Unreal でのプロジェクトのアップグレード

Unreal が新しいバージョンに更新されると、非推奨になった関数は、ブループリントをコンパイルするとき、またはプロジェクトをパッケージ化するときに、警告として表示されます。 関数は、代わりに使用する必要がある新しい関数が追加されると非推奨になります。

4.26 のアップグレード

4\.26 では、AR と VR のすべてのプラットフォームがリファクタリングされ、共通のインターフェイスが追加されて、アプリケーションのコードはプラットフォームに依存しなくなったため、通常より多くの警告が表示される可能性があります。 プロジェクトを他のプラットフォームにいっそう簡単に移植できるよう、新しい API に更新することをお勧めします。

非推奨になった関数と、代わりに使用する関数が、警告メッセージで示されます。 非推奨のすべての関数は、このリリースでは引き続き動作しますが、今後のリリースでは動作しない可能性があります。 また、非推奨の関数は、ブループリントで関数を検索したときの一覧にも表示されなくなります。

Blueprint of the Create Named ARPin function

4.25 で非推奨になったもの

非推奨になった関数 新しい関数
CreateNamedARPin Blueprint of the Pin Component function
LoadWMRAnchorStoreARPins Blueprint of the Load ARPins from Local Store function
LoadWMRAnchorSaveARPinToWMRAnchorStoreStoreARPins Blueprint of the Save ARPin to Local Store function
RemoveARPinFromWMRAnchorStore Blueprint of the Remove ARPin from Local Store function
SetEnabledMixedRealityCamera Blueprint of the Set Enabled XRCamera function
ResizeMixedRealityCamera Blueprint of the Resize XRCamera function
StartCameraCapture Blueprint of the Toggle ARCapture function for starting camera capture
StopCameraCapture Blueprint of the Toggle ARCapture function for stopping camera capture
StartQRCodeCapture Blueprint of the Toggle ARCapture function for starting QR code capture
StopQRCodeCapture Blueprint of the Toggle ARCapture function for stopping QR code capture
空間マッピングは、以前の 4.25 では自動的に開始されましたが、現在の 4.26 では切り替える必要があります。 Blueprint of the Toggle ARCapture function for enabling spatial mapping
ShowKeyboard キーボードはテキスト ウィジェットにフォーカスが設定されると自動的に表示されるため、4.26 では削除されました。
HideKeyboard キーボードはテキスト ウィジェットがフォーカスを失うと自動的に非表示になるため、4.26 では削除されました。
SupportsHandTracking Blueprint of the Supports Hand Tracking property
IsDisplayOpaque Blueprint of the IsDisplayOpaque property
GetHandJointTransform、GetPointerPoseInfo、GetControllerTrackingStatus Blueprint of the Get Motion Controller Data function
GetVersionString Blueprint of the Get Version String function
IsTrackingAvailable Blueprint of the IsTrackingAvailable property
IsButtonClicked、IsButtonDown、IsGrasped、IsSelectPressed Unreal の入力アクション システムを使用します。
SetFocusPointForFrame 4\.26 では削除されました。 以前はリモート処理のときの再投影に使用されていましたが、現在は深度の再投影がサポートされています。

4.26 の変更点

重要な変更点は、Windows Mixed Reality プラグインを起動する場合に、[Edit](編集) > [Project Settings](プロジェクトの設定) > [Project](プロジェクト) > [Description](説明) > [Settings](設定)[Start in VR](VR で開始) が必須であることです。 このパラメーターを指定しない場合、デバイスにホログラムは表示されません。