Windows ターミナルでの全般的なプロファイル設定

以下に示す設定は、それぞれ一意のプロファイルに固有のものです。 すべてのプロファイルに設定を適用したい場合は、settings.json ファイル内のプロファイル一覧の上にある、defaults セクションにそれを追加できます。

"defaults":
{
    // SETTINGS TO APPLY TO ALL PROFILES
},
"list":
[
    // PROFILE OBJECTS
]

名前

これは、ドロップダウン メニューに表示されるプロファイルの名前です。 この値は、起動時にシェルに渡す "タイトル" としても使用されます。 一部のシェル (bash など) では、この初期値を無視することができますが、他のシェル (Command PromptPowerShell) では、アプリケーションの有効期間中、この値を使用することができます。 この "タイトル" の動作は、tabTitle を使用してオーバーライドできます。

プロパティ名:name

必須かどうか: 必須

受け入れ可能: String



コマンド ライン

これは、プロファイルで使用される実行可能ファイルです。

プロパティ名:commandline

必須かどうか: オプション

受け入れ可能: 実行可能ファイル名を表す文字列

既定値:"cmd.exe"



開始ディレクトリ

これは、シェルが読み込まれるときに開始されるディレクトリです。

プロパティ名:startingDirectory

必須かどうか: オプション

受け入れ可能: フォルダーの場所を表す文字列

既定値:"%USERPROFILE%"

例: powershell.exe プロファイルを検索し、"startingDirectory": "%USERPROFILE%/Documents/GitHubRepos", を追加して、Documents ディレクトリの GitHubRepos フォルダーにある PowerShell プロファイルを起動します

WSL を使用する場合の例:WSL を使用してインストールされた Linux ディストリビューションの起動ディレクトリを設定する場合は、"startingDirectory": "\\\\wsl$\\DISTRO NAME\\home\\USERNAME" という形式を使用します。プレースホルダーは、ご使用のディストリビューションを表す適切な名前に置き換えてください。 たとえば、「 "startingDirectory": "\\\\wsl$\\Ubuntu-20.04\\home\\user1" 」のように入力します。 settings.json ファイルではなく、Windows ターミナルの設定 UI を使用する場合、このパスを宣言するには、[参照] ボタンを使用して起動ディレクトリを選択するか、WSL パスを次のように入力します: //wsl.localhost/DISTRO NAME/home/USERNAME。 たとえば、「 //wsl.localhost/Ubuntu-20.04/home/user1 」のように入力します。

既定の動作: startingDirectory の値が指定されていない場合は、ターミナルをどこから起動したかによって結果が変わります。

  • [スタート] メニューから Windows ターミナルを実行した場合: C:\windows\system32
  • [スタート] メニューから wt.exe を実行した場合: C:\windows\system32
  • Win + R から wt.exe を実行した場合: %USERPROFILE%
  • エクスプローラーのアドレス バーから wt.exe を実行した場合: そのとき表示されていたフォルダー。

注意

円記号はエスケープする必要があります。 たとえば、C:\Users\USERNAME\DocumentsC:\\Users\\USERNAME\\Documents として入力する必要があります。


アイコン

タブ、ドロップダウン メニュー、ジャンプリスト、およびタブ スイッチャー内に表示されるアイコンを設定します。

プロパティ名:icon

必須かどうか: オプション

受け入れ可能: ファイルの場所を表す文字列または絵文字

例: アイコン画像 ubuntu.ico%LOCALAPPDATA%\Packages\Microsoft.WindowsTerminal_8wekyb3d8bbwe\RoamingState にあるフォルダーに配置した場合は、settings.json 内のプロファイルに次の行を追加することでアイコンを表示できます: "icon": "ms-appdata:///roaming/ubuntu.ico"


___

タブのタイトル

設定すると、起動時にシェルに渡すタイトルとして name が置き換えられます。 一部のシェル (bash など) では、この初期値を無視することができますが、他のシェル (Command PromptPowerShell) では、アプリケーションの有効期間中、この値を使用することができます。 シェルでタイトルを設定する方法については、タブ タイトルのチュートリアルを参照してください。

プロパティ名:tabTitle

必須かどうか: オプション

受け入れ可能: String


___

管理者として自動的に実行する

設定すると、このプロファイルは既定で "管理者特権" ウィンドウ (管理者として実行) に自動的に開きます。 このプロファイルを非特権ウィンドウから実行すると、このプロファイルをホストする新しい管理者特権のターミナル ウィンドウが作成されます。 既に昇格されたウィンドウからこのプロファイルを起動すると、新しいタブとして開きます。

このプロパティを false に設定すると、管理者特権ウィンドウでこのプロファイルを開いても、このプロファイルをホストするための "非特権" ウィンドウは起動されません。 プロファイルは単に、管理者として実行された、管理者特権ウィンドウで開きます。

このプロパティを profiles.defaults に設定すると、これを特に false に設定してオーバーライドしない限り、"すべて" のプロファイルが既定で Administrator として起動されます。

このプロパティは、newTab および splitPane アクションで、elevate を使用してオーバーライドできます。

管理者特権タブと非特権タブは、同じターミナル ウィンドウに存在できません。 詳細については、「FAQ」を参照してください。

プロパティ名:elevate

必須かどうか: オプション

受け入れ可能:truefalse

既定値:false


___

ドロップダウンでプロファイルを非表示にする

hiddentrue に設定されている場合、そのプロファイルはプロファイルの一覧に表示されません。 これを使用すると、既定のプロファイルと動的に生成されたプロファイルを設定ファイルに残したまま、非表示にすることができます。 動的プロファイルの詳細については、動的プロファイルに関するページを参照してください。

プロパティ名:hidden

必須かどうか: オプション

受け入れ可能:truefalse

既定値:false