次の方法で共有


Windows のメモリ ダンプ ファイル オプションの概要

この記事では、Windows のメモリ ダンプ ファイル オプションについて説明します。

適用対象: Windows 7、Windows Server 1、Windows Server 2012 R2
元の KB 番号: 254649

概要

デバッグ情報を書き込むには、次のオペレーティング システムを構成できます。

  • Windows 7
  • Windows Server 2012 R2

デバッグ情報は、停止エラー (ブルー スクリーン、システム クラッシュ、バグ チェックとも呼ばれます) が原因でコンピューターが予期せず停止したときに、さまざまなファイル形式 (メモリ ダンプ ファイルとも呼ばれます) に書き込むことができます。 デバッグ情報をメモリ ダンプ ファイルに書き込まないよう Windows を構成することもできます。

Windows では、次のいずれかの種類のメモリ ダンプ ファイルを生成できます。

  • メモリ ダンプの完了
  • カーネル メモリ ダンプ
  • 小さなメモリ ダンプ (64 KB)
  • 自動メモリ ダンプ

メモリ ダンプの完了

完全なメモリ ダンプは、コンピューターが予期せず停止したときにシステム メモリのすべての内容を記録します。 完全なメモリ ダンプには、メモリ ダンプが収集されたときに実行されていたプロセスからのデータが含まれている場合があります。

[メモリ ダンプの完了] オプションを選択した場合は、すべての物理 RAM と 1 メガバイト (MB) を保持するのに十分なページング ファイルがブート ボリューム上に存在する必要があります。

次の条件が当てはまる場合、前のファイルが上書きされます。

  • 2 つ目の問題が発生します。
  • 別の完全なメモリ ダンプ (またはカーネル メモリ ダンプ) ファイルが作成されます。

注:

  • Windows 7 では、ページング ファイルは、オペレーティング システムがインストールされているパーティションとは異なるパーティション上に置くことができます。
  • Windows 7 では、DedicatedDumpFile レジストリ エントリを使用してページング ファイルを別のパーティションに配置する必要はありません。
  • [メモリ ダンプの完了] オプションは、32 ビット オペレーティング システムを実行していて、2 GB (GB) 以上の RAM を持つコンピューターでは使用できません。 詳細については、「 システムが予期せず停止した場合の動作を指定する」を参照してください。

カーネル メモリ ダンプ

カーネル メモリ ダンプでは、カーネル メモリのみが記録されます。 お使いのコンピューターが予期せず停止したときに、ログに情報を記録するプロセスを高速化します。 カーネル メモリに対応できる十分な大きさのページ ファイルが必要です。 32 ビット システムの場合、カーネル メモリは通常、150 MB から 2 GB の間です。

このダンプ ファイルには、未割り当てメモリや、ユーザー モード プログラムに割り当てられているメモリは含まれません。 内容は以下のとおりです。

  • Windows 2000 以降のカーネルおよびハードウェア抽象化レイヤー (HAL) に割り当てられているメモリ。
  • カーネル モード ドライバーとその他のカーネル モード プログラムに割り当てられているメモリ。

ほとんどの場合、このダンプ ファイルが最も便利です。 これは、完全なメモリ ダンプ ファイルよりも小さいです。 ただし、問題に関与した可能性が低いメモリの部分のみを省略します。

次の条件が当てはまる場合、[既存のファイルを 上書き する] 設定がオンになっていると、前のファイルが上書きされます。

  • 2 つ目の問題が発生します。
  • 別のカーネル メモリ ダンプ ファイル (または完全なメモリ ダンプ ファイル) が作成されます。

小さなメモリ ダンプ

メモリ ダンプが小さいと、コンピューターが予期せず停止した理由を特定するのに役立つ可能性がある、最小の有用な情報セットが記録されます。 このオプションでは、ブート ボリュームに少なくとも 2 MB のページング ファイルが必要であり、コンピューターが予期せず停止するたびに、Windows 2000 以降で新しいファイルを作成するように指定します。 これらのファイルの履歴はフォルダーに格納されます。

このダンプ ファイルの種類には、次の情報が含まれます。

  • Stop メッセージとそのパラメーターとその他のデータ
  • 読み込まれたドライバーの一覧
  • 停止したプロセッサーのプロセッサー・コンテキスト (PRCB)
  • 停止したプロセスのプロセス情報とカーネル コンテキスト (EPROCESS)
  • 停止したスレッドのプロセス情報とカーネル コンテキスト (ETHREAD)
  • 停止したスレッドのカーネル モード呼び出し履歴

この種類のダンプ ファイルは、領域が限られている場合に便利です。 ただし、含まれる情報が限られているため、問題の時点で実行されていたスレッドによって直接発生しなかったエラーは、このファイルの分析によって検出されない可能性があります。

次の条件が当てはまる場合、前のファイルは保持されます。

  • 2 つ目の問題が発生します。
  • 2 つ目の小さなメモリ ダンプ ファイルが作成されます。

追加の各ファイルには、個別の名前が付けられます。 日付はファイル名でエンコードされます。 たとえば、Mini022900-01.dmp は、2000 年 2 月 29 日に生成された最初のメモリ ダンプです。 すべての小さなメモリ ダンプ ファイルの一覧はフォルダーに %SystemRoot%\Minidump 保持されます。

ダンプの種類を構成する

起動と回復のオプション (ダンプの種類を含む) を構成するには、次の手順に従います。

注:

Windows にはいくつかのバージョンがあるため、以下の手順はお使いのコンピューターによって異なる場合があります。 この場合、製品のマニュアルを参照のうえ、手順を実行するようにしてください。

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [ パフォーマンスとメンテナンス] をクリックし、[ システム] をクリックします。
  3. [詳細設定] タブで、[スタートアップと回復] の下の [設定] をクリックします。

注:

変更を有効にするには、Windows を再起動する必要があります。

さまざまなダンプの種類のツール

I386kd.exe などの標準のシンボリック デバッガーを使用して、完全なメモリ ダンプとカーネル メモリ ダンプを読み込むことができます。 I386kd.exe は、Windows 2000 サポート CD-ROM に含まれています。

Dumpchk.exe を使用して、小さなメモリ ダンプを読み込みます。 Dumpchk.exe を使用して、メモリ ダンプ ファイルが正しく作成されていることを確認することもできます。

ボリューム定義

  • ブート ボリューム: Windows オペレーティング システムとそのサポート ファイルを含むボリューム。 ブート ボリュームはシステム ボリュームと同じにすることができますが、そうである必要はありません。

  • システム ボリューム: Windows を読み込む必要があるハードウェア固有のファイルを含むボリューム。 システム ボリュームは、ブート ボリュームと同じにすることができますが、そうである必要はありません。 Boot.ini、、 Ntdetect.com、Ntbootdd.sys ファイルは、システム ボリューム上にあるファイルの例です。

起動と回復のレジストリ値

では、次のレジストリ値が使用されます HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\CrashControl

  • CrashDumpEnabled REG_DWORD 0x0 = None
  • CrashDumpEnabled REG_DWORD 0x1 = メモリ ダンプの完了
  • CrashDumpEnabled REG_DWORD 0x2 = カーネル メモリ ダンプ
  • CrashDumpEnabled REG_DWORD 0x3 = 小さなメモリ ダンプ (64 KB)
  • CrashDumpEnabled REG_DWORD 0x7 = 自動メモリ ダンプ

CrashControl の追加のレジストリ値:

  • 0x0 = 無効

  • 0x1 = 有効

  • AutoReboot REG_DWORD 0x1

  • DumpFile REG_EXPAND_SZ %SystemRoot%\Memory.dmp

  • LogEvent REG_DWORD 0x1

  • MinidumpDir REG_EXPAND_SZ %SystemRoot%\Minidump

  • REG_DWORD 0x1を上書きする

  • SendAlert REG_DWORD 0x1

注:

変更を有効にするには、Windows を再起動する必要があります。

ダンプ ファイルを作成できることを確認するテスト

テスト目的でダンプ ファイルを生成するようにコンピューターを構成する方法の詳細については、「 Windows 機能を使用すると、キーボードを使用してメモリ ダンプ ファイルを生成できる」を参照してください。

既定のダンプの種類のオプション

  • Windows 7 (すべてのエディション): カーネル メモリ ダンプ
  • Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション): 自動memory.dmp

ページング ファイルの最大サイズ

ページング ファイルの最大サイズは次のように制限されます。

極限 x86 x64 IA-64
ページング ファイルの最大サイズ 4 ギガバイト (PAE 以外)
16 テラバイト (PAE)
16 テラバイト 32 テラバイト
ページング ファイルの最大数 16 16 16
ページング ファイルの合計サイズ 64 ギガバイト (PAE 以外)
256 テラバイト (PAE)
256 テラバイト 512 テラバイト

x64 ベースのバージョンの Windows のテクニカル サポート

ハードウェアの製造元は、x64 ベースのバージョンの Windows のテクニカル サポートとサポートを提供します。 ハードウェアの製造元は、x64 ベースのバージョンの Windows がハードウェアに含まれていたため、サポートを提供します。 ハードウェアの製造元が、一意のコンポーネントを使用して Windows のインストールをカスタマイズしている可能性があります。 独自のコンポーネントとして特定のデバイス ドライバーが組み込まれていることや、ハードウェアのパフォーマンスを最大限に発揮させるためのオプション設定が組み込まれていることがあります。 x64 ベースのバージョンの Windows に関する技術的なヘルプが必要な場合は、Microsoft が合理的な労力のサポートを提供します。 しかし、製造元がハードウェアにインストールして提供するソフトウェアについては製造元によるサポートが最適であるため、 ハードウェアの製造元に直接お問い合わせいただくことが必要な場合があります。