Share via


コントロール (MFC)

更新 : 2007 年 11 月

コントロールは、データを入力または操作するときにユーザーが取り扱うオブジェクトです。通常は、ダイアログ ボックスまたはツール バー上に表示されます。ここでは、主な 3 種類のコントロールについて説明します。

  • オーナー描画コントロールなどの Windows コモン コントロール

  • ActiveX コントロール

  • MFC (Microsoft Foundation Class) ライブラリで提供される、そのほかのコントロール クラス

Windows コモン コントロール

Windows オペレーティング システムでは、多数の Windows コモン コントロールが提供されています。これらのコントロール オブジェクトはコードから操作できます。Visual C++ ダイアログ エディタを使用して、コントロール オブジェクトをダイアログ ボックスに追加できます。MFC (Microsoft Foundation Class) ライブラリでは、「Windows コモン コントロールと MFC クラス」に記述されているように、各コントロールをカプセル化するためのクラスが提供されています。表内の一部の項目は、詳細を説明するトピックに関連付けられています。トピックに関連付けられていないコントロールについては、MFC クラスに関するドキュメントを参照してください。

CWnd クラスは、コントロール クラスをすべて含む、すべてのウィンドウ クラスの基本クラスです。Windows コモン コントロールは以下の環境でサポートされています。

  • Windows 95、Windows 98、および Windows 2000

  • Windows NT Version 3.51 以降

  • Win32s Version 1.3 (Visual C++ Version 4.2 以降では Win32s をサポートしていません)

Windows の旧バージョンでも、古いコモン コントロール (チェック ボックス、コンボ ボックス、エディット ボックス、リスト ボックス、オプション ボタン、プッシュ ボタン、スクロール バー コントロール、スタティック コントロール) が使用できます。

ActiveX コントロール

ActiveX コントロールは、以前は OLE コントロールと呼ばれていたもので、Windows アプリケーション、または WWW (World Wide Web) の HTML ページで使用できます。詳細については、「MFC ActiveX コントロール」を参照してください。

その他の MFC コントロール クラス

すべての Windows コモン コントロールをカプセル化するクラス、およびユーザー独自の (またはほかのアプリケーションにより提供された) ActiveX コントロールのプログラミングをサポートするクラスに加えて、MFC では以下のコントロール クラスを独自に提供します。

Windows コモン コントロールに関する情報

次の表では、MFC ラッパー クラスを含む Windows コモン コントロールについて簡単に説明します。

Windows コモン コントロールと MFC クラス

コントロール

MFC クラス

説明

Windows 95 で追加された機能かどうか

アニメーション

CAnimateCtrl

AVI ビデオ クリップのフレームを連続的に表示します。

ボタン

CButton

アクションを発生させるプッシュ ボタン。チェック ボックス、オプション ボタン、およびグループ ボックスにも使用します。

×

コンボ ボックス

CComboBox

エディット ボックスとリスト ボックスを組み合わせたものです。

×

日時指定

CDateTimeCtrl

特定の日付または時刻の値を選択できます。

エディット ボックス

CEdit

テキスト入力用のボックスです。

×

拡張コンボ ボックス

CComboBoxEx

イメージを表示できるコンボ ボックス コントロールです。

ヘッダー

CHeaderCtrl

テキストの列の上に表示されるボタンで、テキストの表示幅を制御します。

ホット キー

CHotKeyCtrl

アクションをすばやく実行するための "ホット キー" を作成できるウィンドウです。

イメージ リスト

CImageList

多数のアイコンまたはビットマップの管理に使用するイメージのコレクションです。イメージ リストは実際にはコントロールではなく、ほかのコントロールで使用されるリストをサポートします。

list

CListCtrl

アイコンと共にテキストのリストを表示するウィンドウです。

リスト ボックス

CListBox

文字列のリストを格納するボックスです。

×

月間予定表

CMonthCalCtrl

日付情報を表示するコントロールです。

進行状況

CProgressCtrl

時間のかかる処理を実行する場合に、その進行状況を示すウィンドウです。

Rebar

CRebarCtrl

子ウィンドウをコントロールとして追加できるツール バーです。

リッチ エディット

CRichEditCtrl

ユーザーが文字書式および段落書式を設定して編集できるウィンドウです (「リッチ エディット コントロールに関連するクラス」を参照)。

スクロール バー

CScrollBar

ウィンドウ上ではなくダイアログ ボックス内のコントロールとして使用されるスクロール バーです。

×

スライダ

CSliderCtrl

オプションで軸目盛りを表示できるスライダ コントロールが配置されたウィンドウです。

スピン ボタン

CSpinButtonCtrl

ユーザーが値の増減をクリック操作で指定できる矢印ボタンです。増加用と減少用がペアになっています。

静的テキスト

CStatic

ほかのコントロールのラベルに使用するテキストです。

×

ステータス バー

CStatusBarCtrl

ステータス情報を表示するためのウィンドウです。MFC クラスの CStatusBar と似ています。

タブ

CTabCtrl

ノートの仕切りのような役割を果たします。"タブ ダイアログ ボックス" またはプロパティ シートで使用します。

ツール バー

CToolBarCtrl

コマンド生成ボタンを持つウィンドウです。MFC クラスの CToolBar と似ています。

ツールヒント

CToolTipCtrl

ツール バー ボタンなどのツールの用途の説明を表示する小さなポップアップ ウィンドウです。

ツリー

CTreeCtrl

項目を階層化されたリストとして表示するウィンドウです。

さらに詳しくは次のトピックをクリックしてください

Windows SDK の Windows コモン コントロールについては、「Common Controls」を参照してください。

参照

参照

ダイアログ エディタ

その他の技術情報

ユーザー インターフェイス