event リソースの種類

名前空間: microsoft.graph

重要

Microsoft Graph の /beta バージョンの API は変更される可能性があります。 実稼働アプリケーションでこれらの API を使用することは、サポートされていません。 v1.0 で API を使用できるかどうかを確認するには、バージョン セレクターを使用します。

ユーザーの予定表か、Microsoft 365 グループの既定の予定表のイベントです。

イベントに含まれる参加者の最大数、および Exchange Online メールボックスから送信される eventMessage の受信者の最大数は 500 です。 詳細については、「送信の制限」を参照してください。

このリソースは以下をサポートしています。

  • 拡張機能として、カスタム プロパティに独自のデータを追加します。
  • 変更通知を受信します。
  • デルタ関数を提供することにより、デルタ クエリを使用して、増分の追加、削除、更新を追跡します。

注: ユーザーの予定表とグループの予定表、およびそのイベントの操作方法には、わずかな相違点がいくつかあります。

  • calendarGroup にはユーザーの予定表のみを整理できます。
  • 添付ファイル オブジェクトは、ユーザーの予定表のイベントのみに追加できます。しかし、グループの予定表のイベントには追加できません。
  • Outlook はグループの代わりにすべての会議出席依頼を自動的に受け入れます。 ユーザーの予定表に対してのみ、会議出席依頼を承諾仮承諾、または辞退できます。
  • Outlook はグループ イベントのアラームをサポートしていません。 ユーザーの予定表についてのみ、リマインダー再起動または無視できます。

メソッド

メソッド 戻り値の型 説明
イベントを一覧表示する Event コレクション ユーザーのメールボックス内のイベント オブジェクトの一覧を取得します。 一覧には、単一インスタンスの会議と定期的なマスターが含まれています。
Create event event インスタンス コレクションへの投稿により、新しいイベントを作成します。
イベントの取得 event event オブジェクトのプロパティとリレーションシップを読み取ります。
更新する event イベント オブジェクトを更新します。
削除 なし event オブジェクトを削除します。
差分 event コレクション ユーザーの標準として設定されている予定表のcalendarView において追加、削除、更新された一連のイベント (さまざまなイベント) を取得します。
forward なし 会議のイベントの開催者または出席者が、新しい受信者に会議出席依頼を転送します。
取り消す なし 開催者からの取り消しメッセージをすべての出席者に送信し、指定の会議を取り消します。
承諾する なし ユーザーの予定表の指定のイベントを承諾します。
仮承諾する なし ユーザーの予定表の指定のイベントを仮承諾します。
辞退する なし ユーザーの予定表の指定のイベントに対する詳細を辞退します。
dismissReminder なし ユーザーの予定表の指定したイベントのリマインダーを無視します。
リマインダーを再起動する なし ユーザーの予定表の指定したイベントのリマインダーを新しい時刻まで延期します。
インスタンスを一覧表示する Event コレクション Event オブジェクトのコレクションを取得します。
添付ファイル
添付ファイルを一覧表示する Attachment コレクション イベントのすべての添付ファイルを取得します。
添付ファイルを追加する Attachment attachments コレクションへの投稿により、イベントに新しい添付ファイルを追加します。
オープン拡張機能
オープン拡張機能を作成する openTypeExtension オープン拡張機能を作成し、新規または既存のリソースにカスタム プロパティを追加します。
オープン拡張機能を取得する openTypeExtension コレクション 拡張機能の名前で識別されるオープン拡張機能を取得します。
スキーマ拡張機能
スキーマ拡張機能の値を追加する スキーマ拡張機能の定義を作成し、それを使用してカスタマイズされた種類のデータをリソースに追加します。
拡張プロパティ
単一値の拡張プロパティを作成する event 新規または既存のイベントに、1 つ以上の単一値の拡張プロパティを作成します。
単一値の拡張プロパティを持つイベントの取得 event $expand または $filter を使用して、単一値の拡張プロパティを含むイベントを取得します。
複数値の拡張プロパティを作成する event 新規または既存のイベントに、1 つ以上の複数値の拡張プロパティを作成します。
複数値の拡張プロパティを持つイベントの取得 event $expand を使用して、複数値の拡張プロパティを含むイベントを取得します。

プロパティ

プロパティ 説明
allowNewTimeProposals Boolean true会議の開催者が、返信時に招待者が新しい時間を提案できる場合。それ以外の場合は 。 false 省略可能です。 既定値は true です。
attendees Attendee コレクション イベントの出席者のコレクション。
body ItemBody イベントに関連付けられたメッセージの本文。 HTML 形式またはテキスト形式にできます。
bodyPreview String イベントに関連付けられたメッセージのプレビュー。 テキスト形式です。
categories String collection イベントに関連付けられたカテゴリ。 各カテゴリは、ユーザーに対して定義されている outlookCategorydisplayName プロパティに対応しています。
changeKey String イベント オブジェクトのバージョンを識別します。 イベントを変更するたびに ChangeKey も変更されます。 これにより、Exchange は正しいバージョンのオブジェクトに変更を適用できます。
createdDateTime DateTimeOffset Timestamp 型は、ISO 8601 形式を使用して日付と時刻の情報を表し、常に UTC 時間です。 たとえば、2014 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) は、2014-01-01T00:00:00Z です。
end DateTimeTimeZone イベントが終了する日付、時刻、タイムゾーン。 既定で、終了時刻は UTC 単位です。
hasAttachments Boolean イベントに添付ファイルが含まれている場合、true に設定します。
hideAttendees Boolean true に設定すると、各出席者は会議出席依頼と会議の管理リストにのみ表示されます。 既定値は false です。
iCalUId String 予定表全体のイベントの固有識別子。 この ID は、定期的なアイテムの出現ごとに異なります。 読み取り専用。
id String イベントの一意の識別子。 既定では、この値は、アイテムをあるコンテナー (フォルダーや予定表など) から別のコンテナーに移動したときに変更されます。 この動作を変更するには、Prefer: IdType="ImmutableId" ヘッダーを使用します。 詳細については「Outlook リソースの不変識別子を取得する」を参照してください。 大文字と小文字は区別され、読み取り専用です。
importance String イベントの重要度。 使用可能な値: lownormalhigh
isAllDay Boolean イベントが一日中続く場合に、true に設定します。 true の場合、1 日または複数日のイベントであるかどうかに関係なく、開始時刻と終了時刻を午前 0 時に設定し、同じタイムゾーンにする必要があります。
isCancelled Boolean イベントがキャンセルされた場合に、true に設定します。
isDraft Boolean ユーザーが Outlook で会議を更新したが、出席者に更新を送信していない場合は、true に設定します。 すべての変更が送信されている場合、またはイベントが出席者のいない予定の場合は、false に設定します。
isOnlineMeeting Boolean このイベントにオンライン会議情報がある場合は True (つまり、onlineMeetingonlineMeetingInfo リソースを指している場合)、そうでない場合は false です。 規定値は false (onlineMeetingnull) です。 省略可能です。
isOnlineMeetingtrue に設定すると、Microsoft Graph は onlineMeeting を初期化します。 その後、Outlook は isOnlineMeeting へのそれ以降の変更を無視し、会議はオンラインで利用可能のままになります。
isOrganizer ブール型 予定表の所有者 (calendarowner プロパティで指定) がイベントの主催者 (eventorganizer プロパティで指定) の場合、true に設定されます。 代理人が所有者の代わりにイベントを主催した場合にも適用されます。
isReminderOn Boolean ユーザーにイベントを通知するアラートを設定する場合は、true に設定します。
lastModifiedDateTime DateTimeOffset Timestamp 型は、ISO 8601 形式を使用して日付と時刻の情報を表し、常に UTC 時間です。 たとえば、2014 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) は、2014-01-01T00:00:00Z です。
location Location イベントの場所。
locations Location コレクション イベントを開催する場所、または参加者がいる場所。 location プロパティと locations プロパティは常に互いに一致します。 location プロパティを更新すると、locations コレクションに含まれる既存のすべての場所が削除されて、location の新しい値に置き換えられます。
onlineMeeting OnlineMeetingInfo 参加者がオンラインで会議に参加するための詳細。 既定値は null です。 読み取り専用です。
isOnlineMeeting および onlineMeetingProvider プロパティを設定して会議をオンラインで有効にすると、Microsoft Graph は onlineMeeting を初期化します。 設定すると、会議はオンラインで利用可能なままになり、isOnlineMeetingonlineMeetingProvider、および onlneMeeting プロパティを再度変更することはできません。
onlineMeetingProvider onlineMeetingProviderType オンライン会議のサービス プロバイダーを表します。 規定値では、onlineMeetingProviderunknown です。 使用可能な値は unknownteamsForBusinessskypeForBusiness および skypeForConsumer です。 省略可能です。
onlineMeetingProvider を設定すると、Microsoft Graph は onlineMeeting を初期化します。 その後、onlineMeetingProvider を再度変更することはできず、会議はオンラインで利用可能なままになります。
onlineMeetingUrl String オンライン会議の URL。 このプロパティは、Outlook で開催者が Skype などのオンライン会議としてイベントを指定する場合にのみ設定します。 読み取り専用です。
URL にアクセスしてオンライン会議に参加するには、イベントonlineMeeting プロパティによって公開される joinUrlを使用します。 将来、onlineMeetingUrl プロパティが非推奨となる予定です
organizer Recipient イベントの開催者。
originalEndTimeZone String イベントの作成時に設定された終了タイム ゾーン。 値 tzone://Microsoft/Custom は、デスクトップの Outlook で、従来のカスタム タイム ゾーンが設定されていることを示します。
originalStart DateTimeOffset 定期的なデータ系列での発生または例外として最初に作成されたイベントの開始時刻を表します。 このプロパティは、単一インスタンスのイベントには返されません。 日付と時刻の情報は ISO 8601 形式で表され、常に UTC で表されます。 たとえば、2014 年 1 月 1 日午前 0 時 (UTC) は、2014-01-01T00:00:00Z です。
originalStartTimeZone String イベントが作成されたときに設定された開始タイム ゾーン。 値 tzone://Microsoft/Custom は、デスクトップの Outlook で、従来のカスタム タイム ゾーンが設定されていることを示します。
recurrence PatternedRecurrence イベントの繰り返しパターン。
reminderMinutesBeforeStart Int32 アラーム通知を行う、イベント開始時間前の分数。
responseRequested Boolean 既定値は true なので、開催者は招待者にイベントに返信するように求めます。
responseStatus ResponseStatus イベント メッセージへの応答で送信される応答のタイプを識別します。
sensitivity String 使用可能な値: normalpersonalprivateconfidential
seriesMasterId String 対象イベントが定期的なアイテムの一部である場合、定期的なアイテムのマスター アイテムの ID。
showAs String 表示するステータス。 使用可能な値: freetentativebusyoofworkingElsewhereunknown
開始 DateTimeTimeZone イベントの開始日、時間、タイム ゾーン。 既定で、開始時刻は UTC 単位です。
subject String イベントの件名行のテキスト。
transactionId String クライアント アプリケーションによって指定されたカスタム ID で、クライアントによって同じイベントの作成が再試行された場合に、冗長な POST 操作を回避できます。 これは、ネットワーク接続が低いと、クライアントが以前のイベント作成要求に対するサーバーからの応答を受信する前にタイムアウトする場合に役立ちます。 イベントの作成時に transactionId を設定した後、後続の更新で transactionId を変更することはできません。 このプロパティは、アプリで設定されている場合にのみ、応答ペイロードで返されます。 省略可能です。
type String イベントの種類。 使用可能な値は、singleInstanceoccurrenceexceptionseriesMaster です。 読み取り専用
webLink String Web 上の Outlook でイベントを開く URL。

Outlook on the web は、メールボックスにサインインしている場合、ブラウザーでイベントを開きます。 それ以外の場合は、Outlook on the web はサインインするように求めます。

この URL には、iFrame 内からアクセスできません。

注:

webLink プロパティでは、Outlook on the web の以前のバージョンでのみイベントを開く URL を指定します。 以下はその URL 形式で、{event-id}id プロパティの URL エンコード値です。

  • 職場または学校のアカウントの場合: https://outlook.office365.com/owa/?itemid={event-id}&exvsurl=1&path=/calendar/item

  • Microsoft アカウントの場合: https://outlook.live.com/owa/?itemid={event-id}&exvsurl=1&path=/calendar/item

Outlook on the web の現在のバージョンで URL を開くには、URL を次の形式のいずれかに変換し、その URL を使用してイベントを開きます。

  • 職場または学校のアカウントの場合: https://outlook.office365.com/calendar/item/{event-id}

  • Microsoft アカウントの場合: https://outlook.live.com/calendar/item/{event-id}

リレーションシップ

リレーションシップ 説明
attachments Attachment コレクション イベントの FileAttachmentItemAttachmentreferenceAttachment の各添付ファイルのコレクション。 ナビゲーション プロパティ。 読み取り専用。 Null 許容型。
calendar Calendar イベントを含む予定表。 ナビゲーション プロパティ。 読み取り専用。
extensions Extension コレクション イベントに対して定義されているオープン拡張機能のコレクション。 Null 許容型です。
instances Event コレクション イベントが系列マスターの場合、定期的な系列の発生。 このプロパティには、定期的なパターンの一部、および変更されたが系列から取り消された発生を含まない例外を含みます。 ナビゲーション プロパティ。 読み取り専用。 Null 許容型。
multiValueExtendedProperties multiValueLegacyExtendedProperty collection イベントに対して定義された、複数値の拡張プロパティのコレクション。 読み取り専用。 Null 許容型。
singleValueExtendedProperties singleValueLegacyExtendedProperty collection イベントに対して定義された、単一値の拡張プロパティのコレクションです。 読み取り専用。 Null 許容型。

JSON 表記

以下は、リソースの JSON 表記です

{
  "allowNewTimeProposals": "Boolean",
  "attendees": [{"@odata.type": "microsoft.graph.attendee"}],
  "body": {"@odata.type": "microsoft.graph.itemBody"},
  "bodyPreview": "string",
  "categories": ["string"],
  "changeKey": "string",
  "createdDateTime": "String (timestamp)",
  "end": {"@odata.type": "microsoft.graph.dateTimeTimeZone"},
  "hasAttachments": true,
  "hideAttendees": false,
  "id": "string (identifier)",
  "importance": "String",
  "isAllDay": true,
  "isCancelled": true,
  "isDraft": false,
  "isOnlineMeeting": true,
  "isOrganizer": true,
  "isReminderOn": true,
  "lastModifiedDateTime": "String (timestamp)",
  "location": {"@odata.type": "microsoft.graph.location"},
  "locations": [{"@odata.type": "microsoft.graph.location"}],
  "onlineMeeting": {"@odata.type": "microsoft.graph.onlineMeetingInfo"},
  "onlineMeetingProvider": "string",
  "onlineMeetingUrl": "string",
  "organizer": {"@odata.type": "microsoft.graph.recipient"},
  "originalEndTimeZone": "string",
  "originalStart": "String (timestamp)",
  "originalStartTimeZone": "string",
  "recurrence": {"@odata.type": "microsoft.graph.patternedRecurrence"},
  "reminderMinutesBeforeStart": 1024,
  "responseRequested": true,
  "responseStatus": {"@odata.type": "microsoft.graph.responseStatus"},
  "sensitivity": "String",
  "seriesMasterId": "string",
  "showAs": "String",
  "start": {"@odata.type": "microsoft.graph.dateTimeTimeZone"},
  "subject": "string",
  "type": "String",
  "webLink": "string",

  "attachments": [ { "@odata.type": "microsoft.graph.attachment" } ],
  "calendar": { "@odata.type": "microsoft.graph.calendar" },
  "extensions": [ { "@odata.type": "microsoft.graph.extension" } ],
  "instances": [ { "@odata.type": "microsoft.graph.event" }],
  "singleValueExtendedProperties": [ { "@odata.type": "microsoft.graph.singleValueLegacyExtendedProperty" }],
  "multiValueExtendedProperties": [ { "@odata.type": "microsoft.graph.multiValueLegacyExtendedProperty" }]
}