Azure での Configuration Manager に関する FAQ

Configuration Manager (現在のブランチ) に適用

Azure でのConfiguration Managerに関するよく寄せられる質問 (FAQ) は、Microsoft Azure を使用するタイミングと構成方法を理解するのに役立ちます。

操作全般についての質問

オンプレミスのConfiguration Manager サーバーを Azure に移動できますか?

はい。このシナリオはサポートされています。 詳細については、「 仮想化環境のサポート」を参照してください。

すべての子プライマリ サイトは、中央管理サイトまたはオンプレミスの Azure に配置する必要がありますか? セカンダリ サイトはどうですか?

サイト間通信用のファイル ベースおよびデータベース レプリケーションは、Azure でホストされる近接性の恩恵を受けます。 ただし、クライアント関連のすべてのトラフィックは、サイト サーバーとサイト システムからリモートになります。 無制限のデータ プランで Azure とイントラネット間の高速で信頼性の高いネットワーク接続を使用する場合は、Azure ですべてのインフラストラクチャをホストすることがオプションです。

従量制課金制のデータ プランを使用し、使用可能な帯域幅またはコストが問題になる場合は、特定のサイトとサイト システムをオンプレミスに配置することを検討してください。 次に、Configuration Managerに組み込まれている帯域幅制御を使用します。 また、Azure とイントラネット間のネットワーク接続が高速でない場合や信頼性が低い場合も、この構成を検討してください。

Azure のConfiguration Managerはサービスとしてのソフトウェア (SaaS) と見なされますか?

いいえ、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) です。 Azure 仮想マシンでConfiguration Manager インフラストラクチャ サーバーをホストします。

Configuration Managerを Azure に移行することを検討する際に最も重要な要素は何ですか?

  1. ネットワーク
  2. Availability
  3. パフォーマンス
  4. コスト
  5. ユーザー エクスペリエンス

これらの要因の詳細については、以下の他の質問を参照してください。

Azure Stack Hub でConfiguration Managerを使用できますか?

はい。 Azure Stack Hub では 、Azure クラウドと同じ IaaS 仮想マシンがサポートされています。 そのため、Configuration Managerは Azure IaaS と同じ方法で Azure Stack Hub でサポートされます。

Configuration Manager特定のクラウド サービスに依存するクラウドに接続された機能は、Azure Stack Hub ではサポートされていません。 たとえば、Azure Stack Hub でクラウド管理ゲートウェイ (CMG) を作成することはできません。

ネットワーク

ExpressRoute または Azure VPN Gatewayを使用する必要がありますか?

Microsoftでは、ExpressRoute を使用することをお勧めします。 ネットワークの速度と待機時間は、サイト サーバーとリモート サイト システム間、およびサイト システムへのクライアント通信間の機能に影響する可能性があります。

Azure VPN Gatewayを使用するためのConfiguration Managerに制限はありません。 このインフラストラクチャから次の要件を慎重に確認し、決定する必要があります。

  • パフォーマンス
  • Patching
  • ソフトウェア配布
  • OS の展開

各ソリューションについて、次の点を考慮してください。

  • データセンターへの自然な拡張と複数のデータセンターのリンク
  • Azure データセンターとインフラストラクチャ間のプライベート接続
  • パブリック インターネットを経由しない
  • 信頼性、高速、低遅延、高いセキュリティを提供
  • 最大 10 Gbps の速度と無制限のデータ プラン オプションを提供

VPN Gateway

  • サイト間 VPN またはポイント対サイト VPN
  • トラフィックがパブリック インターネットを経由する
  • インターネット プロトコル セキュリティ (IPsec) とインターネット キー交換 (IKE) を使用する

詳細については、「 ExpressRoute または Azure VPN」を参照してください。

どの ExpressRoute オプションを選択する必要がありますか?

場合によって異なります。 ExpressRoute には、無制限または従量制課金、さまざまな速度オプション、Premium アドオンなど、さまざまなオプションがあります。 選択するオプションは、使用しているConfiguration Manager機能と、配布するデータの量によって異なります。 サイト サーバーと配布ポイント間のConfiguration Manager データの転送を制御できますが、サイト サーバー間の通信を制御することはできません。 従量制課金制データ プランを使用する場合、特定のサイトとサイト システムをオンプレミスに配置し、Configuration Managerの組み込みの帯域幅制御を使用する場合は、Azure を使用するコストの制御に役立ちます。

サイト サーバーを Active Directory ドメインに参加させる必要はありますか?

はい。 Azure に移行しても、Configuration Managerをインストールするための Active Directory 要件など、サポートされている構成は変わりません。

Azure Active Directory を使用できますか?

いいえ。 Azure Active Directory は現在サポートされていません。 サイト サーバーは引き続き Active Directory ドメインのメンバーである必要があります。

Availability

Configuration Managerで Azure VM 可用性セットなどの高可用性オプションを使用できますか?

はい。 配布ポイントや管理ポイントなどの冗長サイト システムの役割には、Azure VM 可用性セットを使用できます。

Configuration Manager サイト サーバーにも使用できます。 たとえば、中央管理サイトとプライマリ サイトはすべて同じ可用性セットに含めることができます。 この構成は、同時に再起動されていないことを確認するのに役立ちます。

詳細については、「Azure Virtual Machinesの可用性オプション」と「Configuration Managerの高可用性オプション」を参照してください。

Azure SQL サーバー データベースを使用できますか?

いいえ。 VM でSQL Serverを使用する必要があります。 Configuration Managerは現在、Azure SQL Server をサポートしていません。

サイト データベース サーバーの高可用性を実現するために、可用性グループSQL Server Always On使用します。 詳細については、「Configuration ManagerでSQL Server Always On可用性グループを使用する準備」を参照してください。

管理ポイントやソフトウェアの更新ポイントなどのサイト システムの役割で Azure ロード バランサーを使用できますか?

Configuration Managerは、Azure ロード バランサーではテストされません。 機能がアプリケーションに対して透過的な場合は、通常の操作に悪影響を与えるべきではありません。

パフォーマンス

このシナリオのパフォーマンスに影響を与える要因は何ですか?

Azure でパフォーマンスをConfiguration Managerするために最も重要な要素は次のとおりです。

  • Azure VM のサイズと種類
  • Azure VM ディスク: 特にSQL Serverの場合は、Premium Storage をお勧めします
  • ネットワーク待機時間と速度

どのサイズの VM を使用する必要がありますか?

一般に、コンピューティング能力 (CPU とメモリ) は、Configuration Managerに推奨されるハードウェアを満たす必要があります。 ただし、通常のコンピューター ハードウェアと Azure VM には、特にこれらの VM で使用されるディスクに関しては、いくつかの違いがあります。 使用する VM サイズは、環境のサイズによって異なります。

次の一覧には、VM サイズに関するいくつかの一般的な推奨事項が含まれています。

  • 大規模なサイズの運用環境のデプロイでは、 S クラスの Azure VM を使用します。 これらの VM では、Premium Storage ディスクを使用できます。 S クラス以外の VM では BLOB ストレージが使用され、一般に、許容される運用エクスペリエンスに必要なパフォーマンス要件は満たされません。
  • より高いスケールで複数の Premium Storage ディスクを使用し、最大 IOPS の場合は Windows ディスク管理コンソールでストライピングします。
  • サイトの初期展開中に、優れたまたは複数の Premium ディスクを使用します。 たとえば、 P20 の代わりに P30、ストライプ ボリューム内の 1 つの P30 ではなく 2 つの P30 ディスクなどです。 追加の負荷のために後でサイトで VM サイズを増やす必要がある場合は、より大きな VM サイズで提供される追加の CPU とメモリを利用できます。 また、より大きな VM サイズで許可される追加の IOPS スループットを利用できるディスクも既に用意されています。

次の表に、さまざまなサイズのインストールでプライマリおよび中央管理サイトで使用する最初の推奨ディスク数を示します。

併置サイト データベース

サイト サーバー上のサイト データベースを含むプライマリまたは中央管理サイト:

デスクトップ クライアント 推奨される VM サイズ 推奨ディスク
< 25,000 DS4_V2 2xP30 (ストライプ)
25,000 から 50,000 DS13_V2 2xP30 (ストライプ)
50,000 から 100,000 DS14_V2 3xP30 (ストライプ)

リモート サイト データベース

リモート サーバー上のサイト データベースを含むプライマリまたは中央管理サイト:

デスクトップ クライアント 推奨される VM サイズ 推奨ディスク
< 25,000 サイト サーバー: F4S
データベース サーバー: DS12_V2
サイト サーバー: 1xP30
データベース サーバー: 2xP30 (ストライプ)
25,000 から 50,000 サイト サーバー: F4S
データベース サーバー: DS13_V2
サイト サーバー: 1xP30
データベース サーバー: 2xP30 (ストライプ)
50,000 から 100,000 サイト サーバー: F8S
データベース サーバー: DS14_V2
サイト サーバー: 2xP30 (ストライプ)
データベース サーバー: 3xP30 (ストライプ)

このイメージは、次の VM のディスク構成の例を示しています。

  • 50,000 から 100,000 のクライアントを管理するサイトのDS14_V2 サイズ VM
  • ストライプ ボリューム内の 3 つの P30 ディスク
  • Configuration Manager インストール ファイルとデータベース ファイルの論理ボリュームを分離する

Azure VM 上のサイトのディスク管理構成の例

ユーザー エクスペリエンス

ユーザー エクスペリエンスが重要な主な領域である理由

ネットワーク、可用性、パフォーマンス、サイト サーバーの場所に関して行う決定は、ユーザーに直接影響する可能性があります。 サイトを Azure に移動することは、ユーザーがConfiguration Managerとの日常的なやり取りに変化が生じないように、ユーザーに対して透過的である必要があります。

1 つのプライマリ サイトのコストを低く抑えるために、リモート サイト システムは Azure またはオンプレミスに配置する必要がありますか?

サイト サーバーから配布ポイントへの通信を除き、サイト内のこれらのサーバー間通信は、いつでも発生する可能性があり、ネットワーク帯域幅の使用を制御するためのメカニズムを使用しません。 管理ポイントやソフトウェア更新ポイントなどのサイト システム間の通信を制御できないため、これらの通信に関連するコストを考慮してください。

ネットワークの速度と待機時間も考慮する必要があるその他の要因です。 低速または信頼性の低いネットワークは、サイト サーバーとリモート サイト システム間の機能、およびサイト システムへのクライアント通信に影響を与える可能性があります。 特定のサイト システムを使用するマネージド クライアントの数と、アクティブに使用する機能を考慮します。

出発点として、WAN リンク間のサイト システムに関する標準ガイダンスを使用できます。 理想的には、Azure とイントラネットの間で選択して受信するネットワーク スループットは、高速ネットワークとよく接続されている WAN と一致します。

コンテンツの配布とコンテンツ管理はどうですか?

コンテンツ管理のアプローチは、サイト サーバーとサイト システムの場合とほぼ同じです。

  • 無制限のデータ プランで Azure とイントラネット間の高速で信頼性の高いネットワーク接続を使用する場合は、Azure で標準配布ポイントをホストすることがオプションになる可能性があります。

  • 次のいずれかの要因が適用される場合:

    • 従量制課金制データ プランを使用する
    • 帯域幅のコストが懸念される
    • Azure とイントラネット間のネットワーク接続が高速ではないか、信頼性が低い場合があります

    その後、次の他の方法を検討できます。

    • オンプレミスで標準配布ポイントまたはプル配布ポイントを使用します。
    • 配布ポイントまたはその他の ピア キャッシュ テクノロジで Windows BranchCache を有効にします。
    • コンテンツ対応 クラウド管理ゲートウェイ (CMG) を使用します。 Microsoft更新プログラムのソフトウェア更新プログラム パッケージはサポートされていません。 別の場所を使用するか、ソフトウェア更新プログラムの展開を構成して、クライアントがインターネットから更新コンテンツを取得できるようにする必要があります。

注:

PXE またはマルチキャストのサポートが必要な場合は、これらのブート要求に応答するためにオンプレミスの配布ポイントが必要です。

インターネットベースのクライアントをサポートするには、インターネットに接続する管理ポイントを使用する代わりに何ができますか?

クラウド管理ゲートウェイ (CMG) を使用します。 CMG は、インターネット上のクライアントConfiguration Manager管理するための簡単な方法を提供します。 Azure サブスクリプションにサービスをデプロイすると、クラウド管理ゲートウェイ コネクタ ポイントを介してオンプレミスインフラストラクチャに接続されます。 クライアントは、内部ネットワークに接続されているか、インターネット上にあるかにかかわらず、オンプレミスのサイト システムの役割にアクセスできます。

どのピア キャッシュ テクノロジを使用する必要がありますか?

ピア キャッシュは、100% ネイティブ Configuration Manager テクノロジです。 BranchCache配信の最適化 は Windows の機能です。 これらはすべて、要件に応じて役立ちます。 機能を比較するテーブルなど、詳細については、「 コンテンツ管理の基礎 - ピア キャッシュ テクノロジ」を参照してください。

コスト

Configuration Managerを Azure に移行することは、組織にとってコスト効率の高いソリューションになりますか?

すべての環境が異なるため、言いにくいです。 環境のコストを見積もるには、 Azure 価格計算ツールを使用します。

詳細

これらの Azure テクノロジの詳細については、どこで確認できますか?