D3DX 列挙 (Direct3D 10 グラフィックス)

このセクションには、D3DX で使用される次の列挙型とフラグに関する情報が含まれています。

列挙 説明
D3DX10_CHANNEL_FLAG これらのフラグは、テクスチャ内の 1 つ以上のチャネルで動作する関数で使用されます。
D3DX_CPU_OPTIMIZATION D3DX が現在最適化されている命令セットを指定します。
D3DX10_ERR エラーは負の値で表され、結合することはできません。
D3DX10_FILTER_FLAG テクスチャ フィルタリング フラグ。
D3DX10_IMAGE_FILE_FORMAT サポートされているイメージ ファイル形式について説明します。
D3DX10_MESH メッシュの作成オプションを指定するために使用するフラグ。
D3DX10_MESH_DISCARD_FLAGS デバイスから破棄するメッシュ データの部分を指定します。 ID3DX10Mesh::D iscard で使用されます。
D3DX10_MESHOPT 実行するメッシュ最適化の種類を指定します。
D3DX10_NORMALMAP_FLAG これらのフラグは、 D3DX10ComputeNormalMap が法線マップを生成する方法を制御するために使用されます。 これらのフラグの任意の数は、任意の組み合わせで OR を組み合わせて使用できます。
D3DX10_SAVE_TEXTURE_FLAG テクスチャの保存オプション。

 

D3DX リファレンス