Microsoft Viva ラーニングのコンテンツ ソースとして SharePoint を追加する

SharePoint を学習コンテンツ ソースとして構成して、組織のコンテンツをViva ラーニングで利用できるようにすることができます。

注:

Viva ラーニングを通じてアクセスできるコンテンツには、Microsoft 製品使用条件以外の条件が適用されます。 SharePoint でホストされるコンテンツなど、Viva ラーニングに追加するすべてのコンテンツには、そのコンテンツに関連付けられているプライバシーとサービス条件が適用されます。

概要

ナレッジ管理者 (またはグローバル管理者) は、 Learning Service が構造化された SharePoint リストの形式で空の一元化された場所を作成できるサイト URL を提供します。 この一覧は、学習アプリ コンテンツ リポジトリと呼ばれます。 組織では、この一覧を使用して、学習コンテンツを含む会社間の SharePoint フォルダーへのリンクを格納できます。 管理者は、フォルダーの URL の一覧を収集およびキュレーションする責任を負います。 これらのフォルダーには、Viva ラーニングで使用できるコンテンツのみを含める必要があります。

上の段落で説明したように、フォルダーから SharePoint リストにコンテンツをViva ラーニングするプロセスを示す図。

Viva ラーニングでは、次のドキュメントの種類がサポートされています。

詳細については、「 SharePoint の制限」を参照してください。

注:

モダンまたはクラシック SharePoint サイトを使用できます。 既存のサイトを使用するか、組織のニーズに基づいて新しい SharePoint サイトを作成するかを選択できます。

Learning Service

Learning Service では、指定されたフォルダー URL を使用して、これらのフォルダーに格納されているすべてのコンテンツからメタデータを取得します。 一元化されたリポジトリにフォルダー URL を指定してから 24 時間以内に、従業員はViva ラーニング内で組織のコンテンツを検索して使用できます。 更新されたメタデータやアクセス許可を含むコンテンツに対するすべての変更は、24 時間以内に Learning Service にも適用されます。

SharePoint をソースとして構成する

注:

これらのタスクを実行するには、Microsoft 365 グローバル管理者またはナレッジ管理者である必要があります。

注:

[管理者] タブは、Viva Suite または Viva ラーニング ライセンスを持つ管理者のみが使用できます。

Viva ラーニングの学習コンテンツ ソースとして SharePoint を構成するには、次の手順に従います。

  1. Microsoft 365 管理センターの左側のナビゲーションで、[設定] [組織の設定]> に移動します。

  2. [組織の設定] ページの [サービス] タブで、[Viva ラーニング] を選択します。

    Viva ラーニングが一覧表示されているMicrosoft 365 管理センターの [設定] ページ。

  3. [Viva ラーニング] パネルの [SharePoint] で、一元化されたリポジトリを作成Viva ラーニング SharePoint サイトのサイト URL を指定します。 SharePoint サイトが新しい場合は、サイトの作成後 1 時間待ってここに追加する必要があります。 また、SharePoint サイトの所有者である必要もあります。

    SharePoint が選択されていることを示すMicrosoft 365 管理センターの [学習] パネル。

    組織で Microsoft 365 Multi-geo を使用している場合は、 Microsoft 365 Multi-geo の可用性に関するページで地域または国を確認できます。 Viva ラーニング パネルにもこの情報が表示されます。

    SharePoint URL が中央の場所にある必要があることを示すメッセージを示す、Microsoft 365 管理センターの学習パネル。

  4. SharePoint リストは、指定された SharePoint サイト内に自動的に作成されます。

    SharePoint サイトの左側のナビゲーションで、[サイト コンテンツ][アプリ コンテンツ> リポジトリの学習] を選択します。

    [サイト コンテンツ] ナビゲーションと [Learning App Content Repository] セクションを示す SharePoint リスト。

  5. [ Learning App Content Repository ] ページで、SharePoint リストにラーニング コンテンツ フォルダーへの URL を設定します。

    1. [ 新規] を選択して、[ 新しい項目 ] パネルを表示します。

      [新しい] オプションが表示されている SharePoint の [ラーニング コンテンツ リポジトリ] ページ。

    2. [ 新しい項目 ] パネルの [タイトル ] フィールドに、任意のディレクトリ名を追加します。 [ フォルダー URL ] フィールドで、学習コンテンツ フォルダーに URL を追加します。 [保存] を選択します。 フォルダー URL を作成する方法について説明します

      [タイトル] フィールドと [フォルダー URL] フィールドが表示されている SharePoint の新しい項目パネル。

    3. [Learning App Content Repository]\(学習アプリ コンテンツ リポジトリ\) ページが、新しい学習コンテンツで更新されます。

      SharePoint の [Learning Content Repository]\(ラーニング コンテンツ リポジトリ\) ページに更新された情報が表示されます。

    4. 組織で Microsoft 365 Multi-geo を使用していて、中央の場所に属していないフォルダーへのリンクを追加しようとすると、エラー メッセージが表示されます。 すべてのフォルダーが中央の場所に属している必要があります。 コンテンツに問題が発生した場合は、 エクスポート ログ ファイル を参照して、コンテンツインジェストの成功と失敗の詳細な概要を確認してください。

    5. [新しいアイテム] パネルで、アップロードされたすべてのフォルダーが中央の場所にある必要があるというエラー メッセージ。

    e. コンテンツに問題が発生した場合は、エクスポート ログ ファイルを参照して、コンテンツインジェストの成功と失敗の詳細な概要を確認してください。

注:

Learning App Content Repository へのより広範なアクセスを許可するために、ユーザーがアクセスを要求し、最終的にリストの設定に役立つViva ラーニング インターフェイスで、リストへのリンクが間もなく利用可能になります。 サイト所有者とグローバル管理者は、リストへのアクセス権を付与する必要があります。 アクセスはリストのみに固有であり、リストが保存されているサイトには適用されません。 詳細については、この記事の後半の「 独自の組織のコンテンツを提供 する」を参照してください。

注:

Viva ラーニングは、最大 1,000 個の項目とファイルを学習オブジェクトとして取り込みます。

フォルダー URL ドキュメント ライブラリのキュレーション

組織の学習コンテンツを格納するフォルダーを作成します。

  1. ドキュメント ライブラリに移動し、[ + 新規 ] を選択し、[フォルダー] を選択 します

    カーソルが [新規] と [フォルダー] を選択している空のドキュメント ライブラリのスクリーンショット。

  2. フォルダー名を入力します。

    [トレーニング資料] という名前が入力された [フォルダーの作成] ウィンドウのスクリーンショット。

  3. [作成] を選択します。 これで、フォルダーがドキュメント ライブラリに表示されます。

    ドキュメント ライブラリの Training Materials というフォルダーのスクリーンショット。

  4. このフォルダーに学習コンテンツとして発行するファイルをアップロードします。 学習オブジェクトを含むフォルダーと、一意のアクセス許可を持つフォルダー内のすべてのアイテムに M365 アクセス許可を適用します。 コンテンツの学習にアクセス許可を使用する方法について説明します。 ​

  5. フォルダーの URL を取得するには、このフォルダーを選択し、[ リンクのコピー] を選択します。

    [コピーされたリンク] ポップアップのスクリーンショット。

重要

ユーザーに適切なアクセス許可を付与した場合にのみ、Viva ラーニング内のコンテンツを表示できます。 SharePoint コンテンツのアクセス許可を構成します。

リンクされたオブジェクトを追加する

SharePoint の内部コンテンツと、Viva ラーニングにプルスルーする YouTube や Vimeo などのサイトからの外部コンテンツの両方にリンクを追加できます。

  1. フォルダーで [ 新規 ] を選択し、[ リンク] を選択します。

    [新規] と [リンク] が選択されているドキュメント ライブラリのスクリーンショット。

  2. URL を追加し、名前を選択します。

    URL と名前が入力された新しいリンク ウィンドウのスクリーンショット。

  3. [作成] を選択します。

  4. 選択した名前のリンクがドキュメント ライブラリに表示されます。

    Azure.url という新しいファイルを含むドキュメント ライブラリのスクリーンショット。

  5. リンクされたオブジェクトは、Viva ラーニング アプリに表示されます。

ユーザーがViva ラーニングからコンテンツにアクセスすると、ブラウザーのコンテンツの URL に移動します。 組織内のユーザーは、アクセス許可がある場合はコースを検出できますが、Viva Suite または Viva ラーニング ライセンスを持っている場合にのみコースを使用できます。

Metadata

既定のメタデータ (変更日、ドキュメント名、コンテンツ タイプ、組織名など) は、Microsoft Graph APIによって自動的にViva ラーニングにプルされます。

コンテンツの全体的な検出と検索の関連性を向上させるには、説明、サムネイル URL、コンテンツ期間、コンテンツ作成者、タグの列を追加することをお勧めします。 説明列が既に存在する場合は、次の手順に従って削除し、新しい列を追加できます。

メタデータ フィールドを追加するには、最初に次の手順に従います。

重要

メタデータをプルするには、ここで指定されているとおりに列名を使用する必要があります。

  1. 学習コンテンツ リポジトリからフォルダーを選択します。
  2. [ ドキュメント ] ページで、[ 列の追加] を選択します。 [追加] 列が選択されている [ドキュメント] ページのスクリーンショット。

ドキュメント ライブラリ ページに説明列を追加するには、次の手順に従います。

  1. 最初の手順に従って列を作成します。
  2. [ 複数行のテキスト] を選択します。
  3. 列に ContentDescription という名前を付けます。
  4. 各項目のカスタム説明を追加します。 説明が指定されていない場合、Viva ラーニングは、独自の SharePoint ライブラリからのコンテンツを強調表示する既定のメッセージを提供します。

次に、サムネイル画像を指定します。

  1. 最初の手順に従って列を作成します。
  2. [ ハイパーリンク] を選択します。
  3. 列に ThumbnailWebURL という名前を付けます。
  4. 各項目の URL を追加します。

次に、コンテンツの期間を追加します。

  1. 最初の手順に従って列を作成します。
  2. [ 数値] を選択します。
  3. [期間] 列に名前を付けます。
  4. コンテンツの期間を秒単位で指定します。

次に、タグを追加します。

  1. 最初の手順に従って列を作成します。
  2. [ マネージド メタデータ] を選択します。
  3. 列に SkillTags という名前を付けます。
  4. [ その他のオプション] を選択します
  5. 複数の値を許可するように切り替えます。
    複数の値を許可するトグルのスクリーンショット
  6. 定義済みの用語セットまたはカスタマイズされた用語セットを使用することを選択できます。

マネージド メタデータ列を作成する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

最後に、作成者を追加します。

  1. 最初の手順に従って列を作成します。
  2. [ 複数行のテキスト] を選択します。
  3. 列に ContentAuthor という名前を付けます。
  4. コンテンツの作成者または作成者を追加します。

独自の組織のコンテンツを提供する

ナレッジ管理者は、SharePoint の組織の Learning App Content Repository にアクセスできます。ここで、組織間ドキュメント ライブラリへの参照を提供できます。 これらのライブラリ内のコンテンツは、Viva ラーニングの学習コンテンツとして表示されます。

  1. Viva ラーニングで省略記号 (...) を選択し、[設定] を選択します

    [その他のオプションと設定] オプションが表示されている SharePoint ライブラリ ページ。

  2. [ 設定] で、[ アクセス許可] を選択します。

    SharePoint の [設定] オプション ページに、[アクセス許可] オプションと [アクセスの確認] オプションが表示されます。

  3. [ アクセスの確認] を選択 して、組織の一元化されたライブラリに接続します。

コンテンツを削除する

  1. Learning App コンテンツ リポジトリから削除するコンテンツを選択します。
  2. コマンド バーで [削除 ] を選択するか、省略記号を選択して [削除] を選択 します

注:

Learning App Content Repository から削除したコンテンツは、Viva ラーニングから削除されるまでに約 24 時間かかります。

Multi-Geo

Microsoft 365 Multi-geo を使用している場合、ナレッジ管理者 (ラーニング アプリ コンテンツ リポジトリが配置される場所) によって提供されるサイト URL は、Microsoft 365 サブスクリプションが最初にプロビジョニングされた中央の場所に属している必要があります。 リポジトリ内の にリンクされているフォルダーも、中央の場所に属している必要があります。 Viva ラーニングでは、データ所在地の要件に準拠するために、この制限が追加されました。 コンテンツに問題が発生した場合は、 エクスポート ログ ファイル を参照して、コンテンツインジェストの成功と失敗の詳細な概要を確認してください。

Microsoft 365 Multi-geo は、データ所在地の要件を満たすように設計されています。 詳細については、「 SharePoint Online の複数地域機能」を参照してください。

次の手順

Viva ラーニングの学習管理システムを追加するか、Microsoft Viva ラーニングの他のコンテンツ プロバイダーを追加します