Stores オブジェクト (Outlook)

現在のプロファイルで利用できるすべてのストアを表す Store オブジェクトの集合です。

解説

Stores オブジェクトと Store オブジェクト を使用 して、現在のセッション内のすべてのストアのすべてのフォルダーと検索フォルダーを列挙します。 フォルダーとストアへの Outlook アイテムの保存の詳細については、「Outlook のアイテムを保存する」を参照してください。

次の Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) の例は、セッションのすべてのストアのすべてのフォルダーを列挙します。

Sub EnumerateFoldersInStores() 
 
 Dim colStores As Outlook.Stores 
 
 Dim oStore As Outlook.Store 
 
 Dim oRoot As Outlook.Folder 
 
 
 
 On Error Resume Next 
 
 Set colStores = Application.Session.Stores 
 
 For Each oStore In colStores 
 
 Set oRoot = oStore.GetRootFolder 
 
 Debug.Print (oRoot.FolderPath) 
 
 EnumerateFolders oRoot 
 
 Next 
 
End Sub 
 
 
 
Private Sub EnumerateFolders(ByVal oFolder As Outlook.Folder) 
 
 Dim folders As Outlook.folders 
 
 Dim Folder As Outlook.Folder 
 
 Dim foldercount As Integer 
 
 
 
 On Error Resume Next 
 
 Set folders = oFolder.folders 
 
 foldercount = folders.Count 
 
 'Check if there are any folders below oFolder 
 
 If foldercount Then 
 
 For Each Folder In folders 
 
 Debug.Print (Folder.FolderPath) 
 
 EnumerateFolders Folder 
 
 Next 
 
 End If 
 
End Sub

イベント

名前
BeforeStoreRemove
StoreAdd

メソッド

名前
Item

プロパティ

名前
アプリケーション
クラス
Count
Parent
Session

関連項目

Outlook モデル ReferenceStores オブジェクト メンバー

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。