Azure portal を使用して静的パブリック IP アドレスを持つ仮想マシンを作成する

この記事では、静的パブリック IP アドレスを持つ仮想マシン (VM) を作成します。 パブリック IP アドレスを使用して、インターネットから VM への通信を行うことができます。 動的アドレスではなく静的パブリック IP アドレスを割り当てて、アドレスの変更がないことを確認します。

パブリック IP アドレスには、わずかながら料金が発生します。 サブスクリプションごとに使用できるパブリック IP アドレスの数には制限があります。

Azure PublicUS GovernmentChina、および Germany クラウドの範囲 (プレフィックス) の一覧をダウンロードできます。

前提条件

Azure へのサインイン

Azure portal にサインインします。

仮想マシンの作成

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、「仮想マシン」と入力します。

  2. 検索結果から [仮想マシン] を選択します。

  3. [+ 作成] を選択し、[Azure 仮想マシン] を選択します。

  4. [仮想マシンの作成][基本] タブで、次の情報を入力または選択します。

    設定
    プロジェクトの詳細
    サブスクリプション お使いの "Azure サブスクリプション" を選択します
    リソース グループ [新規作成] を選択します。
    [名前] に「myResourceGroup」と入力します。

    を選択します。
    インスタンスの詳細
    仮想マシン名 myVM」と入力します。
    リージョン [米国東部] を選択します。
    可用性オプション [インフラストラクチャ冗長は必要ありません] を選択します。
    セキュリティの種類 [Standard] を選択します。
    Image [Windows Server 2019 Datacenter - x64 Gen2] を選択します。
    サイズ VM サイズを選択するか、既定の設定を使用します。
    管理者アカウント
    ユーザー名 ユーザー名を入力します。
    Password パスワードを入力します。
    パスワードの確認 パスワードを再入力します。
    パブリック受信ポート [選択したポートを許可する] を選択します。
    受信ポートの選択 [RDP (3389)] を選択します。

    警告

    インターネットから Windows Server 仮想マシンへのリモート アクセスを有効にするために、ポート 3389 が選択されています。 運用環境のワークロードを管理するために、インターネットに対してポート 3389 を開くことはお勧めしません。
    Azure 仮想マシンへのアクセスをセキュリティで保護する方法については、「Azure Bastion とは」を参照してください

  5. [ネットワーク] タブまたは [次へ: ディスク] を選択してから [次へ: ネットワーク] を選択します。

  6. [ネットワーク] タブで、次の情報を入力または選択します。

    設定
    ネットワーク インターフェイス
    仮想ネットワーク 既定のネットワーク名を受け入れます。
    Subnet 既定のサブネット構成を受け入れます。
    パブリック IP [新規作成] を選択します。
    [パブリック IP アドレスの作成]で、[名前] に「myPublicIP」と入力します。
    [SKU]: [Standard] を選択します。
    [割り当て]: [静的] を選択します。

    を選択します。
    NIC ネットワーク セキュリティ グループ [Basic] を選択します
    パブリック受信ポート [選択したポートを許可する] を選択します。
    受信ポートの選択 [RDP (3389)] を選択します

    Note

    仮想マシンのパブリック IP アドレスの SKU は、ロード バランサーのバックエンド プールに追加されたときに Azure パブリック ロード バランサーのパブリック IP SKU と一致している必要があります。 詳細については、Azure Load Balancer に関する記事を参照してください。

  7. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。

  8. 設定を確認し、 [作成] を選択します。

警告

仮想マシンのオペレーティング システム内の IP アドレス設定は変更しないでください。 オペレーティング システムは、Azure のパブリック IP アドレスを認識しません。 プライベート IP アドレスの設定はオペレーティング システムに追加できますが、必要でない限り、この操作を行うことはお勧めしません。 詳細については、オペレーティング システムへのプライベート IP アドレスの追加に関する記事を参照してください。

Note

パブリック IP アドレスが割り当てられていないか、内部の基本 Azure ロード バランサーのバックエンド プールにある VM に対しては、Azure によって既定のアウトバウンド アクセス IP が提供されます。 デフォルト送信アクセス IP メカニズムは、構成できないアウトバウンド IP アドレスを提供します。

次のいずれかのイベントが発生すると、既定のアウトバウンド アクセス IP は無効になります。

  • パブリック IP アドレスが VM に割り当てられます。
  • アウトバウンド規則の有無に関係なく、VM が Standard ロード バランサーのバックエンド プールに配置されます。
  • Azure Virtual Network NAT ゲートウェイ リソースが VM のサブネットに割り当てられます。

フレキシブル オーケストレーション モードの仮想マシン スケール セットによって作成された VM には、既定のアウトバウンド アクセスがありません。

Azure のアウトバウンド接続の詳細については、「Azure での既定の送信アクセス」および「送信接続での送信元ネットワーク アドレス変換 (SNAT)を使用する」を参照してください。

リソースをクリーンアップする

リソース グループとそれに含まれるすべてのリソースが不要になったら、それらを削除します。

  1. ポータル上部の [検索] ボックスに「myResourceGroup」と入力します。 検索結果に [myResourceGroup] が表示されたら、それを選択します。

  2. [リソース グループの削除] を選択します。

  3. [TYPE THE RESOURCE GROUP NAME:](リソース グループ名を入力してください:) に「myResourceGroup」と入力し、 [削除] を選択します。

次のステップ

この記事では、静的パブリック IP を持つ VM を作成する方法について説明します。