次の方法で共有


Microsoft Defenderウイルス対策セキュリティ インテリジェンスと製品更新プログラム

適用対象:

プラットフォーム

  • Windows

Microsoft Defender ウイルス対策を最新の状態に保つことは、新しいマルウェアや攻撃手法から保護するために必要な最新のテクノロジと機能をデバイスに確実に提供するために不可欠です。 Microsoft Defenderウイルス対策がパッシブ モードで実行されている場合でも、ウイルス対策保護を更新します。 この記事には、ウイルス対策を最新の状態に保つための 2 種類の更新プログラムMicrosoft Defender関する情報が含まれています。

この文書には、以下の内容が含まれます:

ヒント

最新のエンジン、プラットフォーム、署名の日付を確認するには、「Microsoft Defender ウイルス対策とその他の Microsoft マルウェア対策のためのセキュリティ インテリジェンスの更新プログラム」にアクセスしてください

ヒント

この記事のコンパニオンとして、Microsoft Defender for Endpoint自動セットアップ ガイドを使用することをお勧めします。これは、重要なツールや、攻撃面の縮小や次世代保護などの自動化された機能を利用するのに役立ちます。 Microsoft 365 管理センターにサインインすると、このガイドでは環境に基づいてエクスペリエンスをカスタマイズします。 サインインせずに自動セットアップ機能をアクティブ化せずにベスト プラクティスを確認するには、 Microsoft 365 セットアップ ガイドにアクセスしてください。

セキュリティ インテリジェンスの更新プログラム

Microsoft Defenderウイルス対策では、クラウド提供の保護 (Microsoft Advanced Protection Service または MAPS とも呼ばれます) を使用し、動的セキュリティ インテリジェンス更新プログラムを定期的にダウンロードして、より多くの保護を提供します。 これらの動的更新プログラムは、セキュリティ インテリジェンス更新プログラム KB2267602 を介した通常のセキュリティ インテリジェンス更新プログラムに代わるものではありません。

注:

更新プログラムは、次の KB でリリースされます。

  • Microsoft Defender ウイルス対策: KB2267602
  • System Center Endpoint Protection: KB2461484

クラウド提供の保護は常にオンであり、機能するにはインターネットへのアクティブな接続が必要です。 セキュリティ インテリジェンスの更新は、スケジュールされた間隔で行われます (ポリシーを使用して構成できます)。 詳細については、「Microsoft Defender ウイルス対策で Microsoft クラウド提供の保護を使用する」を参照してください。

最近のセキュリティ インテリジェンス更新プログラムの一覧については、「Microsoft Defender ウイルス対策とその他の Microsoft マルウェア対策のためのセキュリティ インテリジェンスの更新プログラム」を参照してください。

エンジンの更新プログラムは、セキュリティ インテリジェンスの更新プログラムに含まれており、毎月リリースされます。

製品の更新プログラム

Microsoft Defender ウイルス対策には、プラットフォーム更新プログラムと呼ばれる月次更新プログラム (KB4052623) が必要です。

更新プログラムの配布は、次のいずれかの方法で管理できます。

詳細については、「Microsoft Defender ウイルス対策保護更新プログラムのソースを管理する」を参照してください。

製品の更新に関する重要なポイント

月次プラットフォームとエンジンのバージョン

すべての更新プログラムに含まれるもの

  • パフォーマンスの強化
  • サービス性の改善
  • 統合の機能強化 (クラウド、Microsoft Defender XDR)

April-2024 (エンジン: 1.1.24040.1 |プラットフォーム: 4.18.24040.4)

  • セキュリティ インテリジェンス更新プログラムのバージョン: 1.411.7.0
  • リリース日: 2024 年 5 月 7 日 (エンジン) / 2024 年 5 月 16 日 (プラットフォーム)
  • エンジン: 1.1.24040.1
  • プラットフォーム: 4.18.24040.4
  • サポート フェーズ: セキュリティと重要な更新プログラム

新機能

  • Core Service で、試験的構成サービス (ECS) と One コレクターのオプトアウト機能を追加しました。
  • 改ざん防止が有効になっているときに、Intune経由で展開された除外が受け入れられなかった問題を修正しました。
  • 新しいエンジン バージョンがリリースされると、以前のバージョン (N-2) のサポートがテクニカル サポートのみに減ります。 N-2 より前のエンジン バージョンはサポートされなくなりました。
  • 攻撃 Surface ルールの除外に対する正常性の監視とテレメトリが改善されました。
  • コンテキストによる除外を使用したワイルドカードの使用に関する プロセスによって開かれたファイルの除外の構成 に関するページの不正確な情報が更新されました。

2024 年 3 月 (エンジン: 1.1.24030.4 |プラットフォーム: 4.18.24030.9)

  • セキュリティ インテリジェンス更新プログラムのバージョン: 1.409.1.0
  • リリース日: 2024 年 4 月 2 日 (エンジン) / 2024 年 4 月 9 日 (プラットフォーム)
  • エンジン: 1.1.24030.4
  • プラットフォーム: 4.18.24030.9
  • サポート フェーズ: セキュリティと重要な更新プログラム

新機能

  • One Collector テレメトリ チャネルと実験および構成サービス (ECS) をオプトアウトするための管理容易性設定を追加しました。
  • Microsoft Defender Core Service は、サード パーティ製ウイルス対策がインストールされている場合 (Defender for Endpoint がパッシブ モードで実行されている場合を除く) に無効になります。
  • 4.18.24020.7 の既知の問題では、デバイス レベルのアクセス ポリシーの適用が期待どおりに機能しなくなりました。
  • Sense が発生したスキャン中に行われた再検出によって発生する CPU 使用率の高い問題を修正しました。
  • セキュリティ インテリジェンス更新プログラムのディスク クリーンアップに関する問題を修正しました。
  • Security Health レポートの署名日付情報が正確でない問題を修正しました。
  • 除外のパスを処理するときのパフォーマンスの向上が導入されました。
  • 誤って追加された 侵害インジケーター (IoC) からの復旧を可能にする機能強化が追加されました。
  • マルウェア対策スキャン インターフェイス (AMSI) スキャンの 攻撃面の縮小 除外を処理する際の回復性が向上しました。
  • MAPS が無効になっているときに発生した 動作監視 キューに関連するメモリの高い問題を修正しました。
  • Microsoft Defender ポータルから改ざん防止の構成の変更を受け取ったときに発生する可能性のあるデッドロックが発生しなくなりました。

2024 年 2 月 (エンジン: 1.1.24020.9 |プラットフォーム: 4.18.24020.7)

  • セキュリティ インテリジェンス更新プログラムのバージョン: 1.407.46.0
  • リリース日: 2024 年 3 月 6 日 (エンジン) / 2024 年 3 月 12 日 (プラットフォーム)
  • エンジン: 1.1.24020.9
  • プラットフォーム: 4.18.24020.7
  • サポート フェーズ: セキュリティと重要な更新プログラム

新機能

  • zip ファイルの圧縮または圧縮解除中の仮想化のサポートが強化されました
  • ブロックのみの修復のMicrosoft Defender ポータル (https://security.microsoft.com) でのレポートの改善
  • 既知の信頼されたプロセスの 攻撃面の減少ルール に対する誤検知の数を減らしました
  • プロキシ バイパス設定 の Get-MpPreference ロジックの改善
  • 侵害のインジケーター (IoC) 検出 に対する トースト通知のサポートを拡張しました

既知の問題

  • ディスク/デバイス レベルのアクセス権のみを持つリムーバブル メディア ポリシー (値 1、2、3、4、7 を含むマスク) を使用している デバイス制御 のお客様の場合、適用が期待どおりに機能しない可能性があります。 このような場合は、以前のバージョンの Defender プラットフォームにロールバックすることをお勧めします。

以前のバージョンの更新プログラム: テクニカル アップグレード サポートのみ

新しいパッケージ バージョンがリリースされると、以前の 2 つのバージョンのサポートはテクニカル サポートのみに縮小されます。 以前のバージョンの詳細については、「Microsoft Defenderウイルス対策更新プログラム: 技術アップグレード サポートの以前のバージョン」を参照してください。

Microsoft Defenderウイルス対策プラットフォームとエンジンのサポート

プラットフォームとエンジンの更新プログラムは、毎月提供されます。 完全にサポートするには、最新のプラットフォームとエンジンの更新プログラムを最新の状態に保ちます。 サポート構造は動的であり、最新のプラットフォームとエンジン バージョンの可用性に応じて 2 つのフェーズに進化します。

  • セキュリティと重要なUpdatesサービス フェーズ - 最新のプラットフォームとエンジンバージョンを実行する場合、マルウェア対策プラットフォームに対するセキュリティ更新プログラムと重大更新プログラムの両方を受け取る資格があります。

  • テクニカル サポート (のみ) フェーズ - 新しいプラットフォームとエンジンのバージョンがリリースされた後、古いバージョン (N-2) のサポートは テクニカル サポートのみに削減されます。 N-2 より古いプラットフォームとエンジンのバージョンはサポートされなくなりました。 Windows 10 リリース バージョン (Windows 10 リリースに含まれるプラットフォーム バージョンを参照) から最新のプラットフォーム バージョンへのアップグレードについては、引き続きテクニカル サポートが提供されます。

テクニカル サポート (のみ) フェーズでは、商用上妥当なサポート インシデントは、Microsoft カスタマー サービス & サポートと Microsoft のマネージド サポート オファリング (Premier サポートなど) を通じて提供されます。 サポート インシデントで、さらなるガイダンスのために開発へのエスカレーションが必要な場合、セキュリティ以外の更新プログラムが必要な場合、またはセキュリティ更新プログラムが必要な場合は、最新のプラットフォーム バージョンまたは中間更新プログラム (*) にアップグレードするように求められます。

注:

Microsoft Defender ウイルス対策プラットフォーム更新プログラムを手動で展開する場合、またはスクリプトまたは Microsoft 以外の管理製品を使用して Microsoft Defender ウイルス対策プラットフォーム更新プログラムを展開する場合は、最新バージョンのプラットフォーム更新プログラム (N-2) をインストールする前に、Microsoft Update カタログからバージョン 4.18.2001.10 がインストールされていることを確認してください。

更新プログラムをロールバックする方法

プラットフォームの更新後に問題が発生するという不幸な出来事が発生した場合は、Microsoft Defender プラットフォームの以前のバージョンまたは受信トレイバージョンにロールバックできます。

  • 以前のバージョンにロールバックするには、次のコマンドを実行します。

    "%programdata%\Microsoft\Windows Defender\Platform\<version>\MpCmdRun.exe" -RevertPlatform

  • オペレーティング システムに付属のバージョンにこの更新プログラムをロールバックするには ("%ProgramFiles%\Windows Defender")

    "%programdata%\Microsoft\Windows Defender\Platform\<version>\MpCmdRun.exe" -ResetPlatform

Windows 10 リリースに含まれるプラットフォームのバージョン

次の表に、最新の Windows 10 リリースに付属する Microsoft Defender ウイルス対策プラットフォームとエンジンのバージョンを示します。

Windows 10 リリース プラットフォームのバージョン エンジンのバージョン サポート フェーズ
2004 (20H1/20H2) 4.18.1909.6 1.1.17000.2 テクニカル アップグレード サポート (のみ)
1909 (19H2) 4.18.1902.5 1.1.16700.3 テクニカル アップグレード サポート (のみ)
1903 (19H1) 4.18.1902.5 1.1.15600.4 テクニカル アップグレード サポート (のみ)
1809 (RS5) 4.18.1807.5 1.1.15000.2 テクニカル アップグレード サポート (のみ)
1803 (RS4) 4.13.17134.1 1.1.14600.4 テクニカル アップグレード サポート (のみ)
1709 (RS3) 4.12.16299.15 1.1.14104.0 テクニカル アップグレード サポート (のみ)
1703 (RS2) 4.11.15603.2 1.1.13504.0 テクニカル アップグレード サポート (のみ)
1607 (RS1) 4.10.14393.3683 1.1.12805.0 テクニカル アップグレード サポート (のみ)

Windows 10 リリース情報については、「Windows ライフサイクル ファクト シート」」を参照してください。

注:

Windows Server 2016は、RS1 と同じプラットフォーム バージョンが付属しており、同じサポート フェーズに該当します:テクニカル アップグレード サポート (のみ)
Windows Server 2019 には、RS5 と同じプラットフォーム バージョンが付属しており、同じサポート フェーズに該当します:テクニカル アップグレード サポート (のみ)

展開イメージのサービスと管理 (DISM) の更新

保護のギャップを回避するには、最新のウイルス対策とマルウェア対策の更新プログラムを使用して OS インストール イメージを最新の状態に保ちます。 Updatesは次の目的で使用できます。

  • Windows 10と 11 (Enterprise、Pro、Home の各エディション)
  • Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2
  • WIM ファイルと VHD(x) ファイル

Updatesは、x86、x64、ARM64 Windows アーキテクチャ向けにリリースされています。

詳細については、「Windows オペレーティング システムのインストール イメージ用の Microsoft Defender 更新プログラム」を参照してください。

1.411.9.0

  • Defender パッケージのバージョン: 1.411.9.0
  • セキュリティ インテリジェンス バージョン: 1.411.9.0
  • エンジン バージョン: 1.24040.1
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.24040.4

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20230809.1

  • Defender パッケージのバージョン: 20230809.1
  • セキュリティ インテリジェンス バージョン: 1.395.68.0
  • エンジンのバージョン: 1.1.23070.1005
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.23070.1004

修正プログラム

  • なし

20230604.1

  • Defender パッケージのバージョン: 20230604.1
  • セキュリティ インテリジェンス バージョン: 1.391.476.0
  • エンジン バージョン: 1.1.23050.3
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.23050.3

修正プログラム

  • なし

20230503.1

  • Defender パッケージのバージョン: 20230503.1
  • セキュリティ インテリジェンス バージョン: 1.389.44.0
  • エンジンのバージョン: 1.1.20300.3
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.2304.8

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20230330.2

  • Defender パッケージのバージョン: 20230330.2
  • セキュリティ インテリジェンス バージョン: 1.385.1537.0
  • エンジン バージョン: 1.1.20100.6
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.2302.7

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20230308.1

  • Defender パッケージのバージョン: 20230308.1
  • セキュリティ インテリジェンス バージョン: 1.383.1321.0
  • エンジン バージョン: 1.1.20000.2
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.2301.6

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20230215.1

  • Defender パッケージのバージョン: 20230215.1
  • セキュリティ インテリジェンス バージョン: 1.383.51.0
  • エンジン バージョン: 1.1.20000.2
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.2301.6

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20230118.1

  • Defender パッケージのバージョン: 20230118.1
  • セキュリティ インテリジェンス バージョン: 1.381.2404.0
  • エンジン バージョン: 1.1.19900.2
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.2211.5

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20221209.1

  • Defender パッケージのバージョン: 20221209.1
  • セキュリティ インテリジェンス バージョン: 1.381.144.0
  • エンジン バージョン: 1.1.19900.2
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.2211.5

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20221102.3

  • Defender パッケージのバージョン: 20221102.3
  • セキュリティ インテリジェンス バージョン: 1.377.1180.0
  • エンジンのバージョン: 1.1.19700.3
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.2210.4

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20221014.1

  • パッケージ バージョン: 20221014.1
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.2209.7
  • エンジンのバージョン: 1.1.19700.3
  • 署名バージョン: 1.373.208.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20220929.1

  • パッケージ バージョン: 20220929.1
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.2207.7
  • エンジンのバージョン: 1.1.19600.3
  • 署名バージョン: 1.373.1243.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20220925.2

  • パッケージ バージョン: 20220925.2
  • プラットフォーム バージョン: 4.18.2207.7
  • エンジンのバージョン: 1.1.19600.3
  • 署名バージョン: 1.373.1371.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20220901.4

  • パッケージ バージョン: 20220901.4
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2205.7
  • エンジンのバージョン: 1.1.19500.2
  • 署名バージョン: 1.373.1371.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20220802.1

  • パッケージ バージョン: 20220802.1
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2205.7
  • エンジンバージョン: 1.1.19400.3
  • 署名バージョン: 1.371.1205.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20220629.5

  • パッケージのバージョン: 20220629.5
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2205.7
  • エンジンのバージョン: 1.1.19300.2
  • 署名のバージョン: 1.369.220.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20220603.3

  • パッケージのバージョン: 20220603.3
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2203.5
  • エンジンのバージョン: 1.1.19200.6
  • 署名のバージョン: 1.367.1009.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20220506.6

  • パッケージのバージョン: 20220506.6
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2203.5
  • エンジンのバージョン: 1.1.19200.5
  • 署名のバージョン: 1.363.1436.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20220321.1

  • パッケージのバージョン: 20220321.1
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2202.4
  • エンジン バージョン: 1.1.19000.8
  • 署名のバージョン: 1.351.337.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20220305.1

  • パッケージのバージョン: 20220305.1
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2201.10
  • エンジンのバージョン: 1.1.18900.3
  • 署名のバージョン: 1.359.1405.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20220203.1

  • パッケージのバージョン: 20220203.1
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2111.5
  • エンジンのバージョン: 1.1.18900.2
  • 署名のバージョン: 1.357.32.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

20220105.1

  • パッケージのバージョン: 20220105.1
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2111.5
  • エンジンのバージョン: 1.1.18800.4
  • 署名のバージョン: 1.355.1482.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2112.01

  • パッケージのバージョン: 1.1.2112.01
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2110.6
  • エンジンのバージョン: 1.1.18700.4
  • 署名のバージョン: 1.353.2283.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2111.02

  • パッケージのバージョン: 1.1.2111.02
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2110.6
  • エンジンのバージョン: 1.1.18700.4
  • 署名のバージョン: 1.353.613.0

修正プログラム

  • ローカライズ ファイルに関する問題を修正しました

その他の情報

  • なし

1.1.2110.01

  • パッケージのバージョン: 1.1.2110.01
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2109.6
  • エンジンのバージョン: 1.1.18500.10
  • 署名のバージョン: 1.349.2103.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2109.01

  • パッケージのバージョン: 1.1.2109.01
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2107.4
  • エンジンのバージョン: 1.1.18400.5
  • 署名のバージョン: 1.347.891.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2108.01

  • パッケージのバージョン: 1.1.2108.01
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2107.4
  • エンジンのバージョン: 1.1.18300.4
  • 署名のバージョン: 1.343.2244.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2107.02

  • パッケージのバージョン: 1.1.2107.02
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2105.5
  • エンジンのバージョン: 1.1.18300.4
  • 署名のバージョン: 1.343.658.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2106.01

  • パッケージのバージョン: 1.1.2106.01
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2104.14
  • エンジンのバージョン: 1.1.18100.6
  • 署名のバージョン: 1.339.1923.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2105.01

  • パッケージのバージョン: 1.1.2105.01
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2103.7
  • エンジンのバージョン: 1.1.18100.6
  • 署名のバージョン: 1.339.42.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2104.01

  • パッケージのバージョン: 1.1.2104.01
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2102.4
  • エンジンのバージョン: 1.1.18000.5
  • 署名のバージョン: 1.335.232.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2103.01

  • パッケージのバージョン: 1.1.2103.01
  • プラットフォームのバージョン 4.18.2101.9
  • エンジンのバージョン: 1.1.17800.5
  • 署名のバージョン: 1.331.2302.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2102.03

  • パッケージのバージョン: 1.1.2102.03
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2011.6
  • エンジンのバージョン: 1.1.17800.5
  • 署名のバージョン: 1.331.174.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2101.02

  • パッケージのバージョン: 1.1.2101.02
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2011.6
  • エンジンのバージョン: 1.1.17700.4
  • 署名のバージョン: 1.329.1796.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2012.01

  • パッケージのバージョン: 1.1.2012.01
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2010.7
  • エンジンのバージョン: 1.1.17600.5
  • 署名のバージョン: 1.327.1991.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2011.02

  • パッケージのバージョン: 1.1.2011.02
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2010.7
  • エンジンのバージョン: 1.1.17600.5
  • 署名のバージョン: 1.327.658.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • Microsoft Defender ウイルス対策の署名を更新しました

1.1.2011.01

  • パッケージのバージョン: 1.1.2011.01
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2009.7
  • エンジンのバージョン: 1.1.17600.5
  • 署名のバージョン: 1.327.344.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • なし

1.1.2009.10

  • パッケージのバージョン: 1.1.2011.01
  • プラットフォームのバージョン: 4.18.2008.9
  • エンジンのバージョン: 1.1.17400.5
  • 署名のバージョン: 1.327.2216.0

修正プログラム

  • なし

その他の情報

  • Windows 10 RS1 以降の OS インストール イメージのサポートを追加しました。

その他のリソース

記事 説明
Windows オペレーティング システムのインストール イメージ用の Microsoft Defender 更新プログラム 自分の OS インストール イメージ (WIM と VHD ファイル) に適したマルウェア対策更新プログラム パッケージを確認します。 Windows 10 (Enterprise、Pro、Home エディション)、Windows Server 2019、Windows Server 2022、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2 のインストール イメージのMicrosoft Defenderウイルス対策更新プログラムを取得します。
保護更新プログラムをダウンロードして適用する方法を管理する 保護更新プログラムは、多くのソースを介して配信されます。
保護更新プログラムをダウンロードして適用するタイミングを管理する 保護更新プログラムをダウンロードするタイミングをスケジュールできます。
最新でないエンドポイント用の更新プログラムを管理する エンドポイントが更新またはスケジュールされたスキャンを見逃した場合は、ユーザーが次回サインインするときに、強制的に更新またはスキャンすることができます。
イベントベースの強制更新プログラムを管理する 保護更新プログラムは、起動時または特定のクラウド配信保護イベントの後にダウンロードされるように設定できます。
モバイル デバイスと仮想マシン (VM) の更新プログラムを管理する モバイル デバイスや仮想マシンに特に役立つバッテリ電源で更新を行う必要があるかどうかなどの設定を指定できます。
EDR センサー用の Microsoft Defender for Endpoint 更新プログラム 2021 年にリリースされた新しいMicrosoft Defender for Endpoint統合ソリューション パッケージに含まれる EDR センサー (MsSense.exe) を更新できます。

ヒント

さらに多くの情報を得るには、 Tech Community 内の Microsoft Security コミュニティ (Microsoft Defender for Endpoint Tech Community) にご参加ください。