2023 年 5 月のお知らせ

このページでは、2023 年 5 月の Microsoft パートナー センターのお知らせについて説明します。


Microsoft Teams 電話会議のプロモーション割引の期限切れ

"Microsoft Teams 電話会議を 12 か月間無料で提供するプロモーションの期限切れに伴い、顧客を適切な電話会議 SKU に誘導する方法について説明します。"

  • 日付: 2023 年 5 月 25 日
  • ワークスペース: 顧客
  • 影響を受ける対象ユーザー: クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムに参加している CSP 直接請求および間接プロバイダー

2020 年 10 月より、電話会議が 12 か月間無料になるプロモーションを CSP パートナーに提供してきました。 このプロモーションは 2022 年 6 月に終了しました。 対象の電話会議 SKU (製品 ID: CFQ7TTC0LHSL) を購入したパートナーのサブスクリプションは、12 か月の期間が終了した時点で、ユーザーあたり月額 2.50 米国ドルの非プロモーション価格で更新されます。

パートナーは、0 ドルのアドオン SKU (製品 ID: CFQ7TTC0JXCZ) を追加購入できます。これにより電話会議では、分数制限のない有料ダイヤルイン、テナント レベルでプールされた米国とカナダの電話番号に対する 1 ユーザー/月あたり 60 分間のダイヤルアウト (テナントの場所にかかわりません)、オペレーター接続会議が可能になります。 電話会議の 0 ドルのアドオン SKU の利用を希望するパートナーは、新しい SKU を購入する必要があります。

0 ドルのアドオン SKU が利用できるにもかかわらず、サブスクリプションには分数無制限の有料ダイヤルイン、テナント レベルでプールされたゾーン A の国/地域に対する 1 ユーザー/月あたり 60 分間のダイヤルアウト、オペレーター接続会議が含まれるので、お客様は既存の電話会議 SKU を非プロモーション価格で引き続き使用することを選択できます。 米国とカナダ以外の国へのダイヤルアウトが必要なパートナーは、元の電話会議 SKU を引き続き使用することを検討してください。

次のステップ

  • 製品 SKU の現在の価格については、パートナー センターの価格表を参照してください。
  • 顧客が期限切れのプロモーション価格で電話会議 SKU (製品 ID: CFQ7TTC0LHSL) を使用している場合は、顧客と連携してニーズに最適な電話会議 SKU を決定します。
  • 新しい 0 ドルのアドオン SKU (製品 ID: CFQ7TTC0JXCZ) の購入を希望するパートナーは、既存の電話会議 SKU に対して自動更新が有効になっていないことも確認する必要があります。
  • 新しく購入する SKU のユーザー ライセンスが割り当てられていることを確認します。

参照情報



Microsoft Cloud for Nonprofit での新しい AI 機能の発表

  • 日付: 2023 年 5 月 24 日
  • ワークスペース: マーケットプレースのオファー
  • 影響を受ける対象ユーザー: 非営利団体

非営利団体がそのミッションを加速するのに役立つ、Microsoft Cloud for Nonprofit の強力な新しい AI ツールと機能についてお知らせします。 AI は非営利団体の多くの場面で利用できますが、資金集めとマーケティングの取り組みを拡大するために AI を使用することで、非営利団体の専門家は、サービスを提供するコミュニティとより多くの時間を費やすことができるようになります。 これは、AI の取り組みを一緒に開始し、地球上のほぼすべての非営利団体に共通する問題を解決するための実用的な場所です。

次のステップ

https://www.linkedin.com/pulse/announcing-new-ai-capabilities-microsoft-cloud で詳細なお知らせをご確認ください。

質問

デモおよびパートナー固有の情報: Microsoft Cloud for Nonprofit



Marketplace リードのアーカイブ ポリシー

2023 年 6 月 26 日より、6 か月間分のマーケットプレース リードにアクセスできるようになります。 パートナー センターの [紹介] ワークスペースの [潜在顧客] セクションでアクセスできます。

  • 日付: 2023 年 5 月 24 日
  • ワークスペース: 潜在顧客
  • 影響を受ける対象ユーザー: マーケットプレース リードを受け取るすべてのパートナー

2023 年 6 月 26 日から、6 か月間分のマーケットプレース リードをダウンロードまたは操作できます。

潜在顧客や共同販売の機会に変更はありません。 この変更は、マーケットプレース リードのみが対象です。 他のエクスペリエンスの変更は導入されません。

次のステップ

今日から 2023 年 6 月 26 日まで、パートナー センターの [紹介] ワークスペースから Marketplace リードの履歴データをダウンロードできます。 情報のローカル コピーをダウンロードすることで、6 か月以上前のデータを引き続き使用できます。



.NET Standard (v3.4.0) の SDK リリース

パートナーは、NuGet Gallery | Microsoft.Store.PartnerCenter 3.4.0 から .NET Standard (v3.4.0) の新しい SDK リリースをダウンロードできるようになりました。 更新されたパブリック パートナー センター SDK GitHub サンプルをダウンロードすることもできます。

  • 日付: 2023 年 5 月 14 日
  • ワークスペース: API
  • 影響を受ける対象ユーザー: パートナー センター .NET SDK を使用し、クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムに参加している直接請求パートナーと間接プロバイダー

2023 年 5 月 24 日より、パートナーは、更新されたパブリック パートナー センター SDK の GitHub サンプルと共に、NuGet Gallery | Microsoft.Store.PartnerCenter 3.4.0 から新しいバージョンのダウンロードを開始できます。

SDK のリリース ノートについては、.NET SDK のリリース ノートを参照してください。

重要

2023 年 6 月 1 日に、パートナー センター チームはパートナー センター .NET SDK のサポートを中止し、GitHub にアーカイブします。

次のステップ



Azure Marketplace で Azure Kubernetes Service (AKS) ベースのアプリを販売する

トランザクション可能な Kubernetes アプリのカスタム メーターが、Azure Marketplace で利用可能になりました。

  • 日付: 2023 年 5 月 18 日
  • ワークスペース: マーケットプレースのオファー
  • 影響を受ける対象ユーザー: Azure Marketplace の商用独立系ソフトウェア ベンダー (ISV)

新しいカスタム メーター機能をお知らせできうれしく思います。 マーケットプレースでアプリケーションを発行する前に、カスタムの課金ディメンション (帯域幅、トランザクション、処理されたメールなど) に基づいて課金される Kubernetes アプリケーションを作成できます。 お客様はこれらのディメンションの使用量に応じて支払いを行い、アプリケーションは、コマーシャル マーケットプレースの測定 API を介して Microsoft に課金対象イベントを通知します。 また、複数のディメンションを追加し、独自の課金ニーズに合わせてアプリケーションの価格ロジックを階層化することもできます。 さらに、マーケットプレースの分析情報を使用して、顧客の導入を追跡し、定義済みの課金に関して得られる詳細な分析情報など、ご自分のカスタム従量制に固有の貴重な分析情報を取得できるようになりました。

カスタム メーターの利点は何ですか?

  1. 柔軟な価格: お客様にはさまざまな使用パターンがあるため、これらの異なるディメンションに対応するように Kubernetes アプリケーションを調整できます。 また、ご自分のアプリケーションに固有の属性に合わせて任意のディメンションを収益化して、ユーザーと顧客にとってお互いにメリットがあるようにすることもできます。
  2. 収益の増加: カスタム メーターを使用すると、固定請求ディメンションと可変請求ディメンションの両方を収益化できます。 これらのメーターを使用すると、最初の固定請求を超える追加の使用量をキャプチャできるため、時間の経過に伴う収益の向上と顧客ベースの維持に役立ちます。
  3. ビジネスの機敏性の強化: カスタム メーターを使用すると、変化するカスタム ニーズに適応し、さまざまな予算の制約に基づいて複数の請求ディメンションを考慮することができます。 これは、顧客固有のニーズを満たすのに役立つ柔軟なソリューションです。

次のステップ

詳細については、次のドキュメントを参照してください。

ご質問は?

この変更の詳細については、前のセクションに示されているリソースを参照してください。 質問がある場合は、パートナー センターのサポート ページでサポート チケットを送信してください。



新しいタイムライン: パートナー エコシステムをセキュリティで保護するための重要なアクション

セキュリティ体制を改善し、顧客のテナントを保護するための重要な機能と更新プログラムが利用できるようになりました。

  • 日付: 2023 年 5 月 18 日
  • ワークスペース: アカウント設定
  • 影響を受ける対象ユーザー: クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムおよびアドバイザーを通じて取引を行う直接請求パートナー、間接プロバイダー、間接リセラー

詳細な代理管理者特権 (GDAP) の今後のマイルストーンの最新の日付をお知らせいたします。

代理管理者特権 (DAP) リレーションシップの GDAP ロールへの移行

Microsoft では、2023 年 5 月 22 日から、DAP リレーションシップの GDAP ロールへの移行を開始します。 GDAP ロールの詳細については、4 月のお知らせを参照してください。

  • GDAP リレーションシップが正常に設定されると、管理エージェント セキュリティ グループ ユーザーに通知が送信されます。

    重要

    5 月 23 日の更新: パートナーからのフィードバックに基づいて、Microsoft 主導の移行プロセス中に関係が正常に設定された場合は GDAP 通知を抑制するようにしました。

  • この移行では、GDAP リレーションシップが期限切れ、保留中、または終了の状態で存在するシナリオは除外されます。

  • 詳しくは、「GDAP Microsoft 主導の移行」を参照してください。

新規顧客の作成

DAP は現在、新規顧客テナントの作成時に付与されます。 2023 年 9 月 25 日からは、Microsoft は、新規顧客作成時に DAP を付与しなくなり、代わりに、新規顧客テナントの作成時に既定のロールを持つ GDAP を付与します。

既定のロールは、パートナーの種類によって異なります。 次の表に、それぞれのロールの一覧を示します。

付与される既定の Microsoft Entra ロール 説明 間接プロバイダー 間接リセラー 直接パートナー
ディレクトリ閲覧者 基本的なディレクトリ情報を読み取ることができます。通常、アプリケーションとゲストにディレクトリの読み取りアクセスを付与するために使用されます x x x
ディレクトリ編集者 基本的なディレクトリ情報の読み取りと書き込みができます。アプリケーションにアクセスを許可するためのもので、ユーザーが対象ではありません x x x
ライセンス管理者 ユーザーおよびグループの製品ライセンスを管理できます x x x
サービス サポート管理者 Service Health 情報を読み取り、サポート チケットを管理することができます x x x
ユーザー管理者 ユーザーとグループのすべての側面を、制限付きの管理者のパスワードをリセットすることも含めて、管理できます x x x
特権ロール管理者 Microsoft Entra ID でのロールの割り当てと、Privileged Identity Management のすべての側面を管理できます x x x
ヘルプ デスク管理者 管理者以外のパスワードと、ヘルプ デスク管理者のパスワードをリセットできます x x x
特権認証管理者 任意のユーザー (管理者または管理者以外) の認証方法の情報を表示、設定、リセットするためにアクセスできます x x x
クラウド アプリケーション管理者 アプリの登録とエンタープライズ アプリのすべての側面 (アプリ プロキシを除く) を作成および管理できます x
アプリケーション管理者 アプリの登録とエンタープライズ アプリのすべての側面を作成および管理できます x
グローバル リーダー グローバル管理者が読み取れるものすべての読み取りが可能ですが、更新することはできません x x x

一括移行ツールの廃止

このツールは、2023 年 11 月末まで引き続き使用できます。

パートナーは引き続き、次のこと行う必要があります。

  • GDAP の要求: 顧客テナントに管理者アクセスが必要な場合、(パートナー組織内の管理エージェント ロールを持つ) パートナーが適切な Microsoft Entra ロールを持つ GDAP リレーションシップを要求し、顧客が承認する必要があります。
  • DAP の無効化: 管理者アクセスが必要ない場合、(パートナー組織内の管理エージェント ロールを持つ) パートナーが DAP 監視レポートを確認し、直ちに DAP リレーションシップを無効にする必要があります。 管理者アクセスが必要な場合は、パートナーが GDAP セットアップを実施して、DAP を無効にする必要があります。 括移行ツールを使用して DAP を一括で無効にできるようになりました。

その他のセキュリティ更新プログラムは次のとおりです。

  • 2023 年 5 月 31 日から、パートナー センターで新しいセキュリティ アラート ダッシュボードを起動し、パートナーが保護され、Azure の不正行為を検出できるようにします。 検出は、ARM アクティビティ、課金メーターの消費量、ID リスク シグナル、暗号資産マイニング、クォータの増加の要求にわたる一連の異常に基づくものです。 パートナーは、金銭的損失を軽減するために、パートナー センター ポータルまたは API で新しいセキュリティ アラートを採用するためのアクションを直ちに実行する必要があります。 詳細については、「Azure での不正行為の検出と通知」を参照してください。
  • GDAP リレーションシップの作成に関する問題の修正: 顧客の作成時に直面した問題 (客とのリセラー関係が存在しないパートナーに対して 404 エラーが表示される) を解決するために、4 月に修正プログラムがデプロイされました。 これは、パートナー センター ポータル >[Customer] (顧客)> ワークスペース [Administer] (管理)>[Customer] (顧客)>[新しいリレーションシップ] に移動したときに発生していました。

次のステップ



Update Customer Qualifications API のリクエスト契約の変更

Update Customer Qualifications API が最近更新され、新たなリクエスト契約が採用されたことで、顧客の資格確認を行う際の柔軟性が向上しました。 この新しい契約は、2023 年 5 月 17 日から必須となり、強制的に適用されます。

  • 日付: 2023 年 5 月 16 日
  • ワークスペース: API
  • 影響を受ける対象ユーザー: クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムに参加している CSP 直接請求および間接プロバイダー

更新されたリクエスト契約には、EducationSegmentWebsiteValidationCode の 3 つの新しいフィールドがあります。 パートナーは、新しい契約への移行をすぐに開始できます。

パートナー センター SDK v3.2.0 以降のみを使用するパートナーは、この変更の影響を受けません。

API は、2023 年 5 月 17 日まで引き続き古い契約を受け付けます。

API コントラクトの詳細については、「顧客の資格を更新する」を参照してください。

次のステップ

この記事に関する情報を確認し、組織内の該当する関係者と共有してください。



機能の追加と改善によって改良された顧客一覧を表示する

"新しい顧客注文の作成と、顧客タグの操作が簡単になりました。"

  • 日付: 2023 年 5 月 16 日
  • ワークスペース: 顧客
  • 影響を受ける対象ユーザー: クラウド ソリューション プロバイダー プログラムを通じて取引を行うパートナー

[顧客] ワークスペースのランディング ページのデザインが刷新され、[Customer list]\(顧客の一覧\) ページに、パートナーのユーザー エクスペリエンスを改善するための新機能が追加されました。 生産性の向上を目的としたシンプルなナビゲーションにより、パートナーは顧客の一覧ページから直接、特定の顧客の新しい注文を作成し、タグの管理と割り当てを行って顧客管理を効率化できます。 これらの変更の詳細については、次を参照してください。

次のステップ

これらの優れたアップグレードを利用する準備ができたら、今すぐパートナー センターにログイン、[顧客] ワークスペースで改良されたランディング ページを確認してください。



5 月のクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) の月例更新とコミュニティ リマインダー

最新のパートナー向けの発表カレンダーCSP 月例更新ニュースレター、重要なプログラムの最新情報を提供する CSP コミュニティ リソースを含む月例ビュー。

  • 日付: 2023 年 5 月 10 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: CSP 直接請求パートナー、間接プロバイダー

常に利用可能 - オンデマンドでコンテンツを起動する

最近のアクティブな発表すべてを 1 か所に表示する統合ビューについては、パートナー向けの発表カレンダーを参照してください。 発表の詳細については、タイムラインと公開資料のリンク先を参照してください。

ダウンロード可能な CSP 月例更新には、最近の CSP の発表、更新、イベント、リマインダーが記載されています。

Microsoft が最優先で取り組んでいる変革の過程については、パートナー体験マップを参照してください。

ライセンスの準備が必要ですか? 毎月の CSP スポットライト ウェビナーでは、すべてのパートナーが利用できる最新の CSP ライセンス情報について取り上げています。

CSP コミュニティの Q&A リマインダー

毎月の CSP コミュニティ Q&A セッションでは、プログラムに影響を与える変更について詳細を学習し、質問する機会が提供されます。

今後の通話に参加するには、ここに登録してください。

疑問がある場合

毎月の CSP コミュニティ Q&A コールは、CSP プログラムの運用変更について質問をするのに最適な場所です。 コールの最大 48 時間前まで質問を提出できます。

その他の CSP トピックに関する質問については、 パートナー センター サポート のページを参照してください。



[紹介] の [Leads details] (リードの詳細) ページが応答性が向上し、使いやすくなりました

[紹介] ワークスペースの [リード] タブは [Co-sell opportunities] (共同販売案件) ページにように使い慣れたグリッド ビューになるなど、外観が更新され、改良されました。

  • 日付: 2023 年 5 月 10 日
  • ワークスペース: 紹介
  • 影響を受ける対象ユーザー: 紹介管理者

[紹介] ワークスペースのエクスペリエンスとパフォーマンスを向上させるための大規模な取り組みの一環として、[リード] ページの外観を更新しました。

メイン ページは使い慣れたグリッド ビューになり、[Leads details] (リードの詳細) ページは応答性が高く、使いやすく更新されました。

今すぐ新しいビューを試して、フィードバックをお寄せください。

パートナー センターにサインインし、[紹介] ワークスペース>[リード] グリッド ビューを選びます。

詳細については、紹介のユーザー ガイドを参照してください

ご質問は?

ドキュメントで対処できない問題がある場合は、サポートにお問い合わせください。


近日公開: パートナー センターでコンピューティング用の Azure 節約プランを購入する

コンピューティング用の Azure 節約プランは、2023 年 6 月末までにパートナー センターで購入できるようになります。

  • 日付: 2023 年 5 月 8 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: クラウド ソリューション プロバイダー (CSP) プログラムを通じて取引を行う直接請求パートナー、間接プロバイダー、間接リセラー

2022 年 10 月 18 日に、コンピューティング用の Azure 節約プランは顧客とパートナーが利用できるようになりました。 提供開始時には、Azure 節約プランは、Azure portal を介して CSP パートナーのみが利用可能でした。 2023 年 6 月末までに、パートナー センターで利用できるようになります。

コンピューティング用の Azure 節約プランは柔軟な価格モデルであり、お客様が 1 年または 3 年間、選択したコンピューティング サービスに一定の時間単位の金額を費やすことにコミットすると、節約額が大きくなります。

このプランは、次のようにお客様に役立ちます。

  • 特定のコンピューティング サービスで従量課金制の価格と比較して節約できる
  • 1 時間単位のコミットメントまで、選択したサービス全体の節約をグローバルに自動的に最適化する
  • プランの契約期間、請求頻度、時間単位のコミットメントをニーズに合わせてカスタマイズすることで、その条件で節約する

次のステップ



グローバル プロモーション準備ガイドで最新のプロモーションとオファーを表示する

最新のグローバルキャンペーン準備ガイドが公開されました。

  • 日付: 2023 年 5 月 2 日
  • ワークスペース: 価格
  • 影響を受ける対象ユーザー: クラウド ソリューション プロバイダー プログラムを通じて取引を行うパートナー

現在および今後のすべてのプロモーションの統合ビューである、最新のグローバル プロモーション準備ガイドが、オペレーション レディネス リソース ギャラリーで利用できるようになりました。 現在および今後のプロモーションとオファーについて、グローバル プロモーション準備ガイド コレクションに関するページを参照してください。

次のステップ

オペレーション レディネス リソース ギャラリーの最新の月次プロモーション ガイドを確認します。 この情報を組織内の適切な担当者と共有し、ガイドが役に立ったかどうかを、各ページの最後の「このページは役に立ちましたか?」 に回答してお知らせください。

ご質問は?

不明な点がある場合は、CSP サポートに移動してください。



韓国語の CSP オペレーション Q&A 月次コミュニティ コールに参加する

韓国の CSP パートナーのみ。 パートナー運用チームは、5 月から韓国語で毎月 CSP コミュニティ Q&A コールを提供する予定です。

  • 日付: 2023 年 5 月 1 日
  • ワークスペース: 全般
  • 影響を受ける対象ユーザー: CSP 直接請求および間接のプロバイダー。

Microsoft が、Microsoft のパートナー運用による、韓国の CSP パートナー向けコミュニティ Q&A コールにご招待します。 これらのセッションは、CSP 直接請求プロバイダーと間接プロバイダーを支援し、CSP のローンチや今後の変更に関連する疑問を解消することに特化しています。 Microsoft は、Microsoft との円滑なビジネス関係を推進することを目指しています。 CSP コミュニティの月次 Q&A セッションでは、プログラムに影響を与える変更について詳細を学習し、質問する機会が提供されます。

次のステップ

疑問がある場合

毎月の CSP コミュニティ Q&A コールは、CSP プログラムの運用変更について質問をするのに最適な場所です。 コールの最大 48 時間前まで質問を提出できます。 その他の CSP トピックに関する質問については、 パートナー センターのサポートに関する記事にアクセスしてください。



取引登録と手動処理期限のリマインダー

"2023 年度インセンティブの対象となるには、2023 年 6 月 16 日金曜日午後 5 時 (太平洋標準時) までにパートナーが取引を登録する必要があります。"

  • 日付: 2023 年 5 月 1 日
  • ワークスペース: マーケットプレースのオファー
  • 影響を受ける対象ユーザー: マーケットプレースのオファーがある最上位パートナー

2023 年度の取引を 2023 年度インセンティブの対象となるには、2023 年 6 月 16 日金曜日午後 5 時 (太平洋標準時) までにパートナーが登録する必要があります。 取引登録機能は、2023 年 6 月 17 日から 2023 年 6 月 30 日まで利用できません。

登録期限:

  • 取引は、2023 年 6 月 16 日金曜日までにパートナーが登録する必要があります。
  • すべての再検証と異議を、2023 年 6 月 16 日金曜日までにパートナーが提出する必要があります。

手動処理期限:

  • 取引レビューまたは取引確認フォーム (DCF) は、2023 年 6 月 28 日水曜日までにパートナーが入力または提出する必要があります。
  • 取引の再検証は、2023 年 6 月 28 日水曜日までに決定を行う必要があります。
  • マーケットプレース取引は、2023 年 6 月 28 日水曜日までに増分取引額を満たす必要があります。

その他の注意事項

  • 上記のすべての期限が認識され、午後 5 時 (太平洋標準時) に適用されます。
  • すべての再検証要求と異議を、パートナー センターで送信する必要があります。
  • 2023 年 6 月 26 日月曜日までに入力された取引レビューは、上流のデータ待機時間の依存関係を考慮して、現在の会計年度で処理することが保証されます。
  • マーケットプレース取引の場合、承認に必要な増分取引額を満たすために、2023 年 4 月 1 日以降に登録された取引のみを、2023 年 9 月 30 日までロールオーバーできます。
  • この締め切り日より後に追加の処理は行われません。
  • 取引レビューまたは取引の再検証を必要とする取引を同じ月にカウントするには、登録された月に入力する必要があります。それ以外の場合は、次の月にロールオーバーされます。


第 4 四半期に登録されたコマーシャル マーケットプレースでの Azure IP 共同販売取引の重要な更新

2023 年度第 4 四半期のマーケットプレース取引処理を合理化するため、100 万ドルを超えるすべてのマーケットプレース取引がレビューで合理化され、第 4 四半期のクローズが容易になります。

  • 日付: 2023 年 5 月 1 日
  • ワークスペース: マーケットプレースのオファー
  • 影響を受ける対象ユーザー: マーケットプレースのオファーがある最上位パートナー

2023 年度第 4 四半期にも引き続き Microsoft コマーシャル マーケットプレースでトランザクションを完了できるように、Azure IP 共同販売には次の 2 つの更新が行われます。

  • 第一に、Microsoft は 100 万ドルを超える取引のプロセスを強化しています。 具体的には、引き上げ検証の待機期間がなくなり、これらの取引は当会計年度内に計上されます。

    第 4 四半期のマーケットプレース取引処理を合理化するため、100 万ドルを超えるすべてのマーケットプレース取引が合理化されます。そのため、2023 年 4 月 1 日以降に登録された 100 万ドルを超える高額なマーケットプレース取引で POE 要件検証 (PPP の場合は DCF) のレビュー コールが行われ、2023 年度の会計年度の結果にタイムリーな検証が確実にキャプチャされます。

  • 第二に、コマーシャル マーケットプレースでクローズされたその他のすべての取引について、承認に必要な増分額を満たすために、2023 年 4 月 1 日以降に登録された取引のみを 2023 年 9 月 30 日までロールオーバーできます。

次のステップ



リマインダー - ライセンス割り当ての変更点 - パートナーへの影響

Microsoft は以前、2023 年 3 月 31 日に、MSOnline と Azure Active Directory Graph のライセンス割り当て API が廃止され、Microsoft Cloud ライセンスへの移行が有効になると発表しました。 これは、CSP のユーザー ライセンスの割り当て (パートナー センター UX と API の両方を介するもの) に 2 つの条件で特に影響します。 1 つ目は、顧客の条件付きアクセス ポリシーがある場所です。パートナーは顧客と協力して、条件付きアクセス ポリシーからパートナー テナントを特定して除外する必要があります (GDAP に関してよく寄せられる質問を参照してください)。 2 つ目は、パートナーがパートナー トークンを使用している場所です。パートナーは、パートナー アクセス トークンに移行する必要があります (セキュリティで保護されたアプリケーション モデルの有効化に関する記事を参照してください)。

  • 日付: 2023 年 5 月 1 日
  • ワークスペース: 顧客
  • 影響を受ける対象ユーザー: エンド カスタマーにライセンスを割り当て、サブスクリプションをアップグレードしようとしているパートナー

5 月 1 日から、顧客テナントに条件付きアクセス ポリシーがあり、パートナー テナントが同じ除外リストに追加されていない場合、ライセンス移行で AssignUserLicensesAsyncUpgradeSubscription を使用すると、パートナーには下のエラー メッセージが表示されます。

次のステップ

パートナーは、影響を受ける顧客と協力して、条件付きアクセス ポリシーからパートナー テナントを特定して除外する必要があります。

条件付きアクセス ポリシーを作成する場合:

  1. [Exclude] (除外) を選択します。
  2. [Guest or external users] (ゲストまたは外部ユーザー) ボックスをオンにします。
    • この選択では、特定のゲスト ユーザーまたは外部ユーザーの種類と、それらの種類のユーザーを含む特定のテナントを、条件付きアクセス ポリシーの対象とするために使用できるいくつかの選択肢を示します。
    • 選択できるゲストまたは外部のユーザーにはいくつかの種類があり、サービス プロバイダー ユーザー (例: クラウド ソリューション プロバイダー) など、複数の選択をすることができます。
    • 選択したユーザーの種類に対して 1 つ以上のテナントを指定することも、すべてのテナントを指定することもできます。

条件付きアクセス ポリシーからパートナー テナントを除外する方法の詳細については、GDAP に関してよく寄せられる質問を参照してください。

パートナーがパートナー トークンを使用している場合 - API エラー コード 900316 パートナー トークンは、ライセンス管理呼び出しでは許可されません。 パートナー アクセス トークンを使用して呼び出してください。

解決策: セキュリティで保護されたアプリケーション モデルの有効化に従って、パートナー アクセス トークンを使用するように API を更新します。

サポートを受ける

条件付きアクセス ポリシーに関するヘルプが必要な場合は、次のパラメーターを使用して、Azure サポートでサービス リクエストを作成します。

  • [概要]: 条件付きアクセス
  • [問題の種類] : 技術
  • [サービスの種類]: Microsoft Entra のサインインと多要素認証
  • [問題の種類]: 条件付きアクセス
  • [問題のサブタイプ]: Grant or block access (アクセスを許可またはブロックする)


Microsoft 365 Multi-Geo 機能アドオン SKU が CSP に登場

2023 年 6 月 1 日から、Multi-Geo 機能アドオン SKU がクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) の新しいコマース エクスペリエンス (NCE) で利用できるようになります。

  • 日付: 2023 年 5 月 1 日
  • ワークスペース: 顧客
  • 影響を受ける対象ユーザー: CSP 直接請求パートナーと間接プロバイダー、および間接プロバイダーを介したリセラー

Multi-Geo は、顧客が Microsoft 365 テナント内のグローバルなデータ所在地要件を満たせるようにすることで、パートナーの Microsoft の生産性ビジネスの価値を高めます。 顧客は、ユーザーのデータをホストするための新しいサテライト地域の場所を作成することで、既存の Microsoft 365 テナント内の複数のリージョンに Microsoft 365 のプレゼンスを拡張できます。

Microsoft 365 Multi-Geo は、新しいコマースで Microsoft 365 サブスクリプションを管理しているパートナーまたは顧客が利用できる、次の 3 つの購入オプションを備えたアドオン SKU です。

  1. 月払いの 1 年間のサブスクリプション
  2. 年払いの 1 年間のサブスクリプション
  3. 1 か月の試用版サブスクリプション

このアドオン SKU はユーザー レベルであるため、パートナーには各ユーザーが顧客のサテライト地域の場所でホストされるサブスクリプション ライセンスが必要です。 CSP パートナーは、顧客の対象となる Microsoft 365 サブスクリプション シートの合計の 5% 以上の Multi-Geo ライセンスを購入する必要があります。

Multi-Geo は、2023 年 5 月 1 日の NCE ライセンスベースの価格表プレビューと、2023 年 6 月 1 日の運用環境で CSP パートナーが利用できるようになります。

次のステップ

ご質問は?

サポートについては、利用可能な準備資料を参照してください。 ドキュメントで対処できない問題がある場合は、サポートにお問い合わせください。