次の方法で共有


applicationSignInSummary リソースの種類

名前空間: microsoft.graph

重要

Microsoft Graph の /beta バージョンの API は変更される可能性があります。 実稼働アプリケーションでこれらの API を使用することは、サポートされていません。 v1.0 で API を使用できるかどうかを確認するには、Version セレクターを使用します。

アプリケーションサインインの概要を表します。

メソッド

メソッド 戻り値の型 説明
Get applicationSignInSummary applicationSignInSummary オブジェクトのプロパティとリレーションシップを読み取ります。

プロパティ

プロパティ 種類 説明
appDisplayName String ユーザーがサインインしたアプリケーションの名前。
failedSignInCount Int64 アプリケーションによって作成された失敗したサインインの数。
successPercentage Int32 アプリケーションによって成功したサインインの割合。
successfulSignInCount Int64 アプリケーションによって成功したサインインの数。

リレーションシップ

なし

JSON 表記

リソースの JSON 表記を次に示します。

{
  "appDisplayName": "String",
  "failedSignInCount": 1024,
  "successPercentage": 1024,
  "successfulSignInCount": 1024
}