az vm

Linux または Windows 仮想マシンを管理します。

コマンド

az vm aem

AZURE Enhanced Monitoring Extension for SAP を管理します。

az vm aem delete

Azure Enhanced Monitoring Extension を削除します。

az vm aem set

Azure Enhanced Monitoring Extension を構成します。

az vm aem verify

Azure Enhanced Monitoring Extensions が正しく構成されていることを確認します。

az vm application

VM のアプリケーションを管理します。

az vm application list

VM のアプリケーションを一覧表示します。

az vm application set

VM のアプリケーションを設定します。

az vm assess-patches

VM 上のパッチを評価します。

az vm auto-shutdown

VM の自動シャットダウンを管理します。

az vm availability-set

リソースを可用性セットにグループ化します。

az vm availability-set convert

マネージド ディスクを含む VM を含む Azure 可用性セットを変換します。

az vm availability-set create

Azure 可用性セットを作成します。

az vm availability-set delete

可用性セットを削除します。

az vm availability-set list

可用性セットを一覧表示します。

az vm availability-set list-sizes

可用性セットの VM サイズを一覧表示します。

az vm availability-set show

可用性セットの情報を取得します。

az vm availability-set update

Azure 可用性セットを更新します。

az vm boot-diagnostics

Azure 仮想マシンの起動に関するトラブルシューティングを行います。

az vm boot-diagnostics disable

VM でブート診断を無効にします。

az vm boot-diagnostics enable

VM でブート診断を有効にします。

az vm boot-diagnostics get-boot-log

VM からブート診断ログを取得します。

az vm boot-diagnostics get-boot-log-uris

仮想マシンのブート診断ログの SAS URI を取得します。

az vm capture

停止した VM の情報をキャプチャします。

az vm convert

非管理対象ディスクを持つ VM をマネージド ディスクを使用するように変換します。

az vm create

Azure 仮想マシンを作成する。

az vm deallocate

コンピューティング リソースが割り当てられないように VM の割り当てを解除します (課金は適用されなくなります)。 状態が 'Stopped' から 'Stopped (割り当て解除済み) に変わります。

az vm delete

VM を削除します。

az vm diagnostics

Azure 仮想マシン診断拡張機能を構成します。

az vm diagnostics get-default-config

VM の既定の構成設定を取得します。

az vm diagnostics set

Azure VM 診断拡張機能を構成します。

az vm disk

VM に接続されているマネージド データ ディスクを管理します。

az vm disk attach

マネージド 永続ディスクを VM に接続します。

az vm disk detach

VM からマネージド ディスクをデタッチします。

az vm encryption

VM ディスクの暗号化を管理します。

az vm encryption disable

OS ディスクまたはデータ ディスクのディスク暗号化を無効にします。 マウントされたディスクの暗号化を解除します。

az vm encryption enable

OS ディスクまたはデータ ディスクでディスク暗号化を有効にします。 マウントされたディスクを暗号化します。

az vm encryption show

暗号化の状態を表示します。

az vm extension

VM 上の拡張機能を管理します。

az vm extension delete

VM に接続されている拡張機能を削除します。

az vm extension image

サブスクリプションとリージョンで使用可能な VM 拡張機能を見つけます。

az vm extension image list

使用可能な拡張機能に関する情報を一覧表示します。

az vm extension image list-names

使用可能な拡張機能の名前を一覧表示します。

az vm extension image list-versions

使用可能な拡張機能のバージョンを一覧表示します。

az vm extension image show

拡張機能の情報を表示します。

az vm extension list

VM にアタッチされている拡張機能を一覧表示します。

az vm extension set

VM の拡張機能を設定します。

az vm extension show

VM にアタッチされている拡張機能に関する情報を表示します。

az vm extension wait

仮想マシン拡張機能の条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

az vm generalize

VM を一般化済みとしてマークし、複数のデプロイに対してイメージ化できるようにします。

az vm get-instance-view

VM に関するインスタンス情報を取得します。

az vm host

Virtual Machines専用ホストを管理します。

az vm host create

専用ホストを作成します。

az vm host delete

専用ホストを削除します。

az vm host get-instance-view

専用ホストに関するインスタンス情報を取得します。

az vm host group

専用ホスト グループを管理します。

az vm host group create

専用ホスト グループを作成します。

az vm host group delete

専用ホスト グループを削除します。

az vm host group get-instance-view

専用ホスト グループのインスタンス ビューを取得します。

az vm host group list

専用ホスト グループを一覧表示します。

az vm host group show

専用ホスト グループの詳細を取得します。

az vm host group update

専用ホスト グループを更新します。

az vm host list

専用ホストを一覧表示します。

az vm host restart

専用ホストを再起動します。

az vm host show

専用ホストの詳細を取得します。

az vm host update

専用ホストを更新します。

az vm identity

VM のサービス ID を管理します。

az vm identity assign

VM でマネージド サービス ID を有効にします。

az vm identity remove

VM からマネージド サービス ID を削除します。

az vm identity show

VM のマネージド ID 情報を表示します。

az vm image

使用可能な仮想マシン イメージに関する情報。

az vm image accept-terms

イメージを使用して VM を作成できるように、Azure Marketplace用語を受け入れます。

az vm image list

Azure Marketplaceで使用できる VM/VMSS イメージを一覧表示します。

az vm image list-offers

Azure Marketplaceで使用可能な VM イメージ オファーの一覧を表示します。

az vm image list-publishers

Azure Marketplaceで使用可能な VM イメージパブリッシャーを一覧表示します。

az vm image list-skus

Azure Marketplaceで使用可能な VM イメージ SKU を一覧表示します。

az vm image show

Azure Marketplaceで使用できる VM イメージの詳細を取得します。

az vm image terms

Azure Marketplace イメージの使用条件を管理する。

az vm image terms accept

イメージAzure Marketplace使用して VM を作成できるように、イメージの用語に同意します。

az vm image terms cancel

イメージ用語Azure Marketplaceキャンセルします。

az vm image terms show

画像用語の詳細Azure Marketplace取得します。

az vm install-patches

VM にパッチをインストールします。

az vm list

Virtual Machinesの詳細を一覧表示します。

az vm list-ip-addresses

VM に関連付けられている IP アドレスを一覧表示します。

az vm list-sizes

VM で使用可能なサイズを一覧表示します。

az vm list-skus

コンピューティング関連のリソース SKU の詳細を取得します。

az vm list-usage

VM で使用可能な使用状況リソースを一覧表示します。

az vm list-vm-resize-options

VM で使用可能なサイズ変更オプションを一覧表示します。

az vm monitor

VM の監視の側面を管理します。

az vm monitor log

VM のログ分析ワークスペースを管理します。

az vm monitor log show

VM にリンクされている Log Analytics ワークスペースに対してクエリを実行します。

az vm monitor metrics

VM のメトリックを管理します。

az vm monitor metrics list-definitions

VM のメトリック定義を一覧表示します。

az vm monitor metrics tail

VM のメトリック値を一覧表示します。

az vm nic

ネットワーク インターフェイスを管理します。 az network nic も参照してください。

az vm nic add

VM に既存の NIC を追加します。

az vm nic list

VM で使用できる NIC の一覧を表示します。

az vm nic remove

VM から NIC を削除します。

az vm nic set

VM に接続されている NIC の設定を構成します。

az vm nic show

VM に接続されている NIC の情報を表示します。

az vm open-port

指定したポートで受信トラフィックへの VM を開きます。

az vm perform-maintenance

仮想マシンでメンテナンスを実行する操作。

az vm reapply

VM を再適用します。

az vm redeploy

既存の VM を再デプロイします。

az vm repair

VM を修正する自動修復コマンド。

az vm repair create

新しい修復 VM を作成し、ソース VM のコピーした OS ディスクをデータ ディスクとして接続します。

az vm repair list-scripts

使用可能なスクリプトを一覧表示します。 場所:https://github.com/Azure/repair-script-library

az vm repair reset-nic

VM ゲスト OS のネットワーク インターフェイス スタックをリセットします。 https://docs.microsoft.com/en-us/troubleshoot/azure/virtual-machines/reset-network-interface

az vm repair restore

ソース VM の OS ディスクを修復 VM のデータ ディスクに置き換えます。

az vm repair run

VM で GitHub から検証済みスクリプトを実行します。 使用可能なスクリプトを表示する 'az vm repair list-scripts' です。

az vm resize

VM のサイズを更新します。

az vm restart

VM を再起動します。

az vm run-command

仮想マシンで実行コマンドを管理します。

az vm run-command create

実行コマンドを作成する操作。

az vm run-command delete

実行コマンドを削除する操作。

az vm run-command invoke

VM で特定の実行コマンドを実行します。

az vm run-command list

VM または場所からの実行コマンドを一覧表示します。

az vm run-command show

特定の実行コマンドを取得します。

az vm run-command update

実行コマンドを更新する操作。

az vm run-command wait

res virtual-machine-run-command の条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

az vm secret

VM シークレットを管理します。

az vm secret add

VM にシークレットを追加します。

az vm secret format

VM と VMSS で使用できる形式にシークレットを変換します。

az vm secret list

VM 上のシークレットを一覧表示します。

az vm secret remove

VM からシークレットを削除します。

az vm show

VM の詳細を取得します。

az vm simulate-eviction

スポット VM の削除をシミュレートします。

az vm start

停止した VM を起動します。

az vm stop

実行中の VM の電源をオフ (停止) します。

az vm unmanaged-disk

VM に接続されているアンマネージド データ ディスクを管理します。

az vm unmanaged-disk attach

非管理対象の永続ディスクを VM にアタッチします。

az vm unmanaged-disk detach

VM からアンマネージド ディスクをデタッチします。

az vm unmanaged-disk list

VM のアンマネージド ディスクを一覧表示します。

az vm update

VM のプロパティを更新します。

az vm user

VM のユーザー アカウントを管理します。

az vm user delete

VM からユーザー アカウントを削除します。

az vm user reset-ssh

VM 上の SSH 構成をリセットします。

az vm user update

ユーザー アカウントを更新します。

az vm wait

VM の条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

az vm assess-patches

VM 上のパッチを評価します。

az vm assess-patches [--ids]
                     [--name]
                     [--resource-group]

VM 上のパッチを評価します。

az vm assess-patches -g MyResourceGroup -n MyVm

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm auto-shutdown

VM の自動シャットダウンを管理します。

az vm auto-shutdown [--email]
                    [--ids]
                    [--location]
                    [--name]
                    [--off]
                    [--resource-group]
                    [--time]
                    [--webhook]

VM の自動シャットダウン スケジュールを作成します。

az vm auto-shutdown -g MyResourceGroup -n MyVm --time 1730 --email "foo@bar.com" --webhook "https://example.com/"

VM の自動シャットダウン スケジュールを削除します。

az vm auto-shutdown -g MyResourceGroup -n MyVm --off

省略可能のパラメーター

--email

通知を送信する電子メール受信者 (セミコロンで区切られた電子メール アドレスの一覧を指定できます)。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--location -l

場所。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--off

VM の自動シャットダウンをオフにします。 構成はクリアされます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--time

スケジュールが毎日行われる UTC 時刻。 形式: hhmm。 例: 1730。

--webhook

通知の送信先となる Webhook URL。

az vm capture

停止した VM の情報をキャプチャします。

エンド ツー エンドのチュートリアルについては、次を参照してください https://docs.microsoft.com/azure/virtual-machines/linux/capture-image

az vm capture --vhd-name-prefix
              [--ids]
              [--name]
              [--overwrite]
              [--resource-group]
              [--storage-container]

停止した仮想マシンの割り当てを解除、一般化、キャプチャします。

az vm deallocate -g MyResourceGroup -n MyVm
az vm generalize -g MyResourceGroup -n MyVm
az vm capture -g MyResourceGroup -n MyVm --vhd-name-prefix MyPrefix

停止している複数の仮想マシンの割り当てを解除し、一般化し、キャプチャします。

vms_ids=$(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)
az vm deallocate --ids {vms_ids}
az vm generalize --ids {vms_ids}
az vm capture --ids {vms_ids} --vhd-name-prefix MyPrefix

必須のパラメーター

--vhd-name-prefix

VHD 名プレフィックスは、VM ディスクに指定します。

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--overwrite

既存のディスク ファイルを上書きします。

既定値: 1
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--storage-container

ディスクを保存するストレージ アカウント コンテナー名。

既定値: vhds

az vm convert

マネージド ディスクを使用するように、非管理対象ディスクを含む VM を変換します。

az vm convert [--ids]
              [--name]
              [--resource-group]

マネージド ディスクを使用するように、非管理対象ディスクを含む VM を変換します。

az vm convert -g MyResourceGroup -n MyVm

リソース グループ内のアンマネージド ディスクを持つすべての VM を、マネージド ディスクを使用するように変換します。

az vm convert --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 既定の構成は、次を使用して az configure --defaults vm=<name>行うことができます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm create

Azure 仮想マシンを作成する。

エンド ツー エンドのチュートリアルについては、次を参照してください https://docs.microsoft.com/azure/virtual-machines/linux/quick-create-cli

az vm create --name
             --resource-group
             [--accelerated-networking {false, true}]
             [--accept-term]
             [--admin-password]
             [--admin-username]
             [--asgs]
             [--assign-identity]
             [--attach-data-disks]
             [--attach-os-disk]
             [--authentication-type {all, password, ssh}]
             [--availability-set]
             [--boot-diagnostics-storage]
             [--capacity-reservation-group]
             [--computer-name]
             [--count]
             [--custom-data]
             [--data-disk-caching]
             [--data-disk-delete-option]
             [--data-disk-encryption-sets]
             [--data-disk-sizes-gb]
             [--disable-integrity-monitoring]
             [--disk-controller-type {NVMe, SCSI}]
             [--edge-zone]
             [--enable-agent {false, true}]
             [--enable-auto-update {false, true}]
             [--enable-hibernation {false, true}]
             [--enable-hotpatching {false, true}]
             [--enable-secure-boot {false, true}]
             [--enable-vtpm {false, true}]
             [--encryption-at-host {false, true}]
             [--ephemeral-os-disk {false, true}]
             [--ephemeral-os-disk-placement {CacheDisk, ResourceDisk}]
             [--eviction-policy {Deallocate, Delete}]
             [--generate-ssh-keys]
             [--host]
             [--host-group]
             [--image]
             [--license-type {None, RHEL_BASE, RHEL_BASESAPAPPS, RHEL_BASESAPHA, RHEL_BYOS, RHEL_ELS_6, RHEL_EUS, RHEL_SAPAPPS, RHEL_SAPHA, SLES, SLES_BYOS, SLES_HPC, SLES_SAP, SLES_STANDARD, Windows_Client, Windows_Server}]
             [--location]
             [--max-price]
             [--nic-delete-option]
             [--nics]
             [--no-wait]
             [--nsg]
             [--nsg-rule {NONE, RDP, SSH}]
             [--os-disk-caching {None, ReadOnly, ReadWrite}]
             [--os-disk-delete-option {Delete, Detach}]
             [--os-disk-encryption-set]
             [--os-disk-name]
             [--os-disk-secure-vm-disk-encryption-set]
             [--os-disk-security-encryption-type {DiskWithVMGuestState, VMGuestStateOnly}]
             [--os-disk-size-gb]
             [--os-type {linux, windows}]
             [--patch-mode {AutomaticByOS, AutomaticByPlatform, ImageDefault, Manual}]
             [--plan-name]
             [--plan-product]
             [--plan-promotion-code]
             [--plan-publisher]
             [--platform-fault-domain]
             [--ppg]
             [--priority {Low, Regular, Spot}]
             [--private-ip-address]
             [--public-ip-address]
             [--public-ip-address-allocation {dynamic, static}]
             [--public-ip-address-dns-name]
             [--public-ip-sku {Basic, Standard}]
             [--role]
             [--scope]
             [--secrets]
             [--security-type {ConfidentialVM, TrustedLaunch}]
             [--size]
             [--specialized {false, true}]
             [--ssh-dest-key-path]
             [--ssh-key-name]
             [--ssh-key-values]
             [--storage-account]
             [--storage-container-name]
             [--storage-sku]
             [--subnet]
             [--subnet-address-prefix]
             [--tags]
             [--ultra-ssd-enabled {false, true}]
             [--use-unmanaged-disk]
             [--user-data]
             [--v-cpus-available]
             [--v-cpus-per-core]
             [--validate]
             [--vmss]
             [--vnet-address-prefix]
             [--vnet-name]
             [--workspace]
             [--zone {1, 2, 3}]

自動 SSH 認証を使用して既定の Ubuntu VM を作成します。

az vm create -n MyVm -g MyResourceGroup --image UbuntuLTS

イメージ URN を使用して、自動 SSH 認証を使用する既定の RedHat VM を作成します。

az vm create -n MyVm -g MyResourceGroup --image RedHat:RHEL:7-RAW:7.4.2018010506

プライベート IP アドレスを持つ既定の Windows Server VM を作成します。

az vm create -n MyVm -g MyResourceGroup --public-ip-address "" --image Win2012R2Datacenter

カスタム マネージド イメージから VM を作成します。

az vm create -g MyResourceGroup -n MyVm --image MyImage

一般化されたギャラリー イメージ バージョンから VM を作成します。

az vm create -g MyResourceGroup -n MyVm --image /subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/myRG/providers/Microsoft.Compute/galleries/myGallery/images/myImage/versions/1.0.0

特殊なギャラリー イメージ バージョンから VM を作成します。

az vm create -g MyResourceGroup -n MyVm --image /subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/myRG/providers/Microsoft.Compute/galleries/myGallery/images/myImage/versions/1.0.0 --specialized

ギャラリー イメージの最新バージョンから VM を作成する

az vm create -g MyResourceGroup -n MyVm --image /subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000000/resourceGroups/myRG/providers/Microsoft.Compute/galleries/myGallery/images/myImage

マネージド オペレーティング システム ディスクに接続して VM を作成します。

az vm create -g MyResourceGroup -n MyVm --attach-os-disk MyOsDisk --os-type linux

構成用の cloud-init スクリプトを使用して Ubuntu Linux VM を作成します。 https://docs.microsoft.com/azure/virtual-machines/linux/using-cloud-init. を参照

az vm create -g MyResourceGroup -n MyVm --image debian --custom-data MyCloudInitScript.yml

既存の仮想ネットワークと可用性セットに配置された SSH キー認証とパブリック DNS エントリを使用して Debian VM を作成します。

az vm create -n MyVm -g MyResourceGroup --image debian --vnet-name MyVnet --subnet subnet1 \
    --availability-set MyAvailabilitySet --public-ip-address-dns-name MyUniqueDnsName \
    --ssh-key-values @key-file

パブリック IP アドレス、DNS エントリ、2 つのデータ ディスク (10 GB と 20 GB) を含む単純な Ubuntu Linux VM を作成し、ssh キー ペアを生成します。

az vm create -n MyVm -g MyResourceGroup --public-ip-address-dns-name MyUniqueDnsName \
    --image ubuntults --data-disk-sizes-gb 10 20 --size Standard_DS2_v2 \
    --generate-ssh-keys

Key Vault シークレットを使用して Debian VM を作成します。

az keyvault certificate create --vault-name vaultname -n cert1 \
  -p "$(az keyvault certificate get-default-policy)"

secrets=$(az keyvault secret list-versions --vault-name vaultname \
  -n cert1 --query "[?attributes.enabled].id" -o tsv)

vm_secrets=$(az vm secret format -s "$secrets")

az vm create -g group-name -n vm-name --admin-username deploy  \
  --image debian --secrets "$vm_secrets"

システム割り当て ID を使用して CentOS VM を作成します。 VM には、ストレージ アカウントへのアクセス権を持つ "共同作成者" ロールがあります。

az vm create -n MyVm -g rg1 --image centos --assign-identity [system] --scope /subscriptions/99999999-1bf0-4dda-aec3-cb9272f09590/MyResourceGroup/myRG/providers/Microsoft.Storage/storageAccounts/storage1 --role Contributor

ユーザー割り当て ID を使用して debian VM を作成します。

az vm create -n MyVm -g rg1 --image debian --assign-identity /subscriptions/99999999-1bf0-4dda-aec3-cb9272f09590/resourcegroups/myRG/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/myID

システム ID とユーザー割り当て ID の両方を使用して debian VM を作成します。

az vm create -n MyVm -g rg1 --image debian --assign-identity [system] /subscriptions/99999999-1bf0-4dda-aec3-cb9272f09590/resourcegroups/myRG/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/myID

現在のリソース グループのリージョンの可用性ゾーンに VM を作成します。

az vm create -n MyVm -g MyResourceGroup --image Centos --zone 1

複数の VM を作成します。 この例では、3 つの VM が作成されます。 これらは MyVm0、MyVm1、MyVm2 です。

az vm create -n MyVm -g MyResourceGroup --image centos --count 3

共有ギャラリー イメージから VM を作成する

az vm create -n MyVm -g MyResourceGroup --image /SharedGalleries/{gallery_unique_name}/Images/{image}/Versions/{version}

コミュニティ ギャラリー イメージから VM を作成する

az vm create -n MyVm -g MyResourceGroup --image /CommunityGalleries/{gallery_unique_name}/Images/{image}/Versions/{version}

必須のパラメーター

--name -n

仮想マシンの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

省略可能のパラメーター

--accelerated-networking

高速ネットワークを有効にします。 指定しない限り、CLI では、マシン イメージとサイズに基づいて有効になります。

承認された値: false, true
--accept-term

使用許諾契約書とプライバシーに関する声明に同意します。

--admin-password

認証の種類が "パスワード" の場合の VM のパスワード。

--admin-username

VM のユーザー名。 既定値は、OS の現在のユーザー名です。 既定値がシステム予約済みの場合、既定値は azureuser に設定されます。 予約値の https://docs.microsoft.com/rest/api/compute/virtualmachines/createorupdate#osprofile 完全な一覧を取得するには、参照してください。

--asgs

VM に関連付ける既存のアプリケーション セキュリティ グループのスペース区切りの一覧。

--assign-identity

スペースで区切られたシステムまたはユーザー割り当て ID を受け入れます。 '[system]' を使用してシステム割り当て ID を参照するか、リソース ID を使用してユーザー割り当て ID を参照します。 その他の例については、ヘルプを参照してください。

--attach-data-disks

既存のデータ ディスクを VM に接続します。 マネージド ディスクの名前または ID、またはアンマネージド ディスク VHD への URI を使用できます。

--attach-os-disk

既存の OS ディスクを VM に接続します。 マネージド ディスクの名前または ID、またはアンマネージド ディスク VHD への URI を使用できます。

--authentication-type

VM で使用する認証の種類。 既定では、Windows のパスワードと Linux 用の SSH 公開キーです。 "all" では、ssh 認証とパスワード認証の両方が有効になります。

承認された値: all, password, ssh
--availability-set

VM を追加する既存の可用性セットの名前または ID。 既定では None です。

--boot-diagnostics-storage

ブート診断をキャプチャするための既存のストレージ アカウント名またはその BLOB URI。 その SKU は、Standard_GRS、Standard_LRS、Standard_RAGRSのいずれかである必要があります。

--capacity-reservation-group --crg

割り当てに使用される容量予約グループの ID または名前。 "None" を渡して、容量予約グループの関連付けを解除します。 容量予約グループに関連付けられている VM/VMSS を削除する場合は、最初に容量予約グループの関連付けを解除する必要があることに注意してください。

--computer-name

仮想マシンのホスト OS 名。 既定値は VM の名前です。

--count

作成する仮想マシンの数。 値の範囲は [2, 250] です。値の範囲は [2, 250] です。 通常の 1 つの VM を作成する場合は、このパラメーターを指定しないでください。 VM は並列に作成されます。 このコマンドの出力は、1 つの VM ではなく VM の配列です。 各 VM には、独自のパブリック IP である NIC があります。 VNET と NSG は共有されます。 既存のパブリック IP、NIC、VNET、NSG がリソース グループに含まれるものがないことをお勧めします。 count を指定すると、--attach-data-disks、--attach-os-disk、 --boot-diagnostics-storage、--computer-name、--host、--host-group、--nics、--os-disk-name、--private-ip-address、--public-ip-ip-address、--public-ip-address-dns-name、--storage-account、--storage-container-name、--subnet、--use-unmanaged-disk、--vnet-name は許可されません。

--custom-data

カスタム init スクリプト ファイルまたはテキスト (cloud-init、cloud-config など)。

--data-disk-caching

'None'、'ReadOnly'、'ReadWrite' など、データ ディスクのストレージ キャッシュの種類。単一の値を使用してすべてのディスクに適用するか、個々のディスクを構成するために使用 <lun>=<vaule1> <lun>=<value2> します。

--data-disk-delete-option

VM の削除時にデータ ディスクを削除するか、デタッチするかを指定します。 1 つのデータ ディスクが接続されている場合、許可される値は Delete と Detach です。 複数のデータ ディスクが接続されている場合は、"<data_disk>=delete <data_disk2>=Detach" を使用して各ディスクを構成してください。

--data-disk-encryption-sets

データ ディスクのディスク暗号化セットの名前または ID (スペース区切り)。

--data-disk-sizes-gb

作成する空の空のマネージド データ ディスク サイズ (GB 単位)。

--disable-integrity-monitoring

ゲスト構成証明拡張機能をインストールし、信頼された起動が有効な VM と VMSS に対してシステム割り当て ID を有効にする既定の動作を無効にします。

--disk-controller-type

VM または VMSS 用に構成されたディスク コントローラーの種類を指定します。

承認された値: NVMe, SCSI
--edge-zone

エッジ ゾーンの名前。

--enable-agent

仮想マシン上に仮想マシン エージェントをプロビジョニングするかどうかを示します。 このプロパティが指定されていない場合、既定の動作では true に設定されます。 これにより、VM エージェントが VM にインストールされ、後で VM に拡張機能を追加できるようになります。

承認された値: false, true
--enable-auto-update

Windows 仮想マシンに対して自動更新が有効になっているかどうかを示します。

承認された値: false, true
--enable-hibernation

VM の休止機能を有効または無効にするフラグ。

承認された値: false, true
--enable-hotpatching

再起動を必要とせずに VM にパッチを適用します。 --enable-agent を設定し、--patch-mode を AutomaticByPlatform に設定する必要があります。

承認された値: false, true
--enable-secure-boot

セキュア ブートを有効にします。

承認された値: false, true
--enable-vtpm

vTPM を有効にします。

承認された値: false, true
--encryption-at-host

VM または VMSS のホスト暗号化を有効にします。 これにより、ホスト自体のリソース/一時ディスクを含むすべてのディスクの暗号化が有効になります。

承認された値: false, true
--ephemeral-os-disk

ホスト ノードに OS ディスクを直接作成できるため、ローカル ディスクのパフォーマンスと VM/VMSS の再イメージ化時間が短縮されます。

承認された値: false, true
--ephemeral-os-disk-placement --ephemeral-placement

で使用 --ephemeral-os-diskする場合にのみ適用されます。 エフェメラル OS ディスクプロビジョニングの場所を選択できます。

承認された値: CacheDisk, ResourceDisk
--eviction-policy

スポット優先度仮想マシンの削除ポリシー。 スポット優先度仮想マシンの既定の削除ポリシーは割り当て解除されます。

承認された値: Deallocate, Delete
--generate-ssh-keys

SSH 公開キー ファイルおよび SSH 秘密キー ファイルがない場合は生成します。 キーは ~/.ssh ディレクトリに格納されます。

--host

VM が存在する専用ホストのリソース ID。 --host と --host-group を一緒に使用することはできません。

--host-group

VM が存在する専用ホスト グループの名前またはリソース ID。 --host と --host-group を一緒に使用することはできません。

--image

URN エイリアス、URN、カスタム イメージ名または ID、カスタム イメージ バージョン ID、または VHD BLOB URI としてのオペレーティング システム イメージの名前。 また、共有ギャラリー イメージもサポートしています。 "Publisher:Offer:Sku:Version" という有効な URN 形式を使用 --attach-os-disk. しない限り、このパラメーターは必須です。 詳細については、 https://docs.microsoft.com/azure/virtual-machines/linux/cli-ps-findimage を参照してください。

開始値: az vm image list, az vm image show, az sig image-version show-shared
--license-type

Windows イメージまたはディスクのライセンスがオンプレミスにあることを指定します。 Windows Server のAzure ハイブリッド特典を有効にするには、'Windows_Server' を使用します。 Windows 10に対してマルチテナント ホスティング権限を有効にするには、'Windows_Client' を使用します。 詳細については、Azure Windows VM のオンライン ドキュメントを参照してください。

承認された値: None, RHEL_BASE, RHEL_BASESAPAPPS, RHEL_BASESAPHA, RHEL_BYOS, RHEL_ELS_6, RHEL_EUS, RHEL_SAPAPPS, RHEL_SAPHA, SLES, SLES_BYOS, SLES_HPC, SLES_SAP, SLES_STANDARD, Windows_Client, Windows_Server
--location -l

VM と関連リソースを作成する場所。 既定の場所が構成されていない場合は、既定でリソース グループの場所が設定されます。

--max-price

スポット VM/VMSS に対して支払う最大価格 (米ドル)。 -1 は、価格上の理由からスポット VM/VMSS を削除しないことを示します。

--nic-delete-option

VM が削除されたときのネットワーク インターフェイスの動作を指定します。 単一の値を使用してすべてのリソースに適用するか、=を使用して個々のリソースの削除動作を構成します。 可能なオプションは、[削除] と [デタッチ] です。

--nics

VM にアタッチする既存の NIC の名前または ID。 最初の NIC はプライマリとして指定されます。 省略すると、新しい NIC が作成されます。 既存の NIC が指定されている場合は、サブネット、VNet、パブリック IP、または NSG を指定しないでください。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--nsg

新しいネットワーク セキュリティ グループ (既定) を作成するとき、または既存のネットワーク セキュリティ グループを参照するときに使用する名前。 また、既存の NSG を ID で参照したり、PowerShell または --% 演算子を使用して Azure CLI で "" を指定することもできます。

--nsg-rule

新しい NSG を作成するときに作成する NSG ルール。 既定では、Windows で RDP を許可し、Linux で SSH を許可するためのポートを開きます。 NONE は NSG ルールを表しません。

承認された値: NONE, RDP, SSH
--os-disk-caching

VM OS ディスクのストレージ キャッシュの種類。 既定値: ReadWrite。

承認された値: None, ReadOnly, ReadWrite
--os-disk-delete-option

VM が削除されたときのマネージド ディスクの動作 (マネージド ディスクが削除されるかデタッチされるか) を指定します。

承認された値: Delete, Detach
--os-disk-encryption-set

OS ディスクのディスク暗号化セットの名前または ID。

--os-disk-name

新しい VM OS ディスクの名前。

--os-disk-secure-vm-disk-encryption-set

カスタマー マネージド キーで暗号化された機密 VM OS ディスクと VM ゲスト BLOB に使用されるマネージド ディスクのカスタマー マネージド ディスク暗号化セットのリソース ID または名前を指定します。

--os-disk-security-encryption-type

OS マネージド ディスクの暗号化の種類を指定します。

承認された値: DiskWithVMGuestState, VMGuestStateOnly
--os-disk-size-gb

作成する OS ディスク サイズ (GB 単位)。

--os-type

カスタム VHD にインストールされている OS の種類。 URN または URN エイリアスを指定する場合は使用しないでください。

承認された値: linux, windows
--patch-mode

IaaS 仮想マシンへのゲスト内パッチ適用のモード。 Windows VM で使用できる値: AutomaticByOS、AutomaticByPlatform、Manual。 Linux VM で使用できる値: AutomaticByPlatform、ImageDefault。 手動 - 仮想マシンへのパッチの適用を制御します。 これを行うには、VM 内でパッチを手動で適用します。 このモードでは、自動更新は無効になります。paramater --enable-auto-update は false である必要があります。 AutomaticByOS - 仮想マシンは OS によって自動的に更新されます。 パラメーター --enable-auto-update は true である必要があります。 AutomaticByPlatform - 仮想マシンは OS によって自動的に更新されます。 ImageDefault - 仮想マシンの既定の修正プログラムの構成が使用されます。 パラメーター --enable-agent と --enable-auto-update は true である必要があります。

承認された値: AutomaticByOS, AutomaticByPlatform, ImageDefault, Manual
--plan-name

プラン名。

--plan-product

製品を計画します。

--plan-promotion-code

プロモーション コードを計画します。

--plan-publisher

パブリッシャーを計画する。

--platform-fault-domain

仮想マシンを作成するスケール セットの論理障害ドメインを指定します。 既定では、使用可能な障害ドメイン間で最適なバランスを維持する障害ドメインに仮想マシンが自動的に割り当てられます。 これは、この仮想マシンの virtualMachineScaleSet プロパティが設定されている場合にのみ適用されます。 参照されている仮想マシン スケール セットには、プラットフォーム障害ドメイン数が必要です。 このプロパティは、仮想マシンが作成された後は更新できません。 障害ドメインの割り当ては、仮想マシン インスタンス ビューで表示できます。

--ppg

VM が関連付けられている近接配置グループの名前または ID。

--priority

優先度。 コスト効率の高い方法で有効期間の短いワークロードを実行するには、"スポット" を使用します。 'Low' 列挙型は今後非推奨になります。 Azure スポット VM または VMSS をデプロイするには、"スポット" を使用してください。 既定値は標準です。

承認された値: Low, Regular, Spot
--private-ip-address

静的プライベート IP アドレス (10.0.0.5 など)。

--public-ip-address

パブリック IP アドレスを作成するとき (既定) または既存の IP アドレスを参照するときの名前。 また、既存のパブリック IP を ID で参照したり、PowerShell または --% 演算子を使用して Azure CLI で None ('""' に "" を指定することもできます。

--public-ip-address-allocation
承認された値: dynamic, static
--public-ip-address-dns-name

新しく作成されたパブリック IP のグローバルに一意の DNS 名。

--public-ip-sku

パブリック IP SKU。 既定では Basic に設定されています。 パブリック IP は、"Standard" の場合にのみエッジ ゾーンに作成することがサポートされています。

承認された値: Basic, Standard
--role

システム割り当て ID に含まれるロール名または ID。

--scope

システム割り当て ID がアクセスできるスコープ。

--secrets

1 つまたは複数のKey Vaultシークレットを JSON 文字列またはファイル@{path}として含めます[{ "sourceVault": { "id": "value" }, "vaultCertificates": [{ "certificateUrl": "value", "certificateStore": "cert store name (only on windows)"}] }]

--security-type

仮想マシンのセキュリティの種類を指定します。

承認された値: ConfidentialVM, TrustedLaunch
--size

作成する VM サイズ。 サイズ情報を参照してください https://azure.microsoft.com/pricing/details/virtual-machines/

既定値: Standard_DS1_v2
開始値: az vm list-sizes
--specialized

ソース イメージが特殊化されているかどうかを示します。

承認された値: false, true
--ssh-dest-key-path

SSH キーの VM 上の宛先ファイル パス。 ファイルが既に存在する場合は、指定したキーがファイルに追加されます。 Linux プロビジョニング エージェントの既知の問題により、SSH 公開キーの宛先パスは現在、既定値 "/home/username/.ssh/authorized_keys" に制限されています。

--ssh-key-name

仮想マシンで公開キーとして使用します。 これは、Azure の既存の SSH キー リソースである必要があります。

--ssh-key-values

SSH 公開キーまたは公開キー ファイル パスのスペース区切りの一覧。

--storage-account

で使用 --use-unmanaged-diskする場合にのみ適用されます。 新しいストレージ アカウントを作成するとき、または既存のストレージ アカウントを参照するときに使用する名前。 省略すると、同じリソース グループと場所に適切なストレージ アカウントが使用されるか、新しいストレージ アカウントが作成されます。

--storage-container-name

で使用 --use-unmanaged-diskする場合にのみ適用されます。 VM OS ディスクのストレージ コンテナーの名前。 既定値: vhds。

--storage-sku

VM を永続化するストレージ アカウントの SKU。 すべてのディスクに適用される単一の SKU を使用するか、個々のディスクを指定します。 使用法: [--storage-sku SKU | --storage-sku ID=SKU ID=SKU ID=SKU...]。各 ID は "os" または 0 インデックス付き lun です。 使用できる値: Standard_LRS、Premium_LRS、StandardSSD_LRS、UltraSSD_LRS、Premium_ZRS、StandardSSD_ZRS、PremiumV2_LRS。

--subnet

新しい VNet を作成するとき、または既存の VNet を参照するときのサブネットの名前。 ID で既存のサブネットを参照することもできます。 vnet-name と subnet の両方を省略すると、適切な VNet とサブネットが自動的に選択されるか、新しく作成されます。

--subnet-address-prefix

CIDR 形式で新しい VNet を作成するときに使用するサブネット IP アドレス プレフィックス。

既定値: 10.0.0.0/24
--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--ultra-ssd-enabled

ストレージ アカウントを持つ 1 つ以上のマネージド データ ディスクを持つ機能UltraSSD_LRS有効または無効にします。

承認された値: false, true
--use-unmanaged-disk

マネージド ディスクを使用して VM を永続化しないでください。

--user-data

VM の UserData。 ファイルまたは文字列として渡すことができます。

--v-cpus-available

使用可能な vCPU の数を指定します。

--v-cpus-per-core

物理コアに対する vCPU の比率を指定します。 このプロパティを 1 に設定すると、ハイパースレッディングが無効になります。

--validate

リソースを作成せずに ARM テンプレートを生成して検証します。

--vmss

仮想マシンを割り当てる必要がある既存の仮想マシン スケール セットの名前または ID。 既定では None です。

--vnet-address-prefix

CIDR 形式で新しい VNet を作成するときに使用する IP アドレス プレフィックス。

既定値: 10.0.0.0/16
--vnet-name

新しい仮想ネットワークを作成するとき、または既存の仮想ネットワークを参照するときの仮想ネットワークの名前。

--workspace

Log Analytics ワークスペースの名前または ID。 その名前でワークスペースを指定する場合、ワークスペースは VM と同じリソース グループ内に存在する必要があります。それ以外の場合は、新しいワークスペースが作成されます。

--zone -z

リソースをプロビジョニングする可用性ゾーン。

承認された値: 1, 2, 3

az vm deallocate

コンピューティング リソースが割り当てられないように VM の割り当てを解除します (課金は適用されなくなります)。 状態が 'Stopped' から 'Stopped (割り当て解除済み) に変わります。

エンド ツー エンドのチュートリアルについては、次を参照してください https://docs.microsoft.com/azure/virtual-machines/linux/capture-image

az vm deallocate [--hibernate]
                 [--ids]
                 [--name]
                 [--no-wait]
                 [--resource-group]

停止した仮想マシンの割り当てを解除、一般化、キャプチャします。

az vm deallocate -g MyResourceGroup -n MyVm
az vm generalize -g MyResourceGroup -n MyVm
az vm capture -g MyResourceGroup -n MyVm --vhd-name-prefix MyPrefix

停止している複数の仮想マシンの割り当てを解除し、一般化し、キャプチャします。

vms_ids=$(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)
az vm deallocate --ids {vms_ids}
az vm generalize --ids {vms_ids}
az vm capture --ids {vms_ids} --vhd-name-prefix MyPrefix

VM の割り当てを解除します。 (自動生成)

az vm deallocate --name MyVm --no-wait --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--hibernate

仮想マシンを休止状態にする省略可能なパラメーター。 (プレビューの機能)。 既定値は [なし] です。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm delete

VM を削除します。

az vm delete [--force-deletion]
             [--ids]
             [--name]
             [--no-wait]
             [--resource-group]
             [--yes]

確認を求めずに VM を削除します。

az vm delete -g MyResourceGroup -n MyVm --yes

リソース グループ内のすべての VM を削除します。

az vm delete --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

省略可能のパラメーター

--force-deletion

仮想マシンを強制的に削除するための省略可能なパラメーター。 既定値は [なし] です。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

az vm generalize

VM を一般化済みとしてマークし、複数のデプロイでイメージ化できるようにします。

エンド ツー エンドのチュートリアルについては、次を参照してください https://docs.microsoft.com/azure/virtual-machines/linux/capture-image

az vm generalize [--ids]
                 [--name]
                 [--no-wait]
                 [--resource-group]

停止した仮想マシンの割り当てを解除、一般化、キャプチャします。

az vm deallocate -g MyResourceGroup -n MyVm
az vm generalize -g MyResourceGroup -n MyVm
az vm capture -g MyResourceGroup -n MyVm --vhd-name-prefix MyPrefix

停止している複数の仮想マシンの割り当てを解除し、一般化し、キャプチャします。

vms_ids=$(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)
az vm deallocate --ids ${vms_ids}
az vm generalize --ids ${vms_ids}
az vm capture --ids ${vms_ids} --vhd-name-prefix MyPrefix

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm get-instance-view

VM に関するインスタンス情報を取得します。

az vm get-instance-view [--ids]
                        [--name]
                        [--resource-group]

リソース グループと名前を使用して、VM のインスタンス ビュー情報を取得します。

az vm get-instance-view -g MyResourceGroup -n MyVm

リソース グループ内のすべての VM のインスタンス ビューを取得します。

az vm get-instance-view --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm install-patches

VM にパッチをインストールします。

az vm install-patches --maximum-duration
                      --reboot-setting {Always, IfRequired, Never}
                      [--classifications-to-include-linux {Critical, Other, Security}]
                      [--classifications-to-include-win {Critical, Definition, FeaturePack, Security, ServicePack, Tools, UpdateRollUp, Updates}]
                      [--exclude-kbs-requiring-reboot {false, true}]
                      [--ids]
                      [--kb-numbers-to-exclude]
                      [--kb-numbers-to-include]
                      [--name]
                      [--no-wait]
                      [--package-name-masks-to-exclude]
                      [--package-name-masks-to-include]
                      [--resource-group]

Windows VM にパッチをインストールし、最大時間を 4 時間にすることができ、ソフトウェアの更新操作中に必要に応じて VM が再起動します。

az vm install-patches -g MyResourceGroup -n MyVm --maximum-duration PT4H --reboot-setting IfRequired --classifications-to-include-win Critical Security --exclude-kbs-requiring-reboot true

Linux VM にパッチをインストールし、最大時間を 4 時間にすることができ、ソフトウェアの更新操作中に必要に応じて VM が再起動します。

az vm install-patches -g MyResourceGroup -n MyVm --maximum-duration PT4H --reboot-setting IfRequired --classifications-to-include-linux Critical

必須のパラメーター

--maximum-duration

操作を実行する最大時間を指定します。 これは、PT4H (4 時間) などの ISO 8601 準拠の期間文字列である必要があります。

--reboot-setting

ソフトウェア更新操作中に VM を再起動できるタイミングを定義します。

承認された値: Always, IfRequired, Never

省略可能のパラメーター

--classifications-to-include-linux

Linux VM に含める分類のスペース区切りの一覧。

承認された値: Critical, Other, Security
--classifications-to-include-win

Windows VM に含める分類のスペース区切りの一覧。

承認された値: Critical, Definition, FeaturePack, Security, ServicePack, Tools, UpdateRollUp, Updates
--exclude-kbs-requiring-reboot

この設定時に再起動動作が "NeverReboots" ではない KB を除外します。 Windows VM にのみ適用されます。

承認された値: false, true
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--kb-numbers-to-exclude

パッチ操作で除外する KB のスペース区切りの一覧。 Windows VM にのみ適用されます。

--kb-numbers-to-include

パッチ操作に含める KB のスペース区切りリスト。 Windows VM にのみ適用されます。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--package-name-masks-to-exclude

パッチ操作で除外するパッケージのスペース区切りの一覧。 形式: packageName_packageVersion。 Linux VM にのみ適用されます。

--package-name-masks-to-include

パッチ操作に含めるパッケージのスペース区切りの一覧。 形式: packageName_packageVersion。 Linux VM にのみ適用されます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm list

Virtual Machinesの詳細を一覧表示します。

--resource-group は、空の文字列をパラメーターとして渡すことができます。これによって、サブスクリプションのすべての VM 情報が出力されます。 Virtual Machinesに関する情報を照会する方法の詳細については、を参照してくださいhttps://docs.microsoft.com/cli/azure/query-az-cli2

az vm list [--resource-group]
           [--show-details]

すべての VM を一覧表示します。

az vm list

すべての VM をリソース グループ別に一覧表示します。

az vm list -g MyResourceGroup

リソース グループごとにすべての VM を詳細と共に一覧表示します。

az vm list -g MyResourceGroup -d

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--show-details -d

パブリック IP アドレス、FQDN、および電源の状態を表示します。 コマンドの実行が遅くなります。

az vm list-ip-addresses

VM に関連付けられている IP アドレスを一覧表示します。

az vm list-ip-addresses [--ids]
                        [--name]
                        [--resource-group]

VM の IP アドレスを取得します。

az vm list-ip-addresses -g MyResourceGroup -n MyVm

リソース グループ内のすべての VM の IP アドレスを取得します。

az vm list-ip-addresses --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 既定の構成は、次を使用して az configure --defaults vm=<name>行うことができます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm list-sizes

VM で使用可能なサイズを一覧表示します。

az vm list-sizes --location

米国西部リージョンで使用可能な VM サイズを一覧表示します。

az vm list-sizes -l westus

必須のパラメーター

--location -l

場所。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

az vm list-skus

コンピューティング関連のリソース SKU の詳細を取得します。

このコマンドには、最も正確な情報を提供するサブスクリプション レベルの制限が組み込まれています。

az vm list-skus [--all {false, true}]
                [--location]
                [--resource-type]
                [--size]
                [--zone {false, true}]

米国西部リージョンのすべての SKU を一覧表示します。

az vm list-skus -l westus

可用性ゾーンをサポートする米国東部 2 リージョンで使用可能なすべての VM サイズを一覧表示します。

az vm list-skus -l eastus2 --zone

"standard_ds1... のような名前で可用性ゾーンをサポートする米国東部 2 リージョンで使用可能なすべての VM サイズを一覧表示します。

az vm list-skus -l eastus2 --zone --size standard_ds1

米国西部リージョンの可用性セットに関連する SKU 情報を一覧表示します。

az vm list-skus -l westus --resource-type availabilitySets

省略可能のパラメーター

--all

現在のサブスクリプションでは使用できない VM サイズを含むすべての情報を表示します。

承認された値: false, true
--location -l

場所。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

--resource-type -r

リソースの種類 ("availabilitySets"、"snapshots"、"disks"など)

--size -s

サイズ名、一部の名前を使用できます。

--zone -z

可用性ゾーンをサポートする SKU を表示します。

承認された値: false, true

az vm list-usage

VM で使用可能な使用状況リソースを一覧表示します。

az vm list-usage --location

米国西部リージョンのコンピューティング リソース使用量を取得します。

az vm list-usage -l westus

必須のパラメーター

--location -l

場所。 値のソース: az account list-locations az configure --defaults location=<location> を使用して、既定の場所を構成できます。

az vm list-vm-resize-options

VM で使用可能なサイズ変更オプションを一覧表示します。

az vm list-vm-resize-options [--ids]
                             [--name]
                             [--resource-group]

サイズ変更に使用できるすべての VM サイズを一覧表示します。

az vm list-vm-resize-options -g MyResourceGroup -n MyVm

リソース グループ内のすべての VM で使用可能なサイズを一覧表示します。

az vm list-vm-resize-options --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 既定の構成は、次を使用して az configure --defaults vm=<name>行うことができます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm open-port

指定したポートで受信トラフィックへの VM を開きます。

VM のネットワーク インターフェイス (NIC) またはサブネットにアタッチされているネットワーク セキュリティ グループ (NSG) にセキュリティ規則を追加します。 既存の NSG が使用されるか、新しい NSG が作成されます。 ルール名は 'open-port-{port}' であり、既存のルールをこの名前で上書きします。 複数 NIC VM の場合、またはより詳細な制御を行うには、適切なネットワーク コマンドを直接使用します (nsg ルールの作成など)。

az vm open-port --port
                [--apply-to-subnet]
                [--ids]
                [--name]
                [--nsg-name]
                [--priority]
                [--resource-group]

受信トラフィックに対する VM 上のすべてのポートを開きます。

az vm open-port -g MyResourceGroup -n MyVm --port '*'

VM で、最も優先度の高い受信トラフィックへのポートの範囲を開きます。

az vm open-port -g MyResourceGroup -n MyVm --port 80-100 --priority 100

ポート 555、557、558、559 を開き、最も優先度の高い受信トラフィックに送信します。

az vm open-port -g MyResourceGroup -n MyVm --port 555,557-559 --priority 100

リソース グループ内のすべての VM のすべてのポートを開きます。

az vm open-port --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv) --port '*'

必須のパラメーター

--port

受信トラフィックを開くポートまたはポート範囲 (例: 80 から 100)。 すべてのポートへのトラフィックを許可するには、'*' を使用します。 複数のポートまたはポート範囲を指定するには、コンマ区切りの値を使用します。

省略可能のパラメーター

--apply-to-subnet

NIC ではなくサブネットで受信トラフィックを許可します。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

受信トラフィックを開く仮想マシンの名前。

--nsg-name

存在しない場合に作成するネットワーク セキュリティ グループの名前。 NSG が既に存在する場合は無視されます。

--priority

ルールの優先度 。100 (最も高い優先度) から 4096 (最も低い優先度) の間。 コレクション内の各ルールに対して一意である必要があります。

既定値: 900
--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm perform-maintenance

仮想マシンでメンテナンスを実行する操作。

az vm perform-maintenance [--ids]
                          [--name]
                          [--resource-group]

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 既定の構成は、次を使用して az configure --defaults vm=<name>行うことができます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm reapply

VM を再適用します。

az vm reapply [--ids]
              [--name]
              [--no-wait]
              [--resource-group]

VM を再適用します。

az vm reapply -g MyResourceGroup -n MyVm

リソース グループ内のすべての VM を再適用します。

az vm reapply --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 既定の構成は、次を使用して az configure --defaults vm=<name>行うことができます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm redeploy

既存の VM を再デプロイします。

az vm redeploy [--ids]
               [--name]
               [--no-wait]
               [--resource-group]

VM の再デプロイ。

az vm redeploy -g MyResourceGroup -n MyVm

リソース グループ内のすべての VM を再デプロイします。

az vm redeploy --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm resize

VM のサイズを更新します。

az vm resize --size
             [--ids]
             [--name]
             [--no-wait]
             [--resource-group]

VM のサイズを変更します。

az vm resize -g MyResourceGroup -n MyVm --size Standard_DS3_v2

リソース グループ内のすべての VM のサイズを変更します。

az vm resize --size Standard_DS3_v2 --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

必須のパラメーター

--size

VM サイズ。

開始値: az vm list-vm-resize-options

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm restart

VM を再起動します。

az vm restart [--force]
              [--ids]
              [--name]
              [--no-wait]
              [--resource-group]

VM を再起動します。

az vm restart -g MyResourceGroup -n MyVm

リソース グループ内のすべての VM を再起動します。

az vm restart --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

省略可能のパラメーター

--force

VM を再デプロイして強制的に再起動します。 VM が応答しない場合に使用します。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm show

VM の詳細を取得します。

az vm show [--ids]
           [--include-user-data]
           [--name]
           [--resource-group]
           [--show-details]

VM に関する情報を表示します。

az vm show -g MyResourceGroup -n MyVm -d

リソース グループ内のすべての VM の詳細を取得します。

az vm show -d --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--include-user-data -u

クエリ結果にユーザー データ プロパティを含めます。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--show-details -d

パブリック IP アドレス、FQDN、電源の状態を表示します。 コマンドの実行速度が遅くなります。

az vm simulate-eviction

スポット VM の削除をシミュレートします。

az vm simulate-eviction [--ids]
                        [--name]
                        [--resource-group]

スポット VM の削除をシミュレートします。

az vm simulate-eviction --resource-group MyResourceGroup --name MyVm

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm start

停止した VM を起動します。

az vm start [--ids]
            [--name]
            [--no-wait]
            [--resource-group]

停止した VM を起動します。

az vm start -g MyResourceGroup -n MyVm

リソース グループ内のすべての VM を起動します。

az vm start --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

停止した VM を起動します。 (自動生成)

az vm start --name MyVm --no-wait --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm stop

実行中の VM の電源をオフ (停止) します。

VM は引き続き課金されます。 これを回避するには、"az vm deallocate" を使用して VM の割り当てを解除します。

az vm stop [--ids]
           [--name]
           [--no-wait]
           [--resource-group]
           [--skip-shutdown]

実行中の VM の電源をオフ (停止) します。

az vm stop --resource-group MyResourceGroup --name MyVm

シャットダウンせずに実行中の VM の電源をオフにします。

az vm stop --resource-group MyResourceGroup --name MyVm --skip-shutdown

リソース グループ内の VM の電源をオフにします。

az vm stop --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --id または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 を使用して az configure --defaults vm=<name>既定値を構成できます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--skip-shutdown

シャットダウンと電源オフをすぐにスキップします。

az vm update

VM のプロパティを更新します。

'az vm show' に対応するパスを使用して、VM オブジェクトとプロパティを更新します。

az vm update [--add]
             [--capacity-reservation-group]
             [--disk-caching]
             [--disk-controller-type {NVMe, SCSI}]
             [--enable-hibernation {false, true}]
             [--enable-secure-boot {false, true}]
             [--enable-vtpm {false, true}]
             [--ephemeral-os-disk-placement {CacheDisk, ResourceDisk}]
             [--force-string]
             [--host]
             [--host-group]
             [--ids]
             [--license-type {None, RHEL_BASE, RHEL_BASESAPAPPS, RHEL_BASESAPHA, RHEL_BYOS, RHEL_ELS_6, RHEL_EUS, RHEL_SAPAPPS, RHEL_SAPHA, SLES, SLES_BYOS, SLES_HPC, SLES_SAP, SLES_STANDARD, Windows_Client, Windows_Server}]
             [--max-price]
             [--name]
             [--no-wait]
             [--os-disk]
             [--ppg]
             [--priority {Low, Regular, Spot}]
             [--remove]
             [--resource-group]
             [--set]
             [--size]
             [--ultra-ssd-enabled {false, true}]
             [--user-data]
             [--v-cpus-available]
             [--v-cpus-per-core]
             [--workspace]
             [--write-accelerator]

タグを追加または更新します。

az vm update -n name -g group --set tags.tagName=tagValue

タグを削除します。

az vm update -n name -g group --remove tags.tagName

VM のプライマリ NIC を設定します。

az vm update -n name -g group --set networkProfile.networkInterfaces[1].primary=false networkProfile.networkInterfaces[0].primary=true

VM に新しい非プライマリ NIC を追加します。

az vm update -n name -g group --add networkProfile.networkInterfaces primary=false id={NIC_ID}

VM から 4 番目の NIC を削除します。

az vm update -n name -g group --remove networkProfile.networkInterfaces 3

既存の VM を専用ホストに追加する

az vm deallocate -n name -g group
az vm update -n name -g group --host my-host
az vm start -n name -g group

既存の VM を専用ホスト グループに追加する

az vm deallocate -n name -g group
az vm update -n name -g group --host-group my-host-group
az vm start -n name -g group

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value、string、または JSON 文字列>。

--capacity-reservation-group --crg

割り当てに使用される容量予約グループの ID または名前。 "None" を渡して、容量予約グループの関連付けを解除します。 容量予約グループに関連付けられている VM/VMSS を削除する場合は、最初に容量予約グループの関連付けを解除する必要があることに注意してください。

--disk-caching

単一値を使用して個々のディスクを適用したり、個々のディスクを指定したりします。たとえば、'os=ReadWrite 0=None 1=ReadOnly' は更新 os ディスクと 2 つのデータ ディスクを有効にする必要があります。

--disk-controller-type

VM または VMSS 用に構成されたディスク コントローラーの種類を指定します。

承認された値: NVMe, SCSI
--enable-hibernation

VM の休止機能を有効または無効にするフラグ。

承認された値: false, true
--enable-secure-boot

セキュア ブートを有効にします。

承認された値: false, true
--enable-vtpm

vTPM を有効にします。

承認された値: false, true
--ephemeral-os-disk-placement --ephemeral-placement

で使用 --sizeする場合にのみ適用されます。 エフェメラル OS ディスクプロビジョニングの場所を選択できます。

承認された値: CacheDisk, ResourceDisk
--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON への変換を試みる代わりに、文字列リテラルを保持します。

--host

VM が存在する専用ホストのリソース ID。 --host と --host-group を一緒に使用することはできません。 更新前に VM の割り当てを解除し、更新後に VM を起動する必要があります。 その他の例については、ヘルプを参照してください。

--host-group

VM が存在する専用ホスト グループの名前またはリソース ID。 --host と --host-group を一緒に使用することはできません。 更新前に VM の割り当てを解除し、更新後に VM を起動する必要があります。 その他の例については、ヘルプを参照してください。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--license-type

Windows イメージまたはディスクのライセンスがオンプレミスにあることを指定します。 Windows Server のAzure ハイブリッド特典を有効にするには、'Windows_Server' を使用します。 Windows 10に対してマルチテナント ホスティング権限を有効にするには、'Windows_Client' を使用します。 詳細については、Azure Windows VM のオンライン ドキュメントを参照してください。

承認された値: None, RHEL_BASE, RHEL_BASESAPAPPS, RHEL_BASESAPHA, RHEL_BYOS, RHEL_ELS_6, RHEL_EUS, RHEL_SAPAPPS, RHEL_SAPHA, SLES, SLES_BYOS, SLES_HPC, SLES_SAP, SLES_STANDARD, Windows_Client, Windows_Server
--max-price

スポット VM/VMSS に対して支払う最大価格 (米ドル)。 -1 は、価格上の理由からスポット VM/VMSS を削除しないことを示します。

--name -n

仮想マシンの名前。 既定の構成は、次を使用して az configure --defaults vm=<name>行うことができます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

--os-disk

スワップするマネージド OS ディスク ID または名前。

--ppg

VM が関連付けられている近接配置グループの名前または ID。

--priority

優先度。 コスト効率の高い方法で有効期間の短いワークロードを実行するには、"スポット" を使用します。 'Low' 列挙型は今後非推奨になります。 Azure スポット VM または VMSS をデプロイするには、"スポット" を使用してください。 既定値は標準です。

承認された値: Low, Regular, Spot
--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list OR --remove propertyToRemove。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--set

設定するプロパティのパスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=。

--size

仮想マシンの新しいサイズ。 サイズ情報を参照してください https://azure.microsoft.com/pricing/details/virtual-machines/

--ultra-ssd-enabled

ストレージ アカウントを持つ 1 つ以上のマネージド データ ディスクを持つ機能UltraSSD_LRS有効または無効にします。

承認された値: false, true
--user-data

VM の UserData。 ファイルまたは文字列として渡すことができます。 空の文字列が渡されると、既存の値が削除されます。

--v-cpus-available

使用可能な vCPU の数を指定します。

--v-cpus-per-core

vCPU と物理コアの比率を指定します。 このプロパティを 1 に設定すると、ハイパースレッディングが無効になります。

--workspace

Log Analytics ワークスペースの名前または ID。 ワークスペースをその名前で指定する場合、ワークスペースは VM と同じリソース グループ内に存在する必要があります。それ以外の場合は、新しいワークスペースが作成されます。

--write-accelerator

ディスク書き込みアクセラレータを有効または無効にします。 単数形の値 'true/false' を使用して、個々のディスクを適用したり、個々のディスクを指定したりします(os ディスクと lun が 1 2 のデータ ディスクの場合は、os=true 1 & =true 2=true など)。

az vm wait

VM の条件が満たされるまで、CLI を待機状態にします。

az vm wait [--created]
           [--custom]
           [--deleted]
           [--exists]
           [--ids]
           [--interval]
           [--name]
           [--resource-group]
           [--timeout]
           [--updated]

VM が作成されるまで待ちます。

az vm wait -g MyResourceGroup -n MyVm --created

リソース グループ内のすべての VM が削除されるまで待ちます。

az vm wait --deleted --ids $(az vm list -g MyResourceGroup --query "[].id" -o tsv)

省略可能のパラメーター

--created

'provisioningState' を 'Succeeded' で作成するまで待ちます。

--custom

条件がカスタム JMESPath クエリを満たすまで待ちます。 例: provisioningState!='InProgress'、instanceView.statuses[?code=='PowerState/running']。

--deleted

削除されるまで待ちます。

--exists

リソースが存在するまで待ちます。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--interval

ポーリング間隔 (秒単位)。

既定値: 30
--name -n

仮想マシンの名前。 既定の構成は、次を使用して az configure --defaults vm=<name>行うことができます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--timeout

最大待機時間 (秒単位)。

既定値: 3600
--updated

provisioningState が 'Succeeded' で更新されるまで待ちます。