次の方法で共有


パフォーマンス カウンターの使用

作成者: CJ Pattekar

このドキュメント セクションは、IIS 7 以降向けの Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 を対象としています。

目的

パフォーマンス カウンターを使用してアプリケーション要求ルーティング処理 (ARR) のランタイム統計を適切に監視する。

前提条件

これは ARR の高度な機能です。 この記事は、ユーザーが ARR の全体的な機能に慣れており、ディスク キャッシュを使用して ARR を展開および構成する方法を理解していることを前提としています。 次のチュートリアルをまだ読んでいない場合は、先に目を通しておくことを強くお勧めします。

アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 がインストールされていない場合は、次のページからダウンロードできます。

  • IIS 7 (x86) 用 Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 (https://download.microsoft.com/download/4/D/F/4DFDA851-515F-474E-BA7A-5802B3C95101/ARRv2_setup_x86.EXE)。
  • IIS 7 (x64) 用 Microsoft アプリケーション要求ルーティング処理バージョン 2 (https://download.microsoft.com/download/3/4/1/3415F3F9-5698-44FE-A072-D4AF09728390/ARRv2_setup_x64.EXE)。

このドキュメントに記載されている手順に従って、ARR バージョン 2 をインストールします。

手順 1 - ARR のランタイム統計の概要。

アプリケーション要求ルーティング処理では、次に示すように、[Monitoring and Management](監視と管理) ページでランタイム統計が公開されます。

Screenshot of the Monitoring and Management window.

F5 キーを押してビューを最新の情報に更新すると、リアルタイムの統計情報が表示されます。 これは ARR のインスタンスが 1 つである場合には適切に機能しますが、ARR のインスタンスが複数あり、統計情報を統合ビューに集計する場合は、やや問題があります。 このシナリオに対応するために、ARR では、これらの統計情報やその他の情報が別途パフォーマンス カウンターを使用して公開されます。

手順 2 - パフォーマンス カウンターとしての ARR ランタイム統計情報。

ARR には次の 2 つのカウンターがあります。

  • Application Request Routing Cache (アプリケーション要求ルーティング処理キャッシュ)
  • Application Request Routing Server (アプリケーション要求ルーティング処理サーバー)

Application Request Routing Cache (アプリケーション要求ルーティング処理キャッシュ)

次のパフォーマンス カウンター オブジェクトが用意されています。

  • Hit Bytes
  • Hit Byte %
  • Hit Bytes / Sec
  • Hit Requests
  • Hit Requests %
  • Hit Requests / Sec
  • Miss Bytes
  • Miss Bytes / Sec
  • Miss Requests
  • Miss Requests / Sec

また、上記の統計情報は、サーバー ファームごと、ホスト名ごとに提供されるため、オブジェクトのインスタンスは同じ粒度を持ち、次のように <server farm name>\<host name> の形式で表示されます。

Screenshot showing one instance in the Instances of selected object section.

Application Request Routing Server (アプリケーション要求ルーティング処理サーバー)

次のパフォーマンス カウンター オブジェクトが用意されています。

  • Average Response Time / Request
  • 受信バイト数
  • Bytes Received / Sec
  • 送信バイト数
  • Bytes Sent / Sec
  • Current Requests
  • 失敗した要求
  • Failed Requests / Sec
  • 正常性
  • Requests / Sec
  • 都道府県
  • 要求の合計数

また、上記の統計情報は、サーバー ファームごと、サーバーごとに提供されるため、オブジェクトのインスタンスは同じ粒度を持ち、次のように <server farm name>\<server name> の形式で表示されます。

Screenshot showing multiple instances in the Instances of selected object section.

まとめ

アプリケーション要求ルーティング処理のパフォーマンス カウンターとオブジェクトの場所が確認できました。これらを使用すれば、1 つまたは複数の ARR サーバーからの統計を集計して監視することができます。

その他の ARR バージョン 2 のチュートリアルについては、こちらの記事のドキュメントを参照してください。