証明書の構成

[TN3270 サーバーのプロパティ] ダイアログ ボックスに [ポート/セキュリティ] タブが表示されます。これにより、TN3270 サーバーで使用できるポートを構成できます。 その後、セキュリティ パラメーターはポートバイポートで構成されます。

セキュリティ サポートを実装するには、次の問題が必要です。

  • TN3270 サーバーで構成されていないポートへの接続を試みるクライアントは失敗します。

  • SNA マネージャーで定義されている既定のポートは、セキュリティ構成には影響を与え "されません"。 ポート セキュリティ レコードが見つかるか (この場合は使用されます)、または見つからない (この場合、クライアントは接続に失敗します)。

  • セキュリティ レベルが [セキュリティで保護されていない] のポートは、そのポートで TLS/SSL が完全に無効になります。 そのポートに証明書の交換はありません。

  • 構成に加えたすべての変更は動的です。

  • サーバー認証証明書を動的に変更することはできません。

このセクションの内容

セキュリティをオンにして証明書を変更する

セキュリティ パラメーターの既定値を変更する

既定のサーバー認証証明書共通名 (CN) を変更する