Store オブジェクト (Outlook)

ローカル コンピューター上のファイル、または現在のプロファイルのアカウントの電子メール メッセージや他のアイテムを格納するネットワーク ドライブを表します。

解説

プロファイルは 1 つ以上の電子メール アカウントを定義し、各電子メール アカウントは特定の種類のサーバーに関連付けられる。 Exchange サーバーの場合は、ストアをサーバー上、Exchange のパブリック フォルダー内、あるいはローカルの個人用フォルダー ファイル (.pst) またはオフライン フォルダー ファイル (.ost) に配置できます。 POP3、IMAP、または HTTP メール サーバーの場合、ストアは .pst ファイルです。

Stores オブジェクトと Store オブジェクト を使用 して、現在のセッション内のすべてのストアのすべてのフォルダーと検索フォルダーを列挙します。 ストアをオープンする必要がありますルート フォルダーやストア内の検索フォルダーを取得するので、パフォーマンス上のオーバーヘッドが発生するストアを開く操作を追求することを決定する前に ため、Store.IsOpen プロパティをチェックできます。

Exchange サーバーを使用する場合を使用するその他の明示的な組み込みの ストア のプロパティは、 ExchangeStoreTypeIsCachedExchangeIsDataFileStore などの特性を格納します。 Outlook オブジェクト モデルで公開されているではない他のストアのプロパティにアクセスするのにには、 Store.PropertyAccessor によって返される PropertyAccessor オブジェクトを使用します。

フォルダーとストアへの Outlook アイテムの保存の詳細については、「Outlook のアイテムを保存する」を参照してください。

次の Microsoft Visual Basic for Applications (VBA) の例は、セッションのすべてのストアのすべてのフォルダーを列挙します。

Sub EnumerateFoldersInStores() 
 
 Dim colStores As Outlook.Stores 
 
 Dim oStore As Outlook.Store 
 
 Dim oRoot As Outlook.Folder 
 
 
 
 On Error Resume Next 
 
 Set colStores = Application.Session.Stores 
 
 For Each oStore In colStores 
 
 Set oRoot = oStore.GetRootFolder 
 
 Debug.Print (oRoot.FolderPath) 
 
 EnumerateFolders oRoot 
 
 Next 
 
End Sub 
 
 
 
Private Sub EnumerateFolders(ByVal oFolder As Outlook.Folder) 
 
 Dim folders As Outlook.folders 
 
 Dim Folder As Outlook.Folder 
 
 Dim foldercount As Integer 
 
 
 
 On Error Resume Next 
 
 Set folders = oFolder.folders 
 
 foldercount = folders.Count 
 
 'Check if there are any folders below oFolder 
 
 If foldercount Then 
 
 For Each Folder In folders 
 
 Debug.Print (Folder.FolderPath) 
 
 EnumerateFolders Folder 
 
 Next 
 
 End If 
 
End Sub

メソッド

名前
GetDefaultFolder
GetRootFolder
GetRules
GetSearchFolders
GetSpecialFolder
RefreshQuotaDisplay
CreateUnifiedGroup
DeleteUnifiedGroup

プロパティ

名前
アプリケーション
Categories
クラス
DisplayName
ExchangeStoreType
FilePath
IsCachedExchange
IsConversationEnabled
IsDataFileStore
IsInstantSearchEnabled
IsOpen
Parent
PropertyAccessor
Session
StoreID

関連項目

Outlook モデル ReferenceStore オブジェクト メンバー

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。