生の入力

このセクションでは、システムがアプリケーションに生の入力を提供する方法と、アプリケーションがその入力を受け取って処理する方法について説明します。 生の入力は、ジェネリック入力と呼ばれることもあります。

このセクションの内容

名前 説明
生の入力について ジョイスティック、タッチ スクリーン、マイクなどのデバイスからのユーザー入力について説明します。
未加工の入力の使用 生の入力に関連するタスクのサンプル コードを提供します。
生の入力リファレンス API リファレンスが含まれています。

関数

名前 説明
DefRawInputProc 既定の生入力プロシージャを呼び出して、アプリケーションが処理しない生の入力メッセージに対して既定の処理を提供します。 この関数により、すべてのメッセージが確実に処理されます。 DefRawInputProc は、ウィンドウ プロシージャで受け取ったのと同じパラメーターを使用して呼び出されます。
GetRawInputBuffer 生の入力データのバッファー読み取りを実行します。
GetRawInputData 指定したデバイスから生の入力を取得します。
GetRawInputDeviceInfo 生の入力デバイスに関する情報を取得します。
GetRawInputDeviceList システムに接続されている生の入力デバイスを列挙します。
GetRegisteredRawInputDevices 現在のアプリケーションの生入力デバイスに関する情報を取得します。
RegisterRawInputDevices 生の入力データを提供するデバイスを登録します。

マクロ

名前 説明
GET_RAWINPUT_CODE_WPARAM WM_INPUTの wParam から入力コード を取得します
NEXTRAWINPUTBLOCK RAWINPUT 構造体の配列内の次の構造体の場所を取得します。

通知

名前 説明
WM_INPUT 生の入力を取得しているウィンドウに送信されます。
WM_INPUT_DEVICE_CHANGE 未加工の入力を受け取るために登録されたウィンドウに送信されます。

構造

名前 説明
RAWHID ヒューマン インターフェイス デバイス (HID) からの生入力の形式について説明します。
RAWINPUT デバイスからの生の入力を格納します。
RAWINPUTDEVICE 生の入力デバイスの情報を定義します。
RAWINPUTDEVICELIST 生の入力デバイスに関する情報が含まれます。
RAWINPUTHEADER 生の入力データの一部であるヘッダー情報を格納します。
RAWKEYBOARD キーボードの状態に関する情報が含まれます。
RAWMOUSE マウスの状態に関する情報が含まれます。
RID_DEVICE_INFO 任意のデバイスから送信される生の入力データを定義します。
RID_DEVICE_INFO_HID 指定した HID からの生の入力データを定義します。
RID_DEVICE_INFO_KEYBOARD 指定したキーボードからの生の入力データを定義します。
RID_DEVICE_INFO_MOUSE 指定したマウスからの生の入力データを定義します。