Azure Diagnostics 拡張機能の概要

Azure Diagnostics 拡張機能は、仮想マシンを含む Azure コンピューティング リソースのゲスト オペレーティング システムから監視データを収集する、Azure Monitor のエージェントです。 この記事では、Azure Diagnostics 拡張機能の概要と、サポートされている特定の機能、およびインストールと構成のオプションについて説明します。

注意

Azure Diagnostics 拡張機能は、コンピューティング リソースのゲスト オペレーティング システムから監視データを収集するために使用できるエージェントの 1 つです。 さまざまなエージェントの説明と、要件に適したエージェントの選択に関するガイダンスについては、「 Azure Monitor エージェントの概要」を参照してください。

主なシナリオ

Azure Diagnostics 拡張機能は、次のような場合に使用します。

Azure Diagnostics 拡張機能の制限事項:

  • マネージド ID は Azure リソースでしか使用できないから。
  • Azure Monitor ログにデータを送信する機能が制限されています。

Log Analytics エージェントとの比較

Azure Monitor の Log Analytics エージェントは、仮想マシンのゲスト オペレーティング システムから監視データを収集することにも使用できます。 ご自分の要件に応じて、いずれかまたは両方を選択できます。 Azure Monitor エージェントの一般的な比較については、「Azure Monitor エージェントの概要」を参照してください。

考慮すべき主な違いは次のとおりです。

  • Azure Diagnostics 拡張機能は、Azure の仮想マシンでのみ使用できます。 Log Analytics エージェントは、Azure、他のクラウド、およびオンプレミスの仮想マシンで使用できます。
  • Azure Diagnostics 拡張機能では、Azure Storage、Azure Monitor メトリック (Windows のみ)、および Event Hubs にデータが送信されます。 Log Analytics エージェントでは、Azure Monitor ログにデータが収集されます。
  • Log Analytics エージェントは、ソリューションVM insights、および Microsoft Defender for Cloud などのその他のサービスに必要です。

コスト

Azure Monitor エージェントには料金はかかりませんが、取り込まれたデータについては料金が発生する場合があります。 データの収集先については、「Azure Monitor の価格」を参照してください。

収集されるデータ

次の表は、Windows と Linux の Diagnostics 拡張機能によって収集できるデータを一覧表示しています。

Windows Diagnostics 拡張機能 (WAD)

データ ソース 説明
Windows イベント ログ Windows イベント ログからのイベント。
パフォーマンス カウンター オペレーティング システムとワークロードのさまざまな側面のパフォーマンスを測定する数値。
IIS ログ ゲスト オペレーティング システムで実行されている IIS Web サイトの使用状況に関する情報
アプリケーション ログ アプリケーションによって書き込まれたメッセージをトレースする。
.NET EventSource ログ .NET EventSource クラスを使用するコード作成イベント
マニフェスト ベースの ETW ログ すべてのプロセスによって生成された Windows イベント トレーシング イベント。
クラッシュ ダンプ (ログ) アプリケーションがクラッシュした場合のプロセスの状態に関する情報。
ファイル ベースのログ アプリケーションまたはサービスで作成されたログ。
エージェント診断ログ Azure Diagnostics 自体に関する情報。

Linux Diagnostics 拡張機能 (LAD)

データ ソース 説明
syslog Linux イベント ログ システムに送信されるイベント。
パフォーマンス カウンター オペレーティング システムとワークロードのさまざまな側面のパフォーマンスを測定する数値
ログ ファイル ファイル ベースのログに送信されるエントリ

データの保存先

Azure Diagnostic 拡張機能では、Windows 向けと Linux 向けのどちらも常に Azure Storage アカウントにデータが収集されます。 このデータが収集される特定のテーブルと BLOB の一覧については、「Windows 用のAzure Diagnostics拡張機能をインストールして構成する」および「Linux 用の Azure Diagnostics 拡張機能を使用してメトリックとログを監視する」を参照してください。

他の送信先にデータを送信するには、1 つ以上の "データ シンク" を構成します。 以降のセクションに、Windows と Linux の Diagnostic 拡張機能で使用できるシンクの一覧を示します。

Windows Diagnostics 拡張機能 (WAD)

宛先 説明
Azure Monitor メトリック パフォーマンス データを Azure Monitor メトリックに収集します。 Azure Monitor メトリック ストアへのゲスト OS メトリックの送信に関する記事を参照してください。
Event Hubs Azure の外部でデータを送信するには、Azure Event Hubs を使用します。 Event Hubs への Azure Diagnostics データのストリーミングに関する記事を参照してください。
Azure Storage BLOB テーブルに加えて Azure Storage の BLOB にもデータを書き込みます。
Application Insights ご利用の VM で実行されているアプリケーションから Application Insights にデータを収集して、他のアプリケーション監視と統合します。 診断データの Application Insights への送信に関する記事を参照してください。

この機能には、通常、Log Analytics エージェントが使用されますが、ストレージから Log Analytics ワークスペースに WAD データを収集して、Azure Monitor ログで分析することもできます。 データを Log Analytics ワークスペースに直接送信し、追加の機能を提供するソリューションと分析情報をサポートできます。 Azure 診断ログの Azure Storage からの収集に関する記事を参照してください。

Linux Diagnostics 拡張機能 (LAD)

LAD では Azure Storage 内のテーブルにデータが書き込まれます。 次の表に示すシンクがサポートされています。

宛先 説明
Event Hubs Azure の外部でデータを送信するには、Azure Event Hubs を使用します。
Azure Storage BLOB テーブルに加えて Azure Storage の BLOB にもデータを書き込みます。
Azure Monitor メトリック LAD に加えて、Telegraf エージェントもインストールします。 「Linux VM のカスタム メトリックを InfluxData Telegraf エージェントを使用して収集する」を参照してください。

インストールと構成

診断拡張機能は、Azure では仮想マシン拡張機能として実装されているため、Resource Manager テンプレート、PowerShell、および CLI を使用した場合と同じインストール オプションがサポートされています。 仮想マシン拡張機能のインストールと保守については、Windows および仮想 マシン拡張機能の仮想マシン拡張機能と Linux 用の機能関する記事を参照してください。

また、Windows と Linux の両方の Diagnostics 拡張機能は、Azure portal で、仮想マシンのメニューの [監視] セクションの [診断設定] の下でインストールおよび構成することができます。

Windows および Linux の Diagnostics 拡張機能のインストールと構成の詳細については、次の記事を参照してください。

その他のドキュメント

詳しくは、以下の記事をご覧ください。

Azure クラウド サービス Web ロールとワーカー ロール

Azure Service Fabric

ローカル コンピューター開発のセットアップでサービスを監視して診断する

次のステップ