Microsoft Teams on Azure Virtual Desktop を使用する

Microsoft Teams on Azure Virtual Desktop は、チャットとコラボレーションをサポートしています。 メディア最適化が加わると、さらに通話と会議の機能もサポートされます。 仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) 環境で Microsoft Teams を使用する方法の詳細については、「仮想デスクトップ インフラストラクチャ用の Teams」を参照してください。

Microsoft Teams のメディア最適化では、Teams での通話と会議の音声やビデオは、リモート デスクトップ クライアントによってローカル デバイスにリダイレクトされて、ローカルで処理されます。 他のクライアントをお使いの場合は、引き続き Microsoft Teams on Azure Virtual Desktop を利用できますが、最適化された通話と会議は利用できません。 Teams のチャットとコラボレーションの機能は、プラットフォームを問わずサポートされています。

前提条件

Microsoft Teams on Azure Virtual Desktop を使用するには、次の操作を行う必要があります。

Microsoft Teams のメディア最適化は、次の 2 つのクライアントでのみ使用できます。

  • Windows 10 または 11 マシン用 Windows デスクトップ クライアント、バージョン 1.2.1026.0 以降。
  • macOS リモート デスクトップ クライアント、バージョン 10.7.7 以降。

Teams on Azure Virtual Desktop でサポートされている機能と、クライアントの最低限必要なバージョンの詳細については、Teams on Azure Virtual Desktop でサポートされている機能に関するページを参照してください。

Teams デスクトップ アプリのインストールを準備する

このセクションでは、Windows 10 または 11 Enterprise マルチセッション、あるいは Windows 10 または 11 Enterprise の VM イメージに Teams のデスクトップ アプリをインストールする方法を説明します。 詳細については、「VDI で Teams のデスクトップ アプリをインストールまたは更新する」を参照してください。

Teams 用のイメージを準備する

Teams でメディアの最適化を有効にするには、ホスト VM で次のレジストリ キーを設定します:

  1. スタート メニューから、レジストリエディターを管理者として実行します。 HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Teams に移動します。 Teams のキーがまだ存在しない場合は作成します。

  2. Teams のキー用に以下の値を作成します。

    名前 Type データ/値
    IsWVDEnvironment DWORD 1

または、管理者特権の PowerShell セッションから次のコマンドを実行して、レジストリ エントリを作成することもできます。

New-Item -Path "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Teams" -Force
New-ItemProperty -Path "HKLM:\SOFTWARE\Microsoft\Teams" -Name IsWVDEnvironment -PropertyType DWORD -Value 1 -Force

Remote Desktop WebRTC Redirector Service をインストールする

Teams on Azure Virtual Desktop を実行するには、Remote Desktop WebRTC Redirector Service が必要です。 サービスをインストールするには次のようにします。

  1. ローカル管理者としてセッション ホストにサインインします。

  2. Remote Desktop WebRTC Redirector Service インストーラをダウンロードします。

  3. ダウンロードしたファイルを開き、セットアップ プロセスを開始します。

  4. 画面の指示に従います。 完了したら、[終了] を選択します。

WebSocket サービスの最新バージョンの詳細については、Remote Desktop WebRTC Redirector Service の新機能に関するページを参照してください。

Teams on Azure Virtual Desktop をインストールする

コンピューター別またはユーザー別のインストールを使用して、Teams のデスクトップ アプリを展開できます。 Teams on Azure Virtual Desktop をインストールするには次のようにします。

  1. 環境に合った Teams MSI パッケージをダウンロードします。 64 ビットのオペレーティング システムでは、64 ビットのインストーラーを使用することをお勧めします。

  2. 次のいずれかのコマンドを実行して、ホスト VM に MSI をインストールします。

    • マシンごとのインストールの場合は、次のコマンドを実行します。

      msiexec /i <path_to_msi> /l*v <install_logfile_name> ALLUSER=1 ALLUSERS=1
      

      このプロセスにより、Teams が 64 ビット オペレーティング システムの %ProgramFiles(x86)% フォルダーと 32 ビット オペレーティング システムの %ProgramFiles% フォルダーにインストールされます。 この時点で、ゴールデン イメージのセットアップが完了しています。 非永続的なセットアップのためには、マシン単位で Teams をインストールする必要があります。

      このプロセス中に、ALLUSER=1ALLUSERS=1 パラメーターを設定できます。 次の表では、これらの 2 つのパラメーターの違いを示しています。

      パラメーター 目的
      ALLUSER=1 仮想デスクトップ インフラストラクチャ (VDI) 環境で使用され、マシンごとのインストールを指定します。
      ALLUSERS=1 VDI 以外と VDI の両方の環境で使用されます。これにより、[Teams Machine-Wide Installer] がコントロール パネルの [プログラムと機能] と、[Windows の設定] の [アプリと機能] に表示されます。 このインストーラを使用すると、管理者資格情報を持つすべてのユーザーが Teams をアンインストールできます。

      MSI 設定 ALLUSER=1 を使用して Teams をインストールすると、自動更新が無効になります。 少なくとも 1 か月に 1 回、Teams を更新することをお勧めします。 Teams デスクトップ アプリのデプロイの詳細については、「Teams デスクトップ アプリを VM に展開する」を参照してください。

      注意

      プールされたものと個人用の両方のホスト プールのセットアップをより適切に一元管理するためには、コンピューターごとのインストールを使用することをお勧めします。

      この時点では、ユーザーと管理者がサインイン中に Teams の自動起動を無効にすることはできません。

    • ユーザーごとのインストールの場合は、次のコマンドを実行します。

      msiexec /i <path_to_msi> /l*v <install_logfile_name> ALLUSERS=1
      

      このプロセスによって、Teams は %AppData% ユーザー フォルダーにインストールされます。

      注意

      ユーザーごとのインストールは、個人用ホスト プールでのみ機能します。 プールされたホスト プールがデプロイで使用されている場合は、マシンごとのインストールを代わりに使用することをお勧めします。

メディア最適化が読み込まれたことを確認する

WebSocket Service と Teams デスクトップ アプリのインストールが終わったら、以下の手順に従って Teams のメディア最適化が読み込まれていることを確認します。

  1. Teams アプリケーションを終了し、再起動します。

  2. ユーザー プロファイル画像を選択し、 [情報] を選択します。

  3. [バージョン] を選択します。

    メディアの最適化が読み込まれている場合、バナーに "Azure Virtual Desktop メディアは最適化されています" というメッセージが表示されます。 バナーに "Azure Virtual Desktop メディアが接続されていません" というメッセージが表示された場合は、Teams アプリを終了し、もう一度やり直してください。

  4. ユーザー プロファイル画像を選択し、 [設定] を選択します。

    メディア最適化が読み込まれていると、デバイス メニューにローカルで利用できるオーディオ デバイスとカメラが列挙されます。 メニューに [リモート オーディオ] が表示されている場合は、Teams アプリを終了し、もう一度やり直してください。 それでもデバイスがメニューに表示されない場合は、ローカル PC のプライバシー設定を確認してください。 [設定]>[プライバシー]>[アプリのアクセス許可 - マイク] の下にある "アプリからのマイクへのアクセスを許可する" のトグルが [オン] になっていることを確認します。 リモート セッションから切断してから、もう一度オーディオ デバイスとビデオ デバイスを再接続します。 ビデオを使用して通話やミーティングに参加するには、アプリがカメラにアクセスするためのアクセス許可も付与する必要があります。

    最適化が読み込まれない場合は、Teams をアンインストールしてから再インストールし、もう一度確認してください。

ホスト プールのリモート デスクトップ プロトコル プロパティをカスタマイズする

マルチモニター エクスペリエンス、マイクの有効化、オーディオ リダイレクトなど、ホスト プールのリモート デスクトップ プロトコル (RDP) のプロパティをカスタマイズすると、ユーザーのニーズに応じた最適なエクスペリエンスを提供できます。

メディア最適化ありの Teams を使用する場合には、デバイスのリダイレクトを有効にする必要はありません。 メディア最適化なしの Teams を使用する場合には、次の RDP プロパティを設定し、マイクとカメラのリダイレクトを有効にしてください。

  • audiocapturemode:i:1: ローカル デバイスからのオーディオのキャプチャを有効にし、リモート セッション内のオーディオ アプリケーションをリダイレクトします。
  • audiomode:i:0: ローカル コンピューター上でオーディオを再生します。
  • camerastoredirect:s:*: すべてのカメラをリダイレクトします。

詳細については、「ホスト プールのリモート デスクトップ プロトコル プロパティをカスタマイズする」をご確認ください。

次のステップ

Teams on Azure Virtual Desktop でサポートされている機能と、クライアントの最低限必要なバージョンの詳細については、Teams on Azure Virtual Desktop でサポートされている機能に関するページを参照してください。

既知の問題、制限事項、および問題をログに記録する方法については、Teams on Azure Virtual Desktop のトラブルシューティングに関するページを参照してください。

WebSocket サービスの最新バージョンについては、Azure Virtual Desktop 向け WebSocket サービスの新機能に関するページを参照してください。