 管理センターを開くには、「Exchange Online での Exchange 管理センター」を参照してください。

  • Exchange Online PowerShell へ接続するには、「Exchange Online PowerShell に接続する」を参照してください。

  • この手順を実行する場合、あらかじめアクセス許可が必要です。 必要なアクセス許可については、「Exchange Online の機能アクセス許可」の「受信者」エントリを参照してください。

  • 組織でグループの名前付けポリシーを構成している場合、そのポリシーはユーザーが作成したグループにのみ適用されます。 ユーザーまたは他の管理者が Exchange 管理センターを使用して配布リスト グループを作成すると、グループの名前付けポリシーは無視され、グループ名には適用されません。 ただし、Exchange Online PowerShell を使用して配布リスト グループの作成または名前の変更を行う場合は、IgnoreNamingPolicy パラメーターを使用してグループの名前付けポリシーを上書きしない限り、グループの名前付けポリシーが適用されます。 詳細については、以下を参照してください。

Exchange 管理センターを使用して配布リスト グループを管理する

新しい EAC を使用して配布リスト グループを作成する

  1. 新しい EAC で、[受信者]>[グループ]>[配布リスト] の順に移動します。

  2. [グループの追加] をクリックして、詳細ウィンドウの指示に従います。

    • [グループの種類を選ぶ] セクションで [配布] を選択し、[次へ] をクリックします。

    • [基本設定] セクションで詳細情報を入力し、[次へ] をクリックします。

  3. [所有者の割り当て] セクションで [+ 所有者の割り当て] をクリックし、リストからグループの所有者を選択して、[次へ] をクリックします。

  4. [メンバーの追加][+ メンバーの追加] をクリックし、リストからグループ メンバーを選択して、[次へ] をクリックします。

  5. [設定の編集] セクションで、グループのメール アドレスを入力し、次のボックスを選択して [次へ] をクリックします。

    • コミュニケーション: 組織外のユーザーによるこの配布リスト グループへのメールの送信を許可する場合は、チェックボックスをオンにします。

    • グループへの参加: グループへの参加を許可するユーザーを選択します。

      1. オープン: 所有者の承認がなくても、誰でもこのグループに参加できます。

      2. クローズド: メンバーを追加できるのはグループの所有者のみです。 参加要求はすべて自動的に拒否されます。

      3. 所有者の承認: 誰でもこのグループへの参加を要求でき、所有者はその要求を承認する必要があります。

    • グループからの脱退: グループからの脱退を許可するユーザーを選択します。

      1. オープン: グループの所有者の承認がなくても、誰でもこのグループから脱退できます。

      2. クローズド: メンバーを削除できるのはグループの所有者のみです。 脱退要求はすべて自動的に拒否されます。

  6. [グループの追加の確認と完了] セクションで、すべての詳細情報を確認し、[グループの作成] をクリックして [閉じる] をクリックします。

新しい EAC を使用して配布リスト グループを修正する

  1. 新しい EAC で、[受信者]>[グループ]>[配布リスト] の順に移動します。

  2. グループの一覧で、表示または変更する配布リスト グループをクリックします。

  3. プロパティを表示または変更するには、グループのプロパティのページで以下のセクションをクリックします。

    完了したら、[保存] をクリックします。

    全般

    このセクションを使用して、グループに関する基本情報を表示または変更します。

    • 名前 この名前は、アドレス帳、このグループにメールを送信する際のメールの宛先行、グループの一覧に表示されます。 表示名は必須であり、ユーザーが内容を認識できるようにわかりやすい名前にする必要があります。 また、表示名は、ドメイン内で一意である必要があります。

    • 説明 このボックスを使用してグループを説明することにより、ユーザーがこのグループの目的を確認することができます。 この説明は、アドレス帳や新しい EAC の詳細ウィンドウに表示されます。

    メール オプション

    このセクションを使用して、グループに関連付けられている電子メール アドレスを表示または変更します。 これには、グループのプライマリ SMTP アドレスと関連付けられたすべてのプロキシ アドレスが含まれます。 [メール アドレスの編集] ページで、プライマリ メール アドレスを変更/編集し、エイリアスを追加/削除して、[変更の保存] をクリックします。

    また、グループを選択し、ツール バーの [メール アドレスの編集] をクリックして プライマリ メール アドレスの変更/編集、エイリアスの追加/削除を行い、[変更の保存] をクリックするという方法もあります。

    メンバー

    このセクションを使用して、次の変更/編集を行います。

    • [所有者] セクションで [すべての所有者の表示と管理] をクリックし、ドロップダウン リストからグループの所有者を追加/削除して、[変更の保存] をクリックします。 配布リスト グループには、少なくとも 1 人の所有者が必要です。

    • [メンバー] セクションで [すべてのメンバーの表示と管理] をクリックし、ドロップダウン リストからグループ メンバーを追加/削除して、[変更の保存] をクリックします。 配布リスト グループには、少なくとも 1 人のメンバーが必要です。

    設定

    外部のユーザーによるグループへのメールの送信を許可する場合、[全般設定] セクションで [外部の送信者がこのグループにメールを送信するのを許可する] チェックボックスをオンにします。

    配信管理

    このセクションを使用して、このグループに電子メールを送信できる送信者を管理します。

    • 送信者のオプション

      既定では、組織内のユーザーのみがこのグループにメッセージを送信することができます。 また、組織外のユーザーにもこのグループへのメッセージの送信を許可することができます。

      • 組織内のユーザーからのメッセージのみを許可: 組織内の送信者のみがこのグループにメッセージを送信できるようにする場合は、このオプションを選択します。 選択すると、組織外のユーザーがこのグループに電子メール メッセージを送信した場合、そのメッセージは拒否されます。 これは既定の設定です。

      • 組織内および組織外のユーザーからのメッセージを許可: グループへのメッセージ送信をすべてのユーザーに許可する場合は、このオプションを選択します。

    • 指定済みの送信者

      グループにメッセージを送信できるユーザーを制限することにより、特定の送信者に対してのみこのグループへのメッセージ送信を許可することができます。 ドロップダウン リストから、1 人 (1 件) 以上の受信者/グループを選択/削除します。 この一覧に送信者を追加すると、グループにメールを送信できるのはその送信者だけになります。 一覧にないユーザーから送信されたメールはすべて拒否されます。

      重要

      組織内の送信者のみがグループにメッセージを送信できるようにグループを構成した場合は、メール連絡先をこの一覧に追加しても、その連絡先から送信された電子メールは拒否されます。

    代理人の管理

    このセクションを使用して、アクセス許可をユーザー (代理人と呼ばれる) に割り当てて、そのユーザーがグループとしてメッセージを送信したり、グループに代わってメッセージを送信したりできるようにします。 次のアクセス許可を割り当てることができます。

    • 差出人を指定して送信する: このアクセス許可により、代理人はグループとしてメッセージを送信できるようになります。 このアクセス許可が割り当てられると、代理人はグループを [差出人] 行に追加し、メッセージがグループによって送信されたことを示すことができます。

    • 代理人として送信する: このアクセス許可により、代理人はグループに代わってメッセージを送信できるようになります。 このアクセス許可が割り当てられると、代理人はグループを [差出人] 行に追加できるようになります。 メッセージは、グループによって送信されたように見えますが、グループに代わって代理人が送信したことがわかるようになっています。

    新しい EAC で代理人にアクセス許可を割り当てるには、[代理人の編集] ページで代理人を追加し、ドロップダウン リストから [アクセス許可の種類] を選択して、[変更の保存] をクリックします。

    メッセージの承認

    このセクションを使用して、グループをモデレートするためのオプションを設定します。 モデレーターは、グループに送信されたメッセージがグループ メンバーに配信される前に、そのメッセージを承認または拒否します。

    • このグループに送信されるメッセージにはモデレーターの承認が必要: このチェック ボックスは、既定ではオンになっていません。 このチェック ボックスをオンにすると、受信メッセージは配信される前にグループ モデレーターによって確認されます。 グループ モデレーターは受信メッセージを承認または拒否できます。

    • グループ モデレーター: グループ モデレーターを追加/削除するには、ドロップダウン リストからユーザーを検索/追加します。 [このグループに送信されるメッセージにはモデレーターの承認が必要] チェック ボックスをオンにして、モデレーターを選択していない場合、グループへのメッセージは承認のためにグループ所有者に送信されます。

    • メッセージの承認を必要としない送信者の追加: このグループのモデレートを回避できるユーザーを追加/削除するには、ドロップダウン リストからユーザーを検索/追加します。

    • メッセージが承認されない場合に送信者に通知する: このセクションでは、メッセージの承認についてユーザーに通知する方法を設定します。

      • 送信者のみ: これが既定の設定です。 メッセージが承認されない場合、組織内外を問わずすべての送信者に通知します。

      • 組織内の送信者のみ: このオプションを選択すると、グループ宛てに送信したメッセージがモデレーターによって承認されなかった場合、組織内のユーザーやグループにのみ通知が行われます。

      • 通知なし: このオプションを選択すると、グループ モデレーターによってメッセージが承認されなかった送信者には通知は送信されません。

    メンバーシップの承認

    このセクションでは、メンバーシップの承認を編集し、ユーザーがこのグループに参加または脱退する際にグループの所有者の承認が必要かどうかを指定します。

    • グループへの参加: グループへの参加を許可するユーザーを表示/編集します。

      1. オープン: 所有者の承認がなくても、誰でもこのグループに参加できます。

      2. クローズド: メンバーを追加できるのはグループの所有者のみです。 参加要求はすべて自動的に拒否されます。

      3. 所有者の承認: 誰でもこのグループへの参加を要求でき、所有者はその要求を承認する必要があります。

    • グループからの脱退: グループからの脱退を許可するユーザーを表示/編集します。

      1. オープン: グループの所有者の承認がなくても、誰でもこのグループから脱退できます。

      2. クローズド: メンバーを削除できるのはグループの所有者のみです。 脱退要求はすべて自動的に拒否されます。

新しい EAC を使用して配布リスト グループを削除する

  1. 新しい EAC で、[受信者グループ] に移動します>。

  2. グループの一覧で、削除する配布リスト グループを選択し、ツール バーの [グループの削除] をクリックします。

従来の EAC を使用して配布リスト グループを作成する

新しい試用Microsoft 365 グループ。

Microsoft 365、Office 365 for business プラン、Exchange Online プランを利用している場合、配布グループの代わりに Microsoft 365 グループを作成できるようになりました。 Microsoft 365 グループには、配布グループやその他の機能が搭載されています。 Microsoft 365 グループを使用すれば、グループにメールを送信したり、一般的な予定表を共有したり、グループ ファイルとフォルダーで保存および操作を行うライブラリを指定したりすることができます。 [新しい追加] アイコンをクリックします。>Microsoft 365 グループを使用して作業を開始し、「Microsoft 365 グループについて学習する」を参照してください。

Microsoft 365 グループに移行する既存の配布グループがある場合には、「Outlook で配布リストを Microsoft 365 グループにアップグレードする」を参照してください。

引き続き配布リスト グループを作成する場合は、以下の手順に従います。

  1. クラシック EAC で、[受信者グループ] に移動します>。

  2. [ しい配布グループ] アイコンをクリックし、[ 配布グループ] を選択します。

  3. [新しい配布グループ] のページが開いたら、以下の設定を行ってください。 * の付いた設定は必須項目です。

    • *表示名: この名前は組織のアドレス帳、このグループにメールを送信するときの電子メールの宛先行、EAC のグループ一覧に表示されます。 表示名は必須であり、一意の名前でユーザーが内容を認識できるようにわかりやすい名前にする必要があります。

    • *エイリアス: このボックスには、グループのエイリアス名を入力します。 エイリアスは 64 文字以内で、一意である必要があります。 ユーザーがメール メッセージの 宛先行にエイリアスを入力すると、グループの表示名に変換されます。

    • *メール アドレス: メール アドレスは、アット (@) 記号の左側のエイリアス、右側のドメインで構成されています。 既定では、エイリアスの値にはエイリアスが使用されますが、変更することができます。 ドメインの値を表示するには、ドロップダウンをクリックし、組織内のドメインを選択して承認します。

    • : この説明は、アドレス帳と従来の EAC の詳細ウィンドウに表示されます。

    • *所有者: グループの所有者は、グループへのメンバーの追加、グループへの参加要求またはグループからの脱退要求の承認または拒否、およびグループ宛てに送信されたメッセージの承認または拒否を行うことができます。 既定では、グループを作成するユーザーがグループの所有者になります。 グループには、最低 1 人の所有者が必要です。

      所有者を追加するには、[追加] アイコンをクリックします。 表示されたダイアログで、受信者またはグループを見つけて選択し、[ 追加>] をクリックします。 必要な回数だけこの手順を繰り返します。 完了したら、[OK] をクリックします。

      所有者を削除するには、所有者を選択し、[削除] をクリックします。

    • メンバー: グループ メンバーを追加または削除したり、ユーザーがグループに参加または脱退するときに承認が必要かどうかを指定したりします。

      グループ所有者をメンバーとして追加を使用して、所有者をメンバーとして追加または削除します (この設定は既定で選択されています)。

      メンバーを追加するには、[追加] アイコンをクリックします。 表示されたダイアログで、受信者またはグループを見つけて選択し、[ 追加>] をクリックします。 必要な回数だけこの手順を繰り返します。 完了したら、[OK] をクリックします。

      メンバーを削除するには、メンバーを選択し、[削除] アイコンをクリックします。

    • グループへの加入に所有者による承認を必要とするかを選択します: グループへの加入に承認が必要かどうかを指定します。 次のいずれかの設定を選択します。

      • オープン: このグループには、グループの所有者による承認なしでだれでも参加できます。 これが既定値です。

      • クローズド: メンバーを追加できるのはグループの所有者のみです。 参加要求はすべて自動的に拒否されます

      • 所有者の承認: すべての要求が、グループの所有者によって手動で承認または拒否されます。 このオプションを選択すると、グループの所有者はグループへの参加の承認を要求するメール メッセージを受信します。

    • グループから自由に脱退できるかどうかを選択します: グループからの脱退に承認が必要かどうかを指定します。 次のいずれかの設定を選択します。

      • オープン: このグループからは、グループの所有者による承認なしでだれでも脱退できます。 これが既定値です。

      • クローズド: メンバーを削除できるのはグループの所有者のみです。 脱退要求はすべて自動的に拒否されます。

    Exchange Online PowerShell を使用して配布グループを作成する方法の詳細については、「New-DistributionGroup」を参照してください。

  4. 完了したら、 [保存] をクリックして配布リスト グループを作成します。

    注:

    • 既定では、新しい配信グループは認証された (内部) 送信者からのメッセージのみを受け入れ、外部の送信者からのメッセージは拒否されます。 すべての送信者からのメッセージを受け付けるように配布グループを構成するには、そのグループのメッセージ配信制限設定を変更する必要があります。
    • メールが有効なユニバーサル配布グループのみを作成できます。 ドメイン ローカル グループまたはグローバル グループをユニバーサル グループに変換するには、Exchange Online PowerShell で Set-Group コマンドレットを使用できます。 以前のバージョンの Exchange から移行したメールが有効なグループの中には、ユニバーサル グループでないものがある場合があります。 従来の EAC または Exchange Online PowerShell を使用して、これらのグループを管理できます。

従来の EAC を使用して配布リスト グループを修正する

  1. クラシック EAC で、[受信者グループ] に移動します>。

  2. グループの一覧で、変更する配布リスト グループを選択し、[ 編集] ツールヒントをクリックします。

  3. プロパティを表示または変更するには、開いた配布グループのプロパティのページで以下のタブをクリックします。

    完了したら、[保存] をクリックします。

    全般

    このタブを使用して、グループに関する基本情報を表示または変更します。

    • 表示名: この名前は共有アドレス帳、このグループにメールを送信するときのメールの宛先行、グループ一覧に表示されます。 表示名は必須であり、ユーザーが内容を認識できるようにわかりやすい名前にする必要があります。 また、表示名は、ドメイン内で一意である必要があります。

      グループの名前付けポリシーを実装している場合、表示名は、ポリシーで定義されている名前付け形式に従う必要があります。

    • エイリアス: これは、メール アドレスのアット (@) 記号の左側に表示されている部分です。 エイリアスを変更すると、グループのプライマリ SMTP アドレスも変更され、新しいエイリアスが含まれます。 また、以前のエイリアスが含まれている電子メール アドレスは、グループのプロキシ アドレスとして保持されます。

    • メール アドレス: メール アドレスは、アット (@) 記号の左側のエイリアス、右側のドメインで構成されています。 既定では、エイリアスの値にはエイリアスが使用されますが、変更することができます。 ドメインの値を表示するには、ドロップダウンをクリックし、組織内のドメインを選択して承認します。

    • : この説明は、アドレス帳と従来の EAC の詳細ウィンドウに表示されます。

    • このグループをアドレス一覧に表示しない: このグループがユーザーのアドレス帳に表示されないようにする場合は、このチェック ボックスをオンにします。 メールをこのグループに送信するには、送信者は宛先行または CC 行にグループのエイリアスまたはメール アドレスを入力する必要があります。

    所有権

    このタブを使用して、グループの所有者を割り当てます。 グループの所有者は、グループへのメンバーの追加、グループへの参加要求またはグループからの脱退要求の承認または拒否、およびグループ宛てに送信されたメッセージの承認または拒否を行うことができます。 既定では、グループを作成するユーザーがグループの所有者になります。 グループには、最低 1 人の所有者が必要です。

    所有者を追加するには、[追加] アイコンをクリックします。 表示されたダイアログで、受信者を見つけて選択し、[ 追加] を>クリックします。 必要な回数だけこの手順を繰り返します。 完了したら、[OK] をクリックします。

    所有者を削除するには、所有者を選択し、[ 削除] ツールヒントをクリックします。

    メンバーシップ

    グループ メンバーを追加または削除するには、このタブを使用します。 グループ所有者がグループのメンバーである必要はありません。

    メンバーを追加するには、[追加] アイコンをクリックします。 表示されたダイアログで、受信者またはグループを見つけて選択し、[ 追加>] をクリックします。 必要な回数だけこの手順を繰り返します。 完了したら、[OK] をクリックします。

    メンバーを削除するには、メンバーを選択し、[イメージ削除] をクリックします。

    メンバーシップの承認

    このタブを使用して、ユーザーがグループに参加または脱退するために承認が必要かどうかを指定します。

    • グループへの加入に所有者による承認を必要とするかを選択します: 次の設定のいずれかを選択します。

      • オープン: このグループには、グループの所有者による承認なしでだれでも参加できます。 これが既定値です。

      • クローズド: メンバーを追加できるのはグループの所有者のみです。 参加要求はすべて自動的に拒否されます

      • 所有者の承認: すべての要求が、グループの所有者によって手動で承認または拒否されます。 このオプションを選択すると、グループの所有者はグループへの参加の承認を要求するメール メッセージを受信します。

    • グループから自由に脱退できるかどうかを選択します: グループからの脱退に承認が必要かどうかを指定します。 次のいずれかの設定を選択します。

      • オープン: このグループからは、グループの所有者による承認なしでだれでも脱退できます。 これが既定値です。

      • クローズド: メンバーを削除できるのはグループの所有者のみです。 脱退要求はすべて自動的に拒否されます。

    配信の管理

    このタブを使用して、このグループにメールを送信できる送信者を管理します。

    • 組織内の送信者のみ: 内部の (認証された) 送信者のみが、このグループにメッセージを送信できます。 外部の送信者からのメッセージは拒否されます。 これは、既定の設定です。

    • 組織内および組織外の送信者: グループへのメッセージ送信をすべてのユーザーに許可します。

      特定の送信者からのメッセージのみを受け取るようにグループを構成することができます。

      送信者を追加するには、[追加] アイコンをクリックします。 表示されたダイアログで、送信者またはグループを検索して選択し、[ 追加>] をクリックします。 必要な回数だけこの手順を繰り返します。 完了したら、[OK] をクリックします。

      一覧から送信者を削除するには、送信者を選択し、[イメージの 削除1.] をクリックします。

      重要

      メール連絡先は、常に外部ユーザーとしてみなされます。 そのため、内部送信者からのメッセージのみを受け入れるようにグループを構成し、許可される送信者のリストにメール連絡先を追加しても、それらのメール連絡先からのメッセージは拒否されます。

    メッセージの承認

    このタブを使用して、グループをモデレートするためのオプションを設定します。 モデレーターは、グループに送信されたメッセージがグループ メンバーに配信される前に、そのメッセージを承認または拒否します。

    • このグループに送信されるメッセージには、モデレーターの承認が必要です: グループのモデレートを有効にすると、グループに送信されるメッセージは、グループ メンバーに配信される前に、指定されたモデレーターまたはグループの所有者による承認が必要になります。 この設定は既定では無効になっています。

    • グループ モデレーター: モデレーターを追加するには、[追加] アイコンをクリックします。 表示されたダイアログで、受信者を見つけて選択し、[ 追加] を>クリックします。 必要な回数だけこの手順を繰り返します。 完了したら、[OK] をクリックします。

      モデレーターを削除するには、モデレーターを選択し、[イメージの削除] をクリックします2.

      グループのモデレートを有効にしていながら、モデレーターを指定しない場合、グループに送信されるメッセージの承認はグループの所有者が行います。

    • メッセージの承認を必要としない送信者: 指定された送信者がグループに送信したメッセージは、モデレーターによる承認を必要としません。

      送信者を追加するには、[追加] アイコンをクリックします。 表示されたダイアログで、送信者またはグループを検索して選択し、[ 追加>] をクリックします。 必要な回数だけこの手順を繰り返します。 完了したら、[OK] をクリックします。

      送信者を削除するには、送信者を選択し、[イメージの削除] をクリックします3.

    • モデレート通知の選択: メッセージ承認時の送信者通知オプションを構成します。

      • メッセージが承認されなかった場合にすべての送信者に通知する: メッセージが承認されなかった場合、内部および外部の送信者に通知されます。 これが既定値です。

      • メッセージが承認されなかった場合に組織内の送信者に通知する: メッセージが承認されなかった場合、内部送信者に通知されます。 外部の送信者には通知されません。

      • メッセージが承認されなかった場合、誰にも通知しない: 通知メッセージは送信されません。

    メール オプション

    [メール アドレス] タブを使用して、グループに関連付けられているメール アドレスを表示または変更します。 これには、グループのプライマリ SMTP アドレスと関連付けられているすべてのプロキシ アドレスが含まれます。 プライマリ SMTP アドレス ( 返信アドレスとも呼ばれます) は、アドレス一覧に太字で表示され、 [種類] 列に大文字の SMTP 値が表示されます。

    • 追加: [ 追加]アイコンをクリックします。 [新しいメール アドレス] ページが表示されたら、次の設定を構成します。

      • メール アドレスの種類SMTP が選択されていることを確認します。

      • メール アドレス: 追加するメール アドレスを入力します。

      • これを返信アドレスにする

      完了したら、[OK] をクリックします。

    • 編集: 変更するメール アドレスを選択し、[編集] アイコン 2 をクリックします。 [メール アドレス] ページが表示されたら、次の設定を構成します。

      • メール アドレス: 既存のメール アドレスを修正します。

      • これを返信アドレスにする: この設定は、選択したメール アドレスがすでに返信アドレスとして設定されていない場合にのみ表示されます。

      完了したら、[OK] をクリックします。

    • 削除: 削除するメール アドレスを選択し、[削除] アイコン 3 をクリックします。 返信アドレスは削除できません。

    メール ヒント

    [メール ヒント] タブを使用して、ユーザーがこの受信者にメッセージを送信する前に、潜在的な問題に関する警告を追加します。 このテキストは、この受信者が新しいメール メッセージの宛先行、CC 行、BCC 行に追加されたときに情報バーに表示されます。

    メール ヒントに HTML タグを入れることはできますが、スクリプトは許可されません。 カスタム メール ヒントの長さは 175 文字 を超えることはできません。 これは表示文字数で、HTML タグは含まれません。

    グループの委任

    このセクションを使用して、アクセス許可をユーザー (代理人と呼ばれる) に割り当てて、そのユーザーがグループとしてメッセージを送信したり、グループに代わってメッセージを送信したりできるようにします。 次のアクセス許可を割り当てることができます。

    • ユーザーとして送信: 代理人は、メールボックスまたはグループからメッセージを送信することができます。 メッセージが代理人によって送信されたことを示すものはありません。 このアクセス許可が割り当てられると、代理人はグループを 差出人行に追加し、メッセージがグループによって送信されたことを示すことができます。

    • 代理人として送信: 代理人は、メールボックスまたはグループからメッセージを送信することができます。 これらのメッセージの From アドレスは、メッセージがデリゲートによって送信されたことを明確に示しています ("<グループに代わって委任>")。<> ただし、これらのメッセージへの返信は、代理人ではなくグループ宛てに送信されます。 このアクセス許可が割り当てられると、代理人はグループを差出人行に追加することができるようになります。

    送信者を追加するには、[追加] アイコンをクリックします。 表示されたダイアログで、送信者またはグループを検索して選択し、[ 追加>] をクリックします。 必要な回数だけこの手順を繰り返します。 完了したら、[OK] をクリックします。

    一覧から送信者を削除するには、送信者を選択し、[削除] アイコン 4 をクリックします。

従来の EAC を使用して配布リスト グループを削除する

  1. クラシック EAC で、[受信者グループ] に移動します>。

  2. グループの一覧で、削除する配布リスト グループを選択し、[削除] アイコン 5 をクリックします。

PowerShell を使用して配布リスト グループを管理する

Exchange Online PowerShell を使用して配布リスト グループを作成する

この例では、エイリアスが itadmin、名前が IT Administrators という配布リスト グループを作成します。 この配布グループは既定の OU に作成され、グループ所有者による承認なしに誰でもグループに参加できます。

New-DistributionGroup -Name "IT Administrators" -Alias itadmin -MemberJoinRestriction open

構文およびパラメーターの詳細については、「New-DistributionGroup」を参照してください。

Exchange Online PowerShell を使用して配布リスト グループを修正する

Get-DistributionGroup および Set-DistributionGroup コマンドレットを使用し、配布リスト グループのプロパティを表示、変更します。 Exchange Online PowerShell を使用する利点は、EAC では使用できないプロパティを変更できること、また複数のグループのプロパティを変更できることです。 配布リスト グループのプロパティに対応するパラメータの詳細については、次の記事を参照してください。

ここでは、Exchange Online PowerShell を使用して配布グループのプロパティを変更する例をいくつか示します。

次の使用例は、Seattle Employees 配布グループのプライマリ SMTP アドレス (応答アドレスとも呼ばれます) を から employees@contoso.com に sea.employees@contoso.com変更します。 また、以前の返信アドレスはプロキシ アドレスとして保持されます。

Set-DistributionGroup "Seattle Employees" -EmailAddresses SMTP:sea.employees@contoso.com,smtp:employees@contoso.com

この例では、配布グループ Customer Support のモデレートを有効にして、モデレーターを Amy に設定します。 また、このモデレート配布グループでは、メッセージが承認されない場合、組織内からメールを送信する送信者に通知します。

Set-DistributionGroup -Identity "Customer Support" -ModeratedBy "Amy" -ModerationEnabled $true -SendModerationNotifications 'Internal'

この例では、ユーザー作成の配布グループ Dog Lovers で、グループへの参加についてグループの管理者によるユーザーの要求への承認が必要となるように変更します。 また、BypassSecurityGroupManagerCheck パラメーターを使用して、配布リスト グループの設定変更がグループの管理者に通知されないようにします。

Set-DistributionGroup -Identity "Dog Lovers" -MemberJoinRestriction 'ApprovalRequired' -BypassSecurityGroupManagerCheck

この例では、配布グループのメンバーを DLGroupMembers.csv. という名前の .csv ファイルにエクスポートします。

$Groups = Get-DistributionGroup -ResultSize Unlimited
$Groups | ForEach-Object {
$group = $_
Get-DistributionGroupMember -Identity $group.Name -ResultSize Unlimited | ForEach-Object {
    New-Object -TypeName PSObject -Property @{
        Group = $group.DisplayName
        Member = $_.Name
        EmailAddress = $_.PrimarySMTPAddress
        RecipientType= $_.RecipientType
        }
    }
} | Export-CSV ".\DLGroupMembers.csv" -NoTypeInformation -Encoding UTF8

この例では、動的配布グループのメンバーを DDLGroupMembers.csv. という名前の .csv ファイルにエクスポートします。

$Groups = Get-DynamicDistributionGroup -ResultSize Unlimited
$Groups | ForEach-Object {
$group = $_
Get-DynamicDistributionGroupMember -Identity $group.Name -ResultSize Unlimited | ForEach-Object {
    New-Object -TypeName PSObject -Property @{
        Group = $group.DisplayName
        Member = $_.Name
        EmailAddress = $_.PrimarySMTPAddress
        RecipientType= $_.RecipientType
        }
    }
} | Export-CSV ".\DDLGroupMembers.csv" -NoTypeInformation -Encoding UTF8

正常な動作を確認する方法

配布リスト グループの正常な作成、修正、削除が完了したことを確認するには、次の手順のいずれかを実行します。

  • 新しい EAC でグループを選択し、変更したプロパティまたは機能を表示します。 変更したプロパティによっては、選択したグループの詳細ウィンドウに表示される場合があります。

  • クラシック EAC で、[受信者グループ] に移動します>。 グループが一覧表示されている (または一覧表示されていない) ことを確認します。 グループの種類は、配布グループです。 グループを選択し、[ 編集]アイコン 6 をクリックします。プロパティ設定を確認します。

  • PowerShell Exchange Onlineで、GroupIdentity> を配布リスト グループの名前、エイリアス、またはメール アドレスに置き換え<、次のコマンドを実行して設定を確認します。

    Get-DistributionGroup -Identity "<GroupIdentity>" | Format-List
    

    特定のプロパティを表示するには、次のコマンドを実行します。

    Get-DistributionGroup -Identity "<GroupIdentity>" | Format-List Name,PrimarySmtpAddress
    
  • グループ内のメンバーのリストを取得するには、GroupIdentity> を配布リスト グループの名前、エイリアス、または電子メール アドレスに置き換え<、次のコマンドを実行します。

    Get-DistributionGroupMember -Identity "<GroupIdentity>"
    

    構文とパラメーターの詳細については、「Get-DistributionGroupMember」を参照してください。