Azure Boardsでチームの配信計画を確認する

Azure DevOps Services |Azure DevOps Server 2022

Azure Boardsの配信計画機能によって提供される視覚化オプションを使用して、チームが提供する予定のストーリーや機能のスケジュールを確認します。 配信計画には、予定表ビューに対して選択したチームのスプリント別のスケジュールされた作業項目 (イテレーション パス) が表示されます。

注意

この記事では、Azure DevOps Services および Azure DevOps Server 2022 で使用できる配信プラン 2.0 の使用について説明します。 Azure DevOps Server 2020 以前のバージョンをサポートする Delivery Plans Marketplace 拡張機能の詳細については、「Delivery Plans 1.0」を参照してください。

配信計画機能を使用して、チームが組織の目標に沿っていることを確認します。 アカウント全体で複数のバックログと複数のチームを表示できます。 簡単なドラッグ アンド ドロップ操作を使用して、スケジュールの更新または変更、カードの開き、チームの展開と折りたたみなどを行って、プランを操作します。

配信プランでは、次のタスクがサポートされています。

  • さまざまなプロジェクトのバックログとチームの組み合わせを含め、最大 20 個のチーム バックログを表示できます。
  • カスタム ポートフォリオのバックログとエピックを追加します。
  • 複数のイテレーションにまたがる作業項目を表示します。
  • ドラッグ アンド ドロップの罫線を使用して、開始日とターゲットの日付をリセットします。
  • プランからチームにバックログ アイテムを追加します。
  • 機能、エピック、その他のポートフォリオ項目のロールアップの進行状況を表示する。
  • 作業項目間に存在する依存関係を表示する。
  • 関係者がプランを表示できるようにします。

元の配信プラン拡張機能で作成したプランは、配信プラン機能で機能します。 データを移行したり、プラン設定を再構成したりする必要はありません。 プランを追加または編集する方法については、「配信プランを 追加または編集する」を参照してください。

配信計画の機能ロードマップのスクリーンショット。

この記事では、次の方法について学習します。

  • 定義済みのプランの一覧からプランを開きます。
  • チームで計画を確認します。
  • プランの対話型要素を使用し、プラン ビューを変更します。
  • ロールアップを表示します。

依存関係の操作については、「依存関係の 追跡」を参照してください。

前提条件

  • 配送計画を表示するには、プロジェクト コレクションの [有効なユーザー] グループのメンバーである必要があります。 プライベート プロジェクト の利害関係者 アクセス権を付与されたユーザーは、プランを表示できます。 パブリック プロジェクト の関係者 アクセス権を付与されたユーザーは、プランを追加および表示できます。
  • 作業項目を開いたり変更したり、作業項目を計画に追加したりするには、作業項目に割り当てられたエリア パスに対して [ このノードの作業項目の編集][許可] に設定されている必要があります。 詳細については、「 作業追跡のアクセス許可とアクセス権を設定する」を参照してください。

作業項目と依存関係行がプランに表示される場合:

ヒント

プランを編集し、行った変更がプランに表示されないように見える場合は、ブラウザーを更新します。 更新をトリガーするためにブラウザーの更新が必要な場合があります。

チームで計画を確認する

大規模なソフトウェア プロジェクトを開発するには、複数の自律的なチームが必要です。 自律的なチームは、独自のバックログと優先順位を管理します。これは、そのプロジェクトの統一された方向性に貢献します。 アジャイル カルチャ を確認して、自律的なチームと組織の連携について説明します。

これらのチームとのプロジェクト スケジュールの定期的なレビューは、チームが共通の目標に向けて取り組んでいることを確認するのに役立ちます。 デリバリー計画は、プロジェクトスケジュールの必要な複数チームビューを提供します。

レビュー中に対処できる質問は次のとおりです。

  • 各スプリントにスケジュールされている成果物に対するチームの自信はどのくらいですか?
  • チーム間の依存関係は、計画された成果物を介して適切に対処されていますか?
  • 成果物がスケジュールされていないスケジュールにギャップはありますか? 原因は何ですか? 問題を軽減できますか?

たとえば、内部的に配信プランを使用して、機能のスケジュールを共有できます。 多くのチームが次の 3 つのスプリントに計画した作業を確認することで、プランに適切な優先順位があり、依存関係を特定できるかどうかを簡単に確認できます。

このように、デリバリー計画は、各チームが自律的な状態を維持しながら、調整の原動力となります。 個々のチームは、必要に応じてさまざまなスプリント 周期に対応し、さまざまな作業項目の種類 (ストーリー、機能、エピック) を管理できます。 作業はすべて同じプラン ビューで表示されます。 チームは、異なるプロセスを使用する場合、さまざまなプロジェクトに参加することもできます。 カード フィールドをカスタマイズして、関心のあるデータ フィールドと、各作業項目の種類に適用されるデータ フィールドのみが表示されるようにします。

配信計画を使用するためのベスト プラクティス

  • 配送計画の使用方法を決定します。 次のようなアイデアがあります。
    • 配信する機能の四半期ごとのプランを確認します。
    • 依存関係を持つ複数のチームと毎月同期します。
    • プロジェクト間の成果物を確認し、依存関係を特定します。
  • 可能であれば、プロジェクト チームと組織全体で一貫したスプリント スケジュールを使用します。 計画ではさまざまなスプリント スケジュールに対応できますが、視覚的な煩雑さが増します。 バックログ、機能、エピックに同じスプリントを使用します。 エピックやその他のポートフォリオ バックログ用に特定のスプリントを作成しないでください。
  • 作業項目の期間を指定するには、[ 開始日 ] と [ イテレーション] を使用します。 または、 開始日ターゲット日付を使用します。 ただし、作業項目の イテレーションターゲットの日付 の両方を指定しないでください。 ターゲット日付 は、プランの イテレーション 終了日を常にオーバーライドします。
  • カードに表示するフィールドの数を最小限に抑えます。
  • エリア パスのチーム間所有権を排除します。 エリア パスのチーム間所有権は、望ましくないエッジ ケースにつながる可能性があります。
  • 作業項目を最新の状態に保ちます。 変更が発生した場合は、ターゲットの日付またはイテレーション パスを更新します。

次の項目に注意してください。

  • プラン ビューには、プランにバックログが表示されるチームによって選択されたイテレーション パスに対応する月のセットが表示されます。
  • プラン ビューは、最大 15 チームまたはバックログに制限されています。
  • 縮小すると、フィールドとタグがカードから消える可能性があります。 ズームアウトする距離が遠いほど、カード上の項目を収めるのが難しくなります。 ズーム レベルによっては、一部のアイテムが非表示になる場合があります。
  • ロールアップは、元の親作業項目とは異なるプロジェクトに属する子作業項目ではサポートされていません。
  • 作業項目に 開始日 または 目標日 がない場合は、「 フィールドの追加と管理 (継承プロセス)」で説明されているように、プロジェクトに対して定義されているカスタム プロセスに追加できます。

プランを開く

いくつかのプランを定義すると、[すべて] の [プラン] ページに表示されます。 または、[ お気に入り] に気に入った情報が表示されます。 タイトル、説明、および最新の作成者/エディターを確認できます。

[お気に入りに追加] を使用してプランをお気に入りに追加すると、そのプランにすばやく戻ることができます。 プロジェクト内の他のプランを検索することもできます。

プランを開くには、 Boards>Delivery Plans を開き、プラン名を選択します。 [名前]、[作成者]、[説明]、[最終構成済み]、[お気に入り] のいずれかの列で並べ替えることができます。

Azure Boardsの [配信プラン] 領域を示すスクリーンショット。

プランを操作する

配信プランで指定された各チームのバックログは、プラン ビュー内の行として表示されます。 行が折りたたまれると、バックログ項目のロールアップが表示されます。 行が展開されると、各バックログ 項目のカードが、割り当てられたイテレーション別に整理されて表示されます。

配信プランと折りたたまれたチームの吹き出しを含むスクリーンショット。

ヒント

作業項目は、製品バックログから優先度を継承するスプリント バックログの 優先順位付けされた順序 で表示されます。

プランは、次の方法で操作できます。

  • [フィルター] を選択してプランを フィルター処理します 。 プランに含める任意のフィールドでフィルター処理できます。 設定は、キーワードまたはテキスト フィルターに基づいています。 詳細については、「 バックログ、ボード、プランを対話的にフィルター処理する」を参照してください。
  • [縮小] または [拡大] を選択して、カードと予定表のサイズをスケーリングします。
  • 過去または将来の月を表示するには、[ 予定表を左 にスクロールする] または [ 予定表を右 にスクロールする] を選択します。 プランを選択し、マウスを水平方向にドラッグして、プランをスクロールすることもできます。
  • チームの詳細を表示するには、[チーム行の展開] を選択するか、 チーム行 内のスプリントを 1 回クリックしてチーム行を展開します。
  • すべてのチーム行を展開および折りたたみするには、[すべてのチーム行を展開する] または [Teams] の横にある [すべてのチーム行を折りたたみ] を選択します。
  • ビューを垂直方向にスクロールして、プラン ビュー内の下に表示されるチームを表示します。
  • タイトルのみを表示するには、[折りたたまれたカード フィールド] を選択します。 すべてのフィールドを表示するには、[カード フィールドの展開] を選択します
  • カードタイトルを選択してバックログアイテムを開き、詳細を表示します。 作業項目を閉じて、プランに戻ります。
  • 作業項目をスプリントに追加するには、スプリントとチーム内で追加する 項目 を選択します。
  • カードに表示されるフィールドを変更するには、[その他のアクション] を選択します

概要情報のチームを折りたたみる

デリバリープランの利点は、気になるプロジェクト全体で複数のチームを表示できることです。 プラン ビュー内でより多くのチームを表示するには、主に次の 2 つの方法があります。

  • すべてのチームを折りたたみ、サマリー データに集中します。
  • カードに表示されるフィールドの数を最小限に抑えます。

スケジュールされている作業の概要ビューを取得するには、すべてのチームを折りたたむ必要があります。 その後、予測のギャップをより簡単に検索できます。

チーム名の横にある [チーム行の展開] または [ チーム行 の折りたたみ] を選択して、各チーム行を展開または 折りたたみ ます。

クリック ターゲットの折りたたみを示すスクリーンショット。

1 つ以上のイテレーションにまたがる作業を表示する

1 つ以上のイテレーションにまたがる作業項目の場合は、 開始日ターゲット日付を定義します。 プランには、次の図に示すように、設定した日付に従って開始および終了するカードが表示されます。 作業項目の左または右の境界線をつかんで、新しい開始日またはターゲット日付にドラッグすることもできます。

イテレーションにまたがる機能を示すスクリーンショット。

折りたたまれたカード ビューでのみタイトルを表示する

折りたたまれたカード ビューを使用すると、タイトルのみを表示するカードと、プランに構成されているすべてのフィールドを表示するカードをすばやく切り替えることができます。 タイトルのみを表示するには、[折りたたまれたカード フィールド] を選択します。 すべてのフィールドを表示するには、[カード フィールドの展開] を選択します

カード フィールドを折りたたんで展開するための機能アイコンの場所を示すスクリーンショット。

機能とエピックのロールアップを表示する

ロールアップでは、配信プランのカードに基になる作業の全体像が直接表示されます。 ロールアップ ビューは、機能、エピック、またはプロジェクトに追加したポートフォリオ バックログで使用できます。 ロールアップを有効にするには、プラン設定を開き、[ フィールド] を選択し、[ 子ロールアップ データの表示] を選択します。

たとえば、1 つのチームの子機能、ユーザー ストーリー、バグのロールアップを含む 4 つのシナリオのプラン ビューを次に示します。

4 つのシナリオのロールアップ ビューを示すスクリーンショット。

「ロールアップの 進行状況または合計を表示する」の説明に従って、バックログ ビューからロールアップを表示することもできます。

バックログ 項目のイテレーションを更新する

スケジュールが変更されると、バックログ 項目のイテレーションを更新できます。 カードを別のイテレーションに移動します。 この変更は、組織全体の連携を促進するのに役立ちます。

カードを別のイテレーションに移動する方法を示すスクリーンショット。

キャプチャして共有するビューに応じて、配送計画の全部または一部を印刷できます。 ブラウザーの印刷機能を使用して、一度に 印刷 できるページは 1 ページのみです。

プランの一部を印刷するためのヒントを次に示します。

  • [ 全画面表示モード] を選択します
  • 1 つ以上のチームを展開または折りたたみ、拡大または縮小して目的のビューを取得します。
  • プラン ビューのスクリーンショットを撮るか、ブラウザーの [印刷 ] 機能を選択します。