Microsoft。Network virtualHubs/bgpConnections 2021-03-01

Bicep リソース定義

virtualHubs/bgpConnections リソースの種類は、次のようにデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはNetwork/virtualHubs/bgpConnections リソースで、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.Network/virtualHubs/bgpConnections@2021-03-01' = {
  name: 'string'
  parent: resourceSymbolicName
  properties: {
    hubVirtualNetworkConnection: {
      id: 'string'
    }
    peerAsn: int
    peerIp: 'string'
  }
}

プロパティの値

virtualHubs/bgpConnections

名前 説明
name リソース名

Bicep で子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)
parent Bicep では、子リソースの親リソースを指定できます。 このプロパティを追加する必要があるのは、子リソースが親リソースの外部で宣言されている場合のみです。

詳細については、「 親リソースの外部にある子リソース」を参照してください。
種類のリソースのシンボリック名: virtualHubs
properties Bgp 接続のプロパティ。 BgpConnectionProperties

BgpConnectionProperties

名前 説明
hubVirtualNetworkConnection HubVirtualNetworkConnection リソースへの参照。 サブリソース
peerAsn ピア ASN。 INT
peerIp ピア IP。 string

サブリソース

名前 説明
id リソースの ID string

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
新しいサブネットにルート サーバーを作成する

Azure にデプロイする
このテンプレートは、RouteServerSubnet という名前のサブネットにルート サーバーをデプロイします。
Quagga を使用した BGP ピアリングでの Azure Route Server

Azure にデプロイする
このテンプレートでは、Quagga を使用してルーター サーバーと Ubuntu VM をデプロイします。 ルーター サーバーと Quagga の間に 2 つの外部 BGP セッションが確立されます。 Quagga のインストールと構成は、Linux 用の Azure カスタム スクリプト拡張機能によって実行されます

ARM テンプレート リソース定義

virtualHubs/bgpConnections リソースの種類は、次のようにデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはNetwork/virtualHubs/bgpConnections リソースで、次の JSON をテンプレートに追加します。

{
  "type": "Microsoft.Network/virtualHubs/bgpConnections",
  "apiVersion": "2021-03-01",
  "name": "string",
  "properties": {
    "hubVirtualNetworkConnection": {
      "id": "string"
    },
    "peerAsn": "int",
    "peerIp": "string"
  }
}

プロパティの値

virtualHubs/bgpConnections

名前 説明
type リソースの種類 'Microsoft。Network/virtualHubs/bgpConnections'
apiVersion リソース API のバージョン '2021-03-01'
name リソース名

JSON ARM テンプレートで子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)
properties Bgp 接続のプロパティ。 BgpConnectionProperties

BgpConnectionProperties

名前 説明
hubVirtualNetworkConnection HubVirtualNetworkConnection リソースへの参照。 サブリソース
peerAsn ピア ASN。 INT
peerIp ピア IP。 string

サブリソース

名前 説明
id リソースの ID string

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
新しいサブネットにルート サーバーを作成する

Azure にデプロイする
このテンプレートは、RouteServerSubnet という名前のサブネットにルート サーバーをデプロイします。
Quagga を使用した BGP ピアリングでの Azure Route Server

Azure にデプロイする
このテンプレートでは、Quagga を使用してルーター サーバーと Ubuntu VM をデプロイします。 ルーター サーバーと Quagga の間に 2 つの外部 BGP セッションが確立されます。 Quagga のインストールと構成は、Linux 用の Azure カスタム スクリプト拡張機能によって実行されます

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

virtualHubs/bgpConnections リソースの種類は、次のようにデプロイできます。

  • リソース グループ

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはNetwork/virtualHubs/bgpConnections リソースで、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.Network/virtualHubs/bgpConnections@2021-03-01"
  name = "string"
  parent_id = "string"
  body = jsonencode({
    properties = {
      hubVirtualNetworkConnection = {
        id = "string"
      }
      peerAsn = int
      peerIp = "string"
    }
  })
}

プロパティの値

virtualHubs/bgpConnections

名前 説明
type リソースの種類 "Microsoft。Network/virtualHubs/bgpConnections@2021-03-01"
name リソース名 string (必須)
parent_id このリソースの親であるリソースの ID。 種類のリソースの ID: virtualHubs
properties Bgp 接続のプロパティ。 BgpConnectionProperties

BgpConnectionProperties

名前 説明
hubVirtualNetworkConnection HubVirtualNetworkConnection リソースへの参照。 サブリソース
peerAsn ピア ASN。 INT
peerIp ピア IP。 string

サブリソース

名前 説明
id リソースの ID string