Share via


名前空間トピックを使用して Azure Event Hubs にイベントを配信する - Azure CLI (プレビュー)

この記事では、CloudEvents JSON 形式でイベントを Azure Event Grid に発行し、プル配信モデルを使用してそれらのイベントを配信する詳細な手順について説明します。 具体的には、Azure CLI と Curl を使用して、イベントを Event Grid の名前空間トピックに発行し、それらのイベントをイベント サブスクリプションから Event Hubs ハンドラーの宛先にプッシュします。 プッシュ配信モデルの詳細については、プッシュ配信の概要に関するページを参照してください。

Note

  • 名前空間トピックに関連付けられている名前空間、名前空間トピック、およびイベント サブスクリプションは、最初は、米国東部、米国中部、米国中南部、米国中南部、米国西部 2、東アジア、東南アジア、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、アラブ首長国連邦北部のリージョンで使用できます。
  • Azure CLI Event Grid 拡張機能では、名前空間とそこに含まれるリソースはまだサポートされていません。 Azure CLI リソースを使用して Event Grid リソースを作成します。
  • Azure Event Grid 名前空間では、現在、Shared Access Signature (SAS) トークンとアクセス キー認証がサポートされています。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に Azure 無料アカウントを作成してください。

前提条件

  • Azure Cloud Shell で Bash 環境を使用します。 詳細については、「Azure Cloud Shell の Bash のクイックスタート」を参照してください。

  • CLI リファレンス コマンドをローカルで実行する場合、Azure CLI をインストールします。 Windows または macOS で実行している場合は、Docker コンテナーで Azure CLI を実行することを検討してください。 詳細については、「Docker コンテナーで Azure CLI を実行する方法」を参照してください。

    • ローカル インストールを使用する場合は、az login コマンドを使用して Azure CLI にサインインします。 認証プロセスを完了するには、ターミナルに表示される手順に従います。 その他のサインイン オプションについては、Azure CLI でのサインインに関するページを参照してください。

    • 初回使用時にインストールを求められたら、Azure CLI 拡張機能をインストールします。 拡張機能の詳細については、Azure CLI で拡張機能を使用する方法に関するページを参照してください。

    • az version を実行し、インストールされているバージョンおよび依存ライブラリを検索します。 最新バージョンにアップグレードするには、az upgrade を実行します。

  • この記事では、Azure CLI のバージョン 2.0.70 以降が必要です。 Azure Cloud Shell を使用している場合は、最新バージョンが既にインストールされています。

Event Grid リソース プロバイダーを有効にする

  1. Azure サブスクリプションで Event Grid を使用したことがない場合は、Event Grid リソース プロバイダーを登録する必要がある可能性があります。 以下のプロバイダーを登録するコマンドを実行します。

    az provider register --namespace Microsoft.EventGrid
    
  2. 登録完了まで少し時間がかかることがあります。 状態を確認するには、次のコマンドを実行します。

    az provider show --namespace Microsoft.EventGrid --query "registrationState"
    

    registrationStateRegistered になったら、次に進めることができます。

リソース グループを作成する

az group create コマンドで Azure リソース グループを作成します。 このリソース グループを使用して、この記事で作成したすべてのリソースを含めます。

Cloud Shell を使用してコマンドを実行する一般的な手順は次のとおりです。

  • [Cloud Shell を開く] を選択すると、右側のペインに Azure Cloud Shell ウィンドウが表示されます。
  • コマンドをコピーして Azure Cloud Shell ウィンドウに貼り付けます。
  • Enter キーを押してコマンドを実行します。
  1. Azure リソース グループの名前を保持する変数を宣言します。 <your-resource-group-name> を任意の値に置き換えて、リソース グループの名前を指定します。

    resource_group="<your-resource-group-name>"
    
    location="<your-resource-group-location>"
    
  2. リソース グループを作成します。 必要に応じて場所を変更します。

    az group create --name $resource_group --location $location
    

名前空間の作成

Event Grid 名前空間は、イベントの投稿先となるユーザー定義のエンドポイントになります。 次の例では、Azure Cloud Shell の Bash を利用し、リソース グループに名前空間が作成されます。 名前空間名は、ドメイン ネーム システム (DNS) エントリの一部であるため、一意である必要があります。 名前空間名は、次の規則を満たしている必要があります。

  • 3 から 50 文字で指定してください。
  • リージョン内で一意である必要があります。
  • 使用できる文字は a-z、A-Z、0-9、および - のみです
  • 予約済みキーワード プレフィックス (MicrosoftSystemEventGrid など) で始めることはできません。
  1. Event Grid 名前空間の名前を保持する変数を宣言します。 <your-namespace-name> を任意の値に置き換えて、名前空間の名前を指定します。

    namespace="<your-namespace-name>"
    
  2. 名前空間を作成する。 デプロイ先の場所を変更することもできます。

    az eventgrid namespace create -g $resource_group -n $namespace -l $location
    

名前空間トピックの作成

名前空間エンドポイントに発行されたすべてのイベントを保持するために使用するトピックを作成します。

  1. 名前空間トピックの名前を保持する変数を宣言します。 <your-topic-name> を任意の値に置き換えて、名前空間トピックの名前を指定します。

    topic="<your-topic-name>"
    
  2. 名前空間トピックを作成します。

    az eventgrid namespace topic create -g $resource_group -n $topic --namespace-name $namespace 
    

新しい Event Hubs リソースを作成する

名前空間トピックのプッシュ配信サブスクリプションのためのハンドラーの宛先として使われる Event Hubs リソースを作成します。

  1. Event Hubs 名前空間の名前を保持する変数を宣言します。

    eventHubsNamespace="<your-event-hubs-namespace-name>"
    
  2. Event Hubs 名前空間を作成します。

    az eventhubs namespace create --resource-group $resource_group --name $eventHubsNamespace --location $location  
    
  3. イベント ハブの名前を保持するための変数を宣言します。

    eventHubsEventHub="<your-event-hub-name>"
    
  4. 次のコマンドを実行して、名前空間にイベント ハブを作成します。

    az eventhubs eventhub create --resource-group $resource_group --namespace-name $eventHubsNamespace --name $eventHubsEventHub 
    

マネージド ID を使用して Event Hubs にイベントを配信する

マネージド ID を使用して Event Hubs 名前空間のイベント ハブにイベントを配信するには、これらの手順を実行します。

  1. システム割り当てまたはユーザー割り当てマネージド ID を有効にします: 「名前空間」。 Azure CLI を使用してマネージド ID を有効にする方法を確認するには、次のセクションまで読み進めてください。
  2. Event Hubs 名前空間の Azure Event Hubs データ送信者の役割に ID を追加する。次のセクションに進み、ロールの割り当てを追加する方法を確認してください。
  3. Event Hubs 名前空間で、 [Allow trusted Microsoft services to bypass this firewall](信頼された Microsoft サービスがこのファイアウォールをバイパスすることを許可する) 設定を有効にします
  4. システム割り当てまたはユーザー割り当てマネージド ID を使用するように、イベント ハブをエンドポイントとして使用するイベント サブスクリプションを構成します。

Note

Azure Event Hubs へのイベントの配信は現在プレビュー段階です。

Event Grid 名前空間でマネージド ID を有効にする

Event Grid 名前空間でシステム割り当てマネージド ID を有効にします。

az eventgrid namespace update --resource-group $resource_group --name $namespace --identity {type:systemassigned}

Event Grid マネージド ID の Event Hubs にロールの割り当てを追加する

  1. Event Grid 名前空間システム マネージド ID のプリンシパル ID を取得します。

    principalId=$(az eventgrid namespace show --resource-group $resource_group --name $namespace --query identity.principalId -o tsv)
    
  2. Event Hubs のイベント ハブ リソース ID を取得します。

    eventHubResourceId=$(az eventhubs eventhub show --resource-group $resource_group --namespace-name $eventHubsNamespace --name $eventHubsEventHub --query id -o tsv)
    
  3. Event Grid システム マネージド ID の Event Hubs にロールの割り当てを追加します。

    az role assignment create --role "Azure Event Hubs Data Sender" --assignee $principalId --scope $eventHubResourceId
    

イベント サブスクリプションの作成

新しいプッシュ配信イベント サブスクリプションを作成します。

event_subscription="<your_event_subscription_name>"
az resource create --api-version 2023-06-01-preview --resource-group $resource_group --namespace Microsoft.EventGrid --resource-type eventsubscriptions --name $event_subscription --parent namespaces/$namespace/topics/$topic --location $location --properties "{\"deliveryConfiguration\":{\"deliveryMode\":\"Push\",\"push\":{\"maxDeliveryCount\":10,\"deliveryWithResourceIdentity\":{\"identity\":{\"type\":\"SystemAssigned\"},\"destination\":{\"endpointType\":\"EventHub\",\"properties\":{\"resourceId\":\"$eventHubResourceId\"}}}}}}"

トピックにイベントを送信する

ここで、このセクションの手順に従って、名前空間トピックにサンプル イベントを送信します。

名前空間アクセス キーを一覧表示する

  1. 作成した名前空間に関連付けられているアクセス キーを取得します。 イベントの発行時の認証には、そのうちの 1 つが使用されます。 キーを一覧表示するには、最初に、完全な名前空間リソース ID が必要です。 次のコマンドを実行して取得します。

    namespace_resource_id=$(az eventgrid namespace show -g $resource_group -n $namespace --query "id" --output tsv)
    
  2. 名前空間から最初のキーを取得します。

    key=$(az eventgrid namespace list-key -g $resource_group --namespace-name $namespace --query "key1" --output tsv)
    

イベントを発行する

  1. 名前空間のホスト名を取得します。 これを使用して、イベントの送信先となる名前空間 HTTP エンドポイントを作成します。 次の操作は、API バージョン 2023-06-01-preview で最初に利用可能になりました。

    publish_operation_uri="https://"$(az eventgrid namespace show -g $resource_group -n $namespace --query "topicsConfiguration.hostname" --output tsv)"/topics/"$topic:publish?api-version=2023-06-01-preview
    
  2. CloudEvents に準拠したサンプル イベントを作成します。

    event=' { "specversion": "1.0", "id": "'"$RANDOM"'", "type": "com.yourcompany.order.ordercreatedV2", "source" : "/mycontext", "subject": "orders/O-234595", "time": "'`date +%Y-%m-%dT%H:%M:%SZ`'", "datacontenttype" : "application/json", "data":{ "orderId": "O-234595", "url": "https://yourcompany.com/orders/o-234595"}} '
    

    data 要素がイベントのペイロードです。 このフィールドには、適切な形式の JSON であればどのようなものでも格納することができます。 イベントに含めることができるプロパティ (コンテキスト属性とも呼ばれます) の詳細については、CloudEvents の仕様に関するページを参照してください。

  3. CURL を使用してイベントをトピックに送信します。 CURL は、HTTP 要求を送信するユーティリティです。

    curl -X POST -H "Content-Type: application/cloudevents+json" -H "Authorization:SharedAccessKey $key" -d "$event" $publish_operation_uri
    

    Azure portal で Event Hubs 名前空間ページに移動し、ページを更新して、グラフの受信メッセージ数でイベントを受信したことが示されていることを確認します。

    イベントが受信されたことを示すグラフを含む [イベント ハブ] ページを示すスクリーンショット。

次のステップ

この記事では、Event Grid 名前空間と Event Hubs リソースを作成して構成しました。 イベント ハブからイベントを取得するためのステップ バイ ステップの手順については、次のチュートリアルを参照してください。