Provider クラス (provider.h)

[ Provider クラスは、最終的な状態と見なされる WMI Provider Framework の一部であり、これらのライブラリに影響を与えるセキュリティ関連以外の問題では、それ以上の開発、強化、または更新プログラムは使用できません。 MI API は、すべての新しい開発に使用する必要があります。

Provider クラスは、フレームワーク プロバイダーがサポートするクラスの基本クラスです。 Provider クラスは、IWbemServices のメソッドの実装をカプセル化し、いくつかのヘルパー関数を含みます。 フレームワーク プロバイダーは、サポートされている機能ごとに Provider クラスのいずれかのメソッドをオーバーライドします。 たとえば、クエリ処理をサポートするプロバイダーは、 Provider::ExecQuery メソッドをオーバーライドします。

Provider クラスのインスタンスは、フレームワーク プロバイダー を持つ WMI クラスごとに作成されます。

プロバイダー には、次の種類のメンバーがあります。

メソッド 説明
コミット 現在のインスタンスを WMI に返します。
CreateNewInstance 新しい CInstance オブジェクトを割り当て、そのオブジェクトへのポインターを返します。
DeleteInstance インスタンスを削除します。 WMI によって呼び出されます。
EnumerateInstances フレームワーク プロバイダーのクラスのすべてのインスタンスを取得します。 WMI によって呼び出されます。
ExecMethod クラスまたはインスタンスに対してメソッドを呼び出します。 WMI によって呼び出されます。
ExecQuery WMI クエリ言語 (WQL) クエリを処理します。 WMI によって呼び出されます。
フラッシュ プロバイダー によって使用されているすべての不要なメモリを削除するために、プロバイダー フレームワークによって呼び出されます。
GetLocalComputerName CHString 形式のコンピューター名への定数参照を返します。
GetLocalInstancePath 指定したインスタンスへの完全なオブジェクト パスの構築を試みます。
GetObject クラスのインスタンスを取得します。 WMI によって呼び出されます。
GetProviderName プロバイダーの名前を取得します。
MakeLocalPath 相対パスから完全なインスタンス パスを構築します。
PutInstance インスタンスを更新します。 WMI によって呼び出されます。
SetCreationClassName 指定したインスタンスの CreationClassName 文字列プロパティを、このプロバイダーの名前に設定します。
ValidateDeletionFlags フラグのセットが削除操作に対して有効かどうかを判断します。
ValidateEnumerationFlags フラグのセットが列挙型に対して有効かどうかを判断します。
ValidateFlags フラグのセットが有効かどうかを判断します。
ValidateGetObjFlags 一連のフラグがインスタンス取得操作に対して有効かどうかを判断します。
ValidateMethodFlags 一連のフラグが実行メソッド操作に対して有効かどうかを判断します。
ValidatePutInstanceFlags 一連のフラグがインスタンス更新操作に対して有効かどうかを判断します。
ValidateQueryFlags 一連のフラグがクエリ操作に対して有効かどうかを判断します。

継承

Provider クラスは CThreadBase を実装します。

メソッド

Provider クラスには、これらのメソッドがあります。

 
プロバイダー::~Provider

Provider::~Provider 関数は、Provider クラスのデストラクターです。
プロバイダー::Commit

Commit メソッドは、WMI にインスタンスを送信するために使用されます。 このメソッドはヘルパー関数であり、オーバーライドしないでください。
プロバイダー::CreateNewInstance

CreateNewInstance メソッドは、新しい CInstance オブジェクトを割り当て、そのオブジェクトへのポインターを返します。
Provider::D eleteInstance

DeleteInstance メソッドは、インスタンスを削除するために WMI によって呼び出されます。 (オーバーロード 2/2)
Provider::D eleteInstance

DeleteInstance メソッドは、インスタンスを削除するために WMI によって呼び出されます。 (オーバーロード 1/2)
プロバイダー::EnumerateInstances

EnumerateInstances メソッドは、フレームワーク プロバイダーのクラスのすべてのインスタンスを取得するために WMI によって呼び出されます。
プロバイダー::ExecMethod

ExecMethod メソッドは、クラスまたはインスタンスでメソッドを呼び出すために WMI によって呼び出されます。 (オーバーロード 1/2)
プロバイダー::ExecMethod

ExecMethod メソッドは、クラスまたはインスタンスでメソッドを呼び出すために WMI によって呼び出されます。 (オーバーロード 2/2)
プロバイダー::ExecQuery

ExecQuery メソッドは、WMI クエリ言語 (WQL) クエリを処理するために WMI によって呼び出されます。
プロバイダー::Flush

Flush メソッドは、プロバイダーによって使用されているすべての不要なメモリを削除するために、プロバイダー フレームワークによって呼び出されます。
Provider::GetLocalComputerName

GetLocalComputerName メソッドは、CHString 形式のコンピューター名への定数参照を返します。
Provider::GetLocalInstancePath

GetLocalInstancePath メソッドは、指定されたインスタンスへの完全なオブジェクト パスの構築を試みます。 このメソッドはヘルパー関数であり、オーバーライドしないでください。
Provider::GetNamespace

GetNamespace メソッドは、CHString 形式の名前空間名への定数参照を返します。 返される名前は、プロバイダー コンストラクターに最初に指定された 2 番目のパラメーターです。
Provider::GetObject

GetObject メソッドは、クラスのインスタンスを取得するために WMI によって呼び出されます。 (オーバーロード 1/3)
Provider::GetObject

GetObject メソッドは、クラスのインスタンスを取得するために WMI によって呼び出されます。 (オーバーロード 2/3)
Provider::GetObject

GetObject メソッドは、クラスのインスタンスを取得するために WMI によって呼び出されます。 (オーバーロード 3/3)
Provider::GetProviderName

GetProviderName メソッドは、プロバイダーのコンストラクターで使用されるクラスの名前を取得します。
プロバイダー::MakeLocalPath

MakeLocalPath メソッドは、相対パスから完全なインスタンス パスを構築します。
Provider::P rovider

Provider メソッドは、プロバイダーのインスタンスを作成します。 このメソッドは、WMI プロバイダー フレームワークの一部です。
Provider::P utInstance

PutInstance メソッドはインスタンスを更新します。 (オーバーロード 2/2)
Provider::P utInstance

PutInstance メソッドはインスタンスを更新します。 (オーバーロード 1/2)
Provider::SetCreationClassName

SetCreationClassName メソッドは、指定されたインスタンスの CreationClassName 文字列プロパティ (存在する場合) を、このプロバイダーの名前に設定します。
プロバイダー::ValidateDeletionFlags

ValidateDeletionFlags メソッドは、フラグのセットが削除操作に対して有効かどうかを判断します。
プロバイダー::ValidateEnumerationFlags

ValidateEnumerationFlags メソッドは、フラグのセットが列挙型に対して有効かどうかを判断します。
プロバイダー::ValidateFlags

ValidateFlags メソッドは、フラグのセットが有効かどうかを判断します。
Provider::ValidateGetObjFlags

ValidateGetObjFlags メソッドは、一連のフラグがインスタンス取得操作に対して有効かどうかを判断します。
プロバイダー::ValidateMethodFlags

ValidateMethodFlags メソッドは、一連のフラグが execute メソッド操作に対して有効かどうかを判断します。
Provider::ValidatePutInstanceFlags

ValidatePutInstanceFlags メソッドは、一連のフラグがインスタンス更新操作に対して有効かどうかを判断します。
Provider::ValidateQueryFlags

ValidateQueryFlags メソッドは、フラグのセットがクエリ操作に対して有効かどうかを判断します。

注釈

このクラスのデストラクターは Provider::~Provider です

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista
サポートされている最小のサーバー Windows Server 2008
対象プラットフォーム Windows
ヘッダー provider.h (FwCommon.h を含む)