Share via


SymbolIcon クラス

定義

Segoe MDL2 Assets フォントのグリフをコンテンツとして使用するアイコンを表します。

public ref class SymbolIcon sealed : IconElement
/// [Windows.Foundation.Metadata.Activatable(65536, Windows.Foundation.UniversalApiContract)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.Activatable(Windows.UI.Xaml.Controls.ISymbolIconFactory, 65536, Windows.Foundation.UniversalApiContract)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(Windows.Foundation.UniversalApiContract, 65536)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Agile)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
class SymbolIcon final : IconElement
/// [Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(Windows.Foundation.UniversalApiContract, 65536)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Agile)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.Activatable(Windows.UI.Xaml.Controls.ISymbolIconFactory, 65536, "Windows.Foundation.UniversalApiContract")]
/// [Windows.Foundation.Metadata.Activatable(65536, "Windows.Foundation.UniversalApiContract")]
class SymbolIcon final : IconElement
[Windows.Foundation.Metadata.Activatable(65536, typeof(Windows.Foundation.UniversalApiContract))]
[Windows.Foundation.Metadata.Activatable(typeof(Windows.UI.Xaml.Controls.ISymbolIconFactory), 65536, typeof(Windows.Foundation.UniversalApiContract))]
[Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(typeof(Windows.Foundation.UniversalApiContract), 65536)]
[Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Agile)]
[Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
public sealed class SymbolIcon : IconElement
[Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(typeof(Windows.Foundation.UniversalApiContract), 65536)]
[Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Agile)]
[Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
[Windows.Foundation.Metadata.Activatable(typeof(Windows.UI.Xaml.Controls.ISymbolIconFactory), 65536, "Windows.Foundation.UniversalApiContract")]
[Windows.Foundation.Metadata.Activatable(65536, "Windows.Foundation.UniversalApiContract")]
public sealed class SymbolIcon : IconElement
Public NotInheritable Class SymbolIcon
Inherits IconElement
<SymbolIcon .../>
継承
Object Platform::Object IInspectable DependencyObject UIElement FrameworkElement IconElement SymbolIcon
属性

Windows の要件

デバイス ファミリ
Windows 10 (10.0.10240.0 で導入)
API contract
Windows.Foundation.UniversalApiContract (v1.0 で導入)

ヒント

詳細、設計ガイダンス、およびコード例については、「 コマンド バー」を参照してください。

WinUI 2 ギャラリー アプリがインストールされている場合は、ここをクリックしてアプリを開き、SymbolIcon の動作を確認してください

この例では、 SymbolIcon an AppBarButton を使用する 2 つの方法を示します。 2 つ目のボタン アイコンの [前景] が [緑] に設定されています。

<AppBarButton Icon="Like" Label="Like"/>

<AppBarButton Label="Accept">
    <AppBarButton.Icon>
        <SymbolIcon Symbol="Accept" Foreground="Green"/>
    </AppBarButton.Icon>
</AppBarButton>

注釈

アプリ バー ボタンのアイコンを指定する最も一般的な方法は、 Symbol 列挙で指定されている Segoe MDL2 Assets フォントによって提供される標準グリフのいずれかを使用することです。 SymbolIcon を使用するには、AppBarButtonIcon プロパティを Symbol 列挙の値に直接設定します。

注意

Foreground プロパティは、AppBarButton または SymbolIcon で設定できます。 AppBarButtonフォアグラウンドを設定した場合、既定の表示状態にのみ適用されます。 AppBarButton テンプレートで定義されている他の表示状態 (などMouseOver) には適用されません。 SymbolIcon で フォアグラウンド を設定すると、色はすべての表示状態に適用されます。

以前のバージョンの注意事項

Windows 8.x Windows 8では、標準のグリフは Segoe UI シンボル フォントによって提供されます。

コンストラクター

SymbolIcon()

SymbolIcon クラスの新しいインスタンスを初期化します。

SymbolIcon(Symbol)

指定したシンボルを使用して 、SymbolIcon クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AccessKey

この要素のアクセス キー (ニーモニック) を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
AccessKeyScopeOwner

ソース要素のビジュアル ツリーにない場合でも、この要素のアクセス キー スコープを提供するソース要素を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
ActualHeight

FrameworkElement のレンダリングされた高さを取得します。 「解説」を参照してください。

(継承元 FrameworkElement)
ActualOffset

レイアウト プロセスの配置パス中に計算された、親を基準としたこの UIElement の位置を取得します。

(継承元 UIElement)
ActualSize

レイアウト プロセスの配置パス中にこの UIElement が計算したサイズを取得します。

(継承元 UIElement)
ActualTheme

要素で現在使用されている UI テーマを取得します。 これは RequestedTheme とは異なる場合があります。

(継承元 FrameworkElement)
ActualWidth

FrameworkElement のレンダリングされた幅を取得します。 「解説」を参照してください。

(継承元 FrameworkElement)
AllowDrop

この UIElement をドラッグ アンド ドロップ操作の目的でドロップ ターゲットにできるかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
AllowFocusOnInteraction

ユーザーが操作するときに要素が自動的にフォーカスを取得するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
AllowFocusWhenDisabled

無効なコントロールがフォーカスを受け取ることができるかどうかを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
BaseUri

XAML 読み込み時に XAML で構築されたオブジェクトのベース URI (Uniform Resource Identifier) を表す Uniform Resource Identifier (URI) を取得します。 このプロパティは、実行時の URI (Uniform Resource Identifier) 解決に役立ちます。

(継承元 FrameworkElement)
CacheMode

レンダリングされたコンテンツを可能な限り複合ビットマップとしてキャッシュする必要があることを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
CanBeScrollAnchor

UIElement をスクロール アンカーの候補にできるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
CanDrag

要素をドラッグ アンド ドロップ操作でデータとしてドラッグできるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
CenterPoint

要素の中心点 (回転またはスケーリングが行われる点) を取得または設定します。 要素のレンダリング位置に影響します。

(継承元 UIElement)
Clip

UIElement の内容のアウトラインを定義するために使用される RectangleGeometry を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
CompositeMode

親レイアウトとウィンドウ内の要素の代替合成モードとブレンド モードを宣言するプロパティを取得または設定します。 これは、混合 XAML/Microsoft DirectX UI に関係する要素に関連します。

(継承元 UIElement)
ContextFlyout

この要素に関連付けられているポップアップを取得または設定します。

(継承元 UIElement)
DataContext

FrameworkElement のデータ コンテキストを取得または設定します。 データ コンテキストの一般的な用途は、 FrameworkElement{Binding} マークアップ拡張機能を使用し、データ バインディングに参加する場合です。

(継承元 FrameworkElement)
DesiredSize

レイアウト プロセスのメジャー パス中にこの UIElement が計算したサイズを取得します。

(継承元 UIElement)
Dispatcher

このオブジェクトが関連付けられている CoreDispatcher を取得します。 CoreDispatcher は、コードが UI 以外のスレッドによって開始された場合でも、UI スレッド上の DependencyObject にアクセスできる機能を表します。

(継承元 DependencyObject)
ExitDisplayModeOnAccessKeyInvoked

アクセス キーが呼び出されたときにアクセス キーの表示を閉じるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
FlowDirection

レイアウトを制御する任意の親要素内でテキストやその他の UI 要素が流れる方向を取得または設定します。 このプロパティは、 LeftToRight または RightToLeft のいずれかに設定できます。 任意の要素で FlowDirection を RightToLeft に設定すると、配置が右に設定され、読み取り順序が右から左に設定され、コントロールのレイアウトが右から左にフローします。

(継承元 FrameworkElement)
FocusVisualMargin

FrameworkElement のフォーカス ビジュアルの外側の余白を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
FocusVisualPrimaryBrush

FrameworkElement の または Reveal フォーカス ビジュアルの外側の境界線をHighVisibility描画するために使用するブラシを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
FocusVisualPrimaryThickness

FrameworkElement の または フォーカス ビジュアルの外側の境界線のHighVisibility太さを取得またはReveal設定します。

(継承元 FrameworkElement)
FocusVisualSecondaryBrush

FrameworkElement の または Reveal フォーカス ビジュアルの内側の境界線をHighVisibility描画するために使用するブラシを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
FocusVisualSecondaryThickness

FrameworkElement の または フォーカス ビジュアルの内側の境界線のHighVisibility太さを取得またはReveal設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Foreground

前景色を表すブラシを取得または設定します。

(継承元 IconElement)
Height

FrameworkElement の推奨される高さを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
HighContrastAdjustment

ハイ コントラスト テーマが有効になっている場合に、フレームワークが要素のビジュアル プロパティを自動的に調整するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
HorizontalAlignment

パネルや項目コントロールなど、レイアウトの親で構成されている場合に FrameworkElement に適用される水平方向の配置特性を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
IsAccessKeyScope

要素が独自のアクセス キー スコープを定義するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsDoubleTapEnabled

DoubleTapped イベントがその要素から発生できるかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsHitTestVisible

この UIElement の包含領域がヒット テストの true 値を返すことができるかどうかを取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsHoldingEnabled

Holding イベントがその要素から発生できるかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsLoaded

要素が要素ツリーに追加され、操作の準備ができているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 FrameworkElement)
IsRightTapEnabled

RightTapped イベントがその要素から発生できるかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsTapEnabled

Tapped イベントがその要素から発生できるかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
KeyboardAcceleratorPlacementMode

コントロール のヒント に、関連付けられているキーボード アクセラレータのキーの組み合わせを表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
KeyboardAcceleratorPlacementTarget

アクセラレータ キーの組み合わせを表示 するコントロールヒント を示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
KeyboardAccelerators

キーボードを使用してアクションを呼び出すキーの組み合わせのコレクションを取得します。

アクセラレータは通常、ボタンまたはメニュー項目に割り当てられます。

さまざまなメニュー項目のキーボード アクセラレータを示すメニューの例
さまざまなメニュー項目のキーボード アクセラレータを示すメニューの例

(継承元 UIElement)
KeyTipHorizontalOffset

UIElement に関連してキー ヒントを配置する距離を示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
KeyTipPlacementMode

UIElement の境界に対してアクセス キー キー ヒントを配置する場所を示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
KeyTipTarget

アクセス キーのキー ヒントの対象となる要素を示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
KeyTipVerticalOffset

UI 要素に関連してキー ヒントを配置する距離を示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Language

FrameworkElement に適用されるローカライズ/グローバリゼーション言語情報と、オブジェクト表現と UI の現在の FrameworkElement のすべての子要素を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Lights

この要素にアタッチされている XamlLight オブジェクトのコレクションを取得します。

(継承元 UIElement)
ManipulationMode

UIElement の動作とジェスチャとの対話に使用される ManipulationModes 値を取得または設定します。 この値を設定すると、アプリ コードでこの要素からの操作イベントを処理できます。

(継承元 UIElement)
Margin

FrameworkElement の外側の余白を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MaxHeight

FrameworkElement の最大高さ制約を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MaxWidth

FrameworkElement の最大幅制約を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MinHeight

FrameworkElement の最小高さ制約を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MinWidth

FrameworkElement の最小幅制約を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Name

オブジェクトの識別名を取得または設定します。 XAML プロセッサが XAML マークアップからオブジェクト ツリーを作成する場合、ランタイム コードはこの名前で XAML で宣言されたオブジェクトを参照できます。

(継承元 FrameworkElement)
Opacity

オブジェクトの不透明度を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
OpacityTransition

Opacity プロパティの変更をアニメーション化する ScalarTransition を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Parent

オブジェクト ツリー内のこの FrameworkElement の親オブジェクトを取得します。

(継承元 FrameworkElement)
PointerCaptures

ポインター値として表される、キャプチャされたすべてのポインターのセットを取得 します

(継承元 UIElement)
Projection

この要素をレンダリングするときに適用するパースペクティブ プロジェクション (3-D 効果) を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
RenderSize

UIElement の最終的なレンダリング サイズを取得します。 使用は推奨されません。「備考」を参照してください。

(継承元 UIElement)
RenderTransform

UIElement のレンダリング位置に影響する変換情報を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
RenderTransformOrigin

UIElement の境界を基準にして RenderTransform によって宣言された、可能なレンダリング変換の原点を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
RequestedTheme

リソースを決定するために UIElement (およびその子要素) によって使用される UI テーマを取得または設定します。 RequestedTheme で指定した UI テーマは、アプリ レベルの RequestedTheme をオーバーライドできます。

(継承元 FrameworkElement)
Resources

ローカルで定義されたリソース ディクショナリを取得します。 XAML では、XAML の暗黙的なコレクション構文を使用して、プロパティ要素の frameworkElement.Resources 子オブジェクト要素としてリソース項目を確立できます。

(継承元 FrameworkElement)
Rotation

時計回りの回転角度を度単位で取得または設定します。 RotationAxis と CenterPoint を基準にして回転します。 要素のレンダリング位置に影響します。

(継承元 UIElement)
RotationAxis

要素を回転させる軸を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
RotationTransition

Rotation プロパティの変更をアニメーション化する ScalarTransition を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Scale

要素のスケールを取得または設定します。 要素の CenterPoint を基準にして拡大縮小します。 要素のレンダリング位置に影響します。

(継承元 UIElement)
ScaleTransition

Scale プロパティの変更をアニメーション化する Vector3Transition を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Shadow

要素によってキャストされる影効果を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Style

レイアウトとレンダリング中にこのオブジェクトに適用されるインスタンス Style を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Symbol

アイコン コンテンツとして使用される Segoe MDL2 Assets グリフを取得または設定します。

SymbolProperty

Symbol 依存関係プロパティを識別します。

TabFocusNavigation

このコントロールのタブと TabIndex の動作方法を変更する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Tag

このオブジェクトに関するカスタム情報を格納するために使用できる任意のオブジェクト値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Transform3D

この要素をレンダリングするときに適用する 3-D 変換効果を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
TransformMatrix

要素に適用する変換行列を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Transitions

UIElement に適用される Transition スタイル要素のコレクションを取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Translation

要素の x、y、z のレンダリング位置を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
TranslationTransition

Translation プロパティの変更をアニメーション化する Vector3Transition を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
Triggers

FrameworkElement に対して定義されているアニメーションのトリガーのコレクションを取得します。 一般的に使用されません。 「解説」を参照してください。

(継承元 FrameworkElement)
UIContext

要素のコンテキスト識別子を取得します。

(継承元 UIElement)
UseLayoutRounding

オブジェクトとそのビジュアル サブツリーのレンダリングで、レンダリングをピクセル全体に合わせる丸め動作を使用するかどうかを決定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
VerticalAlignment

パネルや項目コントロールなどの親オブジェクトで構成されている場合に FrameworkElement に適用される垂直方向の配置特性を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Visibility

UIElement の可視性を取得または設定します。 表示されない UIElement はレンダリングされず、目的のサイズをレイアウトに伝達しません。

(継承元 UIElement)
Width

FrameworkElement の幅を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
XamlRoot

この要素が表示される を XamlRoot 取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusDownNavigationStrategy

ダウン ナビゲーションのターゲット要素を決定するために使用する戦略を指定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusKeyboardNavigation

キーボード方向矢印を使用してナビゲーションを有効または無効にする値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusLeftNavigationStrategy

左ナビゲーションのターゲット要素を決定するために使用される戦略を指定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusRightNavigationStrategy

右ナビゲーションのターゲット要素を決定するために使用する戦略を指定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
XYFocusUpNavigationStrategy

アップ ナビゲーションのターゲット要素を決定するために使用する戦略を指定する値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)

メソッド

AddHandler(RoutedEvent, Object, Boolean)

指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。 handledEventsTootrue に指定すると、イベントが他の場所で処理された場合でも、指定されたハンドラーを呼び出すことができます。

(継承元 UIElement)
Arrange(Rect)

子オブジェクトを配置し、 UIElement のサイズを決定します。 子要素のカスタム レイアウトを実装する親オブジェクトは、レイアウトオーバーライド実装からこのメソッドを呼び出して、再帰的なレイアウト更新を形成する必要があります。

(継承元 UIElement)
ArrangeOverride(Size)

レイアウトの "配置" パスの動作を提供します。 クラスは、このメソッドをオーバーライドして、独自の "配置" パス動作を定義できます。

(継承元 FrameworkElement)
CancelDirectManipulations()

現在の UIElement を含む ScrollViewer 親に対して、進行中の直接操作処理 (システム定義のパン/ズーム) を取り消します。

(継承元 UIElement)
CapturePointer(Pointer)

ポインター キャプチャを UIElement に設定します。 キャプチャされると、キャプチャを持つ要素のみがポインター関連のイベントを発生させます。

(継承元 UIElement)
ClearValue(DependencyProperty)

依存関係プロパティのローカル値をクリアします。

(継承元 DependencyObject)
FindName(String)

指定した識別子名を持つオブジェクトを取得します。

(継承元 FrameworkElement)
FindSubElementsForTouchTargeting(Point, Rect)

UIElement サブクラスで、タッチ ターゲットの解決に役立つ子要素を公開できるようにします。

(継承元 UIElement)
GetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

依存関係プロパティに対して確立された基本値を返します。これは、アニメーションがアクティブでない場合に適用されます。

(継承元 DependencyObject)
GetBindingExpression(DependencyProperty)

指定したプロパティのバインドを表す BindingExpression を返します。

(継承元 FrameworkElement)
GetChildrenInTabFocusOrder()

UIElement サブクラスで、Tab フォーカスに参加する子要素を公開できるようにします。

(継承元 UIElement)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject から依存関係プロパティの現在の有効な値を返します。

(継承元 DependencyObject)
GoToElementStateCore(String, Boolean)

派生クラスで実装すると、コントロールの起動時にすべての状態の XAML を読み込むのではなく、コード内のコントロール テンプレートのビジュアル ツリーを状態ごとに構築できます。

(継承元 FrameworkElement)
InvalidateArrange()

UIElement の配置状態 (レイアウト) を無効にします。 無効化後、 UIElement のレイアウトが更新され、非同期的に実行されます。

(継承元 UIElement)
InvalidateMeasure()

UIElement の測定状態 (レイアウト) を無効にします。

(継承元 UIElement)
InvalidateViewport()

有効なビューポートの計算に使用される UIElementビューポート状態を無効にします。

(継承元 FrameworkElement)
Measure(Size)

UIElementDesiredSize を更新します。 通常、レイアウトの子用にカスタム レイアウトを実装するオブジェクトは、独自の MeasureOverride 実装からこのメソッドを呼び出して、再帰的なレイアウト更新を形成します。

(継承元 UIElement)
MeasureOverride(Size)

レイアウト サイクルの "メジャー" パスの動作を提供します。 クラスは、このメソッドをオーバーライドして、独自の "Measure" パス動作を定義できます。

(継承元 FrameworkElement)
OnApplyTemplate()

アプリケーション コードまたは内部プロセス (再構築レイアウト パスなど) が ApplyTemplate を呼び出すたびに呼び出されます。 最も簡単に言うと、これは、UI 要素がアプリに表示される直前に メソッドが呼び出されていることを意味します。 クラスの既定のテンプレート後ロジックに影響を与えるために、このメソッドをオーバーライドします。

(継承元 FrameworkElement)
OnBringIntoViewRequested(BringIntoViewRequestedEventArgs)

BringIntoViewRequested イベントが発生する前に呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnCreateAutomationPeer()

派生クラスで実装されると、Microsoft UI オートメーション インフラストラクチャのクラス固有の AutomationPeer 実装が返されます。

(継承元 UIElement)
OnDisconnectVisualChildren()

クラス固有のコンテンツまたは子プロパティから項目が削除されたときにレイアウトとロジックがどのように動作するかを実装するには、このメソッドをオーバーライドします。

(継承元 UIElement)
OnKeyboardAcceleratorInvoked(KeyboardAcceleratorInvokedEventArgs)

キーボード ショートカット (またはアクセラレータ) がアプリで処理されるときに呼び出されます。 キーボード アクセラレータが呼び出されたときにアプリがどのように応答するかを処理するには、このメソッドをオーバーライドします。

(継承元 UIElement)
OnProcessKeyboardAccelerators(ProcessKeyboardAcceleratorEventArgs)

キーボード ショートカット (またはアクセラレータ) がアプリで処理される直前に呼び出されます。 アプリケーション コードまたは内部プロセスが ProcessKeyboardAccelerators を呼び出すたびに呼び出されます。 このメソッドをオーバーライドして、既定のアクセラレータ処理に影響を与えます。

(継承元 UIElement)
PopulatePropertyInfo(String, AnimationPropertyInfo)

アニメーション化できるプロパティを定義します。

(継承元 UIElement)
PopulatePropertyInfoOverride(String, AnimationPropertyInfo)

派生クラスでオーバーライドされると、アニメーション化できるプロパティを定義します。

(継承元 UIElement)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカル値が設定されている場合は、依存関係プロパティのローカル値を返します。

(継承元 DependencyObject)
RegisterPropertyChangedCallback(DependencyProperty, DependencyPropertyChangedCallback)

この DependencyObject インスタンスの特定の DependencyProperty に対する変更をリッスンするための通知関数を登録します。

(継承元 DependencyObject)
ReleasePointerCapture(Pointer)

この UIElement によって 1 つの特定のポインターをキャプチャするためのポインター キャプチャを解放します。

(継承元 UIElement)
ReleasePointerCaptures()

この要素によって保持されているすべてのポインター キャプチャを解放します。

(継承元 UIElement)
RemoveHandler(RoutedEvent, Object)

指定したルーティング イベント ハンドラーをこの UIElement から削除します。 通常、問題のハンドラーは AddHandler によって追加されました。

(継承元 UIElement)
SetBinding(DependencyProperty, BindingBase)

指定されたバインド オブジェクトを使用して、 FrameworkElement にバインドをアタッチします。

(継承元 FrameworkElement)
SetValue(DependencyProperty, Object)

DependencyObject の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
StartAnimation(ICompositionAnimationBase)

要素で指定したアニメーションを開始します。

(継承元 UIElement)
StartBringIntoView()

XAML フレームワークに対する要求を開始し、その中に含まれているスクロール可能な領域内で 要素を表示します。

(継承元 UIElement)
StartBringIntoView(BringIntoViewOptions)

指定したオプションを使用して、XAML フレームワークに対する要求を開始して、 要素を表示します。

(継承元 UIElement)
StartDragAsync(PointerPoint)

ドラッグ アンド ドロップ操作を開始します。

(継承元 UIElement)
StopAnimation(ICompositionAnimationBase)

要素の指定したアニメーションを停止します。

(継承元 UIElement)
TransformToVisual(UIElement)

UIElement から指定したオブジェクトに座標を変換するために使用できる変換オブジェクトを返します。

(継承元 UIElement)
TryInvokeKeyboardAccelerator(ProcessKeyboardAcceleratorEventArgs)

UIElement のビジュアル ツリー全体でショートカットを検索して、 キーボード ショートカット (またはアクセラレータ) を呼び出そうとします。

(継承元 UIElement)
UnregisterPropertyChangedCallback(DependencyProperty, Int64)

RegisterPropertyChangedCallback を呼び出して以前に登録した変更通知を取り消します。

(継承元 DependencyObject)
UpdateLayout()

UIElement の子オブジェクトのすべての位置が、レイアウト用に適切に更新されるようにします。

(継承元 UIElement)

イベント

AccessKeyDisplayDismissed

アクセス キーが表示されなくなったときに発生します。

(継承元 UIElement)
AccessKeyDisplayRequested

ユーザーがアクセス キーの表示を要求したときに発生します。

(継承元 UIElement)
AccessKeyInvoked

ユーザーがアクセス キー シーケンスを完了したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ActualThemeChanged

ActualTheme プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
BringIntoViewRequested

この要素またはその子孫のいずれかで StartBringIntoView が呼び出されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
CharacterReceived

1 つの構成済み文字が入力キューによって受信されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
ContextCanceled

コンテキスト入力ジェスチャが操作ジェスチャに進み、コンテキスト ポップアップを開かないように要素に通知するときに発生します。

(継承元 UIElement)
ContextRequested

ユーザーが右クリックなどのコンテキスト入力ジェスチャを完了したときに発生します。

(継承元 UIElement)
DataContextChanged

FrameworkElement.DataContext プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
DoubleTapped

この要素のヒット テスト領域で、それ以外のハンドルされない DoubleTap 操作が発生したときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragEnter

入力システムが、この要素をターゲットとして基になるドラッグ イベントを報告するときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragLeave

入力システムが、この要素を原点として基になるドラッグ イベントを報告するときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragStarting

ドラッグ操作が開始されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
Drop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
DropCompleted

ソースが終了したときに、この要素を使用したドラッグ アンド ドロップ操作が発生します。

(継承元 UIElement)
EffectiveViewportChanged

FrameworkElement有効なビューポートが変更されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
GettingFocus

UIElement がフォーカスを受け取る前に発生します。 このイベントは、イベントがバブルしている間にフォーカスが移動されないように同期的に発生します。

(継承元 UIElement)
GotFocus

UIElement がフォーカスを受け取ったときに発生します。 このイベントは非同期的に発生するため、バブルが完了する前にフォーカスを再び移動できます。

(継承元 UIElement)
Holding

この要素のヒット テスト領域で、それ以外のハンドルされない Hold 操作が発生したときに発生します。

(継承元 UIElement)
KeyDown

UIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
KeyUp

UIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
LayoutUpdated

レイアウト関連のプロパティが値を変更したり、レイアウトを更新するその他のアクションが原因で、ビジュアル ツリーのレイアウトが変更されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
Loaded

FrameworkElement が構築され、オブジェクト ツリーに追加され、操作の準備ができたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
Loading

FrameworkElement の読み込みが開始されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
LosingFocus

UIElement がフォーカスを失う前に発生します。 このイベントは、イベントがバブルしている間にフォーカスが移動されないように同期的に発生します。

(継承元 UIElement)
LostFocus

UIElement がフォーカスを失ったときに発生します。 このイベントは非同期的に発生するため、バブルが完了する前にフォーカスを再び移動できます。

(継承元 UIElement)
ManipulationCompleted

UIElement の操作が完了したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationDelta

操作中に入力デバイスが位置を変更したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationInertiaStarting

操作中に入力デバイスが UIElement オブジェクトとのコンタクトを失ったときと慣性が開始したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationStarted

入力デバイスが UIElement に対する操作を開始すると発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationStarting

操作プロセッサを初めて作成するときに発生します。

(継承元 UIElement)
NoFocusCandidateFound

ユーザーが (タブまたは方向矢印を使用して) フォーカスを移動しようとしたときに、フォーカス候補が移動方向に見つからないため、フォーカスが移動しない場合に発生します。

(継承元 UIElement)
PointerCanceled

接触したポインターが異常に接触を失ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
PointerCaptureLost

この要素によって以前に保持されていたポインター キャプチャが別の要素または他の場所に移動したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PointerEntered

ポインターがこの要素のヒット テスト領域に入ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
PointerExited

ポインターがこの要素のヒット テスト領域から離れると発生します。

(継承元 UIElement)
PointerMoved

ポインターがこの要素のヒット テスト領域内に残っている間にポインターが移動したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PointerPressed

ポインター デバイスがこの要素内で Press アクションを開始したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PointerReleased

この要素内で、以前に Press アクションを開始したポインター デバイスが解放されたときに発生します。 Press アクションの終了が PointerReleased イベントを発生させる保証はされないことに注意してください。代わりに、他のイベントが発生する可能性があります。 詳細については、「備考」を参照してください。

(継承元 UIElement)
PointerWheelChanged

ポインター ホイールの差分値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewKeyDown

UIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewKeyUp

UIElement にフォーカスがあるときにキーボード キーが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
ProcessKeyboardAccelerators

キーボード ショートカット (またはアクセラレータ) が押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
RightTapped

ポインターが要素の上にある間に右タップ入力刺激が発生したときに発生します。

(継承元 UIElement)
SizeChanged

ActualHeight または ActualWidth プロパティが FrameworkElement の値を変更したときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
Tapped

この要素のヒット テスト領域で、それ以外のハンドルされない Tap 操作が発生したときに発生します。

(継承元 UIElement)
Unloaded

このオブジェクトがメイン オブジェクト ツリーに接続されなくなったときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)

適用対象

こちらもご覧ください