Share via


Windows Performance Toolkit

Windows アセスメント & デプロイメント キットに含まれている Windows Performance Toolkit は、Windows オペレーティング システムやアプリケーションの詳しいパフォーマンス プロファイルを生成するための一連のパフォーマンス監視ツールです。 このドキュメントでは、Windows Performance Recorder (WPR) と Windows Performance Analyzer (WPA) の両方について説明します。

Windows Performance Toolkit コンポーネント

Windows Performance Toolkit は、次の 2 つの独立したツールで構成されています:Windows Performance Recorder (WPR) および Windows Performance Analyzer (WPA) です。 また、以前のコマンドライン ツールである Xperf も引き続きサポートされています。 ただし、Xperfview はサポートされなくなりました。 すべての記録は WPA を使用して開いて分析する必要があります。

Windows Performance Toolkit を実行するためのシステム要件を次に示します。

  • Windows Performance Recorder (WPR):Windows 8 以降。

  • Windows Performance Analyzer (WPA):Microsoft .NET Framework 4.5 以降がインストールされた Windows 8 以降。

Windows パフォーマンス レコーダー

WPR は、Windows イベント トレーシング (ETW) の記録を作成する強力な記録ツールです。 WPR は、ユーザー インターフェイス (UI) からでも、コマンド ラインからでも実行できます。 WPR には、記録対象のイベントの選択に使用できる組み込みのプロファイルが用意されています。 また、XML でカスタム プロファイルを作成することもできます。 WPRControl アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) を使用して WPR の起動と制御を行うこともできます。 WPRControl API の詳細については、「WPRControl API リファレンス」を参照してください。

基本的な手順のクイック スタートについては、「WPR の使い方に関するトピック」を参照してください。 WPR UI の完全なドキュメントについては、「WPR の機能」を参照してください。 コマンドライン オプションのリファレンスについては、「WPR のコマンドライン オプション」を参照してください。 主要なシナリオの説明については、「WPR のシナリオ」を参照してください。 記録プロファイル XML リファレンスとレガシ Xperf リファレンスを含む、完全な参考資料については、「WPR のテクニカル リファレンス」を参照してください。

Windows Performance Analyzer

WPA は強力な分析ツールであり、非常に柔軟な UI が、幅広いグラフ機能や、ピボット操作が可能で全文検索機能を備えたデータ テーブルと組み合わされています。 WPA には、特定された問題の根本原因を調査するための [問題] ウィンドウが用意されています。

基本的な手順と詳細なチュートリアルについては、「WPA のクイック スタート ガイド」を参照してください。 WPR UI の完全なドキュメントについては、「WPA の機能」を参照してください。 主要なシナリオの詳細な説明については、「WPA のシナリオ」を参照してください。

内容

Section 説明
Windows Performance Toolkit の新機能 このリリースで利用可能な新機能について説明します。
Windows Performance Recorder WPR に関する完全なドキュメントを提供します。 MSDN では、これにコマンドラインと拡張マークアップ言語 (XML) の完全なリファレンスが含まれています。
Xperf のコマンド ライン リファレンス Xperf に関する完全な参考資料が利用できます。
カーネル トレース コントロール API リファレンス 既存のスクリプトとプロファイルとの下位互換性用にサポートされている ETA イベント トレーシング API の拡張機能であるカーネル トレース コントロール API を対象としています。
Windows Performance Analyzer WPR または Assessment Platform から作成された記録を分析できるようにするための WPA に関する完全なドキュメントを参照できます。
Windows Performance のステップ バイ ステップ ガイド 一般的なパフォーマンス シナリオに対処するラボを実行するための手順を説明します。