Share via


Microsoft Graph サービス固有の調整制限

Microsoft Graph を使用すると、Outlook や Microsoft Entra ID などの複数のサービスのデータにアクセスできます。 これらのサービスは、Microsoft Graph を使用してそれらにアクセスするアプリケーションに影響する独自に調整した制限を課します。

すべての要求は、制限の範囲 (すべてのテナントでのアプリ別、すべてのアプリのテナント別、テナントごとに1つのアプリなど)、要求の種類 (GET、POST、PATCH など)、また、その他の要因に応じて、複数の制限に対して評価できます。     最初に到達した上限に達すると、トリガーの調整が行われます。 セクションに記載されているサービス固有の制限に加えて、次のグローバル制限が適用されます:

要求の種類 すべてのテナントのアプリごと
任意 10 秒あたり 130,000 要求

注:

ここで説明する特定の制限は変更される場合があります。

このセクションの、テナント という語は、アプリケーションがインストールされている Microsoft 365 組織を示します。 このテナントは、1 つのテナント アプリケーションの場合、アプリケーションを作成した場合と同じにすることができますが、マルチ テナント アプリケーション の場合は異なるものにすることもできます。

割り当てサービスの制限

次の制限は、割り当てサービス API の要求に適用されます。

要求の種類 テナントごとのアプリ別の制限 すべてのアプリのテナントごとの制限
任意 10 秒あたり 500 の要求数 10 秒あたり 1,000 要求
任意 3,600 秒あたり 15,000 要求 3,600 秒あたり 30,000 件の要求
割り当てを取得する 10 秒あたり 50 の要求数 10 秒あたり 150 の要求数

前述の制限は、次のリソースに適用されます:

Bookings サービスの制限

Bookings サービスは、特定のアプリが特定の予約メールボックスにアクセスする場合に、各アプリ ID とメールボックスの組み合わせに制限を適用します。 1 つのメールボックスの制限を超えると、アプリケーションが別のメールボックスにアクセスする機能には影響しません。

極限 適用対象
4 つの同時要求 v 1.0 およびベータ版エンドポイント

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

クラウド コミュニケーションのサービスの制限

リソース アプリあたりの制限
通話 15 秒間に 50,000 件の要求をテナントごとにアプリケーションごとに
会議の情報 毎月 2,000 件の会議/ユーザー
プレゼンス 30 秒間に 1,500 件の要求(テナントごとのアプリケーションあたり)
仮想イベント 毎月 10,000 件の要求/アプリ

通話レコードの制限

次の表に示す制限は、次のリソースに適用されます。

制限の種類 極限
すべてのテナントのアプリケーションごと 20 秒あたり 15,000 要求
すべてのアプリケーションのテナントごと 20 秒あたり 10,000 要求
テナントごとのアプリケーションごと 20 秒あたり 1,500 要求
呼び出しレコードごと 20 秒あたり 10 件の要求 (最初のページ)
5 分あたり 50 件の要求 (以降のページ)

Excel サービスの制限

Excel サービスの調整に関連する説明とベスト プラクティスについては、「調整エラーを削減する」を参照してください。 さらに、いくつかの調整制限を次に示します。

要求の種類 すべてのテナントに対するアプリごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
任意 10 秒あたり 5000 の要求数 10 秒あたり 1500 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます。

教育サービスの制限

要求の種類 すべてのテナントに対するアプリごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
任意 20 秒あたり 400000 の要求数 10 秒あたり 35000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます。

ファイルとリストサービスの制限

OneDrive、OneDrive for Business、SharePoint Online のサービス制限については、「SharePoint Online で調整やブロックされないようにする」 を参照してください。

上記の情報は、次のリソースに適用されます:

ID とアクセス レポート サービスの制限

要求の種類 テナントごとのアプリ別の制限
任意 10 秒あたり 5 回の要求

上記の制限は、次のリソースに適用されます。

ID レポートとアクセス レポートのベスト プラクティス

Microsoft Entraレポート API は、テナントまたはアプリから特定の期間内にMicrosoft Entra IDが多すぎる呼び出しを受信すると調整されます。 サービスの応答に時間がかかりすぎる場合は、呼び出しも調整される可能性があります。 調整に対応するためのベスト プラクティスを適用しても 429 Too Many Requests エラー コードが示されて引き続き要求が失敗する場合は、返されるデータ量を減らしてみてください。 最初に次の方法を試してください。

  • フィルターを使用して、クエリのターゲットを必要なデータのみに絞ります。 たとえば、特定の種類のイベントまたは一部のユーザーのみが必要な場合は、$select および $filter クエリ パラメーターを使用して他のイベントを除外することにより、応答オブジェクトのサイズを減らし、調整リスクを軽減します。
  • 広範なMicrosoft Entra IDレポート データが必要な場合は、createdDateTime でを使用$filterして、1 回の呼び出しでクエリを実行するサインイン イベントの数を制限します。 次に、必要なすべてのレコードが揃うまで、次の期間を反復処理します。 たとえば、調整されている場合は、3 日間のデータを要求し、要求が調整されなくなるまで、より短い期間で反復処理する呼び出しから始めることができます。

ID とアクセス サービスの制限

パターン

調整はトークン バケット アルゴリズムに基づいています。これは、要求の個々のコストを加算することで機能します。 要求コストの合計は、事前に定義された制限と比較されます。 制限を超える要求のみが調整されます。 いずれかの制限を超えた場合、応答は です 429 Too Many Requests。 サービスが重要な負荷を受けている場合や、特定のテナントのデータ ボリュームに基づいている状況では、次の制限に達していない場合でも応答を受け取る 429 Too Many Requests 可能性があります。 次の表に、既存の制限を示します。

制限の種類 リソース単価のクォータ 書き込みクォータ
アプリケーションとテナントのペア S: 10 秒あたり 3,500 ResourceUnits
M: 10 秒あたり 5,000 ResourceUnits
L: 10 秒あたり 8,000 ResourceUnits
2 分 30 秒あたり 3,000 件のリクエスト
アプリケーション 20 秒あたり 150,000 ResourceUnits 5 分あたり 35,000 件の要求
テナント 該当なし 5 分あたり 18,000 件のリクエスト

注:

アプリケーションとテナントのペアの制限は、実行されるテナント要求のユーザー数に基づいて異なります。 テナント サイズは次のように定義されます。S - 50 ユーザー未満、M - 50 - 500 ユーザー、L - 500 ユーザー以上。

上記の制限は、次のリソースに適用されます。

次の表に、要求の基本コストを示します。 表示されない要求の基本コストは 1 です。

操作 要求のパス 基準リソース単価のコスト 書き込みコスト
GET applications 2 0
GET applications/{id}/extensionProperties 2 0
GET contracts 3 0
POST directoryObjects/getByIds 5 0
GET domains/{id}/domainNameReferences 4 0
POST getObjectsById 5 0
GET groups/{id}/members 3 0
GET groups/{id}/transitiveMembers 5 0
POST isMemberOf 4 0
POST me/checkMemberGroups 4 0
POST me/checkMemberObjects 4 0
POST me/getMemberGroups 2 0
POST me/getMemberObjects 2 0
GET me/licenseDetails 2 0
GET me/memberOf 2 0
GET me/ownedObjects 2 0
GET me/transitiveMemberOf 2 0
GET oauth2PermissionGrants 2 0
GET oauth2PermissionGrants/{id} 2 0
GET servicePrincipals/{id}/appRoleAssignments 2 0
GET subscribedSkus 3 0
GET users 2 0
GET 表に記載されていない ID パス 1 0
POST 表に記載されていない ID パス 1 1
PATCH 表に記載されていない ID パス 1 1
PUT 表に記載されていない ID パス 1 1
DELETE 表に記載されていない ID パス 1 1

重要

applications要求パスに対する POST、PATCH、DELETE 操作のコストは、signInAudience の型によって異なります。 signInAudienceAzureADMyOrg または AzureADMultipleOrgs であるアプリの場合、 コストは 5 分あたり 70,000 件のリクエストです。 signInAudienceAzureADandPersonalMicrosoftAccount または PersonalMicrosoftAccount であるアプリの場合、 コストは 1 分あたり 60 件のリクエストです。

要求コストに影響を与えるその他の要因:

  • $select を使用すると、コストが 1 減少
  • $expand を使用すると、コストが 1 増加
  • 20 未満の値で $top を使用すると、コストが 1 減少
  • Microsoft Entra ID B2C テナントにユーザーを作成すると、コストが 4 増加します

注:

  • 要求コストを 1 より少なくすることはできません。 me/ で始まる要求パスに適用される要求コストは、users/{id | userPrincipalName}/ で始まる同等の要求にも適用されます。
  • getObjectsByIddirectoryObjects/getByIds使用$selectすると、2 つの ResourceUnits が生成されます。

その他のヘッダー

要求ヘッダー

  • x-ms-throttle-priority - ヘッダーが存在しないか、他の値に設定されている場合、それは通常の要求を示します。 ユーザーによって開始された要求に対してのみ、優先度を high に設定することをお勧めします。 このヘッダーには、次のいずれかの値を指定できます。
    • 低 - 要求の優先度が低いことを示します。 この要求を調整しても、ユーザーに表示されるエラーは発生しません。
    • 標準 - 値が指定されていない場合の既定値です。 要求が既定の優先度であることを示します。
    • 高 - 要求の優先度が高いことを示します。 この要求を調整すると、ユーザーに表示されるエラーが発生します。

注:

要求が調整された場合、優先度の低い要求が最初に調整され、通常の優先度の要求が 2 番目に調整され、優先度の高い要求が最後に調整されます。 優先度の要求ヘッダーを使用しても、制限は変更されません。

定期的な応答要求

  • x-ms-resource-unit - この要求に使用されているリソース単位を示します。 値は正の整数です。
  • x-ms-throttle-limit-percentage - アプリケーションが 0.8 の上限を超えた場合にのみ返されます。 値の範囲は、0.8 から 1.8、かつ上限の使用率です。 呼び出し元は、この値を使用してアラートを設定し、アクションを実行できます。

調整された応答要求

  • x-ms-throttle-scope - たとえば、 Tenant_Application/ReadWrite/9a3d526c-b3c1-4479-ba74-197b5c5751ae/0785ef7c-2d7a-4542-b048-95bcab406e0bです。 調整の範囲を次の形式 <Scope>/<Limit>/<ApplicationId>/<TenantId|UserId|ResourceId> で示します:
    • 範囲: (文字列、必須)
      • Tenant_Application - 現在のアプリケーションの特定のテナントのすべての要求。
      • Tenant - アプリケーションに関係なく、現在のテナントのすべての要求。
      • Application - 現在のアプリケーションのすべての要求。
    • 制限: (文字列、必須)
      • Read: 範囲に対する読み取り要求 (GET)
      • Write: 範囲に対する書き込み要求 (POST、PATCH、PUT、DELETE...)
      • ReadWrite: 範囲に対するすべての要求 (any)
    • ApplicationId (Guid、必須)
    • TenantId |UserId |ResourceId: (Guid、必須)
  • x-ms-throttle-information - 調整の理由を示します。任意の値 (文字列) を使用できます。 この値は診断とトラブルシューティングのために用意されています。次に例を示します。
    • CPULimitExceeded - 調整は、CPU 割り当ての制限を超えているためです。
    • WriteLimitExceeded - 調整は、書き込みの制限を超えているためです。
    • ResourceUnitLimitExceeded - 調整は、割り当てられたリソース単位を超えているためです。

ID およびアクセス データ ポリシー操作サービスの制限

要求の種類 テナントごとの制限
exportPersonalData の投稿 任意の件名に対して 1 日あたり 1,000 件、1 日あたり 100 件の要求
その他の要求 1 時間あたり 10,000 件の要求

前述の制限は、次のリソースに適用されます:

注:

先に挙げたリソースは、429 Too Many Requests 応答に Retry-After ヘッダーを返しません。

ID 保護と条件付きアクセス サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限
任意 1 秒あたり 1 回の要求

注:

先に挙げたリソースは、429 Too Many Requests 応答に Retry-After ヘッダーを返しません。

ID プロバイダー サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
任意 1 分あたり 300 の要求数 1 分あたり 200 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Information Protection サービスの制限

次の制限は /informationProtection でのすべての要求に適用されます。

電子メールの場合、リソースは一意のネットワーク メッセージ ID と受信者のペアです。 たとえば、同じメッセージ ID を持つメールを 15 分間に同じユーザーに複数回送信すると、次の表に示すリソース制限ごとの制限がトリガーされます。 ただし、15 分ごとに最大 150 件の一意のメールを送信できます (テナントの制限)。

操作 テナントごとの制限 リソースあたりの制限 (メール、URL、ファイル)
POST 15 分あたり 150 要求、24 時間あたり 10,000 件の要求 15 分あたり 1 回の要求、24 時間あたり 3 件の要求

インサイト サービスの制限

次の制限はme/insightsまたはusers/{id}/insightsでのすべての要求に適用されます。

極限 適用対象
10 分間に 10,000 個の API 要求 v 1.0 およびベータ版エンドポイント
4 つの同時要求 v 1.0 およびベータ版エンドポイント

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

職場用 Intune Android サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune アプリケーション サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune 監査サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune ブック サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune バンドル サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune Chromebook 同期サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune 会社の使用条件サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune デバイス構成 V2 サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune デバイス構成サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune デバイス登録サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune デバイス目的サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune デバイス サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 400 の要求数 20 秒あたり 200 の要求数
任意 20 秒あたり 4000 の要求数 20 秒あたり 2000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune エンドポイント保護サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune 登録サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune GPAnalytics サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune 管理アプリケーション サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune 通知サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune ODJ サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune パートナー統合サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune RBAC サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune リモート アシスタンス サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune テレフォニー サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune TEM サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune トラブルシューティング サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune ロック解除サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune 更新プログラム サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

Intune WIP サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

招待マネージャー サービスの制限

次の制限は /invitations でのすべての要求に適用されます。

操作 すべてのアプリのテナントごとの制限
いずれかの操作 5 秒あたり 150 の要求数

Microsoft 365 は、サービスの制限を報告します

次の制限は /reports でのすべての要求に適用されます。

操作 テナントごとのアプリ別の制限 すべてのアプリのテナントごとの制限
任意の要求 (CSV) 10 分あたり 14 の要求数 10 分あたり 40 の要求数
任意の要求 (JSON、beta) 10 分あたり 100 の要求数 該当なし

上記の制限は、各レポート API に個別に適用されます。 たとえば、Microsoft Teams ユーザー アクティビティ レポート API への要求と 10 分以内の Outlook ユーザー アクティビティ レポート API への要求は、API ごとに 14 件のうち 1 つの要求としてカウントされ、両方に対して 14 件のうち 2 件の要求はカウントされません。

前述の制限は、すべての利用状況レポート リソースに適用 されます。

Microsoft Teams サービスの制限

制限は 1 秒あたりの要求数 (RPS) で表されます。

Teams 要求の種類 テナントごとのアプリ別の制限 すべてのテナントでのアプリごとの制限
GET チーム 30 RPS 600 RPS
GET チャネル 30 RPS 600 RPS
チャネルチャットの [GET] タブ 30 RPS 600 RPS
GET installedApps for chat, user, team 30 RPS 600 RPS
GET appCatalogs 30 RPS 600 RPS
POST チャネル 30 RPS 300 RPS
チャネルまたはチャットの [POST] タブ 30 RPS 300 RPS
POST installedApps for chat, user, team 30 RPS 300 RPS
POST appCatalogs 30 RPS 300 RPS
PATCH チームチャネルタブ 30 RPS 300 RPS
DELETE チャネル 15 RPS 150 RPS
チャットチャネルの [削除] タブ 15 RPS 150 RPS
DELETE installedApps for chat, user, team 15 RPS 150 RPS
DELETE appCatalogs 15 RPS 150 RPS
GET /teams/{team-id}, joinedTeams 30 RPS 300 RPS
POST /teams 10 RPS 100 RPS
PUT /groups/{team-id}/team 6 rps 150 RPS
POST /{team-id}/ clone 6 rps 150 RPS
GET チャネル メッセージ 20 RPS 200 RPS
GET 1:1/group chat message 20 RPS 200 RPS
POST チャネル メッセージ 50 RPS 500 RPS
POST 1:1/グループ チャット メッセージ 20 RPS 200 RPS
GET /teams/{team-id}/schedule と、このパスのすべての API 30 RPS 600 RPS
POST /teams/{team-id}/schedule と、このパスのすべての API 30 RPS 300 RPS
PUT /teams/{team-id}/schedule と、このパスのすべての API 30 RPS 300 RPS
POST /teams/{team-id}/sendActivityNotification 5 rps 50 RPS
POST /chats/{chat-id}/sendActivityNotification 5 rps 50 RPS
POST /users/{user-id}/teamwork/sendActivityNotification 5 rps 50 RPS
POST /teamwork/sendActivityNotificationToRecipients 2 つの rps 20 RPS
GET /teams/{team-id}/members 60 RPS 1200 rps
GET /teams/{team-id}/channels 60 RPS 1200 rps
GET /teams/{team-id}/channels/{channel-id}/members 60 RPS 1200 rps
チームのすべてのチャネル メッセージを取得する
GET teams/{team-id}/channels/getAllMessages
get teams/{team-id}/channels/allMessages
200rps 1000rps
ユーザーのすべてのチャット メッセージを取得する
GET users/{user-id}/chats/getAllMessages
GET users/{user-id}/chats/allMessages
200rps 1000rps
Microsoft Teams のためのその他の GET API 呼び出し 30 RPS 1500 RPS
Microsoft Teams のためのその他の API 呼び出し 30 RPS 300 RPS

アプリごとに 1 秒あたり最大 4 つの要求を、特定のチームまたはチャネルで発行できます。

特定のチャットまたはチャネルで POST メッセージを実行するときに、ユーザーごとに 1 秒あたり最大 1 つの要求を発行できます (この調整制限は 移行には適用されません)。

詳細については、「Microsoft Teams の制限」と「投票の要件」を参照してください。

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

マルチテナント管理サービスの制限

要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 200 の要求数 20 秒あたり 100 の要求数
任意 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

OneNote サービスの制限

制限の種類 ユーザー1人あたりのアプリごとの制限数 (委任されたコンテキスト) アプリごとに制限 (アプリのみのコンテキスト)
要求率 1分に120の要求と1時間あたり400の要求 1分に240の要求と1時間あたり800の要求
同時リクエスト 5 つの同時要求 20同時のリクエスト

上記の制限は、次のリソースに適用されます:

OneNote API の調整とその回避方法の成功事例に関する追加情報を見つけることができます。

注:

先に挙げたリソースは、429 Too Many Requests 応答に Retry-After ヘッダーを返しません。

オープンおよびスキーマ拡張 のサービス制限

要求の種類 テナントごとのアプリ別の制限
任意 10 秒あたり 455 の要求数

上記の制限は、次のリソースに適用されます。

Outlook サービスの制限

Outlook サービスの制限は、パブリック クラウドと 国内クラウドのデプロイに適用されます。

アプリ ID とメールボックスの組み合わせごとの制限

Outlook サービスでは、各アプリ ID とメールボックスの組み合わせ (つまり、特定のユーザーまたはグループ メールボックスにアクセスする特定のアプリ) に制限が適用されます。 1 つのメールボックスの制限を超えると、アプリケーションが別のメールボックスにアクセスする機能には影響しません。

極限 適用対象
10 分間で 10,000 件の API リクエスト v 1.0 およびベータ版エンドポイント
4 つの同時要求 v 1.0 およびベータ版エンドポイント
5 分間で 150 MB (MB) のアップロード (PATCH、POST、PUT) v 1.0 およびベータ版エンドポイント

Outlook サービス リソース

API リソース
検索 API (プレビュー)
  • 外部アイテム (Microsoft Search)
  • プロファイル API
  • 写真
  • カレンダー API
  • event
  • eventMessage
  • calendar
  • calendarGroup
  • outlookCategory
  • attachment
  • place (preview)
  • メール API
  • message
  • mailFolder
  • mailSearchFolder
  • messageRule
  • outlookCategory
  • attachment
  • 個人用連絡先 API
  • contact
  • contactFolder
  • outlookCategory
  • ソーシャルおよび職場のインテリジェンス
  • To do タスク API (プレビュー)
  • outlookTask
  • outlookTaskFolder
  • outlookTaskGroup
  • outlookCategory
  • attachment
  • JSON バッチ処理の Outlook サービスの制限

    アプリが複数の順序付けされていない個々の要求で構成される JSON バッチ要求を Outlook サービスに送信する場合、既定では、Microsoft Graph は、それらの要求のターゲット メールボックスに関係なく、一度に最大 4 つの個別の要求を Outlook サービスに送信します。 Outlook サービスは、ターゲット メールボックスに関係なく、任意の時点でこれらの要求を並列で実行できます。 Microsoft Graph は並列で実行する要求を最大 4 つだけ送信するため、そのバッチの実行は 同じメールボックスに対する Outlook のコンカレンシー制限内にとどまります

    または、アプリで dependsOn プロパティを使用して、バッチ内で要求を注文することもできます。 Microsoft Graph は、指定した順序に従って一度に 1 つの要求をバッチから Outlook サービスに送信し、Outlook はバッチ内の個々の要求を順番に実行します。

    つまり、 同じメールボックスを対象とする場合、複数のバッチ要求を並列で実行できるアプリでは、次のいずれかの方法を使用できます。

    • 個々の要求を注文する必要がない場合は、1 つのバッチ実行からの個々の要求を同時に実行します。
    • プロパティを dependsOn 使用して要求をバッチで並べ替え、そのようなバッチ要求を最大 4 つ同時に実行します。

    Project Rome サービスの制限

    要求の種類 すべてのアプリのテナントごとの制限
    取得 5 分あたり 400 件、1 日あたり 12,000 件の要求
    投稿、PUT、PATCH、削除 5 分あたり 100 件、1 日あたり 8,000 件の要求

    上記の制限は、次のリソースに適用されます。

    セキュリティの検出とインシデントのサービスの制限

    次の制限は /security でのすべての要求に適用されます。

    操作 テナントごとのアプリ別の制限
    securityActionsに対する任意のalert操作secureScore 1分に150件の要求
    tiIndicatorでのいずれかの操作 1 分あたり 1,000 件の要求
    secureScoreまたはsecureScorecontrolProfileでの、いずれかの操作 10 分間に 10,000 個の API 要求
    secureScoreまたはsecureScorecontrolProfileでの、いずれかの操作 4 つの同時要求

    セキュリティ電子情報開示サービスの制限

    次の制限は /security/eDiscoveryCases でのすべての要求に適用されます。

    操作 テナントごとのアプリ別の制限
    任意 1 分あたり 5 件の要求

    サービス通信のサービスの制限

    以下の制限は、/admin/serviceAnnouncement/ に基づくサービス通信のあらゆる種類の要求に適用されます。

    要求の種類 テナントごとのアプリ別の制限
    任意 60 秒あたり 240 の要求数
    任意 1 時間あたり 800 の要求数

    サブスクリプション サービス

    要求の種類 すべてのテナントに対するアプリごとの制限 テナントごとのアプリ別の制限
    POST、PUT、DELETE、PATCH 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 500 要求
    POST /reauthorize サブスクリプションを ID で取得する 20 秒あたり 4000 の要求数 20 秒あたり 1000 の要求数
    ID によるサブスクリプションの取得 20 秒あたり 2000 の要求数 20 秒あたり 500 要求
    サブスクリプションの取得リスト 20 秒あたり 40 の要求数 20 秒あたり 25 要求

    上記の制限は、 サブスクリプション リソースに適用されます。

    タスクと計画のサービスの制限

    Plannerのサービス制限は使用できません。

    上記の情報は、次のリソースに適用されます:

    Viva Engage サービスの制限

    Viva Engage API 呼び出しはレート制限の対象となり、30 秒の期間内にユーザーごとにアプリごとに 10 件の要求が許可されます。 レート制限を超えると、後続のすべての要求から応答コードが 429 Too Many Requests 返されます。