次の方法で共有


XDDM の概要

Windows 2000 ディスプレイ ドライバー モデル (XDDM) は、Windows 2000 から Windows Vista および Windows 7 で使用されていた従来のディスプレイ/グラフィックス ドライバーのアーキテクチャです。

Note

XDDM 設計ガイドは、履歴目的でのみ残されています。 現在のドライバー開発者は Windows ディスプレイ ドライバー モデル (WDDM) を使用する必要があります。

Windows Vista で実行されるディスプレイ アダプター ドライバーは、WDDM または XDDM に準拠できます。

XDDM ドライバーと VGA ドライバーは、Windows 8 以降のオペレーティング システムではコンパイルも実行もされません。 WDDM 1.2 以降をサポートしているという認定を受けたドライバーが存在しない Windows 8 コンピューターにディスプレイ ハードウェアが接続されている場合、システムは既定で Microsoft 基本ディスプレイ ドライバーを実行します。

以下のセクション各で、XDDM について説明します。