展開ガイド - Remote Assist を使用してクラウド接続された HoloLens 2 – 概要

このガイドは、IT プロフェッショナルが Remote Assist を使用して Microsoft HoloLens 2 デバイスを計画して組織に展開するのに役立ちます。 これは HoloLens 2 のさまざまなユース ケースにわたる組織への概念実証展開のモデルとして使用できます。 このセットアップは、「シナリオ A: クラウドに接続されたデバイスに展開する」に似ています。

このガイドでは、デバイスをデバイス管理に登録する方法、必要に応じてライセンスを適用する方法、およびエンド ユーザーがデバイスのセットアップ時にすぐに Remote Assist を使用できることを検証する方法が説明されています。 これを行うために、セットアップと実行を行い、HoloLens 2 を使用した大規模な展開を実現するために必要なインフラストラクチャの重要な部分について見ていきます。 このガイドでは、他のデバイスの制限や構成は適用されませんが、これらのオプションについては完了後に調査することをお勧めします。

必須コンポーネント

HoloLens 2 を展開するには、次のインフラストラクチャが配置されている必要があります。 そうでない場合、Azure と Intune の設定は次のガイドに記載されています。

このセットアップは「シナリオ A: クラウドに接続されたデバイスに展開する」に似ています。これは多くの概念実証展開に適しており、次のものが含まれます。

  • Wi-Fi ネットワークは通常、インターネットおよびクラウド サービスに対して完全に開かれています
  • MDM 自動登録による Azure AD への参加 - MDM で管理 (Intune)
  • ユーザーは各自の企業アカウントでサインインします (Azure AD)
    • デバイスあたり 1 人または複数のユーザーがサポートされます。

Cloud connected scenario.

Remote Assist の詳細

Remote Assist を使用すると、共同でのメンテナンス と修復、リモート検査、知識の共有とトレーニングを行うことができます。 異なる場所にいるさまざまな役割のユーザーをつなぐことで、Remote Assist を使用する技術者は Microsoft Teams のリモート コラボレーターとつながることができます。 同じ場所にいないときでも、動画、スクリーンショット、注釈を組み合わせてリアルタイムで問題を解決できます。 リモート コラボレーターは、参照イメージ、回路図、その他の役に立つ情報を技術者の物理空間に挿入するため、HoloLens でのヘッドアップとハンズフリーの作業中に回路図を参照できます。

Remote Assist のライセンスと要件

Dynamics 365 Remote Assist ユーザー

  • Remote Assist ライセンス
  • ネットワーク接続

Microsoft Teams ユーザー

  • Microsoft Teams または Teams Freemium
  • ネットワーク接続

このクロステナント シナリオを実装する予定の場合は、Information Barriers ライセンスが必要になる可能性があります。 Information Barriers ライセンスが必要かどうかを判断するには、「ベンダーと顧客が Dynamics 365 Remote Assist のすべての機能を使用する」を参照してください。

このガイドで行うこと:

準備:

以下を構成します。

展開:

保守:

次のステップ