Share via


ウィジェットの概要

Windows ウィジェットは、デバイスにインストールされているアプリに関連付けられたテキストとグラフィックスを表示する小さな UI コンテナーです。 インストールされたウィジェットは、ユーザーがタスク バーのウィジェット アイコンをクリックするか、Windows + W ショートカットを使用するか、画面の左端からスワイプしたときに Windows デスクトップをオーバーレイするポップアップ プレーンであるウィジェット ボードのグリッドに表示されます。 ウィジェットは、ユーザーが使用するアプリからパーソナライズされたコンテンツとクイック アクションを集計することで、ユーザーにとって重要な事項を把握するのに役立ちます。 これらはすぐに使用でき、実用的です。 ウィジェットは、アプリや Web サイトを置き換えることを目的とするのではなく、最も必要な情報や、ユーザーがすぐに読み取り/トリガーできる頻繁に使用される機能へのスムーズなアクセスを提供します。 ウィジェットを設計するときは、コンシューマーにもたらされる価値の種類を検討してください。 

Screenshot of the Widgets Board. The board is a rounded rectangle with the time displayed at the top, followed by a search bar. The rest of the board is a grid of rounded rectangles each representing a widget. The individual widgets show top news stories, current weather, current traffic, etc.

ウィジェットの用語

期間 定義
ウィジェット ホスト Windows ウィジェットを表示および管理するアプリケーション。 現在のリリースでは、ウィジェット ホストは、Windows 11に組み込まれているウィジェット ボードのみです。
ウィジェット ボード ウィジェット ボードはWindows 11 システム コンポーネントであり、ユーザーがタスク バーのウィジェット アイコンをクリックするか、Windows + W ショートカットを使用するか、画面の左端からスワイプしたときにデスクトップ上に表示されます。 ウィジェットボードはウィジェットを表示し、それらのボード上のレイアウトを管理します。
ウィジェット ウィジェットは、アプリから重要なコンテンツまたはアクションを提示するアダプティブ カードです。 これにより、ユーザーは、関連するアプリや Web サイトを起動することなく、必要な情報に即座にアクセスできます。 ウィジェットのコンテンツは、一目で認識できる最新の興味深いコンテンツをユーザーに提供するために、1 日を通して動的に更新されます。 ウィジェットには、ユーザーがより深いエンゲージメントのために関連アプリを起動できる基本的な対話型機能が用意されています。 ウィジェットは、アプリや Web サイトを置き換えることを目的としたものではありません。
ウィジェット プロバイダー ウィジェット プロバイダーは、ウィジェットに表示されるコンテンツを提供する Windows アプリです。 ウィジェット プロバイダーは、ウィジェットのコンテンツ、レイアウト、および対話型要素を所有しています。

ウィジェットの設計のガイダンス

ウィジェットの視覚的効果には、アダプティブ カード JSON 形式を使用して定義された視覚要素と対話式操作要素が含まれます。 アダプティブ カード デザイナーには、アダプティブ カードを設計するためのリアルタイム エディターと、サポートされているウィジェットのサイズとテーマのテンプレートが用意されています。 ウィジェットの設計では、ウィジェット ボードがすべてのウィジェットに一貫した親しみやすい操作画面を提供できるように、Windows ウィジェットの設計原則に従うことが重要です。

ウィジェットの視覚要素の概要チュートリアルについては、「ウィジェットの状態と組み込みの UI コンポーネント」を参照してください。

ウィジェットの原則

優れた Windows ウィジェットを作成するには、ウィジェットを設計および開発するときに、次の原則を考慮してください。

一覧性

ユーザーは、ちらっと見るだけで、ウィジェットを最大限活用できます。 クリックする必要があるのは、詳細情報や高度な操作が必要な場合のみです。

信頼性

頻繁に使用される情報を即座に表示し、ユーザーがこれらの手順を繰り返す時間を節減します。 一貫してアプリを再度利用するように促進します。

有用性

最も有用で関連性の高い情報を上に表示します。

個人用

パーソナル設定されたコンテンツを提供し、顧客との感情的なつながりを構築します。 ウィジェットに広告は含めないでください。 顧客がウィジェットのコンテンツとレイアウトを制御しています。

フォーカスされている

各ウィジェットでは、通常、1 つの主要なタスクまたはシナリオに集中する必要があります。 ウィジェットは、アプリや Web サイトを置き換えることを目的としたものではありません。

鮮度

コンテンツは、入手可能なコンテキストに基づいて動的に更新する必要があります。 最新の状態であり、適切なタイミングで適切なコンテンツを提供します。

アプリのウィジェット操作画面の計画

  1. 顧客について理解している内容に基づいて、アプリや Web サイトを開かずにユーザーが即座にアクセスを希望する最も重要なコンテンツや最も有用なアクションを特定します。 「ウィジェットの原則」セクションに列挙されている原則を考慮し、アプリに適用する方法について検討します。
  2. アプリでは、複数の個別ウィジェットをサポートできます。 各ウィジェットが特定の目的に集中するように、サポートする個別のウィジェットの数を決定します。
  3. ウィジェットごとに含めるコンテンツを決定します。 1 つのウィジェットで小、中、大の 3 つの異なるサイズをサポートできます。 ウィジェットごとに、ユーザーとビジネス ニーズに最も価値をもたらすコンテンツについて検討します。 小さいサイズから大きいサイズまで、ウィジェットの目的は変わりませんが、大きいサイズの場合、表示される情報の量は増やす必要があります。 ウィジェット プロバイダーでは、ウィジェット レイアウトをカスタマイズするときにユーザーに柔軟性を与えるために、すべてのウィジェット サイズを実装することをお勧めします。
  4. ウィジェットでサポートされるユーザー操作について検討します。 ユーザーは、ウィジェットのタイトルまたはウィジェットで定義した任意のクリック ターゲットをクリックできます。 これらの操作により、アプリまたは Web サイトへのディープ リンク ショートカットをアクティブ化して、ユーザーが関心のある内容に直接移動できるため、アプリのルートから移動する必要はありません。 提供するさまざまなナビゲーション モデルを検討します。
  5. アプリは、表示されるウィジェット ボードにウィジェットのレイアウトとデータを送信するためのバックエンド機能を実装するウィジェット プロバイダーを実装する必要があります。 現在、パッケージ化された Win32 デスクトップ アプリまたはプログレッシブ Web アプリ (PWA) を使用してウィジェット プロバイダーを実装できます。 Win32 ウィジェット プロバイダーの作成の詳細については、「ウィジェット サービス プロバイダー」を参照してください。 PWA ウィジェット プロバイダーの詳細については、「PWA 駆動型のウィジェットを構築する」を参照してください。

このセクションの内容

ウィジェットの状態と UI

ウィジェット設計の基礎

ウィジェットの対話式操作の設計

アダプティブ カード デザイナーを使用してウィジェット テンプレートを作成する