リリース ノート - Azure Arc 対応 SQL Server

2023 年 1 月

このリリースは 2023 年 1 月 17 日に公開されています

拡張機能のバージョン

1.1.2202.47

SQL Server 用 Azure 拡張機能

  • Arc 対応 SQL Server でのベスト プラクティス アセスメント (BPA)

    Azure portal の SQL ベスト プラクティス アセスメント機能:

    • 考えられるパフォーマンス上の問題を特定します
    • Azure Arc 対応 SQL Server がベスト プラクティスに従って構成されていることを評価します
    • 包括的な軽減策のガイダンスを提供します
    • ベスト プラクティス アセスメントを体験するには、最新の拡張機能バージョンにアップグレードしてください。
  • Azure Arc 対応データベース リソースでは、リソースとしてデータベース リソースの最も早い復元時刻と最後のバックアップ時刻を設定します

  • 従量課金制 (PAYG) ライセンス オプションが SQL Server 2012 以降に拡張されました

  • Arc 対応 SQL Server のオンボード中にライセンスの種類を設定する機能。

  • Azure へのオンボード中にインスタンスをスキップする機能

2022 年 12 月

このリリースは、2022 年 12 月 13 日に公開されています。

拡張機能のバージョン

1.1.2167.41

SQL Server 用 Azure 拡張機能

  • SQL Server 2014 (12.x) と SQL Server 2016 (13.x) に、リソースとしてのデータベースの表示のサポートが追加されました。 「SQL Server データベースを表示する - Azure Arc」を確認してください。
  • Web および Express エディションのサポート。

2022 年 11 月

このリリースは、2022 年 11 月 12 日に公開されました

拡張機能のバージョン

1.1.2132.21

重要

この拡張機能の課金は、2022 年 12 月 1 日まで有効になりません。

SQL Server 用 Azure 拡張機能

  • SQL Server 用の Azure 拡張機能の Linux (LinuxAgent.SqlServer) バージョンと Windows (WindowsAgent.SqlServer) バージョンの両方とも、SQL 2022SQL Server 2022 (16.x) セットアップ ウィザードまたはコマンド プロンプトで従量課金制のアクティブ化が選択されている場合は、Azure を介した課金がサポートするようになりました。
  • SQL Server 2022 (16.x) には従量課金制のアクティブ化オプションが含まれています。これを有効にすると、セットアップ中に SQL Server 用 Azure 拡張機能が強制的にインストールされます。
  • 課金メーターは、Azure 経由の従量課金制をサポートするために導入されています
  • SQL Server の Azure Arc インスタンスで、SQL Server に登録されているデータベースが表示されるようになりました。 これを表示するには、SQL Server Azure Arc リソースの [データ管理] タブに移動します。 詳しくは、「データベースの表示」をご覧ください。

その他の変更点

SQL Server - Azure ArcLicenseType プロパティは、より詳細なライセンス情報を提供するように拡張されています。 値には次のものが含まれるようになりました。

Value 説明
有料 SQL Server インスタンスは、プロダクト キーと、ソフトウェア アシュアランスまたは SQL サブスクリプションを使用してインストールされます
LicenseOnly SQL Server インスタンスは、ソフトウェア アシュアランスも SQL サブスクリプションもなしで、プロダクト キーを使用してインストールされます
PAYG SQL Server インスタンスは、従量課金制のアクティブ化オプション (SQL Server 2022 (16.x) の新機能) を使用してインストールされます
Free SQL Server の Evaluation または Developer エディションがインスタンスで使用されていることを示します
HADR インスタンスが可用性グループ内のレプリカであることを示します。 ソフトウェア アシュアランスの対象になっている場合は、ライセンスを必要としない可能性があります。 詳しくは、SQL Server の商用ライセンスの契約条件に関する記事をご覧ください。

既知の問題と制限事項

  • 機能を使用するには、バージョン v1.1.2132.21 以上の SQL Server の Azure 拡張機能が必要です。
  • 従量課金制は、SQL Server 2022SQL Server 2022 (16.x) に限定されています
  • SQL Server 用の Azure 拡張機能は、次の環境ではサポートされていません。

2022 年 10 月

このリリースは、2022 年 10 月 12 日に公開されています

イメージ タグ

1.1.2104.14

SQL Server 用 Azure 拡張機能

SQL Server を Azure Arc にオンボードするために、SQL サーバー オンボード ロールは必要なくなりました。

2022 年 9 月

このリリースは、2022 年 9 月 13 日に公開されています

拡張機能のバージョン

1.1.2082.9

SQL Server 用 Azure 拡張機能

  • SQL Server 用 Azure 拡張機能の Linux (LinuxAgent.SqlServer) バージョンと Windows (WindowsAgent.SqlServer) バージョンの両方が、同じイメージ タグでリリースされています。
  • SQL Server 2022 RC0 には、セットアップの間に SQL Server 用 Azure 拡張機能をインストールするオプションが含まれています。
  • 拡張機能では、Linux プラットフォーム上の HTTP プロキシ サーバーがサポートされるようになりました。

Azure Active Directory 認証

  • SQL Server 用 Azure 拡張機能は、mssql-conf を使用した Active Directory 認証の構成をサポートするように強化されました。 詳しくは、「SQL Server 2022 の Azure Active Directory 認証」をご覧ください。

2021 年 7 月

このリリースは 2022 年 7 月 26 日に公開されています

拡張機能のバージョン

v1.0.2019.2

SQL Server 用 Azure 拡張機能

  • Linux オペレーティング システムでの SQL Server 用 Azure 拡張機能のプレビューのサポート

Azure Active Directory 認証

  • SQL Server 用 Azure 拡張機能を介した SQL Server 2022 で有効な Azure Active Directory 認証の構成、Linux オペレーティング システム上で動作する SQL Server 2022 (16.x) のみ

2021 年 7 月 30 日

一般提供向けの Azure Arc 対応 SQL Server リリースのサポート

重大な変更

このリリースでは、SQL Server 構成の変更を継続的に監視し、対応する Arc 対応 SQL Server リソースを自動的に更新する SQL Server 拡張機能が導入されています。 この拡張機能は、SQL Server インスタンスの登録プロセスの一部としてインストールされます。 既存の Arc 対応 SQL Server リリースをエージェントベースの構成にアップグレードするには、「SQL Server を Azure Arc に接続する」で説明されているいずれかの方法を使います。

重要

SQL Server 拡張機能のプレビュー期間中のバージョンをインストールした場合は、バージョンが 1.1.1668.43 以降に更新されていることを確認してください。 拡張機能は、接続されている特定のサーバー リソースの [拡張機能] ペインを使用して更新できます。

SQL Server 拡張機能を導入するには、SQL Server インスタンスを Azure Arc に接続するために、ユーザー アカウントがより多くのアクセス許可を持っている必要があります。詳細については、「必要なアクセス許可」を参照してください。

Note

このリリースでは、SQL Server 拡張機能は Windows でのみ使用できます。 Linux バージョンの拡張機能は、別途発表される予定です。

その他の変更点

このリリースには、"SQL Server を実行している Arc 対応マシンに SQL Server 拡張機能をインストールするように構成する" という新しい Azure ポリシーが含まれています。 これにより、ホスティング サーバーが Azure Arc に接続された後、すべての SQL Server インスタンスを自動登録することができます。このポリシーの使用の詳細については、Azure からの大規模な登録に関するページを参照してください。

2021 年 4 月

互換性に影響する変更点

破壊的変更はありません

その他の変更点

新しいプロパティ LicenseTypeSQL Server - Azure Arc リソースの種類に追加されました。 これは、SQL Server インスタンスにライセンスが必要かどうかを示します。 プロパティには、次のいずれかの値を設定できます。

Value 説明
有料 インスタンスで SQL Server の Enterprise、Standard、または Web エディションが使用されていることを示します
Free インスタンスで SQL Server の Express または Developer エディションが使用されていることを示します
HADR インスタンスが可用性グループ内のレプリカであることを示します。 ソフトウェア アシュアランスの対象になっている場合は、ライセンスを必要としない可能性があります。 詳細については、SQL Server 商用ライセンスの利用条件を参照してください。

Note

既存の SQL Server - Azure Arc リソースの場合、このプロパティには Null 値が表示されます。 Azure Arc 対応 SQL Server が一般公開された後、適切な値で自動的に更新されます。

2020 年 12 月

互換性に影響する変更点

このリリースでは、Microsoft.AzureArcData という名称の更新されたリソース プロバイダーが導入されました。 Azure Arc 対応 SQL Server を引き続き利用するには、このリソース プロバイダーを先に登録する必要があります。 リソース プロバイダーの登録手順については、「前提条件」セクションを参照してください。

既存の SQL Server - Azure Arc リソースがある場合、次の手順を使用して Microsoft.AzureArcData 名前空間に移行します。

  1. Cloud Shell を起動します。 詳細については、Cloud Shell の PowerShell に関するページを参照してください。

  2. 次のコマンドを使用してスクリプトをシェルにアップロードします。

    curl https://raw.githubusercontent.com/microsoft/sql-server-samples/master/samples/manage/azure-arc-enabled-sql-server/migrate-to-azure-arc-data.ps1 -o migrate-to-azure-arc-data.ps1
    
  3. スクリプトを実行します。

    ./migrate-to-azure-arc-data.ps1
    

注意

  • シェルにコマンドを貼り付けるには、Windows の場合は Ctrl-Shift-V を、MacOS の場合は Cmd-v を使用します。
  • curl コマンドを使用すると、スクリプトが Cloud Shell セッションに関連付けられているホーム フォルダーに直接コピーされます。
  • 移行が完了すると、スクリプトによってリソース グループ名の入力が求められ、メッセージが出力されます。

その他の変更点

  • SQL Server - Azure Arc リソースの種類の TCPPorts プロパティは、TCPStaticPorts に名前が変更されました。
  • 必要なアクセス許可は、以前ほど広範囲ではありません。 詳しくは、「必要なアクセス許可」セクションをご覧ください。

既知の問題

  • SQL Server - Azure Arc リソースなど、AzureArcData 名前空間内の新しく作成されたリソースには、CreateTime プロパティは追加されません。

2020 年 10 月

10 月の更新プログラムには、次の強化機能が含まれています。

  • [Azure Arc 対応 SQL Server の登録] ペインに、[タグ] タブが含まれるようになりました。このタグは登録スクリプトに含められ、SQL Server - Azure Arc リソースに反映されます。 詳細については、「SQL Server を Azure Arc に接続する」を参照してください。

  • [Environment Health] (環境の正常性) からの入力で、CustomScriptExtension を展開して、ポータルから SQL Assessment をアクティブ化できるようになりました。 詳細については、SQL Assessment の構成に関するページを参照してください。

既知の問題

10 月リリースには次の問題があります。

  • SQL Server インスタンスを Azure Arc に接続するには、広範な一連の権限があるアカウントが必要です。 詳細については、「必要なアクセス許可」を参照してください。

2020 年 9 月

Azure Arc 対応 SQL Server は、パブリック プレビューとしてリリースされています。 Azure Arc 対応 SQL Server は、Azure 外のお客様のデータセンター、エッジ、またはマルチクラウド環境にホストされている SQL Server インスタンスに Azure サービスを拡張します。

詳細については、Azure Arc 対応 SQL Server の概要に関するページを参照してください。

既知の問題

9 月リリースには次の問題があります。

  • [Azure Arc 対応 SQL Server の登録] ペインで、カスタム タグの構成がサポートされていません。 カスタム タグを追加するには、登録後に [SQL Server - Azure Arc] (SQL Server - Azure Arc) リソースを開き、 [概要] ページでタグを変更します。

  • SQL Server インスタンスを Azure Arc に接続するには、広範な一連の権限があるアカウントが必要です。 詳細については、「必要なアクセス許可」を参照してください。

次のステップ

試してみたい場合 Azure Arc 対応 SQL Server のジャンプスタートを使用すると、すばやく開始できます。