テスト & フィードバック拡張機能を使用して利害関係者のフィードバックを要求する

Azure DevOps Services |Azure DevOps Server 2022 - Azure DevOps Server 2019 |TFS 2018

利害関係者はテスト & フィードバック拡張機能に基づく軽量のエンド ツー エンド フローを使用して、Azure DevOps で生成されたユーザー ストーリーと機能に関するフィードバック要求に応答できます。 フィードバックを要求できるのは、Basic アクセス権を持つユーザーのみです。 基本的なユーザーは、 このトピックで説明するフローを使用してフィードバックを提供できます。

注意

この軽量なエンドツーエンド フローは、Web アプリと Azure DevOps を使用する場合にのみ適用されます。 デスクトップ アプリまたは以前のバージョンの TFS に関するフィードバックを取得するには、「Microsoft Feedback Clientに関するフィードバックを取得する」で説明されているフィードバック フローを使用します。

利害関係者からのフィードバックを要求する

Azure DevOps 作業項目から利害関係者からのフィードバックを直接要求します。

  1. フィードバックを要求するユーザー ストーリーまたは機能の作業項目フォームを開きます。

  2. 省略記号 (...) からショートカット メニューを開き、[ フィードバックの要求] を選択します。

    [フィードバックの要求] オプションの選択

  3. 要求を送信する利害関係者の名前を入力または選択し、必要に応じて、意味のあるフィードバックを提供するのに役立つ指示やメモを追加します。

    ユーザーの選択と手順の入力

  4. [ 送信] を選択して、選択したすべての利害関係者にメールを生成します。

注意

Teams は、Basic アクセス権を持つユーザーなど、他のチーム メンバーからのフィードバックを要求できます。 フィードバック要求フォームに名前を追加するだけで、[フィードバックの 要求] メールが送信されます。 「 Basic アクセス権を持つユーザーがフィードバック要求に応答できるか」も参照してください。