3270 アクセス

Host Integration Server、3270 論理ユニット (LUs) から 3270 の接続が提供されます。 3270 LU は従属 LU と呼ばれます。これは、メインフレームが機能する必要があるためです。 Host Integration Server 内で定義された各 3270 LU は、メインフレーム システムへの既存の接続を使用するように構成されます。 各 3270 LU は、ホスト コンピューターに割り当てられた一致する LU リソースに対応します。通常は、このリソースは、通常は、この LU 内で指定されます。 Host Integration Server の 3270 LU 定義は、メインフレーム上の対応する LU リソースの数と一致する数値と、ユーザー指定の名前で識別されます。

3270 LU は、接続を介して提供されるサービスの種類によってさらに分類されます。 物理ユニット (PUs) 物理ユニットと同様に、LU の種類は数値で指定されます。 たとえば、3270 ディスプレイ データ ストリームは、LU 2 ストリームと呼ばれます。 Host Integration Server 内で、3270 LU は次のいずれかの種類として構成できます。

  • ディスプレイ (LU 2)

  • プリンター (LU 1 または LU 3)

  • アプリケーション (LUA)

  • ダウンストリーム

    構成が完了すると、クライアント ワークステーションにインストールされている Host Integration Server クライアント ソフトウェアを使用して、エンド ユーザー アプリケーションからこれらの LUs にアクセスします。 クライアント ソフトウェアでは、3270 アプリケーション (ターミナル エミュレーターなど) と Host Integration Server コンピューター間の通信が管理されます。 Host Integration Server クライアント API 用に設計されたアプリケーションでは、Host Integration Server 内で定義されている LUs を使用して、クライアントのパーソナル コンピューターから Host Integration Server 経由のメインフレームへの通信リンクを確立します。

    の LU 定義とホスト LU Host Integration Serverの間のリンクはセッションと呼ばれる。 セッションは、永続的にして初期化中に自動的に開始することも、必要に応じて確立することもできます。 同時セッションでは、同じ物理デバイスと通信リンクを共有できます。

このセクションの内容

展開方法 (3270)

参照

LU プール (3270)
LU をワークステーションに割り当てる (3270)
ホット バックアップと負荷分散の提供 (3270)
3270 接続性の計画