Java への変換

Java 用 Microsoft Visual J++ 開発システムには、Java 構文の COM オブジェクトのタイプ ライブラリ情報を生成するために使用できる 2 つのツール、Java タイプ ライブラリ ウィザード、および JActiveX コマンド ライン ツールが用意されています。 これらのツールのいずれかを使用して、COM オブジェクトの Java クラス ファイルを生成できます。

Visual J++ バージョン 6.0 では、JActiveX ツールによって JavaTLB コマンド ライン ツールが置き換えられます。 詳細については、Visual J++ のドキュメントを参照してください。

Visual J++ 以外の Java 開発環境を使用している場合は、COM 変換ツールの詳細については、その製品のドキュメントを参照してください。

コンポーネントのクラス ファイルを生成したら、 import ステートメントを使用して Java アプリケーションにコンポーネント クラスを追加できます。

その後、Java アプリケーションでオブジェクトのクラスを作成して使用できます。 Java import ステートメントの詳細については、Java プログラミング言語のリファレンスを参照してください。

詳細については、次のトピックを参照してください。

C++ への変換

Visual Basicへの変換