CSeekingPassThru クラス

この CSeekingPassThru クラスは、 CPosPassThru オブジェクトと CRendererPosPassThru オブジェクトを作成するヘルパー オブジェクトです。

CPosPassThru クラスと CRendererPosPassThru クラスは、シーク コマンドを上流に渡すヘルパー オブジェクトであるためCSeekingPassThru、クラスはヘルパー オブジェクトを作成するためのヘルパー オブジェクトです。

このクラスを直接使用する必要はありません。 代わりに、このクラスを使用するすべての詳細を処理する CreatePosPassThru 関数を使用します。 Quartz.dllからオブジェクトを読み込むという利点があります。これにより、フィルターのコード サイズが多少小さくなります。 詳細については、 CPosPassThru を参照してください。

このクラスはCSeekingPassThru、ISeekingPassThru インターフェイスを公開します。 ISeekingPassThru::Init メソッドはオブジェクトを初期化します。 オブジェクトが初期化されると、フィルターは IMediaSeeking インターフェイスと IMediaPosition インターフェイスに対してクエリを実行できます。

パブリック メソッド 説明
CSeekingPassThru コンストラクター メソッド。
~CSeekingPassThru デストラクター メソッド。
CreateInstance オブジェクトのインスタンスを作成します。
ISeekingPassThru メソッド 説明
Init オブジェクトを初期化します。

要件

要件
ヘッダー
Seekpt.h (ストリーム.h を含む)
ライブラリ
Strmbase.lib (リテール ビルド);
Strmbasd.lib (デバッグ ビルド)