Sysinternals アイコン
Sysinternals

Sysinternals Web サイトは、高度なシステム ユーティリティと技術情報をホストするために 1996 Mark Russinovich 年に作成されました。 IT 担当者でも開発者でも、Windows システムとアプリケーションの管理、トラブルシューティング、診断に役立つ Sysinternals ユーティリティがあります。


Sysinternals Live

Sysinternals Live は、Web から Sysinternals ツールを直接実行できるサービスです。これを検索したり、手動でダウンロードしたりすることはありません。 Windows エクスプローラーにツールの Sysinternals Live パスを入力するか、コマンド プロンプトに live.sysinternals.com/< toolname> または \\live.sysinternals.com\tools\<toolname を入力するだけです>。

Sysinternals Live tools ディレクトリ全体は、 のブラウザー https://live.sysinternals.com/で表示できます。

新着情報 RSS アイコン

新機能 (2022 年 12 月 12 日)

  • ProcDump 1.4 for Linux
    ProcDump for Linux に対するこの更新により、.NET プロセスで指定された例外が発生したときにダンプを生成する機能が追加されます。

新機能 (2022 年 11 月 3 日)

  • ProcDump v11.0
    この更新により、実行中のプロセスからメモリ ダンプを生成するためのコマンド ライン ユーティリティである ProcDump が追加され、ModuleLoad/Unload トリガーと Thread Create/Exit トリガーが追加され、Internet Explorer JavaScript のサポートが削除され、説明的なテキスト メッセージが改善されます。

  • ProcDump 1.3 for Linux
    ProcDump for Linux に対するこの更新により、Windows 用 ProcDump に一致するように CLI インターフェイスが変更され、同じプロセス グループで実行されているすべてのプロセスを監視できるように、新しいプロセス グループ トリガー (-pgid) が追加されます。

新機能 (2022 年 10 月 26 日)

  • プロセス エクスプローラー v17.0
    プロセス エクスプローラー(高度なプロセス、DLL およびハンドル表示ユーティリティ)の更新により、ダーク テーマのサポート、新しいスレッド ウィンドウを含むマルチペイン ビュー、スタートアップ パフォーマンスの最適化などがメイン ウィンドウに追加されます。

  • v5.0 を処理する
    この更新により、システム内の任意のプロセスの開いているハンドルに関する情報を表示するツールである Handle が新しい -v スイッチで CSV 出力を追加し、許可されたアクセス マスクを で -g印刷するオプションがあります。

新機能 (2022 年 10 月 12 日)

  • ZoomIt v6.1
    画面倍率と注釈ツールである ZoomIt に対するこの更新により、右揃えのテキスト入力、画面記録の解像度をスケーリングするオプション、使いやすさの修正が追加されます。

新機能 (2022 年 9 月 29 日)

  • Sysmon v14.1
    この更新プログラムは、高度なホスト監視ツールである Sysmon に新しいイベントの種類 FileBlockShredding を追加し、Sysinternals SDelete などのワイプ ツールによるファイルの破損と削除を防ぎます。

  • Coreinfo v3.6
    システム CPU、メモリ、キャッシュ トポロジと情報を報告するユーティリティである Coreinfo に対するこの更新プログラムには、CPU 間待機時間をナノ秒単位で測定するためのオプション (-d) が追加されました。

新機能 (2022 年 8 月 16 日)

  • Sysmon v14.0
    高度なホスト監視ツールである Sysmon に対するこのメジャー更新により、プロセスが指定した場所に実行可能ファイルを作成できないようにする新しいイベントの種類 FileBlockExecutable が追加されます。 また、いくつかのパフォーマンスの向上とバグ修正も含まれています。

新機能 (2022 年 7 月 19 日)

  • ZoomIt v6.0
    画面の拡大と注釈ツールである ZoomIt のこのメジャーな更新により、デモ記録を容易にするための組み込みの画面記録が追加され、Unicode 入力がサポートされるようになりました。