az network asg

アプリケーション セキュリティ グループ (ASG) を管理します。

アプリケーションの構造の自然な拡張機能としてネットワーク セキュリティを構成できます。ASG を使用すると、仮想マシンをグループ化し、それらのグループに基づいてネットワーク セキュリティ ポリシーを定義できます。 NSG セキュリティ規則では、アプリケーション セキュリティ グループをソースと宛先として指定できます。 詳細については、https://docs.microsoft.com/azure/virtual-network/create-network-security-group-preview を参照してください。

コマンド

az network asg create

アプリケーション セキュリティ グループを作成します。

az network asg delete

アプリケーション セキュリティ グループを削除します。

az network asg list

すべてのアプリケーション セキュリティ グループを一覧表示します。

az network asg show

アプリケーション セキュリティ グループの詳細を取得します。

az network asg update

アプリケーション セキュリティ グループを更新します。

az network asg wait

条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

az network asg create

アプリケーション セキュリティ グループを作成します。

az network asg create --name
                      --resource-group
                      [--location]
                      [--no-wait {0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes}]
                      [--tags]

アプリケーション セキュリティ グループを作成します。

az network asg create -g MyResourceGroup -n MyAsg --tags MyWebApp, CostCenter=Marketing

必須のパラメーター

--name -n

新しいアプリケーション セキュリティ グループ リソースの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--location -l

場所。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

承認された値: 0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes
--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]。"" を使用して既存のタグをクリアします。 短縮構文、json-file、yaml-file をサポートします。 詳細を表示してみてください ??

az network asg delete

アプリケーション セキュリティ グループを削除します。

az network asg delete [--ids]
                      [--name]
                      [--no-wait {0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes}]
                      [--resource-group]
                      [--subscription]

アプリケーション セキュリティ グループを削除します。

az network asg delete -g MyResourceGroup -n MyAsg

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids またはその他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

新しいアプリケーション セキュリティ グループ リソースの名前。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

承認された値: 0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

az network asg list

すべてのアプリケーション セキュリティ グループを一覧表示します。

az network asg list [--resource-group]

リソース グループ内のすべてのアプリケーション セキュリティ グループを一覧表示します。

az network asg list -g MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az network asg show

アプリケーション セキュリティ グループの詳細を取得します。

az network asg show [--ids]
                    [--name]
                    [--resource-group]
                    [--subscription]

アプリケーション セキュリティ グループの詳細を取得します。

az network asg show -g MyResourceGroup -n MyAsg

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids またはその他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

新しいアプリケーション セキュリティ グループ リソースの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

az network asg update

アプリケーション セキュリティ グループを更新します。

このコマンドは、アプリケーション セキュリティ グループのタグの更新にのみ使用できます。 名前とリソース グループは不変であり、更新できません。

az network asg update [--add]
                      [--force-string {0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes}]
                      [--ids]
                      [--location]
                      [--name]
                      [--no-wait {0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes}]
                      [--remove]
                      [--resource-group]
                      [--set]
                      [--subscription]
                      [--tags]

変更されたタグ値を使用してアプリケーション セキュリティ グループを更新します。

az network asg update -g MyResourceGroup -n MyAsg --tags CostCenter=MyBusinessGroup

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value、string、または JSON 文字列>。

--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON への変換を試みるのではなく、文字列リテラルを保持します。

承認された値: 0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids またはその他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--location -l

場所。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--name -n

新しいアプリケーション セキュリティ グループ リソースの名前。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

承認された値: 0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes
--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list OR --remove propertyToRemove。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--set

設定するプロパティ パスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]。"" を使用して既存のタグをクリアします。 短縮構文、json-file、yaml-file をサポートします。 詳細を表示してみてください ??

az network asg wait

条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

az network asg wait [--created]
                    [--custom]
                    [--deleted]
                    [--exists]
                    [--ids]
                    [--interval]
                    [--name]
                    [--resource-group]
                    [--subscription]
                    [--timeout]
                    [--updated]

省略可能のパラメーター

--created

'provisioningState' が 'Succeeded' で作成されるまで待ちます。

既定値: False
--custom

条件がカスタム JMESPath クエリを満たすまで待ちます。 例: provisioningState!='InProgress', instanceView.statuses[?code=='PowerState/running'].

--deleted

削除されるまで待ちます。

既定値: False
--exists

リソースが存在するまで待ちます。

既定値: False
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids またはその他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--interval

ポーリング間隔 (秒単位)。

既定値: 30
--name -n

新しいアプリケーション セキュリティ グループ リソースの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--timeout

最大待機時間 (秒単位)。

既定値: 3600
--updated

provisioningState が 'Succeeded' で更新されるまで待ちます。

既定値: False