diskpart

適用先: Windows Server 2022、Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、and Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008

diskpart コマンド インタープリターは、コンピューターのドライブ (ディスク、パーティション、ボリューム、または仮想ハード ディスク) を管理するのに役立ちます。

diskpart コマンドを使用する前に、最初に一覧を表示してから、フォーカスを設定するオブジェクトを選択する必要があります。 オブジェクトにフォーカスがあった後に入力した DiskPart コマンドは、そのオブジェクトに対して機能します。

フォーカスを決定する

オブジェクトを選択すると、別のオブジェクトを選択するまで、フォーカスはそのオブジェクトに残ります。 たとえば、ディスク 0 にフォーカスが設定され、ディスク 2 でボリューム 8 を選択した場合、フォーカスはディスク 0 からディスク 2、ボリューム 8 にシフトします。

一部のコマンドでは、フォーカスが自動的に変更されます。 たとえば、新しいパーティションを作成すると、フォーカスは自動的に新しいパーティションに切り替えられます。

選択したディスクのパーティションにのみフォーカスを与えることができます。 パーティションにフォーカスがあった後、関連するボリュームがある場合には、そのボリュームにもフォーカスがあります。 ボリュームにフォーカスがあった後、そのボリュームが単一の特定パーティションに割り当てられている場合は、関連するディスクとパーティションにもフォーカスがあります。 そうでない場合は、ディスクとパーティションのフォーカスは失われます。

構文

diskpart コマンド インタープリターを起動するには、コマンド プロンプトで次のように入力します。

diskpart <parameter>

重要

diskpart を実行するには、ローカル Administrators グループ、または同様のアクセス許可を持つグループに属している必要があります。

パラメーター

Diskpart コマンド インタープリターから次のコマンドを実行できます。

コマンド 説明
active ディスクのパーティションにフォーカスを付け、アクティブとしてマークします。
add フォーカスのあるシンプル ボリュームを、指定されたディスクにミラー化します。
assign フォーカスがあるボリュームに、ドライブ文字またはマウント ポイントを割り当てます。
attach vdisk 仮想ハード ディスク (VHD) をアタッチ (マウントまたはサーフェスとも呼ばれる) して、ローカル ハード ディスク ドライブとしてホスト コンピューターに表示します。
attributes ディスクまたはボリュームの属性を表示、設定、またはクリアします。
automount 自動マウント機能を有効または無効にします。
break フォーカスのあるミラー ボリュームを 2 つのシンプル ボリュームに分割します。
clean フォーカスがあるディスクから、パーティション フォーマットまたはボリューム フォーマットをすべて削除します。
compact vdisk 動的に拡張する仮想ハード ディスク (VHD) ファイルの物理サイズを減らします。
convert ファイル割り当てテーブル (FAT) および FAT32 ボリュームを NTFS ファイル システムに変換し、既存のファイルとディレクトリはそのまま残します。
create ディスク、1 つ以上のディスク上のボリューム、または仮想ハード ディスク (VHD) にパーティションを作成します。
delete パーティションまたはボリュームを削除します。
detach vdisk 選択した仮想ハードディスク (VHD) がホスト コンピューター上のローカル ハード ディスク ドライブとして表示されなくなります。
detail 選択したディスク、パーティション、ボリューム、または仮想ハード ディスク (VHD) に関する情報を表示します。
exit diskpart コマンド インタープリターを終了します。
expand vdisk 仮想ハード ディスク (VHD) を指定したサイズに拡張します。
extend ボリュームまたはパーティションを、ファイル システムと共にフォーカスを付け、ディスク上の空き (未アロケーション) 領域に拡張します。
filesystems フォーカスされたボリュームの現在のファイル システムに関する情報を表示し、ボリュームのフォーマットに対してサポートされているファイル システムを一覧表示します。
format ファイルを受け入れるようにディスクをフォーマットします。
gpt 基本的な GUID パーティション テーブル (gpt) ディスクにフォーカスを置き、gpt 属性をパーティションに割り当てます。
help 使用可能なコマンドの一覧または指定したコマンドに関する詳細なヘルプ情報を表示します。
import 外部ディスク グループをローカル コンピューターのディスク グループにインポートします。
inactive ベーシック マスター ブート レコード (MBR) ディスク上で、フォーカスのあるシステム パーティションまたはブート パーティションを非アクティブとしてマークします。
list ディスク、ディスク内のパーティション、ディスク内のボリューム、または仮想ハード ディスク (VHD) の一覧が表示されます。
merge vdisk 差分仮想ハード_ディスク (VHD)、対応する親 VHD をマージします。
offline オンラインのディスクまたはボリュームをオフライン状態にかかります。
online オフラインのディスクまたはボリュームをオンライン状態にかかります。
recover ディスク グループのすべてのディスクの状態を更新、グループでは無効なディスク、ディスクの回復をおよびミラー ボリュームや RAID-5 を再同期化古いデータを格納している 5 つのボリューム。
rem スクリプトにコメントを追加できます。
remove ボリュームからドライブ文字またはマウント ポイントを削除します。
repair 障害が発生したディスク リージョンを、指定されたダイナミック ディスクで置き換えることにより、フォーカスのある RAID-5 ボリュームを修復します。
rescan コンピューターに追加された新しいディスクを検索します。
retain ブートとして使用する既存のダイナミック シンプル ボリュームまたはシステム ボリュームを準備します。
san 表示またはオペレーティング システムの記憶域エリア ネットワーク (SAN) のポリシーを設定します。
select フォーカスを移動すると、ディスク、パーティション、ボリューム、またはバーチャル ハード_ディスク (VHD) します。
set id フォーカスのあるパーティションのパーティションの種類フィールドを変更します。
shrink 指定した量だけ、選択したボリュームのサイズが小さくなります。
uniqueid フォーカスのあるディスクの GUID パーティション テーブル (GPT) 識別子またはマスター ブート レコード (MBR) 署名を表示または設定します。

使用可能なオブジェクトの一覧表示

各コマンドに関連付けられているオプションを一覧表示するには、メインのコマンドに続けて、その特定のコマンドで使用できる内容を指定します。 list を単独で実行すると、以下の 4 つのパラメーターが表示されます。

diskpart list コマンドのスクリーンショット。

注意

list コマンドの実行後、フォーカスがあるオブジェクトの横にアスタリスク (*) が表示されます。

使用可能なディスクを表示するには、list disk を実行します。

list disk

ディスクを選択するには、select disk に続けてディスク番号を指定します。 例:

select disk 1

list コマンドで使用可能なオプションを表示する diskpart のスクリーンショット。

ディスク 1 を利用するためには、create partition primary を実行してパーティションを作成する必要があります。

create partition primary

最後に、"Backup" というラベルで、ディスク 1 を NTFS にクイック フォーマットするには、次のように format fs=ntfs label=Backup quick を実行します。

format fs=ntfs label=Backup quick

パーティションの作成とドライブのフォーマットの方法を示す diskpart のスクリーンショット。

その他のリファレンス