Share via


Slicer オブジェクト (Excel)

ブック内のスライサーを表します。

注釈

Slicer オブジェクトは、ブック内のスライサーを表します。 スライサーは、ピボットテーブル レポートのデータまたは OLAP データ ソースのデータをフィルター処理するために使用されます。

Slicer オブジェクトを Slicers コレクションに追加するには、 Add メソッドを使用します。 スライサーで現在選択されているボタンを表す SlicerItem オブジェクトにアクセスするには、Slicer オブジェクトの ActiveItem プロパティを使用します。

次のコード例では、最初のスライサー キャッシュ内の最初のスライサーのキャプションを My Slicer に変更します。

ActiveWorkbook.SlicerCaches(1).Slicers(1).Caption = "My Slicer"

次のコード例では、最初のスライサー キャッシュの最初のスライサーの幅を 200 ポイントに設定します。

ActiveWorkbook.SlicerCaches(1).Slicers(1).Width = 200

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。