ハイブリッド プロファイルを計画する

適用対象:yes-img-13 2013yes-img-162016 yes-img-192019 yes-img-seSubscription Edition yes-img-sopSharePoint in Microsoft 365

SharePoint Server と Microsoft 365 の両方がある場合、既定では、ユーザーは場所ごとに異なるプロファイルを持ちます。 これにより、ユーザーのプロファイル エクスペリエンスが混乱する可能性があります。 ハイブリッド プロファイルでは、ユーザーは Microsoft 365 で 1 つのプロファイルを持ち、すべてのプロファイル情報を保持できます。

Office Delve が Microsoft 365 組織の一部である場合、ユーザー プロファイルは Delve と統合され、ユーザーは情報やドキュメントを検出し、チームメイトが作業している内容を確認できます。 クラウド ハイブリッド検索をデプロイした場合、ユーザーは Delve を使用してオンプレミスのドキュメントを見つけることもできます。

SharePoint ハイブリッド展開でのプロファイル リダイレクト

ハイブリッド プロファイルは、ハイブリッド ユーザーを Microsoft 365 のプロファイルにリダイレクトします。 これにより、ハイブリッド ユーザーのプロファイル情報が 1 か所に保たれます。 ハイブリッド プロファイルは、SharePoint Server 2013 と SharePoint Server 2016 の両方で使用できます。

プロファイル リダイレクトは次のように動作します。

  • すべてのハイブリッド ユーザーのプロファイルは Microsoft 365 にあります。 SharePoint Server でハイブリッド ユーザーのプロファイルを選択すると、(自分でハイブリッド ユーザーではない場合でも) Microsoft 365 のプロファイルにリダイレクトされます。

  • ハイブリッド サイト機能を構成するときに Microsoft 365 の SharePoint 対象ユーザーの使用を選択すると、ハイブリッド ユーザー以外 (対象ユーザーに含まれていないユーザー) は自分の SharePoint Server プロファイルを維持するようになります。同時に、ライセンス交付されているユーザーの場合は Microsoft 365 のプロファイルも所持します。

カスタムのプロファイル プロパティを Microsoft 365 に移動する

多くの企業では、Microsoft 365 ユーザー プロファイル サービスの SharePoint にカスタム属性をレプリケートするためのビジネス要件があります。 一部のユーザー属性は、Active Directory Domain Services から Azure Active Directory に同期されます。 Active Directory Directory Services から Azure Active Directory にレプリケートされる属性は選択できます。 ただし、標準の属性セットは、Azure Active Directory から Microsoft 365 の Microsoft 365 ユーザー プロファイル ストアの SharePoint にレプリケートされます。 この属性のセットは、SharePoint Server の場合のようにはカスタマイズできません。

SharePoint Server では、Business Connectivity Services または Microsoft Identity Manager を使用して Active Directory Directory Services に配置されていないカスタム プロファイル プロパティをインポートする場合、Microsoft 365 の SharePoint はこれらのソリューションをサポートしていません。 Microsoft 365 の SharePoint のカスタム プロパティでは、ユーザー プロファイルの一括更新 API を使用できます。

一括更新のプロセスは、次のように動作します。

  1. 必要になる SharePoint Server からのプロファイル データ、基幹業務システム、またはその他の外部システムを JSON 形式のファイルにコンパイルします。

  2. この JSON ファイルをツールで Microsoft 365 にアップロードして、インポート プロセスをキューに入れます。

  3. Microsoft 365 の SharePoint Online で実行するタイマー ジョブにより、キューに入れられたインポート プロセスがチェックされ、API 呼び出しと指定されたファイル内の情報に基づいてインポート操作が実行されます。

一括更新 API の詳細については、「Microsoft 365 の SharePoint の一括 UPA カスタム プロファイル プロパティ更新 API の概要」を参照してください。

SharePoint ハイブリッド展開での Delve の操作

Delve が Microsoft 365 組織の一部である場合、ユーザー プロファイルは Delve と統合されます。それ以外の場合は、標準の Microsoft 365 プロファイルがあります。 Delve を使用したことがない場合は、詳細と管理方法について学習する必要があります Delve ユーザー プロファイルには、Microsoft 365 プロファイルの SharePoint と同じプロパティが含まれており、「 カスタム プロファイル プロパティを Microsoft 365 に移動する」で説明したように、同じ方法でインポートできます。

ハイブリッド プロファイルの設定

ハイブリッド プロファイルは、SharePoint Server の複数のハイブリッド機能バンドルに含まれています。 詳細については、「 ハイブリッド サイトの機能と OneDrive」を参照してください。

関連項目

その他のリソース

Microsoft 365 の SharePoint のユーザー プロファイルについて